たけし社長「2月20日オドレら正気か?SPECIAL公開LIVE!」の発言録(後編)

 

意見広告運動の総大将

 

たけし社長出演

 

2月20日生放送

「オドレら正気か?SPECIAL公開LIVE!」

(イラスト寄贈:えみりん)


 

たけし社長の発言(後編)

文字起こし & 編集:カレーせんべい

 

  

あの。ちょっとすいません。

 

最後に私の方から1つだけお話したいことがあります。

 

 

今までずっと新聞に意見広告を出させて頂いていたわけですが、

 

最近になって「これはちょっとイカンかったのかなぁ?」と反省点が生まれました。

 

だから今度の全国紙に出る原稿は、これまでとニュアンスを変えました。

 

 

◆◆◆

 

 

なぜ変えたかと言いますと、

 

この意見広告というのは「未接種の2割の方」ではなくて、「接種済みの8割の方」に考え方を変えて頂くという目的のための手段なんです

 

ただ、接種した人にだって色んな考えがあったり、色んな状況があったりで、もう実際すでに打っちゃってるわけだから。

 

やっぱり人には「プライド」があります。

 

だから今までの意見広告をバーンと出してしまうと、感情が抵抗になって、その内容を認めたくないという気持ちもあろうかと思います。

 

「感情の抵抗を最小化させる必要がある」と考えました。

 

今の意見広告は、最初から最後まで「これが正しいんだ!」という論理をずっと言ってました。

 

それは正しいかもしれないけど、接種した方々に対して、最も効果的な説得な手段であるとは限らないわけです。

 

 

仮に論理的でなかったとしても、既にワクチンを打った人に対する「優しさ」や「こころづかい」が有った方が、より納得してくれる、スっと内容に入ってもらえる、分かって頂ける確率が高まると思いました。

 

 

これまでの意見広告は、どっちかというと未接種の方が、実際に打った方に対して「ほら見たことか!お前らは打ってしまったのだから、人間じゃないぞ、モルモットになったんだぞ!」という感じのノリだったわけです(苦笑)

 

やっぱり「優しさ」がいると思います。

 

この問題に関しては人のプライドに配慮する「したたかさ」が必要です。

 

大人としての優しさが必要です。

 

 

だから今度の原稿からは、冒頭部分にワクチンは、まぁ、ある程度は良かったじゃない」というような一文を、あえて入れることになりました。

 

その方が、すでに打った方を説得しようとする時には、有効ではないかと考えます。

 

 

◆◆◆

 

 

本の場合は、ある程度興味がある方に読まれるわけですが、新聞の場合は違うんです。

 

新聞の場合は、若干のその辺りのフォローが必要で、打った方に対する優しさや気づかいが有った方が、逆に説得しやすいわけです。

 

冒頭から入りやすく、最後まで読んで頂けたら、「確かになぁ」と思って頂きたいです。

 

以上、この報告だけはさせていただきました。

 

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)   

 

「舞台裏」というのは誰にも言えないこともあるわけですが、たけし社長の最大の苦しさはここだったと思います。

 

意見広告運動は必ずしも自分たちの正論を発露できるとも限らないです。

 

色んな事情が絡まっています。

 

ただ、私たちの目的は「子供のワクチン接種率を少しでも下げること」です。

 

そのためには「すでにワクチン接種した8割の大人に、耳を傾けてもらわなければならない」わけです。

 

現実と理想の狭間で葛藤しながらも、「子供のワクチン接種率を少しでも下げること」という目的は、絶対にブレず、最優先にしたいと思っています。

 



 

ホームページの運営資金  

 

以下のバナーからアクセスして頂ければ、どんな商品を買ったとしても平均3%が当サイトに入金されています。

      ↓↓↓


コメント: 25
  • #25

    さらうどん (水曜日, 23 2月 2022 16:31)

