· 

「世界のゴー宣ファンサイト」管理人カレーせんべいから、小林よしのり先生とゴー宣ファンの皆様へ

 

小林よしのり先生とゴー宣ファンの皆様へ

 

私は「世界のゴー宣ファンサイト」の管理人を務めておりますカレーせんべいと申します。

 

9月19日は、皆様から様々なご意見ご指導を賜りました。

小林よしのり先生からはブログ、ゴー宣ファンの皆様からは掲示板や個別メールと、全てに目を通させて頂きました。

励まされたり、反省したり、沢山のことを学ばせて頂きました。

一人ひとりに返信することができませんので、この場を借りて、厚く御礼申し上げます。 

どうもありがとうございました。 

 

 

現在、このホームページでは【届け!ゴー宣ファン放送局】と題して「ゴー宣ファン同士で共有したい情報」「小林よしのり先生にお伝えしたい情報」を発信するコンテンツがメインになっております。

ゴー宣ファンの関心事は、当然のことながら、コロナ禍やワクチンの問題に集中しております。

 

そのコンテンツで紹介した【8月12日付:こびナビ副代表木下喬弘氏、小林よしのりとの対談了承】という記事が原因で、9月18日の生放送「オドレら正気か?」にて、小林よしのり先生から強いお叱りがありました。

 

お叱りの理由は、私が発信した記事が『こびナビ陣営に利用される結果になった』からだと理解しております。

また、私カレーせんべいの意図するところが「小林よしのりを、面白半分で、コロシアムの剣闘士に仕立てあげようとした」と小林よしのり先生に思われたからだと、私は理解しております。

 

以下の数行は、私は自己保身のためだけに弁解します。

 

その記事をアップしたのは、今から1か月以上も前のことです。

あの時点で、ゴー宣ファンから投稿のあった情報を、ゴー宣ファン同士で共有するべき情報として紹介した私に落ち度は無いのです。

8月12日の時点で、問題が起こる予測を立てるのは困難でしょう。 

 

そもそもこびナビ副代表の木下に、小林よしのりと議論しろと仲介したのは「ゴー宣道場公論サポーター」なのです。 

 

私が、こびナビ木下に接触して、小林よしのり先生と対決させるようなことをしたわけでもなんでもないのです。

つまり8月12日時点で「共有するべき情報」と判断した私が責められるのは順序が違います。

当然、情報提供者さんには、非は全くございません。

 

エゴイストになりきって、自己弁護に徹してみました。

ところが現実の私はそのようには思っていないです。

私の発信が『権力と闘う戦略の足を引っ張る原因』になったことに痛恨の思いでおります。

 

 

戦略とはなにか?

それは「相手を自分の望むところに誘導すること」です。

 

自分の望むところとはなにか?

それは「デタラメなコロナ人災を引き起こしている権力者たちを無効化すること」です。

 

今、コロナ禍に立ち向かうというのは「勝たなきゃ意味が無い」です。

なぜなら実際に人が死んでいるからです。これから子供達が殺される可能性があるからです!

 

勝つためには「戦略」が必要でした。

たとえばそれは「公平さ」や「中立性」などではありません。それらは戦略上の「手段」に過ぎません。

そして恐ろしい権力に対して戦略を行使するには「覚悟」が必要・・・ということに、今になって気づかされました。

 

つまり私の過失は、権力と闘う上での『戦略』と『覚悟』が足らなかったことだと思います。

もし仮に、私に戦略と覚悟を8月12日の時点で強く意識をしていれば、このような結果にならなかったかもしれません・・・・・・・。

 

 

私、カレーせんべいは、小林よしのりの命がけの戦いの足を引っ張ってしまった結果に対して、小林よしのり先生並びにゴー宣ファンの皆様に謝罪します。

 

このたびは申し訳ございませんでした。

 

 

今後は『戦略』と『覚悟』を内に秘めて、時に慎重に、時に狡猾に発信していく所存です。

それでも無残な失態を演じた場合は、すべての経緯を分析し、可能な限り皆様に説明をし、「次のための情報共有」に繋げたいと考えています。

 

