ゴー宣公開交換日記

ゴー宣小林よしのりについて、語り合い続ける交換日記

コメント: 125
  • #125

    和ナビィ (水曜日, 12 5月 2021 23:55)

    >文庫本6巻・単行本18巻の「クリスマスの二人」ぶぁい\(^o^)/

    ありがとうございます、早速読みました。
    美ボリンは、2巻「いいなけつ大集合!!」で初登場してから、茶魔のクラスメートの一人として加わり、幾つかの話題で大切な役回りで出演!していますね。準レギュラーでしょうか。

     ビンタ事件が起きるのは何と6巻の最後だったことに驚きました。出会いから時が経っているのですね。

    >茶魔には美ボリンのためにも、そして沙麻代ちゃんのためにも「平手打ちしなければいけない理由」があったと思います。

    あぁ、そうですね。茶魔は湧き上がる怒りに咄嗟に、そして自然に「平手打ち」をしたのだと思います。袋叩きされる茶魔の近く、沙麻代ちゃんのハッとして俯く表情が印象的です。
     ってこの心理表現に満ちたお話は子供の読み物か?;;。---いや、だからこそ子供の読み物なんです!。よく見れば、登場する子供達の表情の変化、描き分けが凄いです。

    >このエピソードは、いつの日か名言集で紹介してもいいかもしれないですね。

    賛成です。

  • #124

    カレーせんべい (水曜日, 12 5月 2021 11:53)

    >「美ボリンを無神経に傷つけた沙麻代を茶魔がビンタした場面」はこの回ではないようです。どこでしたっけ、教えてくりませ。読みたいです。


    文庫本6巻・単行本18巻の「クリスマスの二人」ぶぁい\(^o^)/

  • #123

    カレーせんべい (水曜日, 12 5月 2021 11:44)

    >>122
    おっサル通りでした!!!��

    「今の時代だったらできるはずのない」と感じてしまうこと自体が、
    自分自身に対して残念に思う気持ちになりますね。

    さらにここで難しいのは、
    「正当なる時代の変化」というものも確かに存在するということです。

    では、どうやってその正当と不当をどう見分けるのか?
    「誰かが一定の決まりを作って縛る」ものなのでしょうか?
    その場合、一体誰が?どんな根拠で?

    私は、歴史を継承した国民が、過去と未来のバランス感覚によって、正当と不当を、随時、判断するべきことだと考えています。
    もしそれを「保守」と呼ぶのなら、保守とは「あいまい」であり、「弾力性」があり、そして「リスク」のある思想なのだなと思うわけです。

    ・・・

    とまぁ、最近ぼんやりと考え、悩んでいることの一部を発露してみました(笑)

    「公共の福利」のリスクが最大限に表れている現状を前にしても、なお、「公共の福祉」という概念に一定の知恵を感じサルを得ないという悩みです��

  • #122

    和ナビィ (火曜日, 11 5月 2021 10:13)

    「屈指のブス」上等☆やないですかー。美ボリン、さゆり、長いまつ毛の怒玉運子ちゃん(恥美々ちゃんに似てる♪)、・・・懐かしく可笑しく指折り数えたんですのよ。ギャグですぶぁい。

    >少しフォローする文言があってもいいかもしれないですね(;^ω^)

    いやいや、カレーさん、ありのまま・ハチのまま・極楽トンボのままでいきましょう(^皿^)b。

     思えば、先生も繰り返しお書きになっているように、「表現の自由」は蔓延するポリコレ・編集部側の規制・自主規制・・・等によって徐々に狭められてきているのが現実。それとの熾烈な戦いの連続なのだと拝察します。先生の表現が「自由・自在」であることこそが最重要なこと、我ら読者が最も望んでいることです。

     「おぼっちゃまくん」を読んでいると、縦横無尽の表現・お話の展開に目を見張ると同時に「・・・今の時代だったら出るはずのない回だな・・」と感じることがよくあります、そう感じてしまうことが自分でも残念なのですが。

     でも、自由自在の「おぼっちゃまくん」だからこそ我等「どす恋」なんどすえ。美ボリンの名言風に言うのなら
    -----------------------------------------------------
    「『おぼっちゃまくん』がポリコレに順応するようになったら、キライになるかもしれんどす。」
    「はちゃめちゃギャグがなくなったら、ゲッヒーン!でなくなったら、毒がなくなったりしたら大キライどす。」
    「だって、うちは・・・今のままの『おぼっちゃまくん』のすべてが、好きなんどすから。」
    -----------------------------------------------------
    であります(^-^)9☆。

    あ、それから「美ボリンを無神経に傷つけた沙麻代を茶魔がビンタした場面」はこの回ではないようです。どこでしたっけ、教えてくりませ。読みたいです。

  • #121

    カレーせんべい (月曜日, 10 5月 2021 22:49)

    「いいなー、けってい」、略して「いいなけつ」
    どうもありがとうございました(^^)/

    ブスのくだりは、
    少しフォローする文言があってもいいかもしれないですね(;^ω^)

    「美」と「醜」というのは深いテーマですね。
    それに直接関連するかどうか分かりませんが・・・、
    美ボリンを無神経に傷つけた沙麻代を茶魔がビンタした場面には衝撃を受けました。

    今の時代なら茶魔の行動は「男尊女卑」と糾弾されるでしょうし、実際にクラスメートからは報復として殴りかかって来られるわけですが、茶魔には美ボリンのためにも、そして沙麻代ちゃんのためにも「平手打ちしなければいけない理由」があったと思います。

    しかし今の時代では無理。色んな意味で理解されないことでしょう。

    このエピソードは、いつの日か名言集で紹介してもいいかもしれないですね。

  • #120

    和ナビィ (日曜日, 09 5月 2021 22:53)

    おおっ、美ボリンのお話、早速第6弾に! 。 嬉しいです。昔このお話を読んだ時、「だって、うちは・・・今のままの茶魔のすべてが、好きなんどすから」に目頭が熱くなりました。

    >美ボリンは、おぼっちゃまくんの作中でも屈指の「ブス」です。

    て、あーた;;。ホントに屈指=指折り数えて該当の登場人物を数えちゃったじゃないですかー(Tへ^)>。登場する回はどれも一層味わい深いお話です。また、先生の別の作品ですが「最終フェイス」の強烈さ!も思い出しました。(私は恥美々ちゃんが好きです♪)

     「美」「醜」・・・先生の作品には、常にこの大きなテーマが通底している思います。もちろん今進行中のコロナ論にも、よしりん辻説法にも。

     第6弾、「いいなー、けってい」と存じます、略して「いいなけつ」(^-^)/。

  • #119

    カレーせんべい (日曜日, 09 5月 2021 14:10)

    【おぼっちゃまくん名言集】の第6弾の下書きを投稿します!!

