「山形新聞」に意見広告を出しました!

山形新聞

感想文送付先・メールアドレス

 

info@yamagata-np.jp

 


投稿者:たけし社長       

 

今日は、山形新聞(18万部)と岩手日報(19万部)。

 

両紙とも、数人の読者が新聞社に「意見広告」を掲載する要望を出し、それを新聞社が重く受け止めたために掲載が叶ったようです。

 

山形新聞

(写真提供:マドモアケル・カイさん)

 

山形新聞は7名の方が掲載のためにご出資くださいまして、その方々を代表してTさん(48歳女性)にコメントをお寄せいただきました。

 

 

◆◆◆

 

私は海外出張で感染症蔓延地域に行くことが多く、新コロをマラリアやデングといった感染症と比べていました。

 

武漢で発生したと聞いた当初は緊張していたけれども、その後、日本での新コロは明らかに致死率が低く重症化もしない事が分かりました。

 

海外の知人も「新コロは数あるウィルスの一つで、マラリアやデングの方が怖い」と言っていて、「新コロ怖くない」が知人達との共通認識だったため、何故こんなに大騒ぎするのか不思議でした。

 

小林先生の書籍を始め、宮沢先生や井上先生との対談本も読み、「ゴー宣ファンサイト」は毎日見て毎日頷いていました。

 

また、ミラノの分子腫瘍学研究所の荒川央博士のnoteを読んで、このワクチンがどのように危険なのかを理解することができました。

 

 

今回、山形新聞の掲載費用を寄付した理由は、ただただ故郷を守りたかったからです。

 

 

このままワクチン政策が推し進められたら、私の大好きな故郷、大切な人達があっけないほど簡単に消えてしまうのではないかと怖くなったからです。

 

 

 

また、山形県のある地区では、若い女性がコロナに感染したことで自殺に追い込まれ、彼女の家は投石され家族は家を追われました。

 

こんな狂った世間の空気は早く終わらせたいです。

 

コロナ感染者への差別、ワクチンを打たない者への差別は起きてはならないと思いますし、管理社会への動きには断固抵抗したいのです。

 

 

故郷、子供たちの未来はもちろんのこと、自分の私的空間を守るため、幾らかの投資をさせていただきました。

 

戦える時に戦わないと、後になって戦えない社会になってしまいますから。

 

山形新聞は掲載に到るまで二転三転しましたが、広告掲載にたどり着けて本当に良かったです。

 

ゆうねっと様と堤社長に深く御礼申し上げます。

 

 

◆◆◆

 

若い女性がコロナに感染したことで自殺に追い込まれ、家は投石され家族は家を追われる。

 

若い女性が無理やりワクチンを打たされて亡くなっても、たまたま病気で亡くなったことにされる…。

 

どうして前途ある日本の若者が、しかもか弱い女の人が自分の国や故郷にこのような仕打ちをされなければいけないのでしょうか。

 

怒りを通り越して絶望させられます。

 

中学生の時に「こんなに薄汚れて狂った大人の世界」のような歌詞の歌を聴いていた覚えがありますが、まさか50歳近くになって、これほどまでに世の中の狂いっぷりを憂うことになるとは思いもしませんでした。しかし「ただただ故郷を守りたかったからです。」Tさんのこのような言葉を聞いたり、これまで新聞掲載の為にご出資くださった多くの方々のことに思いを馳せると、「まだまだ日本には気概のある人がたくさんいる」と思えてきて希望が持てます。

 

Tさんを始め今回ご出資下さった7名の方々、山形の子ども達と故郷を守るために、本当にありがとうございました!

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)   

 

山形新聞の意見広告掲載に、7名の方がご出資くださいまして、ありがとうございます!

 

また、意見広告の掲載を新聞社に問い合わせ電をして、要望してくださった方にも厚く御礼申し上げます。

 

 

出資者である女性のTさんのコメントは、噛みしめるように拝読しました。

 

その中でもえる時に戦わないと、後になって戦えない社会になってしまう」というのはまさにその通りだと思います!