    >Kさん

    Kさんの仰ることはよく分かります。私とてそういう言葉を吐かれた時に自身の中で感情のマグマが煮え滾りましたよ。
    しかし、感情的にされたかどうかと言えば、向こう側にはファクトは無いとは言え、向こう側の人もこちらの言葉で感情を揺さぶられたかもしれない。
    また、自分も向こう側の人の感情を揺さぶるようなことをしてきたと思う。
    でも、当初の目的に立ち返ったら、まずは小さい子供さんに対する劇薬の接種を親御さんに思い留まってもらうにはどうしたらいいのか?ということになってくるわけです。
    よしりんは漫画での表現で巧みに毒を強めて表現する、中川淳一郎さんや泉美木蘭さんや鳥集徹さんは文筆での表現で、各々の得意技を使って読者の心理を揺さぶる、そして揺るぎないファクトを伝える、井上正康氏や宮沢孝幸さんや長尾和弘さんや木村盛世さんはそれぞれのスペシャリストとしての立場からメッセージを発する、他にもたくさんいらっしゃいますが、みなさんそれぞれの現場で言葉を駆使してやっておられるわけで、「直球」はピーチ航空のノーマスク乗客とか、ノーマスクデモの人達がやっているような感じで、かえって「逆効果」になってしまう危険性も孕んでいるわけです。当初の目的を達する為にはどうすれば一番効果的なのか、ということを冷静に考える必要があると思います。長文すみません。

  • #24

    かわじ (水曜日, 23 2月 2022 12:41)

    Kさん〉
    営業や接客やってたりするとより分かるんですが、事をなすには建前と本音というものがございまして。。

    以前、自分が別人から投げつけられたからと言って、トゲトゲの本音を投げつけても、相手はトゲを恐れてキャッチしてくれないんですよ。
    なので建前というオブラート(気遣い)にくるんで、投げる。
    そしてトゲの中身を見てもらう。

    このプロセスがあった方が中身をお届けできるんちゃうかな?
    そゆ話なんですよ( ^Д^)((○

  • #23

    K (水曜日, 23 2月 2022 06:09)

    ホリエやハシモトやあるいはどっかの知事のように未接種者に浴びせられた言葉や激烈な同調圧力を思えば、摂取者に対しての優しさなんていらんでしょ。
    嬉々として無料のワクチン(元は自分らの税金)で、強制ではないワクチンを自らの意思で打った人になんで気遣う必要があるのか。意味が分からない。

  • #22

    もーり (水曜日, 23 2月 2022 05:44)

    今届いていないところに、届けるために、さすがです。

    私の親も、
    「自分が決めるから」と言います。
    説得したい訳でなく、知った情報を伝えたいけど、うまくいかず、
    「そんなはずない」と。

    後で新聞買いに行ってきます。

  • #21

    殉教@中立派 (火曜日, 22 2月 2022 22:27)

    思えば、正論だけで押し切ろうとして破滅したのが
    私の道だったな・・でもたけし社長は、「気遣い」
    「ターゲットの心を慮る」を加え、Ver.UpDateを
    果たした。力の限り手伝おう、私が喪った道の分まで。
    (私心?いや、結果論として『公』に繋げてみせる!)

  • #20

    パワーホール (火曜日, 22 2月 2022 22:11)

    2回接種した人たちは、仕事上やむを得ない事情や元の生活を取り戻したいから打ったのだと思います。しかし、打っても感染対策やマスクを続けさせられさらにはPCRで陽性者に仕立て上げられる。
    私は、打った人たちが不憫でなりませんし、非難する気にもなれません。ですから、たけしさんの考えは正しいと思います。
    でも、専門家の奴らだけは容赦しません。奴らには、償いとしてウイルスとの共存実現のために働いてもらいたい。

  • #19

    トマト (火曜日, 22 2月 2022 21:49)

    優しさと気遣いの入った広告も楽しみです。

  • #18

    AKIRA (火曜日, 22 2月 2022 20:46)

    まさに開戦前夜のタイミングで、オドレらに出演した社長からの、
    打った人への配慮も含んだ意見広告へバージョンアップするという話には、
    目を開かれる思いで、そこを置き去りにして、分断は元に戻せないですからね。
    こちらも感想文をバージョンアップさせて、約束の日を待ちます。

  • #17

    ローカル (火曜日, 22 2月 2022 20:22)

    実は#16のゴロンさんと全く同じことを考えてました。
    「打った大人にも、子供にはまずいだろうと思ってもらえること」
    この点が鍵かなと。
    生みの苦しみはどんなにか大変だったろうと推察します。頭が下がります。

  • #16

    ゴロン (火曜日, 22 2月 2022 19:40)

    たけし社長、人間味あふれていて本当に魅力的な方ですね。打った大人にも、子供にはまずいだろうと思ってもらえることが大事ですね。0時の情報解禁を待っています。

  • #15

    わさび (火曜日, 22 2月 2022 13:40)

    今回の軌道修正に200%賛同します!!!
    受け入れてもらうためにはトーンの調整も必要。薄々そんなことを願っていたところライブでこの話が出て安心しました。戦略的に、したたかに、目的を実現しましょう!