    ・・・

    (1)タイトル
    ツノがなくなったりしたら大キライどす。
    だって、うちは、今のままの茶魔のすべてが、好きなんどすから。

    (2)サブタイトル
    愛とは?
    ありのままを肯定すること

    (3)解説文
    100人いる茶魔の許嫁(いいなづけ)の一人・中山美亡子。通称「美ボリン」。
    すっかり茶魔に惚れこみ「どす恋!」と一直線。
    しかし不美人な彼女を茶魔は疎ましく思います。
    あの手この手で、美ボリンの求愛から逃れようと策を弄するも効き目なし。
    そしてとうとう「いったいどーやったらキライになってクリるとでしゅか?」と訊ねてみた結果・・・

    (4)名言
    「茶魔が2頭身でなくなったら、キライになるかもしれんどす。」
    「ほっぺの赤丸がなくなったら、下の歯が2本でなくなったら、ツノがなくなったりしたら大キライどす。」
    「だって、うちは・・・今のままの茶魔のすべてが、好きなんどすから。」

    出典:文庫本2巻
    「いいなけつ大集合!!」

    (5)所感
    美ボリンは、おぼっちゃまくんの作中でも屈指の「ブス」です。
    最初は、ブスに言い寄られる茶魔が気の毒に思いました。
    しかし、だんだんと美ボリンの茶魔に対する思いは本物だと気づきます。
    美ボリンは、茶魔の欠点とされるところまで、すべてを肯定します。
    今のまま、ありのまま、丸ごとのあなたが大好き!と言うのです。
     ≪惚れる≫ってそういうことじゃないでしょうか。

  • #118

    和ナビィ (土曜日, 08 5月 2021 18:51)

    【おぼっちゃまくん名言】候補、2件です。

    ----第2巻「友だちんこ誕生マル秘物語」より----

     親愛の情をこめての挨拶「友だちんこ」を愛用しまくる茶魔。来日している大統領の歓迎レセプションの席で大統領にまで「友だちんこ」し、顰蹙を買うに及んでとうとうお父ちゃまはその挨拶をすることを禁じてしまう。

     我慢の影響は激しい「おもらし」となり、茶魔は学校で大失敗;;!。「禁止したのがよくなかったですじゃ・・」と気づいたじいとお父ちゃま。---そこで「友だちんこ」の由来が語られる。

    【おもらしとゆーのは、お友だちがいないさみしい子に多いということじゃった・・・。さびしいときに赤ちゃんにもどって、人に甘えようとする行為・・・それがおもらしなんですじゃ・・・。】(じい)

    【茶魔・・・。おかあさまがぽっくんの友だちでしょ!。そのうち茶魔にはきっとたくさんお友だちができるのよ!】(おかあちゃま)

     おかあさまはおまじない「友だちんこ」を子守歌のように一晩中唱えながら茶魔のちんこを撫でて下さった。するとちんこが安心しておもらしは治ってしまった。

     禁止、抑圧、不安、無理強い、・・・心身への負担はどんなに大きいことでしょう。それは無意識の行動になって現われる。異常反応の奥には原因が潜んでいる・・。

    ------------------------------------------------------------------

    ----第2巻「いいなけつ大集合!!の巻」より----

    茶魔には「いいなけつ」(いいなずけ)が百人もいて、小学生のうちから将来の花嫁選びが始まっている。
     その一人「美ボリン」とお見合いし、彼女はすっかり茶魔に惚れこむ(どす恋!)。しかし茶魔はその容貌や余りの惚れようを疎ましく思い逃れようと画策するが効き目なし。とうとう「いったいどーやったらキライになってクリるとでしゅか?」と訊ねた答えは・・

    【茶魔が2頭身でなくなったら、キライになるかもしれんどす。ほっぺの赤丸がなくなったら、下の歯が2本でなくなったら、ツノがなくなったりしたら大キライどす。だって、うちは・・・今のままの茶魔のすべてが、好きなんどすから。】(美ボリン)

    でした。普通は欠点とされるところもすべて肯定、今のまま、ありのまま、丸ごとのあなたが大好き!、と言うのです。
     ≪惚れる≫ってそういうことじゃないでしょうか((^-^))。美ボリン、いじらしい。

  • #117

    カレーせんべい (金曜日, 07 5月 2021 23:11)

    >「名言集」、その言葉の実際のコマがあることで、迫力がグッと増しますね☆

    やっぱり、そうですよね♪
    新規の人に一番見られるページなので、より魅力的になって本当にうれしいです(*^_^*)

    今の目標は「毎週1つ、おぼっちゃまくんの名言を発表する」ことです!
    日曜日にアップできたら良いですね~。

    たった今、「タッチ&ゴー宣」をアップしましたが、
    SPAゴー宣の感想座談会は、今回で一旦休止とします。

    しばらくは、えみりんさんとの「アニメおぼっちゃまくん感想対談」に力を注ぎたいと思っています。
    flashの「よしりん辻説法」については、皿うどんさんの司会のもと、感想座談会を続けて行きたいと思っています。

    エネルギーと時間は有限なので、どこにさくべきか?

    やっぱり反応のあるところに力を注ぎたいと思うのが人情ですね\(^o^)/

  • #116

    和ナビィ (金曜日, 07 5月 2021 10:27)

    「名言集」、その言葉の実際のコマがあることで、迫力がグッと増しますね☆、有難いです。やはり先生の作品は「絵と言葉」が相まってそのココロが伝わって来るのです。おとうちゃまの力強い表情に感動しました。

     巻を追ってゆっくり読みつつ、子供たちのリクエストに応えて日々アニメおぼっちゃまくんを観つつ、そこに「ゴー宣」そして今真っただ中で戦う「コロナ論」にはっきりと続いている・貫かれている思想に改めて感嘆します。

     お小遣いを握りしめてコロコロコミック、そしてコミック「おぼっちゃまくん」を買いに走ったたくさんの子供達。彼らは成長し、やがて「ゴー宣」の読者にもなっていく。学び、能力を身につけ、今は実社会の各方面で活躍する壮年となっています。そして子育て真っ最中の親の世代になっています。

     子供たちの掌のお小遣いの価値を決して忘れず、夢中になって「おぼっちゃまくん」を読むその眼差しを忘れず、よしりん先生は、日々戦い、表現を続けておられます。

     名言!と思う所に付箋紙付けながら再読(再々・・読)するのは楽しみです。候補をまたお知らせしますね。

  • #115

    カレーせんべい (木曜日, 06 5月 2021 13:08)