 

ご出資にあたって「故郷、子供たちの未来はもちろんのこと、自分の私的空間を守るため」とおっしゃったのは、確固たる動機・ご意志なのだと敬意を抱きました。

 

新聞社に感想文を送ることで、援護射撃させて頂きますね\(^o^)/


山形新聞

感想文送付先・メールアドレス

 

 

info@yamagata-np.jp

 

 

≪コメント欄≫

☆広告主さんへの激励メッセージ大歓迎☆


 

 【最重要情報】

 

◆2月23日:≪戦術共有≫ 意見広告を地方紙に掲載する方法

 

◆1月20日:現役新聞社員の裏情報「新聞社に感想を伝えて30日で世論を変える方法」

 

◆1月20日:私たちは戦える

 

◆1月12日:≪重要証言≫ 新聞社勤務者からの証言

 

【意見広告】 

◆ 第32弾 3月6日:「岩手新聞」に意見広告を出しました!

◆ 第31弾 3月6日:「山形新聞」に意見広告を出しました!

◆ 第31弾 2月26日:「北陸中日新聞」に意見広告を出しました!

◆ 第30弾 2月26日:「四国新聞」に意見広告を出しました!

◆ 第29弾 2月25日:「愛媛新聞」に意見広告を出しました!

◆ 第27弾・第28弾 2月23日:「日本経済新聞」・「千葉日報」に意見広告を出しました!

◆ 第26弾 2月16日:「秋田魁新報」に意見広告を出しました!

◆ 第25弾 2月13日:「熊本日日新聞」に意見広告を出しました!

◆ 第24弾 2月12日:「福島民友」に意見広告を出しました!

◆ 第23弾 2月11日:「下野新聞」に意見広告を出しました!

◆ 第22弾 2月11日:「奈良新聞」に意見広告を出しました!

◆ 第20弾・第21弾 2月10日:「北國新聞」「富山新聞」に意見広告を出しました!

◆ 第19弾 2月8日:「山梨日日新聞」に意見広告を出しました!

◆ 第18弾 2月8日:「茨城新聞」に意見広告を出しました!

◆ 第17弾 2月8日:「岐阜新聞」に意見広告を出しました!

◆ 第16弾 2月8日:「神奈川新聞」に意見広告を出しました!

◆ 第15弾 2月5日:「新潟日報」に意見広告を出しました!

◆ 第14弾 2月1日:「静岡新聞」に意見広告を出しました!

◆ 第13弾 1月31日:「南日本新聞」に意見広告を出しました!

◆ 第12弾 1月30日:「信濃毎日新聞」に意見広告を出しました!

◆ 第11弾 1月28日:「福島民報」に意見広告を出しました!

◆ 第10弾 1月26日:「北日本新聞」に意見広告を出しました!

◆ 第9弾 1月24日:「埼玉新聞」に意見広告を出しました!

◆ 第8弾 1月23日:「長崎新聞」に意見広告を出しました!

◆ 第7弾 1月14日:「千葉日報」に意見広告を出しました!

◆ 第6弾 1月8日:「北海道新聞」に意見広告を出しました!

◆ 第4弾・第5弾 12月23日:「東京新聞」と「中日新聞」に意見広告を出しました!

◆ 第2弾・第3弾 12月18日:「琉球新報」と「大分合同新聞」に意見広告を出しました! 

◆ 第1弾 11月30日:ゴー宣ファンが新聞に「意見広告」を出しました!(西日本新聞) 

 

【個人広告主募集】

◆12月29日:地元の新聞に意見広告を出しませんか?(25万円より)

 

【たけし社長関連】

 ◆ 11月30日:≪お願い≫今後も「意見広告」を出し続けるために

 ◆ 12月16日:≪報告≫ 広告代理店勤務者の証言

 ◆ 12月17日:≪報告≫たけしの実名と親会社公開

 ◆ 12月15日:≪報告≫ 戦うゴー宣ファン・たけしに会いました

 ◆   1月  1日:たけし社長のゴー宣、小林よしのりへの思い

 ◆   1月18日:たけし社長が「週刊SPA!」で全国デビュー!



