· 

(座談会後半)FLASH5月26日号 説法53「「小室親子」と金と恋~金はかすがい~」

「小室親子」と金と恋~金はかすがい~


タッチ&ゴー宣

《収録参加》

皿:皿うどん

え:えみりん

カ:カレーせんべい

  

《収録日》

2021年5月26日

 

《司会・編集》 

皿うどん 

 

FLASH5月26日号

よしりん辻説法 説法53

 

「小室親子」と金と

金はかすがい

 

≪後編≫

 

皿:今週も「創作よしりん語」とよしりんオリジナルのギャグが満載でしたね。『アナヒラキシー』は、よしりんメッチャ気に入ってるのが伝わりますね(笑)

 

 

え:よしりん、絶対、気に入ってますよね!(笑)

 

 

カ:確かにこのギャグは、よしりんオリジナルだけあって、面白いのよなぁ。

 

 

皿:『アナヒラキシー』はFLASHよしりん辻説法で誕生したギャグなのに、今週SPA!「ゴー宣」の方でも使ってましたよね。

 

 

え:みなぼんさんが鼻の穴を広げてたね(笑)

 

 

皿:そういえば、りか坊さんが「アルパカ」になっていましたね。

 

 

カ:とうとう、りか坊さんまでアルパカになりましたか! 愛知県のたこちゃん作品の『そんなことアルパカ?』は、もしかすると創作よしりん語で採用数第1位じゃないかな?後で数えてみて発表しますね。

 

 

皿:『意味無し芳一』もまた出てきました。そして『疑惑の惑星』と『ダックス憤怒』は、すっかりレギュラーポジションです。

 

 

カ:今回の『ダックス憤怒』は、胴がめちゃくちゃ長い(笑)

 

 

皿:『なめ豚農家!』は、なんとなく「おぼっちゃまくん風味」がありますね。

 

 

カ:実はこれは、プロレス大好き医師・しんちゃんが創作茶魔語で投稿してくれたネタなんですよ。

 

 

え:しんちゃん、見てくれてるかなあ?

 

 

カ:知らん。見てへんのとちゃう?(笑)

 

 

皿:あと『写楽せぇ!』も以前、創作茶魔語でありましたね。

 

 

カ:これは京都美人・こぴゃるさんの作品です。こぴゃるさんは絵も自分で描いて送ってくださったのですが、それもまた面白いです。それから『ゾウさんもないことさ!』はナニワのオッサン・カレーせんべいが考えた創作よしりん語ですね。

 

 

 

皿:これはシュールですよね~。目つきがちょっとゴルゴ13みたいです。

 

 

カ:今回もFLASHの編集者の方が、『世界のゴー宣ファンサイト』のことをわざわざ書いてくださって本当に有り難いです! 言及があると続ける動機になります。

 

 

皿:今週の辻説法は、笑いながら、いろいろと納得したという感じですね。

 

 

カ:実は、よしりん語以外でも、ギャグがふんだんに散りばめられていますよね。

 

 

皿:絵の力が凄いです。プロとしての絵の技術だけじゃなくて、天性のセンスですよね。センスがないと描けないですもんね。

 

 

カ:そうですね。こうやって軽快に笑いながらも、深く思想できることが「よしりん辻説法」という作品ですね

 

 

◆◆◆

 

 

え:眞子様の婚約が延期になった騒動から三年半なんですね。もうそんなに経つねんやって思いました。昨日、お昼のワイドショーで、小室圭さんのことを取り上げていたけれども、論文が雑誌に載ったこと、優秀な男性だということを紹介されてました。今年の三月に、小室さんが書いた論文がまたしても雑誌に載ったのですが、そもそもロースクールって授業に出るだけでも滅茶苦茶大変らしくて、本来ならば論文を書く余裕も全然無いくらいですけど、小室さんは授業を受けながら論文を書き、それで2回も雑誌に載るのだから、本当に優秀な人なんですね。だから眞子さまは男性を見る目がある人なんやなって思いました