    へけけ。

    「こどもの日」に合わせて、
    おぼっちゃまくんコンテンツを充実させてみました♪♪

    【アニメおぼっちゃまくん感想対談】では、
    急遽、えみりんさんがイラストを描いて寄贈してくださいました(^^)/
    このコーナーはこれからも続けていきます♪

    【おぼっちゃまくん名言集】では、
    今週配信のメールマガジン『小林よしのりライジング』にて、小林よしのり先生に、漫画のコマを使用させてほしいてお願いをしたところ、OKを頂きました。
    漫画のコマがあると、グッと魅力的になりました☆

    このホームページに、新規でエントリーしてくださる人は『おぼっちゃまくんファン』がほとんどのようです。
    そんな新規の人に楽しんでもらえるコンテンツを、これからも配信していくつもりです\(^o^)/

  • #114

    和ナビィ (水曜日, 05 5月 2021 10:11)

    今日は子供の日。それにふさわしい新企画のスタートですね☆。アニメを観ながら(子供達といっしょに何度目でしょう)、漫画本を読みながら(子供達の手の届く所に常備)、会話を読ませて頂きます。名言もストーリーの中ですから、制作中の【名言集】も“教訓”にとどまらずに一層楽しめますね。

     先生もカレーさんも、子供が好きで大切になさっていて、そして幾つになっても感性にコロモさんが住んでいる、いや、「おぼっちゃまくん」がいて「へけけっ☆」と何かたくわんでおられましゅね(^-^)b。
     「この状況は子供達にとってどうなのか。その将来のために今どうしていったらいいのか。」がお考えの根本におありなのだといつも感じます。

     先日のゴー宣道場・テーマ「憲法は今、生きているか」は、師範方のブログ、そして配布されたレジュメの通り、今の状況を「憲法」から真っ当に照らし出し論理的に示されました。
     ゲストの横大道聡先生は、自己紹介なさった時「『おぼっちゃまくん』から読んだ世代です、そしてゴー宣、戦争論。今の自分があるのは小林先生の責任でもあります。」との旨、笑顔で仰ってとても嬉しくなりました。

     そーです!「おぼっちゃまくん」を楽しんで大きくなった人は、疑問を曖昧にしておけない、興味いっぱいで学び続けるエネルギーを持っている、固執することなく本物を追求していく感性を身につけるんだと思いました。つまり「面白がリータ」(^-^)9。

  • #113

    カレーせんべい (火曜日, 04 5月 2021 21:50)

    おぼっちゃまくん名言集の第5弾のOK、ありがとうございました!

    今、トップページにも告知しましたが、
    『明るく、笑える新企画』を進行中です♪♪
    明日にはアップできるかなぁ?

    それと同時進行で、
    【小林よしのりライジングのQ&Aコーナー】の回答次第では、
    ちょっと新しい展開が開けるかもしれません♪♪

  • #112

    和ナビィ (月曜日, 03 5月 2021 23:32)

    【おぼっちゃまくん名言集】第5弾、これは特に好きな名言です。
     これは自分が子育てする過程でのまさに実感ですし、孫達やその友達(同学年だけでなく幼稚園児~高学年までの近所の子供達)の日々ワイワイ遊ぶ様子を見るにつけ、全くその通りだ!と思うことです。

    >それは小学校で育まれる人間関係こそ、テストの成績よりも貴重であると、御坊家は知っていたからです。(#110)

    先生や友達の親などの大人も含め、様々な環境で暮らす多数の人々の中に身を置いて、その喜怒哀楽や葛藤を感じ取る・観察する---地域の学校に通う中で、純粋培養でない感性豊かな子供が育つのだと思います。

    >勉強は社会に出てからでも間に合うということは、逆に言えば、勉強をするのは学校だけではなく、学生のうちだけでもないということですね。(#110)

    「疑問を感じたら放っておけない。なぜだ、興味いっぱい、知りたい。敏感に反応してフィードバックしては次へ進んでいく。」---よしりん先生そのもの。尽きせぬエネルギーの大元と拝察します。
     出た学校やら肩書で自分は優秀だと思い込み、空疎なプライドで固まり、自分を更新していけないどころか害毒を垂れ流すことだってアルアル・・・ですね。

    第5弾、パーペキ☆と存じます。

  • #111

    和ナビィ (日曜日, 02 5月 2021 23:12)

    5/1の「オドレら正気か?」を私も観ました。終わり近くなって(ついに)週刊文春報道についてになった時、それまでのやりとりのテンポと弾ける笑いがふっと消えて、先生は「・・・難しいですね・・・なんにも言わんとこうかな・・」と。

     木蘭さんの目から笑いが消え、先生の「わしにとって不倫は日常茶飯事・・」のギャグ?!にパッと反応されないほどでした。今という状況下、ゴー宣道場で目指し取り組んでいるテーマに深く関るメンバーのスキャンダル報道、---その苦衷が拝察されました。

     アンチ掲示板、この話題についてのあきさん・でー丸さん・カレーせんべいさんお三方のやりとりはアンチどころかとても興味深かったです。「メディアの報道」はどう演出されて流されるのか、そしてそれを人々はどう受け取るのかについて重要な示唆があり、考えさせられました。

     週刊誌は、読者を誘導してあるストーリーに落とし込みます。記事のタイトル、設定、当事者からの聴き出し方、タイミング、----喰いつきそうなタイトルで釣り、敷いた線路にまんまと大衆は乗せられて、さもありなんの反応をしてしまう。

     これは、週刊誌のスキャンダル記事にとどまらず、皇室関係バッシング記事、また新型コロナの煽り報道にも共通するのではないでしょうか。こういう「メディアの演出」への警戒心は相当持っていなければ、と一層自戒するようになりました。「ゴー宣」のおかげで☆。
     「メディアの作りたいストーリー」のために、こぼれ落ちる・わざと言わない・伏せる・おためごかしで聴き出す・捏造さえする、等々はそれこそ日常茶飯のテと思っていた方がいいと思います。

     メディアが誘導する「いかにも物語(ポリコレ棒の付録あり)」に嵌ってたまるもんですか。デー丸さんやカレーさんが(アンチ掲示板にて)仰ったように≪その人はどういう能力を持ち何を実行する人物か・その代替はできるのか≫という視点も手放さないでいたいです。

     ☆それから、先日のFLASH【よしりん辻説法】---「花束みたいな恋」は作るもの・恋多ければ恥多し---は、期せずして何とタイムリーなテーマを描かれたことでしょう。よしりん先生は不思議な予言・預言をなさることがあります。「---恋とはすでに狂気なのだ(by ハイネ/P52)」

  • #110

    カレーせんべい (日曜日, 02 5月 2021 16:25)

    【おぼっちゃまくん名言集】の閲覧がすごく増えています!
    というわけで、第5弾の下書きを投稿します!(^^)/

    ・・・

    (1)タイトル
    大学を出るまでは、ず~~~っとバカでかまわん!
    学校は一般庶民を観察するところじゃ!

