· 

梅と桃と桜と天皇論

 

 

花寄りゴー宣

 

梅と桃と桜と天皇論

(撮影:和ナビィさん

 

今日(4/11)は夕方から村の神社の春祭りです。

コロナ騒動で何でもかんでも自粛ムードですが

境内には幟もはためき、

神社の扉も開けられました。

 

ようやく境内の桜もほころび始め

満開の梅と両方に彩られます。

 

春の訪れが遅いこの辺りは、

桜・梅・桃がほぼ同時期に咲くのです。

 

石段にあるのは「天皇論 平成29年」です。

 

夕方からは夜店も出るとのこと、

「こんなご時世で露天商も困っているようですよ・・」

間隔を空けて注意しつつ宵祭りをするそうです。

準備に余念のない氏子総代さんが仰っていました。

 

子供達といっしょにこんな時こそお参りしてきます。

 

(左の小さめのお社は天照大神を祀っています。

戦前は地元の小学校の「奉安殿」(ご真影を奉る)として

使われていたものを移築したのだそうです。)

 

【写真募集】

 

このコーナーでは、

「花とゴー宣の写真」を募集しています🌸

 

応募先

sekainogosen@gmail.com