 

 

皿:それにしても、眞子さまや小室圭さんのような若い年代にとって、三年半という時間は長いですよね。僕らくらいの年代になれば三年、四年は最近のことになりますけれども、やっぱり若い年代にとっては、人生に占める比重が大きいわけです。そりゃいつまで待たせんねんって気持ちになっても全然おかしくないです。

 

 

え:三年も会っていないってことやもんね。今回の辻説法は「お金と愛」みたいになってるけれども、お金も大事やけどなあって思いますけどね(苦笑)

 

 

カ:ほう。それはどういう意味でしょう?

 

 

え:貧乏でも「愛」があったら幸せなんだろうか?と考えます。もちろん、お金があっても「愛」がなかったら「幸せ」とも思わないですが。

 

 

皿:今回の辻説法で例に出されている「紀州のドンファン」は、めっちゃお金持ちだったけど、殺されちゃいましたからね。

 

 

え:殺人の動機として、女の人が離婚されたら財産を貰えないから殺したみたいなことが報じられていますけど、このドンファンっていう人も、全く愛が無くてもOKという人ではなかったんちゃうかなって思うんですよね。

 

 

カ:ほう。

 

 

え:最初はお金で女の人を釣ったとしても、だんだんと愛が欲しくなってくるのではないでしょうか?

 

 

皿:まあそうですよね。情が芽生えるというか、そういうことは人間だからあるでしょうね。バブルの頃なんか、アッシーくんとか、メッシーくんとか、ミツグくんとか、そういう男性と女性との関係だってそうでしょうしね。僕は、ギリギリ、バブル世代ですけれども、その頃は自分はまだ大学生でしたし、バブルで浮かれている人達の輪からは外れて蚊帳の外にいましたけれども。

 

 

え:「アッシーくん」「メッシーくん」なんて呼ばれるなんて考えられへん(苦笑)

 

 

カ:いや、僕は分からなくもないよ。

 

 

え:えー?! カレーさんは「アッシーくん」「メッシーくん」と呼ばれても平気な人ですか?

 

 

カ:車を出したり、メシおごったりする方としては「案外楽しんでやっている」わけですよ。

 

 

え:いやいや、女の人が本当に相手のことを好きだったら「アッシー」「メッシー」なんて言葉を使うのかな?

 

 

カ:あぁ。そう言われたらそうだね。もし相手に敬意があれば、そんな言葉は出ないよね。

 

 

皿:その当時のことを振り返ったら、バブル時代は男も女もめっちゃ無理してるんですよ

 

 

カ:へーー、そうなんですか?

 

 

皿:本当に金持って浮かれてる人達もいるんやけども、確かに景気は今よりずっと良かったですが、それでも若者はそんなにお金がある人なんて一握りでしたし、大多数はお金が無いのに流行りの雑誌やトレンディドラマの真似を必死にやってただけなんです。

 

 

カ:それは知らなかった!それがバルブの実態なんですね。

 

 

皿:辻説法のコマの中に『女性は貢がせた品を質に出して金にしていた』とありましたが、それはその通りなんですけれども、そうやって金作る女の方も無理をしていたわけですし、当然、女に貢いでる男の方もバイト代をつぎ込んで無理してたわけです。

 

 

カ:ところで、「デートは割り勘」って、今はそれが普通なの? また男尊女卑と言われるかもしれないけど・・・、デート代くらい男が出せよ!

 

 

皿:それは割り勘が普通じゃないですか? 今は「男の沽券にかかわる」とか、そういうのを気にする風潮も無くなってきているから。

 

 

カ:そうなのかな? イヤらしい下心とかは全く無いけども「僕は貴女のことを女性として扱ってますよ」という意味を込めて男がお金を出さないですか? ・・・なんか今、僕、墓穴掘ってますか?(笑)

 

 

え:今は「男性が必ず払う」という感覚は無いんとちゃうんかな?