    (2)サブタイトル
    偏差値教育ではない
    真の教育論

    (3)解説文
    茶魔は小学5年生。
    テストの成績は、算数15点、国語11点、社会5点、理科3点と散々な結果。
    こんなに点数が悪くて、お父ちゃまになにも言われないのでしょうか?
    お父ちゃまは、茶魔に毅然と言ったセリフがこれです。

    (4)名言
    「大学を出るまでは、ず~~~っとバカでかまわん!」
    「学校は一般庶民を観察するところじゃ!」
    「人生90年!!」
    「社会に出てから勉強しても充分間に合う!」
    「あせることはないぞ、茶魔ーーーっ!!」

    出典:文庫本1巻
    「猛勉強するしゅ」

    (5)所感
    大金持ちの御曹司である茶魔が、どうして成績が悪いまま放置されているのか?

    それは小学校で育まれる人間関係こそ、テストの成績よりも貴重であると、御坊家は知っていたからです。

    さらに勉強は社会に出てからでも間に合うということは、逆に言えば、勉強をするのは学校だけではなく、学生のうちだけでもないということですね。

    「生涯学習」という言葉がありますが、御坊家は自然にそれを実践しているのかもしれませんね。

  • #109

    カレーせんべい (土曜日, 01 5月 2021 22:11)

    さきほど生放送「おどれら正気か?」を拝見しました。
    例の週刊文春報道について、小林よしのり先生と泉美木蘭先生が何と発言するかが、私の一番の注目点でした。

    あの報道が出た時点での私の意見は「アンチ掲示板」の方に書いた通りなのですが、私の意見は「不倫がキッカケで前妻が自殺したという”事実”がある限り、たとえどのような”真実”があったとしても、世間への説得力は失われるだろう」というものです。

    それが【社会通念】であり、それが【常識】だと、私は感じたからです。

    しかし、これは私の意見です。
    「正解」であるなんて思っていないです。

    そういえば、先ほど『タッチ&ゴー宣』をアップしたのですが、山尾・倉持批判のところはカットされていましたな(笑)

    『よしりん辻説法』の方は、皿うどんさんが文字起こしと編集をしてくださって、私が再編集をしています。カットされたか~~(笑)

  • #108

    カレーせんべい (土曜日, 01 5月 2021 11:25)

    先日会社で「マスク着用はどうしてもできないんですか?」と聞かれました。

    私は『どうしてもマスク着用ができないというのは実はウソなんです。息を止めていればマスクはできます。ただ2分くらいしか息を止めてられないのが難点です』と返しました。
    そしたら苦笑いしながら見逃してくれました。

    まったく個人的には、私がマスクをしていないことで、職場で不快や怒りを覚えていながらも「我慢してくれている人」には申し訳ないという気持ちがあります。
    お昼休み、給食を取りに行くときはマスクをするようにしています。

    その一方、私は電車の中ではマスクをしていないのですが、私が席に座ると、隣の人がこれ見よがしに別の席に離れられたりします。
    これには「申し訳ない」という気持ちは湧かず、やや呆れる気持ちになります。

    そんなこんなでマスクひとつでストレスの日々です。

  • #107

    和ナビィ (金曜日, 30 4月 2021 23:57)

    よしりん辻説法では、「ダックス憤怒」「そんなことアルパカ」「カワウソ~~に~~い」「うらミンゴ~」「タンチョウな毎日・・」とか、やはり動物になっての「よしりん語」が多いですね。

     そして今回は「いいかげんにしてクロサイ!」「いいかげんにシロサイ!」も登場☆。そうそう「ダックス憤怒」の前半の方が変化して「抱っこすフンドーッ!」(ピョ~ン、ピッタンコ!)のひねりには噴き出しました。互いのピコピコ尻尾が、何とも可愛く切ない www;;。

     さて、子供達とアニメ「おぼっちゃまくん」を観ていましたら、【#51・ちゃまちゃま大変身?ふざけんじゃネーコ!】でアッ!という機械が出てきました。二つのカプセルにそれぞれ違う生物(動物でも植物でも)を入れて細胞をミックスさせ新生物ができる、というものです。

     茶魔はライオンとミックス、容姿も力強さもライオンのようになって腕相撲試合に勝利するのです。後で、手違いで茶魔とハエがいっしょになって小さい「ハエ茶魔」にもなってしまうのですが;;。
     
     即、辻説法のよしりん語の絵を思い出しました。よしりん・りか坊が突如動物に変身するギャグのルーツ?!を「おぼっちゃまくん」に発見(^o^)b☆とニコニコしちゃいました。#51の題名「ふざけんじゃネーコ!」(茶魔がネコになって爪立てて伸び上がる)もその一つですね。

     というわけで、また「おぼっちゃまくん名言集」進めましょうね(^-^)9。

  • #106

    カレーせんべい (金曜日, 30 4月 2021 22:47)

    ≫104 mayuさん
    おー、投稿していただき、とてもうれしいです(≧▽≦)

    「待合室の出会い」は、みんなそれぞれ有るんですね!
    なんだかドラマチックに感じました♪

    ≫105 和ナビィさん
    「待合室の出会い」を演出される側の心配りに感動しました☆

    特に『貸出カード』を作って、次回に診察するまで本を借りられるシステムは、地域共同体があってこそ可能なんだろうなぁと感じました(^^)

    小林よしのり先生の【天皇論】も置いてある医院とは本当に素晴らしいです☆
    熱心に読んでくださっている方がいて、嬉しく思いました!