買い物で支えてくださり感謝! 

ホームページの運営資金  

 

以下のバナーからアクセスして頂ければ、どんな商品を買ったとしても平均3%が当サイトに入金されています。

      ↓↓↓


コメントをお書きください

コメント: 48
  • #1

    さとがえる (日曜日, 06 3月 2022 06:01)

    山形新聞掲載ありがとうございます!
    戦えるときに戦かないとの気持ち、同感です。
    引き続き援護射撃続けて参ります。

  • #2

    リカオン (日曜日, 06 3月 2022 07:30)

    掲載への要望を提出した皆様ありがとうございます。城壁の一角を破りましたね。
    7名の出資者の皆様もありがとうございます。
    Tさんの戦える時に戦わないと、後になって戦えない社会になってしまうという言葉が心に響きました。
    差別や管理社会への反対は同じ気持ちです。
    援護射撃しました。

  • #3

    マドモアケル・カイ (日曜日, 06 3月 2022 08:06)

    山形新聞は無理なのかと心配していましたが,掲載していただいて感謝いたします。Tさんを始めご出資下さった7名の方々,努力してくださった皆さまありがとうございました。

    山形県内では5~11歳の集団接種がはじまってしまいましたが,この広告をきっかけに思いとどまる人が増えることを信じています。

  • #4

    ライカ (日曜日, 06 3月 2022 08:06)

    Tさん、出資者の皆さま、新聞社へ意見広告を掲載するように要望して下さった方々、ありがとうございました!山形新聞社へ激励のメッセージを送りました。

    自分も含めて世の中の多数派は情報弱者という現実と、そんな弱者に損害を与えて得をしている人たちに対抗することは聖戦だと思います。絶対に勝ちましょう!

  • #5

    mayu (日曜日, 06 3月 2022 09:45)

    「戦える時に戦わないと、後になって戦えない社会になってしまいますから」
    本当にその通りですね!
    FREEDOM FIGHT!

    援護射撃メール送りました!

  • #6

    ねこだるま (日曜日, 06 3月 2022 10:06)

    意見送信しました。
    たけしさん、Tさん、出資者の方々、ありがとうございました。

    自殺した感染者女性のことは記憶にありました。
    家に投石があったことは報道されていなかったと思います。

    少しでも感染者差別、ワクチン被害が減りますように。

  • #7

    源ちゃん (日曜日, 06 3月 2022 10:11)

    感想メール送りました。山形新聞は断られたと聞いてたので、一転掲載おめでとうございます。
    ニュースでは5歳からの接種が始まってしまった地域もあるみたいですし、世間の関心もウクライナになってしまっていて、このまま魔吸苦と惑珍が日常になってしまうのかと懸念していますが、なんとかできる限り子供達を救いたいと思います。

  • #8

    ツム (日曜日, 06 3月 2022 10:31)

    山形でも掲載されて良かった。皆さま本当にありがとうございます。

  • #9

    Richard Tiger (日曜日, 06 3月 2022 10:46)

    送りました^_^
    出資者の皆様、ありがとうございました!

    あとは、宮城県の河北新報も、何とか陥落して欲しいです…

  • #10

    urikani (日曜日, 06 3月 2022 11:04)

    Tさん、出資者の皆様、新聞社へ掲載の要望をつたられた皆さま、ありがとうございますm(_ _)m
    Tさんの言葉に涙しました。
    たけし社長さんの仰るよう、絶望も感じますが、Tさんのような方々の存在に希望も感じる事が出来ます。
    援護射撃続けます!