 

 

カ:そうか、俺がラストサムライやな。

 

 

え:そんなことでサムライにはなれない(笑)

 

 

皿:自分一人が同席した女性に奢るのではなく、男同士で出し合って女性の分を持つ、というのはありますけどね。

 

 

カ:「本当は下心なんて無いけども、さも下心が有ると見せるのが、男のマナー」ってのはありませんかね?

 

 

え:なんですか、それ(笑)

 

 

皿:意中の女性であれば、そういう風に敢えてやることもあるとは思うんですが・・・。

 

 

カ:3分の1も伝わらない純情な感情が空回りだな。 つまり私が言いたいのは「その女性とどうにかなりたいとか全くない、全くないんやけども、自分に会うために洋服を選んで、お化粧をして、わざわざ美に時間とお金を割いてくださったのだから、男がその場のカネを出すべき」ということです。だからなおさらデートで割り勘は違和感があるんですよ。

 

 

え:だけど職場の私より年下の男の子が、女の子の方が「奢ってもらうのが当たり前」みたいに思っているのは嫌だって言ってましたね。

 

 

カ:それも分かりますよ! つまり女は財布だけは出して「あの、おいくらですか?」って、猿芝居をやって欲しいんですよ!

 

 

え:「猿芝居」って言うてもうてるやん(笑)

 

 

カ:それで男の方は「いやいや、今日は僕が出しますから」と言いたいわけですなぁ。

 

 

皿:確かに「お金出してもらってあたりまえ感」を出されるのは嫌ですね。酷いのになるとトイレに行ったふりしていつの間にかいなくなるとかありますけど(苦笑)

 

 

え:それは酷すぎますね(笑)

 

 

カ:実際問題、女性と一対一で食事に行って、割り勘が「平等」とは思えないんよなぁ。やっぱりそこは男が出すのが「公平」だと思うんやけどな。

 

 

皿:そう考えたら、カレーさんは僕より若いけど「古風」なのかなと思いました。

 

 

カ:そうなりますかぁ(苦笑) ただ「割り勘にしようね」と言ってくれる女の人は大好きなんですよ。 「割り勘の方が気を使わないし、奢られると却って気を使うから」と言ってくれる女性はとても有難いですね(笑)

 

 

◆◆◆

 

 

皿:眞子さまが歌会始で詠まれた歌、これは良いですよね。

 

 

え:素敵ですよね。

 

 

皿:これを眞子さまの若さで詠めるということが凄いですよね。教養が深いと感じます。あと「驚くべきことは、眞子さまにはそういう差別心が全くないことだ!」っていうコマ、人間だから差別心がゼロになるということは無いと僕は思うんですけれども、眞子さまのお育ちを考えた時に、いろんな要素が絶妙にバランスを取って、いい状態で差別心がないというメンタルになっておられるのかなと想像します。

 

 

カ:凄い人ですよね。

 

 

皿:差別心の発露というのは、メンタルのバランスが乱れた時に染み出してくるものなんだろうなあと思います。今はインフォデミックでメンタルのバランスが大きく乱れてしまっている人が圧倒的に多いと思いますし、心のバランスをどう保つかというのは大事ですよね。皇族としてお育ちになられた方々のような境地にはなかなか一般人ではなれないと思うんですけれども、それこそ禅寺で修行を積むとかじゃないと。

 

 

カ:それにしても眞子さまと小室圭さんの絆は強いですね。三年以上会っていなくても、ずっと気持ちを維持している並大抵じゃないです!