  • #105

    和ナビィ (木曜日, 29 4月 2021 23:48)

    カレーさん、mayuさん、
    【待合室で本と出会う】って確かにあると思います。あまたある施設の中でせっかくここを選んで来て下さる方々。お待たせしているその間に手に取って頂きたい、こちらの限られた視野からですが、そして僭越ですが「出会ってほしい本」の数々。
     なるべくどこから読んでどこで止めても面白い本を、と選んで入れたのですが、いつの間にか壁一面使った本棚(旧施設の)がいっぱいになってしまいました。

     本好きの人はわりとたくさんおられるもので(あるいはふと読み出したら途中で止められなくなられたか)、受付に「借りて行っていいですか?」とのこと。「貸出ノート」を作って「どうぞどうぞ(^-^)次回に持ってきて下さればいいですよ」が普通になりました。絵本をお子さんに読み聞かせるお母さんもおられました。嬉しかったです。
     
     先日待合室を通ったら「天皇論」に没頭しておられるお年寄りがおられました。戦争論シリーズを次々に借りて行った近所のお婆さんもいます(お父様が戦死なさっています)。この方は何年か前に息子さんとゴー宣道場に参加されたことがありました。----【本との出会い】は幾つになっても素敵です(^-^)b☆。

  • #104

    mayu (木曜日, 29 4月 2021 22:32)

    横から失礼します。
    私の「ブラックジャック」との出会いは矯正歯科の待合室でした。
    「アドルフに告ぐ」も。
    中学生でしたが、衝撃を受けました。
    その後、「火の鳥」を買いました。

    待合室の出会い、あるあるですね!
    良い出会いだったと思っています。
    歯医者さんありがとう。

  • #103

    カレーせんべい (木曜日, 29 4月 2021 09:47)

    >当時「ブラックジャック」が読みたくて(そして「こまわりくん」も)チャンピオンを毎週買っていました。

    そうだっタンスね!
    実は私、手塚治虫の漫画をほとんど読んだことがないんです。
    それでも「レジェンド」として、作品のことは伝え聞いています。
    それを連載中に読んでおられたとは、すごいです(*^_^*)

    >待合室の本棚に「ブラックジャック」「火の鳥」の全集も揃えました。
    >手に取る方が多く、それはやがてボロボロになるほどでした。

    なるほど、それはすごいですね(*_*)

    【待合室の本棚】というのも、長い人生においてもけっこう印象に残っているものです。
    子供の頃、内科医院に置いてあった『幸福な王子』という絵本を読み、子供心に心底気持ち悪くなりつつも、それでもたびたび読んでしまっていたことを、時々思い出します。

    それもまた、ひとつの『出会い』なんでしょうね^^

  • #102

    和ナビィ (水曜日, 28 4月 2021 23:49)

    >昨日は久しぶりに「タッチ&ゴー宣」の収録を行いました♪

    SPA!ゴー宣とFLASH辻説法、ダブル収録なさつたんですね。発表されるのがとても楽しみです。両方とも特筆の回、次々と感想があふれ出しお話しは尽きなかったのではと拝察します。

     先生より少ーし年下;ですが、当時「ブラックジャック」が読みたくて(そして「こまわりくん」も)チャンピオンを毎週買っていました。一週間に一話づつ、こんなに濃密で考えさせる漫画を描いてしまう手塚治虫に驚嘆、のめり込むようでした。合冊になった「火の鳥」にも突き動かされました。

     後年、結婚して家業を開始してから、待合室の本棚に「ブラックジャック」「火の鳥」の全集も揃えました。手に取る方が多く、それはやがてボロボロになるほどでした。買い替えて再び入れ、それもまたページがほつれるほどに読まれたのです。

     歳月を重ねても、多くの人の心を掴み、揺さぶり、繰り返し考えさせている「名著」そして「凄い作家」であることの証左です。
     数年前、息子の代になって建物も立て替えましたが、今も「ブラックジャック・全集」(三代目は文庫版です)があります。

     今は、ゴー宣スペシャルシリーズ、天皇論、コロナ論、この頃のよしりん先生のご著書等々も並んでいます。関心の高い人もおられ、先日は「コロ問い」を借りて行き、返す時に「テレビは毎日あんなだし、体調までおかしくなってたけど、読ませてもらって少し気が楽になりました。」と仰っていました。

  • #101

    カレーせんべい (水曜日, 28 4月 2021 10:32)

    昨日は久しぶりに「タッチ&ゴー宣」の収録を行いました♪

    #99で書いてくださった『理想の男性は「私の話を面白がって聴いてくれる人」と即答されたこと』についても話題に出しました^^

    あと山尾・倉持スキャンダルについて、
    私は両氏を批判的に述べました。
    まぁ、編集でカット・修正されるかもしれませんが(苦笑)


    しかし、なんでも自由にしゃべれるのっていいなぁ。

  • #100

    和ナビィ (火曜日, 27 4月 2021 23:56)

    今日は月に一度のSPA!ゴー宣とFLASHよしりん辻説法が同時に届く至福の日☆

    次々に読みましたが、----両方ともしばし呆然とするような深遠な作品・・・

    サービスを待っていれば降ってくるものじゃない 

    惚れる・幻想力・・・降ってくるものじゃなくて自分の想像力・創造力・演出力次第

    サイ、馬車、ドドドドーッと勢いよく突進してくるよしりん語って素晴らしい☆

    恥美々ちゃんに出会えたのも嬉しかったです ぶっとびました;;

  • #99

    和ナビィ (月曜日, 26 4月 2021 22:56)

    一昨日土曜日の「オドレら正気か?!」の「煽れば尊し・・・」には大笑いでしたね。咄嗟にこれが出てくるところが流石!。喫緊の大問題を科学的な資料を示しつつ論じる、それもこんなに笑かしながらサービス精神に満ちて(>o<)www。

     思い出したのは、ある道場で「好みの男性は?」という質問に木蘭さんは「私の話を面白がって聴いてくれる人」と即答されたことです。普通「私を楽しませてくれる人、私にサービスしてくれる人」とかを予想するのに、木蘭さんは違う!「私が楽しませたい、喜んでくれるのが嬉しい」と仰るのでした。
     今アップなさっている《日めくり・ゴーマニズム名言》のよしりん先生の言葉も同様。≪人にサービスできないわしなど価値がない。わしの働く信条とはそういうものだ≫です。

     そういうお二人の対談だからこそ、あの重要内容が笑いのうちに沁み込んでくるのです、しぼまないで何だかふくらんでくるものがあります。聴きながらつい“いちびりコメント”打ちたくなっちゃいますもの(^o^);。

     「笑い」は抵抗力・免疫力を上げる(^-^)9☆。笑うこと自体が「抵抗」と「免疫」かも。

  • #98

    カレーせんべい (月曜日, 26 4月 2021)

    >>96
    よしりんの還暦祝いに「赤いバスタオル」をプレゼントされたとは、
    道場生たちの気持ちに、先生もさぞうれしかったことでしょうね(^^)/

    確かに、ゴー宣の中で「タオルイス」というが登場していましたね☆
    私も真似をしてバスタオルをかけてみます(笑)