  • #11

    きたこう (日曜日, 06 3月 2022 11:04)

    出資してくださった方々、本当にありがとうございます。意見送りました。地元の伊勢新聞は相変わらず掲載しないのかな。意見は送ってるのですが。

  • #12

    枯れ尾花 (日曜日, 06 3月 2022 11:39)

    有志の皆さま、ありがとうございました。
    先ほど新聞社に感想感謝のメールを送りました。
    いつか、我が地方紙にもこの意見広告の掲載される日が来るかな?
    (今のうちに文章考えとこかな…)

  • #13

    のんくん (日曜日, 06 3月 2022 11:45)

    出資者の方 あと新聞社に掲載を要望してくださった方 本当にありがとうございます。
    新聞社へメール致しました。

  • #14

    殉教@中立派 (日曜日, 06 3月 2022 11:51)

    2誌の電子版窓口から送信完了。

    しかし、八つ墓村のリアル・・何度聞いても胸が痛む。例えどんな国にいようと「抗えるのは今だけ」に揺るぎは無い。私も東北の民として、ささやかながら援護したい。

  • #15

    エリン (日曜日, 06 3月 2022 12:08)

    山形新聞へ掲載への運び、ご尽力を本当にありがとうございました。山形新聞社様にも、公平と勇気に感謝のメールいたしました。再度機会がありましたら、私も出資等のサポートに加らせていただきたいです。こちらのサイトをたびたび確認させていただき情報に乗り遅れないようにいたします。

  • #16

    さらうどん (日曜日, 06 3月 2022 12:22)

    出資者の皆様に改めてお礼を申し上げます。
    同調圧力のリアルに、本当に深いため息が出ますが、
    意見広告を読む方が一人でも多く増えることによって、
    子供への新型コロナ用ワクチン接種を一人でも食い止める力になるようにと切に願います。
    感想メールを新聞社に送りました。

  • #17

    Dr.U うさぎ (日曜日, 06 3月 2022 12:35)

    新聞社にメールを送りました。
    皆様の御活動を、心より応援しております。

  • #18

    タイ象 (日曜日, 06 3月 2022 12:53)

    掲載に出資された皆さま
    ありがとうございます。
    そして、コロナ感染で、自殺まであったことを知りませんでした。
    とても悲しいです。なぜ、守ってあげることができなかったのか。
    山形は、インフルエンザウイルスで、固有株として山形株なるものもあり
    ウィルスについて多種は知見があるのかな?って勝手に思っていましたけども
    そんな忌み嫌うような事件があったとは思いませんでした。
    おかしいことをおかしい、と、言っていくしかないなと。
    新聞社へメッセージを送ります。

  • #19

    ひとかけら (日曜日, 06 3月 2022 12:53)

    感想送りました。Tさん、出資者の皆さんありがとうございます。私は元感染者でワクチン未接種者です。そのために友人の大半を失い、同居の母は陰性だったにもかかわらず世間から一時期後ろ指さされてました。正直怒りが湧いてくる時期もありましたがコロナを経験したことと本を読んで勉強したことで周りに伝えられることも多いなと感じ、子どもを守るために活動を続けたいと思います。

  • #20

    カブ好き (日曜日, 06 3月 2022 13:43)

    Tさん、6名のみなさん、本当にありがとうございました!!山形新聞さんにメールしました!!

  • #21

    ケンティ (日曜日, 06 3月 2022 15:24)

    有志の皆さんありがとうございました!

    山形新聞に激励込めた感想送りました!

    コロナ感染した人をいじめ、自殺に追い込むような社会。21世紀に入って20年以上経って、まだこんな野蛮な行動が横行するとは。

    非常時(と感じた時)に本性が現れているだけなのでしょう。

    ただし、今度はワクチン接種により子ども達にそれが及ぶのは絶対に許さない。

  • #22

    群青空 (日曜日, 06 3月 2022 15:39)