 

尚、ホームページで発信した内容は、カレーせんべい個人が責任を負うものです。それは「結果責任」も含みます。

 

そして投稿してくださった情報提供者さんに、なんら責任は無いということを強調いたします。

 

またコメンテーター係を手伝ってくださっているゴー宣ファンの女性(えみりん)の発言は、全て、ホームページ管理人であるカレーせんべいが責任を負うものです。

 

 

皆様にはこれからも変わらず、【届け!ゴー宣ファン放送局】を支えて頂ければ幸いに思います。

 

 

最後になりましたが・・・、

「カレーせんべいは馬鹿だ!」という発言だけは、反論の余地がありませんでした!!(笑)

 

そんな馬鹿者が管理人をやっている「世界のゴー宣ファンサイト」は、1日のアクセス数が1万回を超えました!実際にとんでもなく多くの人にご覧頂いています♪

そして、このサイトが、コロナ禍で孤独に戦っている人の支えになっているという声も耳にしています。

 

誰かに必要とされているのならば、

馬鹿は馬鹿なりに、脳を使って、体を使って、気を使って、人並みに追いつけるよう3倍努力してみます!

 

「管理人」も「ホームページ」も未熟ではありますが、

これからもご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます\(^o^)/

 

 

令和3年9月20日0時0分

世界のゴー宣ファンサイト管理人・カレーせんべい



コメント: 12
  • #12

    もう決着済みでしょうが、一言。 (水曜日, 22 9月 2021 21:18)

    んっ?どうしてこれで謝罪が必要になるんですかね?普通に考えて管理人さんにはこれっぽちの落ち度もない思います。小林先生は私も心から尊敬していますが、絶対の存在ではありません。正直なところ、今回、小林先生は少し感情が入りすぎて表現も少し乱暴すぎたと皆さんもお感じになられたのでは?管理人さんも無理やり謙虚になられて、謝罪する理由も無理やり紡ぎ出されたのでは。。管理人さんにとっての絶対の権威か小林先生なのでしょうが、ご自身がこれまでにやられてきたことに対して、もっと自信を持っていいと思いました。素晴らしい取り組みを
    なされています。頑張ってください!

  • #11

    がんばろー!ゴーマニズム宣言がんばろー! (火曜日, 21 9月 2021 07:30)

    小林よしのるは世界を変える大偉人なり!我々はこの聖戦に加わり、歴史の証人になるんですを!カレー突撃衛兵さん、がんぼりくだそい!

  • #10

    カシアス耕作 (火曜日, 21 9月 2021 05:36)

    ウンウン。自分の言葉で発信していけば良いと思う。後コロナ禍のためだけの集いじゃなくて小林さんの思想にうなづいた人達の集いだと言うのがあるのでコロナ禍中もコロナ禍明けた後を見越して色んな企画をやって欲しいです!

  • #9

    和ナビィ (月曜日, 20 9月 2021 23:53)

    出来事とそれを受け止めた経過、次への展開、と短時間のうちにこんなに≪言葉≫に表されたことに敬服。一層信頼しこれからも期待しています。

     先生ご自身もまず「カレーせんべいがやっているホームページは、とても役立っている。これは言っておく。」(9/19)と仰っています☆。ここは豊かな感性・工夫に満ちた大切なサイトです。
     
    >今、コロナ禍に立ち向かうというのは「勝たなきゃ意味が無い」です。なぜなら実際に人が死んでいるからです。これから子供達が殺される可能性があるからです!
    >勝つためには「戦略」が必要でした。たとえば「公平さ」や「中立性」などではありません。それらは戦略上の「手段」に過ぎません。そして恐ろしい権力に対して戦略を行使するには「覚悟」が必要-------(カレーせんべい氏)

    9/19のよしりん先生のブログ「学級民主主義ではファシズムとは戦えない」とともにこれを読みました。【戦略】を手にパワーアップですね☆。

  • #8

    パワーホール (月曜日, 20 9月 2021 21:04)