  • #97

    カレーせんべい (月曜日, 26 4月 2021 11:54)

    >コロナ禍、皇室バッシング、ますます常軌を逸しています。

    「アメリカによる洗脳」だとか、
    「中国による陰謀」だとか、
    「左翼の暗躍」だとか、
    「右翼の堕落」だとか。

    そういった『特定の敵』がいるわけじゃないんですよね。

    そのように考えると、
    自分の中で「愛国心」というものが、
    まるで風船のようにしぼんでいくのを実感します。

    「希望」をどこに見出すのか。
    それが私自身の課題になっています。



    っと、これはいかんですなぁ。
    五月病よりもタチが悪いようです(;^ω^)

  • #96

    和ナビィ (日曜日, 25 4月 2021 23:00)

    カレー(さん)にナンだ?と思ったら、ラ・イスですか(^^)b。
     ついにお気に入りの椅子を手に入れられたのですね。長時間にわたる毎日のお仕事やサイト制作に、椅子の座り心地は大問題。お仕事内容まで左右するかもしれません。枕部分も肘掛けも付いて、背もメッシュで蒸れない。見るからに具合のよさそうな椅子、アイデアも能率もさらにアップ☆のことでしょう。

     と、正面からの写真を拝見していたら、椅子が人の恰好に見えてきました(^^)>;。「ハァァ・・」と両手を広げた丁髷よしりん(枕が丁髷・背が顔・肘掛けが手)。失礼っ;。

     よしりん先生はお仕事椅子に大きなバスタオルをかけて、それに背中を抱かれるようにしてお仕事なさっている、と以前ゴー宣に描かれていましたよね。
     そう言えば、先生が還暦になられた時、当時の門下生達が「何かお祝いを」と相談して“赤いちゃんちゃんこ”ならぬ「赤くて大きな椅子用バスタオル」を差し上げたことがありました。それを使って下さったことを椅子の写真入りでサイトに書かれ、一同嬉しかったです o(^-^)o。

     あれからもう七年もの御歳を重ねておられるのですね。そしてその歳月も間断なく戦いの真っただ中の連続でした・・。

    >---その激しさが美しいのである。高貴なのだ。「美」は人間の生き方の最も緊張した瞬間に、戦慄的にたちあらわれる。(岡本太郎) (#94)
    >本当の「美しさ」とは何か? わしの漫画を見ていれば、その秘密が分かるだろう!(小林よしのり) (#93)

     今は---コロナ禍、皇室バッシング、ますます常軌を逸しています。それこそ世をあげて狂気の沙汰、首長はじめ責任ある立場の人達からして異様な言動を振り回し、それがまかり通っています(今日も!)。
     そうした中で、先生は何が本物か見抜き当初からブレずに言論・表現を以て、誰にもできない凄い戦いをし続けておられる、方法を工夫し決して放棄しない、----そのことに上記の言葉を感じます。

  • #95

    カレーせんべい (日曜日, 25 4月 2021)

    ゴー宣秘密基地(自室)用で、カレー氏が座るイス、
    通称「カレー・ラ・イス」を手に入れました(^^)/

    ホームセンターをいくつかまわって、
    ためし座りもして、すごく気に入ったイスを買いました♪♪

    フローリングが傷つかないよう、簡易なカーペットも敷きました。

  • #94

    カレーせんべい (土曜日, 24 4月 2021 18:52)

    和ナビィさんの投稿を読んで、小林よしのりライジング「茶魔語の秘密―『きれい』と『美しい』の違いについて」を読み返してみましたが、これは圧巻ですね!!

    岡本太郎の言葉。
    『「きれい」は相対的価値しかもっていない。
    その時代の承認済みの型、味わい、つまり流行に当てはまって、抵抗がない。
    ほんとうに生きようとする人間にとって、人生はまことに苦悩に満ちている。
    矛盾に体当たりし、瞬間瞬間に傷つき、総身に血を吹き出しながら、雄々しく生きる。
    その姿はほとんど直視にたえない。
    最も人間的な表情を、激しく、深く、豊かにうち出す。
    その激しさが美しいのである。高貴なのだ。
    「美」は人間の生き方の最も緊張した瞬間に、戦慄的にたちあらわれる。』


    これを考えると”美意識”というものは、言葉で学べるものではないなと感じました。

    日本において(もしくは世界においても)美意識を持つことの価値が失いつつあるのも、「きれい」という相対的価値に重きを置く時代の流れに沿っているとも感じ、寂しい気持ちにもなりました。

    「”美しいもの”をどれだけすくいとれるか」
    それは芸術家だけの専売特許ではないと思いたいものです^^

  • #93

    和ナビィ (金曜日, 23 4月 2021 21:52)

    >トップページ【小林よしのりライジング、ゴーマニズム宣言一覧表】

    わーっ (@o@)!  い、いつの間にこんなに大きなゴー宣コンテンツを作っておられたことよ。

     ライジングが開始されてからすでに10年近くになっていたのですね、 1~416号もの文章ゴー宣が重ねられてきたこと、そのことに改めて驚きました。
     毎週のように発行されるリアルタイムの問題に即したもの、誰も見落としている重大な問題を指摘したもの、----曖昧さを排した正確な言葉で記されます。どこまでも容赦ない戦いの体勢で論じられ、読者に確かに伝えよう・考えてもらおうとする熱が物凄いです。毎回食い入る様に読んで参りました。この頃は。家族のために朗読するのも恒例となっています(^-^)b。

     こうしてすぐにその回の記事にあたれる目録を作って下さったことに瞠目、そしてとても有難いです。どんなに時間をかけられたことでしょう。

     ずーーっとスクロールしていって・・・「アーッ!」と最初に止まったのはどれだとお思いですか(^-^)b?。
    【第172回「茶魔語の秘密―『きれい』と『美しい』の違いについて」】(号外 2016.5.17)
    でした。そして再び夢中で読みました。そして、今!今こそ読みたい内容だったことに驚きました。岡本太郎の言葉の引用とともに語られる『美』、絵とともに子供達がはがきで投稿した「茶魔語」、「おぼっちゃまくん」が表したもの、---。

    (上記の第172回より)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     わしは「きれい」なものを描いたことがない。『東大一直線』にしろ『おぼっちゃまくん』にしろ『大東亜論』にしろ、異形の者たちを描いている。流行から逸脱しているから、圧倒的なメジャーにはならない。
     だが異形の者の凄みに触れた読者の脳裏には、強烈に刻まれた何かがいつまでも残っている。
    本当の「美しさ」とは何か?
     わしの漫画を見ていれば、その秘密が分かるだろう!
    (ごーまん過ぎたか?)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(引用終わり)

