· 

お祭りの宵に

  

花寄りゴー宣

素敵な裏話

 

投稿者:和ナビィさん

タイトル:お祭りの宵に

 

その日の夕方、家族6人でお参りしました。例年と違って参拝も人々もまばらでしたが、子供連れや中学生がお参りに来ていました。 アルコール消毒など、コロナ対策の気遣いもしてのお祭り実行でした。

 

本殿、そして周囲に何か所かある祠すべてに二礼二拍一礼。掃除も行き届ききれいに整えられています。孫達も小さい手をパチパチしてお参りしました。二店のみ出ていたお店でたこやき、焼きそば、クレープを買いました。人は少なくすぐに作ってもらえました。

 

この神社はパワースポットとしても有名?!らしく、以前TV番組で取り上げられたことがあったそうです。

お祭りとか盆踊りとか人が来て境内が楽しい雰囲気の時、目には見えないオーブ”(たまゆら)が写真に写り込むこともよくあると聞いていました。

 

帰りにお宮を背景に家族の写真を撮りました。

家に帰ってそれをPCに取り込んでビックリ!

数枚のうちの一枚にそのオーブ舞うように降るように輝いてたのです。

祭神のお諏訪様(建御名方/タケミナカタのミコト)は境内で遊ぶ村の子供達の成長も見守って下さる神様。

また、息子夫婦が神前結婚をしたご縁のある神様です。

きっと喜んで下さったのでしょう((^-^))

 

その写真をプリントしてすぐにお宮に戻り、宵祭りでお籠りしていらした氏子総代さん、区長さん、役員さんに差し上げたら大喜びしていらっしゃいました。

こんな時期だけど、お祭りしてよかったなぁ・・・」と。

 

写真は、そのオーブが写ったものです。

操作は一切していません。

ほぼ同じ場所・時間に撮った他の写真はごく普通のものでした。

 

そこに生きる人々にずうっと昔から心を寄せ、見守り、祈り、微笑む、・・黙しているけれどそう互いに信じられるあたたかく懐かしい存在、それが村の鎮守の神様だと思います。

 

それは日本人にとっての【皇室】の存在と深い所で同質なのではないでしょうか。

---そんなふうに感じております。

【写真募集】

 

このコーナーでは、

「花とゴー宣の写真」を募集しています🌸

 

応募先

sekainogosen@gmail.com