    カレーせんべいさん、あまり思いつめずこれからも頑張ってください。このようなゴー宣ファンや小林先生を慕う方たちが交流できるサイトを作ったのは本当に素晴らしいです。

  • #7

    ノーティ (月曜日, 20 9月 2021 10:56)

    初めまして。
    このホームページ、いつも拝見し、ユーモアあふれる姿勢にも元気をもらっております。
    発信される情報に驚かされます。時には海外の情報なども翻訳ソフトを使ってファクトチェックに励まれているとか。その努力に敬服いたします。

    間違いがあるのは仕方がないこと。誰だって完全ではない。過ちを認め、謝罪し、今後に生かすことが大事。ウジウジと引きずるのも良くないです。

    そう言った意味では尾身や西浦、忽那、こびナビといった連中には残念ながらその過ちを認め今後に生かすと言う姿勢が足りないように感じてしまい、不審感だけが募っていきます。

    何だかこのコロナ禍での専門家の振る舞いを見ていると、堀辺正史氏が生前小林よしのりさんとの対談本(武士ズム)の中で仰っていたことを思い浮かべてしまいます。
    「自らの学説が科学的な真理だと信ずるならば、それを貫徹するために自分の体から血が流れてもかまわないと考えるのが本物の知識人だと思うんです。今の学者には、そう言う情熱や拍動を感じないんですよ」
    こびナビを始めとするワクチン賛美派やコロナ怖いと主張する医者たちは、残念ながら本物の知識人という感じがしません。自分の血が流れそうになったら敵前逃亡。代わりに誰かが血を流していても知らんぷり。これで信じろと言う方が、無理です。
    ワクチンパスポートも嫌なものです。どうしてもユダヤ人に対する迫害を思い浮かべてしまいます。杉原千畝や樋口季一郎は望むべくもありません。

    最後に。堀辺氏は武士ズムの中でこうも言っていました。
    「学問というのは色々な立場から物事を考えてみるということに尽きるんじゃないかということです」「ひとつの信念を抱きながらも、これから自分が生きていく中で、別の答えが出てくる可能性はゼロではない。そう考えて謙虚に学び続けるのが、知性というものだと私は思っています」

    カレーせんべいさんにはこれからも誠実な情報発信を続けていただけたらと思います。
    私も自分の現場の中で出来る事をしていこうと思います。

  • #6

    ツム (月曜日, 20 9月 2021 09:15)

    このような全体主義の時期に、
    このように広く公開される形で、
    しかもご自身のお仕事などもされながら
    毎日、夜まで、休みの日も、更新を続ける、
    ご自身の見解もしっかり加えて、
    しかも慎重さが求められるこの題材を、
    当然批判がくることも想定して、、
    と考えると、普通の人からは考えられないような覚悟をお持ちだいつもと感じ、尊敬の念を持って、日々その思いを深めて拝見していました。
    そんな中ですので、今回の件で受けたショックも大きいと思われるところ、1日でお気持ちを整理して立て直されるなんて、なかなかできないですよね。
    正直、休止の連絡かと思ってしまいました。
    良かった!!
    これからも応援しています!



  • #5

    いいまつたか (月曜日, 20 9月 2021 08:40)

    カレーせんべい様 いつもありがとうございます。

    カレーせんべい様の日々の活動、そして数々の貴重な情報や考察を投稿頂く皆様には本当に感謝しかございません。

    コロナ禍特にワクチン接種の問題、現状考慮すると恐怖や怒り、焦りを感じるばかりの日々ですが、よしりん先生およびスタッフの皆様、ゴーセン道場師範の皆様、そしてカレーせんべい様及びサイト投稿者の皆様の教えを胸に刻みつつ、何とか希望をもって自分のできることを取り組んでいきたいと思います。

    今後とも宜しくお願い致します。、

  • #4

    異端児 (月曜日, 20 9月 2021 06:47)