    援護射撃しました!どうか、山形県の空気が変わりますように!
    山形大好きな所です。お世話になった優しい人達の顔が浮かびます。
    温泉も良いし、蕎麦も美味しい。これからは山菜の季節が楽しみですね。
    早く、このコロナのバカ騒ぎを終わりにして、山菜食べに行きますから!
    というか、山形の老人は熊も恐れず山菜取りに山に入るのに、本気でコロナを恐れているとは思えない。恐れているのはインフォでミックによる差別なんですね。
    本当に、東北の老人達は、素手で熊と戦って勝ってますよ!コロナ、恐れるに足らず、ワクチン必要無し、なんだけどな~

  • #23

    メイ (日曜日, 06 3月 2022 15:45)

    出資してくださった皆様、新聞社へ要望を出してくださった皆様、本当にありがとうございました!新聞社へメール送りました。
    ワクチンの危険性について、私がいくら説明しても聞く耳を持たなかった家族が、意見広告を見せたら一発で納得してくれました。やっぱり新聞の威力はすごいです!
    気付く人が増えて、今の流れが変わるよう願ってます。

  • #24

    (日曜日, 06 3月 2022 15:58)

    ついに地元山形新聞に掲載されました!

    日本経済新聞に掲載されたと分かって直ぐ様コンビニへ走り、意見広告をカラーコピーして人に配ったり親に見せましたがコピーなので反応がイマイチでしたが、流石に地元でお馴染み山形新聞に載ったので反応は違いました。
    我が子には絶対にさせません。
    ありがとうございました。

  • #25

    ばあば (日曜日, 06 3月 2022 16:04)

    山形新聞への掲載に至るまでの努力、新聞社の判断、ありがとう�

    コロナ騒ぎの中、思い出すのは、先の戦争への突入とその後の「戦争反対」や「戦争に協力を躊躇う人への非国民呼ばわり」を思い出します。
    同調圧力の怖さで「コロナより怖い世間の目」と知人が本音を漏らしたことが有り、ぞっとしました。真実を突き詰める事に対する批判や、時にワクチン接種をしない人への無言の圧力は有ってはなりません。

  • #26

    ローカル (日曜日, 06 3月 2022 16:42)

    Tさん始めご出資くださった皆さん、ありがとうございました。

    「新コロは数あるウィルスの一つ」「マラリアやデングの方が怖い」
    仕事で海外に行かれる、或いは海外在住の方々のこうした声を、
    メディアがもっと取り上げていたら・・・と思わずにはいられませんでした。

    Tさんのお言葉「戦える時に戦わないと、後になって戦えない社会になってしまいますから。」
    ハッとさせられました。この危機感は、常に持ち続けていなければいかんと思いました。

  • #27

    トロツキスト? (日曜日, 06 3月 2022)

    出資して頂いた皆さん、掲載要望をされた皆さん、有難うございました!
    「感想文」を送付させて頂きました。

  • #28

    いいまつたか (日曜日, 06 3月 2022 17:17)

    たけし社長様に加えて、今回ご出資頂いたT様を始め今回ご出資下さった皆様、本当にありがとうございました!!!!

    山形新聞様へも意見お礼メールを早速送りました。

    「戦える時に戦わないと、後になって戦えない社会になってしまいます」
    T様おっしゃるとおりです。引続き勝負の時ですが、微力ではありますが、自分もできること取り組んでまいります。

    皆様 本当にありがとうございました!!!!!!!

  • #29

    和ナビィ (日曜日, 06 3月 2022 17:20)

    >海外出張で感染症蔓延地域に行くことが多く、新コロをマラリアやデングといった感染症と比べていました。(Tさん)

     冷静に観察されていたTさんの考察に深く肯きます。メディアの煽りに浮足立つことなく考察する大切さを教えられます。

     出るはずだったのに途中で掲載不可に変っていた山形新聞、その後を気にしておりました。実現して本当によかったです☆。関係者のご努力はもちろんのこと、掲載を強く望む地元の方・山形ご出身の方々の熱い「故郷を思う気持ち」が伝わってまいりました。新聞社にメールいたしました。