 

 

皿:遠距離恋愛ですよね。

 

 

カ:いくら映像越しに会話ができたとしても、触れ合ったりは、出来ないわけですよ・・・。

 

 

え:寂しいやろうなあ・・・。

 

 

カ:寂しい。そして切ないなあ・・・。

 

 

皿:寂しいし、嫌でも悪口とかバッシングが耳に入って来てしまうから、無茶苦茶ストレスたまりますよね。

 

 

カ:あの、ちょっと、また、暴走してもいいですかね? 私はバッシングしている人達とて「悪魔」だなんて思ってないので、どうしても言いたいことがあるんですけど・・・。

 

 

皿:バッシングしている人たちに言いたいことがあるなら、どうぞ。

 

 

カ:仮にお前らが望む通り、眞子様と小室氏を別れさせたとして、次のビジョンはあるのか? 眞子さまはどうなったらいいと言うわけだ? 眞子様が歌会始でこんな歌まで詠っているのに、何で根負けせんのよお前らは? 今まで反対してたとしても、もういい加減に根負けしろよ! 根負けしないってことは「ただ叩くことが目的」になっているじゃないのか!?

 

 

皿:仰る通りですね。

 

 

カ:眞子様を一生独身にさせるつもりなのか? それともお前らがお相手を連れてくるのか? 結局、眞子様の意思なんて完全に無視か? そもそもお前らはどうやって結婚したんだ? あるいは将来どうやって結婚するつもりなんだ? 自分で選んで結婚するんじゃないのかよ!? お前らの言ってることは無茶苦茶なんやぞ! 三年半も会わずに、それでも想いが揺らいでいない若者がいる。もういいかげんに根負けしろよ!!

 

 

 

◆◆◆

 

 

 

カ:今回の辻説法で描かれていた「差別」というのはキーワードだと思いました。小室母子をバッシングをしている人達の本音は「母子家庭のくせに」とか「皇室を利用して成りあがろうとしている。許せん」とかでしょう。結局それは差別心から来ていると思いました。

 

 

皿:コロナ禍というインフォデミックで露わになったことの一つに「差別は恐怖心から生まれる」ということがあるから、大衆の差別心が増幅されていることがバッシングの膨らみにも繋がっている気がするんですよね。そういう人達はコロナ禍の前からずっと難癖をつけてきている訳ですけれども。

 

 

カ:なるほど。差別心というのは様々な原因から発生すると思いますが、恐怖の精神状態でそれが加速されるということですね。小室圭さん母子については「自分より下のくせに、うまいことやりやがって、上にあがろうとしている」という差別心から来ていると思います。だからコロナ禍じゃなくても起こり得たと思いますし、コロナ禍だからこそ加速度的に差別心が剥き出しになったとも思うわけです。だから差別の出発点は、コロナとは無関係だと考えます。

 

 

皿:出発点はコロナとは関係ないというのは私もそう思いますけど、コロナ禍がきっかけで増幅したとは思うんですよね。

 

 

カ:そうですね。

 

 

皿:弱い立場の人の自殺者が増えているというのも、インフォデミックが要因になっているし、人々のメンタルに物凄く影響を与えていると思うんですよね。

 

 

カ:恐怖が不安になって、不安を払拭するためにバッシングの対象を探して身勝手に憂さを晴らしているという側面もあるかもしれませんね。

 

 

◆◆◆

 

 

皿:今週のよしりん辻説法の『金で女の気をひくのは寂しい男だ。』ってセリフは染みますね。

 

 

カ:そもそも「紀州のドンファン」とは、何をやってこれほどの金持ちになったんですか?

 

 

皿:僕もよく知らないんですけど、検索してみたら、金融業、酒類販売、梅干し製造などで財を築いたらしいですね。

 

 

カ:確かに「金を稼ぐ力がある」というのは大きな魅力ですよね。もし「親が地主で、金がある」ということなら、それはその人の魅力ではないと思うけど。

 

 

皿:検索で調べた限りでは生家は裕福ではなかったとのことですから、本人の力で財を成したんでしょうね。

 

 

カ:それならモテるでしょうね。つまり才能があったわけだ。何か価値を創造する力がある人間は、女性だけでなく男性からもモテるんじゃないのかな。

 

 

え:お金を稼ぐのも才能の一つで魅力的に思うけども、「お金を持ってる人と結婚したらラクが出来る」というのもあると思います。

 

 

カ:うん。それは欺瞞の無き本質ですね。

 

 

皿:あと、親が金持ちで遺産を譲り受ける人にしても、その遺産を維持出来るか出来ないかで分かれ目になってきますよね。税金が払えないからと手放す場合もありますから。

 

 

カ:なるほど、そういう考え方がありますね。勉強になります。

 

 

◆◆◆

 

 

カ:ところで、えみりんさんはどんな男の人がモテるのか、あるいは、こんな男の人が好きというのはありますか?

