· 

清水寺

清水寺


 ゴー宣トラベル

 

ゴー宣読者が コロナ禍で大打撃を受けている観光地を応援する旅企画です。

 

 

【 第20回 】

 

清水寺

 (撮影日:2020年12月18日)

旅行者:カレーせんべい

 

世間では「勝負の3週間」という変な言葉が流通していました。

 

このままでは観光地はますます被害を受けると思い、

 

有給休暇の消化に合わせて、清水寺を観光しました。

 

 

こちらは清水寺の正門です。

 

 

清水寺といえば「舞台」ですが、

正門から舞台にたどり着くまでに

歴史を感じさせる建築物がありました。

 

 

さぁ、いよいよ清水の舞台です!!

 

 

清水の舞台は16年ぶりに修復され、

10日前の2020年12月9日に完成していました!

 

 

 

この新しい木の色あい。 

これこそ寛永10年(1633年)の再建当時の姿なんですね♪

 

 

さぁ、清水の舞台から飛び降りるぞぉ~~o(^o^)o

 

 

 

【 2020年今年の漢字 】

 

なにが「密」じゃボケ!

 

 

年末の風物詩になっている「今年の漢字」

 

毎年、清水寺で発表されています。

 

今年は【密】が選ばれました。

 

「新型コロナー専門家を問い質す」と一緒に撮影したのは

 

皮肉を込めたいからです(笑)

 

 

見上ぁげてぇごらん♪

 

清水寺の舞台から飛び降りた人の死亡率は15%ほどだったそうです。

 

意外と死ねないのな。人って。

 

 

【清水寺の参道】

 

お土産物屋さんや、食べ物屋さんが沢山。

 

風情もあり、とても楽しいです♪♪

 


  

もぐもぐタイム(´~`)

 

好きよ、好きよ、すき焼きよ

 

明治2年に創業。

 

文明開化をいち早く先取りした「モリタ屋」さんで

 

すき焼きを食べましたo(^o^)o

 

 

女将さんがつきっきり作ってくれます♪♪

 

なんという贅沢!!

 

《外の景色は、京都を一望》

 

私は子供の頃から、年末にはすき焼きを食べていました。

 

父親が砂糖とお醤油をひいてお肉を焼き、私は「味見係」と評して、お肉を最初に食べていました。

 

40年近く、そんな年末を過ごしていましたが、今年からは父がおりません。

 

母がさみしがるといけないので、コロナだろうが、外出自粛だろうが、親戚に声をかけ、またみんなですき焼きをつつきたいです^^


 

【マップ】



コメント: 3
  • #3

    ハックスレー (土曜日, 19 12月 2020 19:03)

    清水寺、こんなに綺麗に修復されていたんですね。
    去年の一月に訪れましたが、修復中でネットがかけられており、参道は外国人で詰め尽くされていました。
    京都市街では、鴨川にタバコを投げ捨てる中国人、路上喫煙する中国人、マナーの悪さが目立っていたのを覚えています。
    実は実家の会社が2年前に、四条通りにホテルを買いましたが、インバウンド消費が消え、GOTOも停まったので、ずっと営業はしていないです。
    GOTOを停めた連中を恨んでます。
    今年の漢字は「密」、私には今の世の中への皮肉が込められてるように見えます。

  • #2

    和ナビィ (土曜日, 19 12月 2020 16:34)

    京都の初冬の空気がピィンと伝わってきますね
    閑散とした清水寺、参道
    どなたさまも今時分・・・清水の舞台から飛び降りないでくり

    荒々しく書いた「密」の字が顔に見えてしかたありましぇん;;
    乱れた髪 歯を食いしばり 悲憤に満ちた眼 ・・・
    今年の怨念が溢れだすような一文字と見えました

  • #1

    希蝶 (土曜日, 19 12月 2020 13:55)

    清水寺の僧侶も、「三密」の本当の意味位ご存じなのではないか、と思います。それを知らなければ僧侶である資格がないです(ウィキペディアにも、広辞苑にも載っています)。
    それを承知で、「密」を今年の漢字に選んだとしたら、よほどの愚か者なのか、あるいは世間への見えない皮肉ではないか、と思います。後者ならばよいのですが、分からない人の方が多いでしょうね。
    「コロ問い」とのコラボが決まっていて、よかったです。
    すき焼き料理、おいしいものであって欲しいです。