  • #30

    チコリ (日曜日, 06 3月 2022 17:24)

    新聞社に、自分の言葉で思いを込めて、援護射撃のメールを送信致しました。
    いまだに、同調圧力による村八分が簡単に起きる事が、コロナ禍、ワクチン禍で露わになりましたね。

  • #31

    kotyako (日曜日, 06 3月 2022 18:16)

    Tさん、出資された皆様、ありがとうございました。
    コロナ禍で感染症への差別が顕在化、多くの痛ましい犠牲が出てしまいました。
    自分は戦う時に戦えているか、言うべき時に意思表示できるかと問われると自信がありません
    でもそのことは常に意識していきたいと思います。

  • #32

    モコチ (日曜日, 06 3月 2022 19:04)

    Tさんはじめ7名の出資者の皆さん、本当にありがとうございます!

    東北も熱くなってきましたね!

    やはり病原性の高い感染症対策をされてきた経験のある方は
    「この程度のウイルスに騒ぎすぎでは?」という疑問をいだかれるのですね。

    毎日を平穏に、素朴に暮らす人達
    このワクチンを何の疑いもなく受け入れる現実

    そうです、理解している者が今戦わなければ全て崩壊してしまう。
    故郷を守ることは国を守る、そして子供達の未来を守ることと同義です。

    できることをやっていきましょう。

    山形新聞と岩手日報にメッセージを送りました。

  • #33

    AKIRA (日曜日, 06 3月 2022 19:25)

    山形新聞に意見広告掲載を実現させた皆さん、ありがとうございます。
    Tさんの戦える時に戦わないと、後になって戦えない社会になってしまうという言葉、
    自分自身何度も問いかけながら、噛みしめて考えなければいけない言葉だと思います。
    少しでも力になれるよう、新聞社に感想文を送りました。




  • #34

    やなちゃん (日曜日, 06 3月 2022 19:36)

    ご出資いただいた方々、この度は本当にありがとうございました。故郷を守りたいという言葉に胸が熱くなりました。

    私は我が子以外への説得は誰もできず、自分の無力さに落胆しておりました。でも最近になり、身近なワクチン推進派のママ友数名が、ご自身のお子さん(5〜11歳)への接種をしないという話をされております。身近すぎて小さな話となり申し訳ないのですが、少しずつ世の中が変わり始めているんだと安堵しました。意見広告の影響の大きさも感じられ、こうして世界ゴー宣を拝読できる喜びもひとしおです。
    頑張ってくださっている皆様、本当にありがとうございます。
    感想、これから送ります。

  • #35

    しおちゃん (日曜日, 06 3月 2022 20:34)

    意見広告掲載に関わった全ての皆様、本当にありがとうございます。
    5歳以上の接種が始まった今、相当な労力であったと思います。

    少しでも、小児の接種率が下がります様に。
    そして、子ども達の間で接種.未接種への差別が起きません様に。

    微力ながら援護させて頂きます。

  • #36

    ゆきたか (日曜日, 06 3月 2022 21:02)

    感想投稿しました。
    広告費を出資したみなさんありがとうございます。

  • #37

    ただし (日曜日, 06 3月 2022 21:47)

    山形新聞へ意見広告を掲載してくださった、Tさんを初め七人の侍の方々、この度は、本当に、どうもありがとうございました。

     たけし社長の文章を読んで、まさに歌の歌詞のような世の中を目の当たりにしている現実と、気概ある同胞の存在を知ることから見える微かな光明に、思いを馳せています。

     カレーせんべいさんも挙げられていた、Tさんの言葉「戦える時に戦わないと、後になって戦えない社会になる」は、まさに真理であり、改めて胸に刻ませて頂きました。

    援護射撃致しました。

  • #38

    マーちゃん (日曜日, 06 3月 2022 22:02)

    山形新聞に感謝のメールを送りました!