    進行中の【おぼっちゃまくん名言集】を作っていく上で、肝に据えるはこの号だ、と思いました。教訓&解説に収まらない【名言集】を☆。

     作って下さった【小林よしのりライジング、ゴーマニズム宣言一覧表】のおかげで【「茶魔語の秘密―『きれい』と『美しい』の違いについて」】読むことができました、ありがとうございました☆。

  • #92

    カレーせんべい (金曜日, 23 4月 2021 12:07)

    トップページに【小林よしのりライジング、ゴーマニズム宣言一覧表】をアップしました☆

    「回」を調べて記入するのに、結構、時間がかかりました^^

    馬鹿馬鹿しいことに、
    ゴールデンウイークは緊急事態宣言で行動が制限される見通しですし、
    それなら、いまのうちにゴー宣データーベースをすすめておこうと思っています。

  • #91

    カレーせんべい (木曜日, 22 4月 2021 21:23)

    >【食べ、呼吸し、血が巡って生きているもの】が経済

    まったくその通りですね。
    経済とは循環であり、その循環によって日常が形成されるのだと思います。
    経済が破綻するということは、循環が止まり、日常の彩りは失われ、そしてしだいに壊死していくのだと思います。

    駅の構内にたくさんの花を飾った花卉農家の方々は、どんな願いを込めて飾ったのでしょう。

  • #90

    和ナビィ (木曜日, 22 4月 2021 10:16)

    軟体社長さんの現状報告に胸が詰まります。

    >ウチは金属加工業を営む零細企業ですが、日本一の技術を持っていると自負します。(4/17ネット道場ブログ「切実な社長、メチャクチャいます」より)

    誇りを持ち、実績を持つ、出来上がった物には作った人の魂が込もるのだと思います。「仕事・働くこと」は作り出す・作る力があることの顕れ。こういう“魂込め”のできる技術者・職人を擁す企業が日本を支えているのだと思います。一朝一夕に出来るものではない、一旦無くなったら取り返しがない。

     一つの仕事は当然そこだけで成り立っているのではなく、連鎖・連携の中にあり、一か所の停止は繋がりすべてに及び、全体の死にさえ及ぶのはまるで「生き物」のようです。【食べ、呼吸し、血が巡って生きているもの】が経済なのだと思います。

     そういう一環にある企業、その経理を担当するカレーさんへの会社からの≪問い≫、これは会社の存続に関る喫緊でシビアなもの。----【生き残るために外注を切るしかない】という結論を出さざるを得なかった、つまり【外注先の仕事が無くなる】、どんな思いで回答なさったことでしょう。その会社に軟体社長さんのお話が重なります。

     こちらの地方は花卉栽培農家が多くあるのですが、先日そのビニールハウスのそばを通りかかったら、萎れて枯れかけた花の山がありました。出荷の際にはハブキ(規格外)がある程度出るのは普通ですが、その山はどう見てもそれではない程の量でした(廃棄処分・・)。

     結婚式や各種イベント、卒業式・入学式、旅館、ホテル、レストラン等々---花が大量に使われる場が、長引かせているこのコロナ禍でどれほど失われたことでしょう。花ばかりでなく、そういう所で消費されていた高級野菜類(普通の家庭では高くて使わない珍しいものという意味。例えばリーキとか)も出荷にかなり影響があったそうです。
     そういうものとともにあったはずの豊かな心の膨らみ・喜び・交流もどれほど萎れてしまったことか。

     前回のゴー宣道場に行った時も、駅の人通りもまばら、そして新幹線もガラガラ・・・。そんな中、駅の構内にアルストロメリアの色とりどりの花があふれるほどに飾ってありました。その数1,000本とのこと!。佐久平駅と軽井沢駅に地元花卉農家の花をそれぞれ飾りました、と傍に書き添えてありました。

  • #89

    カレーせんべい (水曜日, 21 4月 2021 20:31)

    【生き残るために外注を切るしかない】

    今日のゴー宣ネット道場のブログでアップされていた「切実な社長、メチャクチャいます」を読んで、そのリアルな現場からのレポートに心が痛みました。

    実は本日、経理としての意見を求められました。
    パターン①「外注先への依頼していた仕事を、自社で行う」
    パターン②「今まで通り外注先へ仕事を依頼し、工場は一時帰休をして雇用調整助成金をもらう」

    私はそれぞれのパターンで発生する金額を算出し、
    その結果「パターン①」を選択するべきだと提案しました。
    それはつまり【外注先の仕事が無くなった】ことになります。

    私の会社も金属製品製造業なのですが、コロナ禍によるダメージは深刻です。
    リーマンショックの時も大打撃を受けましたが、コロナ禍はそれ以上です。

    「生き残るために何でもやる」という意識がなければ、本当に生き残れない状況だと認識しています。

  • #88

    和ナビィ (火曜日, 20 4月 2021 22:27)

    >『出典と言葉だけ』でもOKですので、どんどん放り込んでクリ♪(#82)

    了解しました。では、どんどど どんどん♪

    出典:第1巻【誘拐されたとぶぁいの巻】
    名言
    「食べるがよかでしゅ! 騒ぐがよかでしゅ! ぽっくんが楽しいことはなんでもさせてあげるでしゅぶぁーーい!!」

    (いたらきに釣られてまんまと誘拐された茶魔。アジトからホテルに移動して拘束されているが、茶魔は超豪華な料理やショーを部屋に取り寄せて犯人達をとことん楽しませる。
     ついに救出された時、犯人達は「茶魔さまにはこの世の極楽を味わわせていただきました。もう思い残すことはありません。・・・」とすっかり和んだ表情で逮捕されていく。)

    出典:第1巻【猛勉強するしゅの巻】
    名言1
    「茶魔! 大学を出るまでは ず~~~っとバカでかまわん! 学校は一般庶民を観察するところじゃ! 人生90年!! 社会に出てから勉強しても 充分間に合う! あせることはないぞ、茶魔ーーーっ!!」(お父ちゃま)

    (学校の勉強がわからないしすぐ飽きてしまう茶魔。世界中からノーベル賞級の学者を呼んで家庭教師につけても「教え方がヘタクソでしゅ!」と逆に叱る始末。)

    名言2
    「茶魔、おまえはぜんぜんわかってないなー!」(先生)
    「ぜんぜんわからせてましぇんねー、先生は・・・」(茶魔)
    「こんな点とって、恥ずかしくないのかーーっ!!」(先生)
    「こんな点とらせて、よく恥ずかしくないでしゅねーーっ!!」(茶魔)

