東京新聞のコロナ感染者グラフ(2022年5月28日)5歳から11歳までのワクチン接種率は16.4%

 

投稿者:SRさん

  

東京新聞5月28日です。


感染グラフはすっかり落ち着いています。

 

 

 

「12~19歳の接種率 3回目低調 平均21%」

 

「小児接種率 1割台」

 

大人が打ちまくった状況と比べればかなりブレーキが利いていて、しばらくは接種率急上昇という事は無さそうに思います。

 

 

「モデルナ 秋にも新ワクチン(こちらも本日の東京新聞です)」

 

 

秋になったら、「冬に備えて」とキャンペーンでしょうか。

 

「緊急承認制度を使って早期に届けたい」

 

「生後6か月~11歳の子どもにも使えるよう関係当局と協議をする方針」です。

 

今のうち「ワクチン不要(緊急承認など許さない)」という状態に持っていかなければなりませんね。

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)   

 

5歳から11歳までのワクチン接種率は、今の時点では16.4%。

 

 

2月末の時点で5歳から11歳ワクチンは「接種希望8割」でした。

 

5歳から11歳ワクチン「接種希望8割」東京都江東区 ※朝日新聞の記事

(1) なるべく早い時期での接種を希望する: 31.3%(3割)
(2) 様子を見て問題なければ接種したい: 48.7%(5割)
(3) 接種を希望しない: 20.0%(2割)

 

 

そのデーターから「迷っている5割」を全て説得できれば「3:7」となると、具体的数値を目標に立てて≪352作戦≫を宣言したのが3月1日のことでした。

 

そしてこのように述べました。

 

◆◆◆

 

もちろん「3割の全てをあきらめる」という意味ではありません。

 

あくまで意見広告運動は「5歳から11歳までのワクチン接種率を少しでも下げる」という目的を掲げます。

 

これから始まる3月の戦いでは、なにがあっても絶望できない理由があります。

 

それは、次に控えているであろう腐り果てた悪夢「0歳から4歳のワクチン接種」を食い止めるための戦いでもあるからです!!

 

 

 

絶望の螺旋はここで止める。

 

希望を「次」に繋ぎます。

 

◆◆◆

 

このように誓いを立てたのも、ちょうどこの時期です。

 

 

≪過去記事≫

 

 

2月28日付 : ≪考察≫ TBSニュース「江東区では3月度のワクチン接種予約が埋まった」とどう向き合うか?

 

3月1日付 : ≪352作戦≫ 意見広告運動は上手く行っている

 

2月28日付 : 滋賀県湖南市のアンケート結果「3:5:2」

 

 

 

皆様のお力のおかげで、小さな子供が大人と同じ8割接種という腐りきったバッドエンドだけは回避できるかもしれません。

 

そして意見広告運動で戦えるのは、あと少しだけです。

 

皆様、どうか力を貸してください!


↓(スポンサーリンク)↓


 

≪運営資金協力依頼≫  

 

以下のバナーからアクセスして買い物をすれば、購入価格の約3%が当サイトに入金されます。

      ↓↓↓


コメント: 6
  • #6

    T.G (日曜日, 29 5月 2022 13:34)

    私の市も5〜11歳の惑珍接種が15%くらいでしょうか。市長は交付金が貰える為ならどんどこ打たせるつもりみたいです。子供たちを犠牲にするならウクライナ難民を受け入れた方がナンボかマシな気がしますね。
    周囲でも3回目打つ畜群が増えましたね。頼むから4回目は自費で打ってほしい。これ以上、未来ある若者や子供に負債を負わせないでほしい。

  • #5

    こめ (日曜日, 29 5月 2022 10:58)

    いったんここで、いままでやってきたことの結果がでたということでいいのではないでしょうか。少し、報われた気がします。

  • #4

    殉教@中立派 (土曜日, 28 5月 2022 22:36)

    カレー氏、3月の重要な発言を引用していたのが良かったです。テレビ・論壇には「過去の発言を無かった事にする連中」ばかりなので、格の違いを示せました。

    あとは「なんとなく、(これ以上)打ちたくは無いなあ」という人に、ちゃんとした論拠(意見広告)を届け、自信を持ってもらいましょう。具体的な数字が出たのは、私達と、全国でゲリラ戦をしている同志(地方・有志医師の会など)の戦果。これで、モチベーションの維持をして戦います。

  • #3

    パワーホール (土曜日, 28 5月 2022 18:18)

    昨日、例の同僚と一緒に作業をしていたら、暑いせいか素顔を見ることができた。かわいらしい方でしたが、同時に怒りが込み上げてきた。こんなかわいらしい女性に副反応で苦しんでいるのも関わらず3回目を打たせかわいい顔にマスクまでさせる奴は本当に外道だ。さらに子供達にまで。ウイルスを目の敵にする奴はもはや人間ではない。感染症学は共産主義・ナチズム同様の危険思想だ。奴らに情けは不要だ。徹底的に追い詰めましょう。

  • #2

    グッビオのオオカミ (土曜日, 28 5月 2022 18:07)

    先ほど、長尾和宏医師のコロナチャンネル749「リウマチの人が急増している。なぜ?その治療法は?」を視聴しました。(10分程度の動画です)
    https://www.nicovideo.jp/watch/sm40528735
    クリニックの現場感覚ではこんな事に・・・と思いました。
    こんなもの、なんで未だにのさばっている!?なんでこんなもの子供に打たせる?
    責任など取る気も無いクセに、オミクロンはただのノド風邪だと知ってるくせに。
    薬害でたくさん死んでる事も、後遺症になった事例も知ってるくせに。
    知らないならなんで報道管制を掛けるんです?やっぱり知ってるから”その話題”をわざわざ封じるんです。分かってるから”封じる必要がある”のを知っている。
    本当に腹が立ちます。許せないです。

  • #1

    ハジメ (土曜日, 28 5月 2022 16:51)

    潰す!