    良かった。
    カレーせんべい様が元気になって。
    雨降って地固まるですね。
    素早く反応してくださったよしりん先生、全国のファンにも感謝ですね。
    1日で何年分もの経験をしたのではないかと思います。
    平々凡々に生きている僕には羨ましくもあります。
    いや~本当に良かった。
    パワーアップしたカレーせんべい様、これからもよろしくお願いいたします。

  • #3

    しおちゃん (月曜日, 20 9月 2021 06:16)

    朝起きて閲覧。
    過度な感染対策防護をして業務して、昼休みにこのホームページを閲覧。
    仕事を終えて、閲覧。
    子供を含めマスク姿が減らない住宅街通り、うんざりしながら帰宅後、閲覧。 
    寝る前に閲覧。

    ワクチン未摂取の、コロナ対応病院勤務の医療従事者の心の安定剤の一つとして頼っています!

    ゴー宣的に言えば、どとー(怒濤)の展開を迎えるコロナ禍、希望の礎として時にガンガン攻めて下さい! 応援しています!

  • #2

    毎日頼もしく読んでます! (月曜日, 20 9月 2021 05:20)

    初めてコメント致します。
    コロナ論がきっかけで小林先生の作品に復活して、
    小林先生とこのHPのお陰で毎日なんとか正気を保てていると思っています。
    問題のコビナビ木下副代表のコメントがあった際、次にどうするのかは心配していました。
    小林先生はコビナビは批判するも、木下副代表と直接対決する表現が出てこなかったからです。
    雑魚と思って無視してるのか、このような展開から公開討論はしないのか、そもそも公開討論ってどんな流れで進めるのか?と。
    お互い場外で相手を批判している間は空中戦なのかもしれません。
    その意味では内容証明で反論した宮坂教授は正しいと思います。ワクチン肯定派に転向した後に最愛の身内をワクチン接種後に失った無念さは想像を絶し、それでも立場を貫かれるのは専門家としての責任感か、戻れないが故の反論なのかは分かりませんが。
    このワクチン論争を日々見ていますが、珍しく専門家の意見が真っ二つに割れています。しかも両陣営が時に論理的に、時に感情的に相手を批判しています。直接討論は見たことないですが。

    リスクとベネフィットを考えて自分の頭で判断してください、と最後は皆括ってますが、素人が命をかけて判断できるような内容ではありません。ただワクチン慎重派の言論が統制されていることを見ると、誰か真実を知られてはまずい人がいるのだと思います。下手すると国家より大きな単位で。
    それを自分の頭で考えるきっかけを与えていただいたのは幸いでした。
    ワクチンを打った人にまだ打ってないというとドン引きされますが、良く話を聞くと接種後に亡くなった人の人数も知らないですし、こんなに副反応が出るとは知らずに打った、という人が殆どです。その人達は今さらワクチン慎重論は聞かないと思います。だって戻れないんですから。
    これから望まれるのはワクチン接種に関係なく、普通のインフルエンザのように社会が対応することだと思います。
    ただ世界はワクチン検査パッケージなど無意味と分断を助長する方向に進んでいますね。きっと大東亜戦争中に徴兵を拒否したらこんな感じだったのだと思います。職域接種を断ったのは特攻隊拒否ぐらい大変でした。
    幸い周りは高熱ぐらいでそれ以上の人は聞かないですが。
    話が脱線しましたが、カレーせんべいさんの進め方に今思うと突っ込みどころはあったにしろ、ゴー宣ファンが全体で反省する内容であり、一人が反省するものではないと思います。
    今日もコンビニ入る際は嫌々マスクして行きますが、早く皆が正気に戻る日を願って冷静に過ごしていきたいと思います。
    引き続き頑張ってください‼️

  • #1

    ちゃこ (月曜日, 20 9月 2021 00:45)

    よしりん先生のコロナ論を読み、こちらのホームページの存在を知りました。
    コロナ論とこちらのホームページのおかげで
    同調圧力にも負けない気持ちでいることが
    できています!
    本当に感謝しかありません。
    これからもどうぞよろしくお願いいたします。