  • #39

    ハジメ (日曜日, 06 3月 2022 22:03)

    わっはっは! ささやかながら、ワタクシが送った山形新聞社に対する恐喝…もとい、要望メールが「アシスト」として効いた!と確信しおります。 そして今年、桜が咲く頃にはマスク生活を終わらせてやる! の決意を新たにします。

  • #40

    パヤパヤ (日曜日, 06 3月 2022 22:17)

    Tさんはじめ出資して下さった皆様ありがとうございました。
    新聞社に感想メール送りました。

  • #41

    猫娘と猫息子の母 (月曜日, 07 3月 2022 00:02)

    ふるさとを思う心が強く伝わりました。Tさんはじめ出資者の皆さん本当にありがとうございます。新聞社へメールさせて頂きました。歴史的に北海道と深いご縁のある、山形でも掲載叶い嬉しいです。北から日本を変えて行きましょう!

  • #42

    トマト (月曜日, 07 3月 2022 01:30)

    出資者の皆様、ありがとうございます。新聞社にメールしました。
    それにしても、ある地区での話、胸が痛みます。

  • #43

    jaune brillant (月曜日, 07 3月 2022 11:40)

    T様をはじめとした出資者の皆様、ありがとうございました。遅くなりましたが、先ほど山形新聞にメールを送っておきました。
    若い女性の件は、集団リンチによる殺人ですね、こういうことが起こっていることは噂には聞いていましたが・・・集団心理のあまりの残酷さに、絶望的な気持ちになります。

  • #44

    グッビオのオオカミ (月曜日, 07 3月 2022 16:03)

    感想、送りましたよ。
    自殺に追い込まれた方、これもコロナ禍の情報災害の被害者ですね。
    ほとんど昔の魔女狩りの様な有様に事態の深刻さを改めて考えさせられました。
    児童だけではなく、こんな悲劇を一刻も早く終えるためにも、意見広告活動は今後も応援します。
    戦える時に戦わないと、後になって戦えない社会になる・・・本当にその通りです。きっと同じ思いの方がこの活動を支援・協力しておられることだと思います。
    たけし社長、皆さま、お疲れ様です。

  • #45

    大平原インデアン (月曜日, 07 3月 2022 20:00)

    感想メール送りました。
    1人1人の働きかけで新聞社を動かし掲載を勝ち取ったとのこと。すばらしいです。

  • #46

    たっけ (月曜日, 07 3月 2022 23:12)

    Tさんのコメントにありました「こんな狂った世間の空気は早く終わらせたいです。」は印象に残りました。
    山形新聞社にメッセージ送ってます。

  • #47

    希蝶 (火曜日, 08 3月 2022 00:41)

    遅くなりましたが、感想を新聞社に送りました。Tさんを初めとする出資者のかたがたへ。本当に有り難うございました。あなたがたの行為は世間から忘れ去られても、こうして残ってゆくことでしょう。それ以上に、これ以上のワクチン接種を阻止すべきでしょう。一日もはやく、マスクやワクチンの要らない日が到来しますようにと願います。

  • #48

    わさび (水曜日, 09 3月 2022 00:41)

    Tさん、出資された皆様 ありがとうございます。
    マラリアやデングとの比較、ワクチンについての情報収集、実にスマートで尊敬します。今思えば、現代社会に生きる大人なら当たり前に出来そうなことですが、私は「気づく」までに少し時間がかかりました。これからを生きる子どもたちにはこういう能力こそ必要だと思います。
    若い女性が自殺に追い込まれたお話には言葉がありません。地方はとかく同調圧力が強いと言われますが、協調や協力(同調ではない)は集団が生きのび故郷を守るための術でもあり一概には否定できません。しかし悪いほうに作用すると個のエゴイズムと化し不幸な結果を生むことを表していますね。
    コロナ禍は社会のあり方について考えるよい機会であるにもかかわらず、個の視点しか持ち得ない大人がほとんどであることが露わになりました。そのような中、たけし社長をはじめここに集う皆様方には希望をいただいています。この狂った世間を早く終わらせましょう!