· 

英彦山神宮と昆虫採集



 ゴー宣トラベル

 

ゴー宣読者が、

コロナ禍で大打撃を受けている観光地や故郷を応援する旅企画です。

 

 

【 第15回 】

 

英彦山神宮と昆虫採集

撮影者:ハックスレーさん

撮影日:2020年8月28日

 

8月末、毎年恒例の昆虫採集で英彦山へ。
英彦山にはキュウシュウエゾゼミLyristes kyushyuensisと呼ばれる希少なセミが生息しております。
本種の分布は局所的で日本固有種。

高さ20メートルを超える針葉樹の木末でギィ〜〜と鳴いており、採集難易度は極難、毎年採集に出かけてますが、今年やっと木末で鳴く姿を見たきりです。

 

本種の鳴き声がよく聞こえる英彦山神宮を目指して、車で1時間半かけて運転、スロープカー乗り場へ。
切符を買い、乗り込みます。
ここでもソーシャルディスタンス、マスク必須、徹底した消毒。

 

7分かけて英彦山神宮へ到着。
気温は20度、池にはニジマスと錦鯉。
あ、聞こえる、上からギィ〜〜の鳴き声。
しかし、鳴いている位置が高すぎ。
持っている捕虫網の長さはたったの7.2メートル!
また今回も断念するしかない!

 

 

 

しばらく休憩して、スロープカーに乗って下山、乗り場付近のクヌギ林へ。


樹液にはゴマダラチョウHestina persimilis japonica、スミナガシDichorragia nesimachus、オオムラサキSasakia charondaが集まる。
まさに森のレストラン。

 

公衆便所の明かりをチェック。
コロギスProsopogryllacris japonicaが壁にへばりついている。
手で捕まえると噛み付かれて流血。
本種は翅に発音器官を持たず、脚で葉を叩いて音を出す、タッピングと呼ばれる行動をとります。
夜行性で昼間は口から糸を吐き、葉を綴って眠っています。
家に連れて帰り飼育中です。
また元気に活動しています。



コメント: 2
  • #2

    ハックスレー (日曜日, 01 11月 2020 18:51)

    私ナビィさん、コメントありがとうございます。
    大自然に囲まれた英彦山神宮は、私の中では究極の避暑地、日常の喧騒から逃れられる場所でもあります。 
    キュウシュウエゾゼミ、中胸背が黒地で黄色のW紋が入り、実に美しいセミです。
    飛翔能力は低く、長距離は飛翔しません。
    幼虫は樹木の5〜8メートルの高さで羽化をします。
    この標本は標本商から購入しました。 
    価格は5980円、大分県九重連山が採集地です。

    特大の蝶、アゲハだけではなく、オオムラサキを代表とするタテハチョウ科にも多く見られます。
    今回、紹介したオオムラサキ、スミナガシ、ゴマダラチョウは花には飛来せず、樹液や腐果に獣糞などに飛来します。
    飛翔能力が高く、中でもスミナガシは飛翔速度が敏捷です。
    チョウの飛行速度は種類によって異なり、判明したものは、以下の通りです。
    オオカバマダラ:時速50km(追い風を利用した場合)。
    ウスキシロチョウ:時速30km程度。
    ワタリオオキチョウ:時速50km。
    イチモンジセセリ:時速14~58km(羽化当日)、約100分間で100km飛行可能。
    アサギマダラ:時速50km。 
    飛翔速度の資料はとても少ないです。

    コロギス、この珍妙な虫は夜行性で肉食です。 
    夜行性の肉食の昆虫は長い触角を持っています。
    コロギスは夜間に樹上や地表をペタペタ移動し、他の昆虫や樹液などを舐めます。
    その移動速度はとても早く、素手では容易に捕らえられません。
    逆に跳躍はあまり行いません。
    さらに捕獲しようとすると、翅を広げ、大顎を剥き出しにして威嚇し、噛みつこうとしてくる獰猛な昆虫です。
    最近の研究では、コロギスは山地性と平地性に分かれるみたいです。

    山口進さんは僕らの界隈では有名です。
    最近では「万葉と令和をつなぐアキアカネ」という著書を出してます。
    赤トンボ(アキアカネ)が絶滅の危機にあると言われており、その一方で毎年大発生している所もあるそうで、山口氏はその謎を解くため、新潟県に米作りの達人を訪ねるお話しです。

  • #1

    和ナビィ (日曜日, 01 11月 2020 09:54)

    「キュウシュウエゾゼミ」---日本の北端と南端が合体したような名前。金色?の模様と黒、何と豪華なデザインでしょう。なんかこのまま彫金のブローチみたいです。

     緑深く美しい場所ですね。そして珍しい昆虫の宝の山。揚羽ではなさそうなのに掌大の蝶もいるんですね。そして「コロギス」という名の昆虫の姿にもビックリ!。体長の二倍以上ありそうな触覚、なんでこんなに長いんでしょう;。

     そうそう、FLASH(11/10・17号)の辻説法の直前の記事「昆虫をひとりで42年撮り続けた男・山口進」をとてもおもしろく見ました。昆虫のデザイン?って胸騒ぎするような奇抜さ不思議さがありますね。