  • #14

    和ナビィ (火曜日, 22 2月 2022 13:35)

    >私たちの目的は「子供のワクチン接種率を少しでも下げること」です。そのためには「すでにワクチン接種した8割の大人に、耳を傾けてもらわなければならない」わけです。

    その通りです。「私が打ったことは間違いじゃないんだ。騙されたわけじゃないんだ」と思いたい気持ち、そして実は持っている不安、戻れない悲しみ、---それを想像できないなら、いくら正しさを振りかざしても黙って目を伏せられるばかりでしょう、恨めしさと・・。

     受け取る人はどういう人か、その置かれている状況を察する、思い遣って寄り添う、----そこからしかいっしょに歩めないと思います。ライブでのたけし社長さんのお話で特にハッとしたのはこの部分でした。

     えみりんさん、またまた素晴らしい絵。日の丸・日本列島・寅さんバージョンたけし社長、舞う≪意見広告≫と桜々・・・すべてが表されていますね。そして楽しい雰囲気に包まれています((^-^))。

  • #13

    モコチ (火曜日, 22 2月 2022 12:47)

    小林先生が「やっぱアンタ社長だよ、大人だ」と言っていたの印象的でした。

    たけしさんの作戦は正しい、接種済の保護者の方々に届く言葉を選ばなければ子供達は守れない。
    こめこさんが「ワクチン接種した事を責めてはいけない、寄り添う事が大事」と書かれていたのを思い出しました、胸に刻みますと言ったのにワクチンを巡る様々な矛盾に対し、怒りで忘れていました。

    小林先生には思想を遺す事に全力をかけて貰いたいです。

    今この時代の子供達を守るため、たけしさんが展開した意見広告運動、我々も一緒にこれを全力で成し遂げ

    そして小林先生には我々の孫、その子供、100年先でも輝きを放つ作品を遺してほしいです。

  • #12

    ひとかけら (火曜日, 22 2月 2022 10:34)

    私の母ですが高齢者は打たなければならないと思い込んでるみたいです。韓国で3回目接種が6割でも感染爆発してるとか私の職場でも2回接種3ヶ月でも感染拡大してることを伝えても「通院してる病院から薬がもらえなくなる」とか「感染したら会社から損害賠償求められる」とか「逮捕される」とか「オミクロンにかかったら喉がやけつく痛みで何かを飲むことすらできなくなる」と言ってます。コロナに特化した考え方になっていて自身が片手に余るぐらいしか風邪をひいた事がないのを忘れているのでしょう。しかし私が親と絶縁することを伝えたら3回目は辞めると言ってくれました。

  • #11

    源ちゃん (火曜日, 22 2月 2022 10:34)

    たけし社長、優しいですね。私なんか、マスクで注意される度に、ファイザー元副社長のイードン氏の予言が当たらないかな~とか、ドラえもんの独裁スイッチが欲しいな~とか考えてばかりなのに。極論言えば、子供達さえ生き残れば、この国はまた復活するから、コロナ脳な大人達はワクチンの犠牲になっても構わないと思ってます。早く全国版に載りますように。

  • #10

    ただし (火曜日, 22 2月 2022 10:21)

    たけし社長も、カレーせんべいさんも、やはり、小林よしのりイズムの継承者なのだなあと思いました☆☆

  • #9

    おふく (火曜日, 22 2月 2022 09:59)

    キッチンで夕食の下ごしらえをしながら見ていました。

    うってしまった8割の人に読んでほしいのですから その通りです。
    たけし社長の優しい言葉で気づかせていただきました。
    ありがとうございました。

  • #8

    かずず (火曜日, 22 2月 2022 09:53)

    接種済みの方々への優しさは、本当に難しいです。うちの妻3回目も打ってしまって、中々に今回のワクチンの危険性が伝わらず困ってます。

  • #7

    やなちゃん (火曜日, 22 2月 2022 08:35)

