【菅野志桜里】子供を守り、皇室を守り、国を守る!【切り抜き】

 

YouTube

小林よしのり切り抜き動画 

 

(3分30秒)

https://youtu.be/QtjNuA0EA3k


↓(スポンサーリンク)↓



コメント: 7
  • #7

    グッビオのオオカミ (月曜日, 05 12月 2022 15:35)

    子どもを守り、皇室を守り、国を守る。
    確かにそれは「保守」ですね。
    #3の神奈川県民さんの指摘は非常に勉強になりました。

  • #6

    リカオン (日曜日, 04 12月 2022 11:13)

    教師による性犯罪を受けた子ども達の記事や情報をネットで読むと誰にも相談できず、自分を攻め、PTSDを患ったり、大人になってからも長期に渡り影響下にあるようです。
    一方教師は異動先で性犯罪を繰り返しており、被害者が増える一方です。こういう不条理なシステムは早く改善して欲しいです。

    大概被害に遭うのは、自己主張をあまりしない大人しい子ではないでしょうか。犯人は対象を選んでいるように思います。
    よく大人でも刺激的な服を着ていたから襲われたんだと性被害者を攻める人がいますが、決してそんな服ではなく、普通の服でした。犯人は気の弱そうな女性を選んでいると思います。
    自分の経験で言うと、小〜中学生の時よく通学の電車内で痴漢被害に遭いました。このままではいかん、次遭遇したら今度こそ声をあげてつき出してやろうと決心してからは、憑き物が落ちたかのようにピタッと痴漢に遭わなくなりました。痴漢はこの子は抵抗しそうだと敏感に感じ取るのかなぁと思いました。

    子供達には性教育により声をあげていい事を伝え、犯罪を犯した者は罰なり再犯を防ぐ仕組みを作ることが重要だと思います。

  • #5

    ポコ太郎 (日曜日, 04 12月 2022 10:02)

    ♯3 神奈川県民様
    丁寧な説明・アドバイスいただき、ありがとうございました。よく理解できました。
    公務員は法的に身分保障がなされているのですね。

  • #4

    まいこ (日曜日, 04 12月 2022 07:46)

    切り抜き動画を作っていただくと、道場の動画を再見して学び直すきっかけになります。ありがとうございます。菅野志桜里さん、2019年の第1回東海ゴー宣道場「正念場を迎える皇位の安定継承」で間近に拝見していました。質問権の行使への道筋も作られたとのことで、喫緊の課題についても制度から変えてゆくために不可欠な方だと感じます。

  • #3

    神奈川県民 (土曜日, 03 12月 2022 22:29)

    >ポコ太郎さん

    最初に、調査したわけでもない私見で語ることをお赦しください。
    まず、性犯罪と言っても広いのですが、強姦、準強姦で前科がつけば今は懲戒免職の対象と考えてよいのではないかと思います。
    しかし、盗撮、痴漢のような案件では懲戒免職とはならず、大抵は依願退職という形で決着しますが、本人が職にしがみつけば懲戒処分(減俸、降格等)こそあれ、免職には至らないこととなります。
    その場合、即座でなくとも職場異動させるのが通例で、名目上は本人を守るというよりも周囲の職員の働きやすさを考慮しての異動ということになります。他の職員の働きやすさを考えると、結果的に問題を起こした職員を守るような対応になってしまうのはなんとも皮肉めいていますが、公務員には身分保障が法的に定められているため、民間のように大岡裁きでご退場願うというわけにもいかないんですね。

  • #2

    たこちゃん (土曜日, 03 12月 2022 08:40)

    カレーせんべい様

    いつもゴー宣道場のPR、ありがとうございます。

    第2回の東海ゴー宣道場、懐かしいですね。
    緊急事態宣言のせいで急遽中止になった後、仕切り直しで行った道場でいろいろと
    大変でした。

    おかげさまで、東海地方でのゴー宣道場開催は来年で5年になります。
    今後ともよろしくお願いいたします。

  • #1

    ポコ太郎 (土曜日, 03 12月 2022)

    公立学校の先生は、性犯罪を犯しても懲戒免職にならないのかな?
    また、逮捕歴が残らないのかな?
    我々のような民間企業勤めなら、上記orセクハラでも一発アウトですもんね。
    男の性欲・スケベ心には一定の理解はありますが、その変態欲望が子供に向かうことは
    まったく理解できないです。娘が二人いてるから、余計に思いますね。
    ぜひとも菅野志桜里さんには法的拘束力の音頭取りを頑張ってもらいたいです。