 

 

え:ポジティブで前向きな人がタイプですね。ウジウジしている人は、男でも女でも嫌やなと思います。

 

 

カ:ウジウジしてる人がダメなの!? 僕は、完全に条件から外れるなぁ(苦笑)

 

 

皿:自分もウジウジしたところがあるから外れますね(苦笑)

 

 

カ:皿うどん&カレーせんべいで「うじうじ・ウジ虫コンビ」を組みましょう!

 

 

皿:分かりました!

 

 

え:うーーん。これは「ポジティブで前向き」と言えるのかなぁ・・・。



 

創作よしりん語が

漫画に採用されました🍎

 

 第19

ゾウさんもないことさ!

よしりん辻説法 説法53

「小室親子」と金と恋

~金はかすがい~

考案:カレーせんべい

 

解説

 象さんになって「造作もないこと」とカッコつけるよしりん語。


 第20

 

写楽せーっ!!

(しゃらくさい)

よしりん辻説法 説法53

「小室親子」と金と恋

~金はかすがい~

こぴゃるさんの作品

 

《解説》 

小生意気な相手にビシッと一喝する時に使う。

 

 

こぴゃる作・創作茶魔語


 第21

 

なめ豚農家!

(なめとんのうか)

よしりん辻説法 説法53

「小室親子」と金と恋

~金はかすがい~

しんちゃんさんの作品

 

《解説》 

侮辱された時に怒りを示す!


コメント: 4
  • #4

    皿うどん (日曜日, 13 6月 2021 13:59)

    >ただしさん

    感想会の文を読んで戴いてありがとうございます。
    創作よしりん語の方も気にかけていただいてありがとうございます。

    ウジウジ同盟は本文では結成されたことになっていますが
    私も実は同盟員ではありませんw

  • #3

    ただし (金曜日, 11 6月 2021 21:07)

    良かったです♪
    (^o^)

    ウジウジ同盟は、辞退させて頂きます☆ この後、ウジウジしないことで最初の壁を乗り越えたいと思います。
    (^-^)

  • #2

    カレーせんべい (金曜日, 11 6月 2021 00:20)

    >>1 ただしさん
    コメント、ありがとうございます!

    眞子さまと小室さんへのバッシングがあまりに理不尽過ぎて、理不尽過ぎて・・・、感情的になってしましたが、そのようにおっしゃって頂けて救われた気持ちです^^

    『ウジウジ同盟』は入会費無料なので、いつでも大歓迎です(笑)


    >トップ画面下の創作よしりん語の『こちらをクリック』を押しても、ページへ行くことが出来ませんでした。

    なんと!!
    まったく気づきませんでした!(汗)
    ご指摘、大変助かります\(^o^)/

  • #1

    ただし (金曜日, 11 6月 2021 00:09)

    座談会、後編を読みました。どんどん話しが展開していくのが、面白かったです♪

    『根負けしろよ!』
     カレーせんべいさんのこの言葉は、ピンポイントを突いていて、いいなあと思いました。使わせて頂きたく存じます。

     私も、めっちゃウジウジ野郎です。

     そういえば、トップ画面下の創作よしりん語の『こちらをクリック』を押しても、ページへ行くことが出来ませんでした。
     政策中のイラストは、ほのぼのしていて、いいですね♪

     カレーせんべいさん、ご健勝をお祈りしています。☆☆☆☆☆