    「おどれら」拝見しました。
    接種済み8割の方に向けてのお気遣いに知性の高さと優しさを感じました。私も身近な所でこの話題になると、打った方との分断の深さを思い知り落胆する悪循環に辟易していたので、心底納得して聞いていました。
    眠そうなたけし社長、微笑ましかったですし、普段の大変さや頑張りが伺えました。それでも決める所はバシッと決めてらっしゃいましたし、楽しいお人柄も伝わりました。
    世界ゴー宣を通じ、賢く寛大で愉快な方々とネット上で出会えた事を改めて嬉しく感じます。ありがとうございました。

    後、えみりんさんのイラスト。いつも暖かみがあって、とても上手で大好きです。いつも楽しみに拝見しています。

  • #6

    きたこう (火曜日, 22 2月 2022 03:52)

    たけし社長のこのあたりの発言が、ちょっとした不具合で聞けてなかったので、この文字起こしはとてもありがたかったです。接種済みの人への配慮、やってしまったことを否定したくない心理があるとは感じていましたが、そういう配慮までは思いもしませんでした。本当に懐の深い優しい人柄なのだと感心いたします。懐が深いと言えば、最近アンチの掲示板があることに気付きました。カレーせんべいさんの懐の深さも大したものですね。

  • #5

    かわじ (火曜日, 22 2月 2022 03:34)

    さらうどんさんの
    >ピーチ航空のノーマスク乗客にしても、呉市の谷本誠一市議にしても、一部反自粛派の「ノーマスクデモ」にしても、相手を挑発して神経を逆撫でさせているだけで、むしろ逆効果になっていないか?とすら思えますからね。
    たけし社長の考え・戦略はその辺の方々とは当然一線を画しますね。

    すごく同意します。
    僕も怒りのダークサイドに呑まれそうになることがたまにあるので、このたけしさんの言動は胸に刻んでおかねば、、、と自省しておりますっ(--;)

    余談ですがえみりんさんのイラスト、温かいタッチでステキですっ♪▽♪

  • #4

    猫娘と猫息子の母 (火曜日, 22 2月 2022 02:04)

    例えばもう長年世話になっている恩人とか、常に一緒にいい仕事をしてきた同士とか、皆さんもう接種済みな訳です…声高に反対を唱えられるほど、しがらみと世間の全くない生活をしてる訳ではないのです。某町議会議員の知人は、初手から反ワクチンを訴えていましたが、SNSで見る限り立場上相当辛そうです。

    直球はただ跳ね返されるだけ。変化球意見広告に期待します! 掲載後の援護射撃も「優しさ」「相手の気持ちの想像力」という捻りを効かせてみますね。

  • #3

    さらうどん (火曜日, 22 2月 2022 01:10)

    ピーチ航空のノーマスク乗客にしても、呉市の谷本誠一市議にしても、一部反自粛派の「ノーマスクデモ」にしても、相手を挑発して神経を逆撫でさせているだけで、むしろ逆効果になっていないか?とすら思えますからね。
    たけし社長の考え・戦略はその辺の方々とは当然一線を画しますね。
    まだ迷っている、悩んでいるけれども、世には「コロナは怖い」「ワクチンは安全」ばかりの情報が氾濫していて、心配になっても糸口がそもそも見つからない場合がある訳で。
    そこへ登場したのが、たけし社長の意見広告ですから。
    まずは読んで熟考して貰いたいですよね。
    出来れば「コロナ論5」も発売されたら、その熟考の材料に加えて欲しいですよね。

  • #2

    Dr.U うさぎ (火曜日, 22 2月 2022 01:00)

    ひとつお願いしたいことがあります。全国紙版の原稿を、掲載当日の早朝など、なるべく早いタイミングで、PDFあるいは画像ファイル(jpeg等)でダウンロードできるようにしていただけますでしょうか。SNS等で拡散したいと考えております。多くの人々は、スマホで画面を拡大しながら読むはずですので、そのときに文字が明瞭に読めるような画質であると、ありがたいです。

  • #1

    ねこだるま (火曜日, 22 2月 2022 00:44)

    (まだ起きてます)

    たけしさんのライブにおける発言で最重要かも知れない発言でしたね。

    それに対して、小林氏が「わしはバカバカばっかり言ってる」的な発言してて、その対照が面白かったでした。

    毒舌表現と説得のための意見広告でのキャラクターを殺した表現とはまるで違いますもんね。