    (教師から見た茶魔、茶魔から見た教師、双方向からの評価の仕方!?が面白いです☆。)

  • #87

    和ナビィ (火曜日, 20 4月 2021 22:07)

    おおっ、早くもまさに“オオモノの名言”登場!ですね。あの最後の場面は印象的でした。

    第4弾、パーペキ!と存じます(^o^)9☆。
     ----そう言えば「パーペキ」って確か「東大一直線」で登場した言葉でしたよね。これと「パープリン」はもう出典を意識しないくらい普遍化?してしまっているような気がします。元教師の親戚のおじさん(大正生まれ)が「あいつはパープリンだと思ってたのに・・」と口にしたのを覚えています。漫画を読んでないはずなのに。----

     「大物」と「本物」の違いに注目され、

    >確かに大物になれるのは、選ばれた一握りの人間かもしれません。しかし本物を選び取る行動は、全ての人間ができることです。 茶魔はこれからも本物であり続けることで、いつか大物になる日が来るかもしれませんね。(#86)

    の説に、なるほロケットです。「本物」を直感できるか否か・わかっていても行動できるかどうかは、また大きな課題だと思いますけれど。

     「大物」は本人が(オレオレ!と)意識するものではなく、周りが認める「結果」なのかもしれません。

  • #86

    カレーせんべい (火曜日, 20 4月 2021 12:44)

    【おぼっちゃまくん名言集】の第4弾の下書きを投稿します!!
    ついにあの名言が登場です\(^o^)/

    ・・・

    (1)タイトル
    大物になりたくてがんばり通すバカ者より、茶魔は『本物』になることを選んだのじゃ!

    (2)サブタイトル
    大物とはなんだ?
    本物とはなんだ?

    (3)解説文
    ある朝、茶魔のツノが伸びていました。
    御坊家の古文書には、10日間ツノは伸び続けて、その間いろんな苦労をするが、これを乗り切れば『大物』になれると書かれていました。
    その日から茶魔にとって過酷な試練の日々が始まりました。
    そして最終日。
    茶魔は子供を助けるために、自らのツノを傷つけてしまい、試練は失敗となります。
    「子どもが助かってよかったでしゅ。でも、これで大物にはなれんでしゅね。」
    落ち込む茶魔に対して、お父ちゃまが力強く叫びました。

    (4)名言
    「しかし、おまえは本物じゃ!」
    「大物になりたくてがんばり通すバカ者より、茶魔は『本物』になることを選んだのじゃ!」

    出典:文庫本2巻
    「大物になるのはつらかぶぁい」

    (5)所感
    このエピソードを小学生の頃に読んで、とても心に残りました。
    当時は「大物とは何か?」「本物とは何か?」全く分かりませんでした。
    今、大人になって読み返すと、分かってきたところもあります。

    もしも茶魔が子供を助けずにツノを傷つけず、その結果『大物』になれたとしても、それはけして『本物の大物ではない』ということです。
    今回茶魔は試練に失敗し、言い伝えの大物にはなれませんでしたが『本物』であることを選びました。

    確かに大物になれるのは、選ばれた一握りの人間かもしれません。
    しかし本物を選び取る行動は、全ての人間ができることです。

    茶魔はこれからも本物であり続けることで、いつか大物になる日が来るかもしれませんね。

  • #85

    和ナビィ (月曜日, 19 4月 2021)

    あれれ;;昨夜遅く投稿したもの#83が今朝見たら入っていなかったので、先ほどほぼ同じものを再度投稿したところでした。だいぶ遅れて入ったようです。
     重複してしまいました、すみま千円 m(_ _)m。

  • #84

    和ナビィ (月曜日, 19 4月 2021 09:50)

    >「おぼっちゃまくん」は、生きることを肯定してくれた漫画であり、元気の源であったのです。(#81)

    子供はもちろん大人だって(年寄りになったって)、「生きることを肯定してくれる」存在・ひと言が何と有難いことでしょう。それがあれば勇気が出る(^-^)9。否定・非難・無視・誤解・怯え・・・気持ちは萎え、意気消沈します。

    >【おぼっちゃまくん名言集】を、スケールアップしたいと思いました!! その新企画、新構想も思いつきました!! (#81)

    わぁー、そりは楽しみぶぁい、ワクワク(^-^)。

     そうそう、幼稚園年少(4歳)になった下の孫が、茶魔語だけでなく、いつの間にかよしりん語を使い始めましたよ。「よしりん辻説法」が載っているFLASH、辻説法以外のページは絶対見えないようにして;;よしりんの絵だけ見せることはよくあります。幼いながらウケてるのです。コロナくんの回は絵本のように読み聞かせしちゃいました。

     夕方帰宅したママに、伸び上がるように飛びつき「ダックス憤怒ー!」ですって。腕を尻尾に見立てて齧る真似をして「かわうそーに」も使います。「なぁにそれ?」怪訝な顔のママに、私が「コレのことだよ」とそのページを見せたら噴き出していました。
     「そんなことアルパカ」もいいタイミング使うようになっています。家族にウケるのが嬉しそう。よしよし、いい子だ。(バァバは何かたくわんでましゅ)

  • #83

    和ナビィ (日曜日, 18 4月 2021 22:19)

    >「おぼっちゃまくん」は、生きることを肯定してくれた漫画であり、元気の源であったのです(#81)

    子供はもちろん大人だって(年寄りになったって)、「生きることを肯定してくれる」存在・ひと言が何と有難いことでしょう。それがあれば勇気が出る(^-^)9。否定・非難・無視・誤解・・・気持ちは萎え、胸が潰れそうになります。

    >【おぼっちゃまくん名言集】を、スケールアップしたいと思いました!!
    その新企画、新構想も思いつきました!! (#81)

    わぁー、そりは楽しみぶぁい、ワクワク(^-^)。

     そうそう、幼稚園年少(4歳)になった下の孫が、茶魔語だけでなく、いつの間にかよしりん語を使い始めましたよ。「よしりん辻説法」が載っているFLASH、辻説法以外のページは絶対見えないようにして!;;絵だけ見せることはよくあります。幼いながらウケてるのです。

     夕方帰宅したママに、伸び上がるように飛びつき「ダックス憤怒ー!」ですって。腕を尻尾に見立てて齧る真似をして「かわうそーに」も使います。「なぁにそれ?」怪訝そうな顔のママに、私が「コレのことだよ」とあのページを見せたら噴き出していました。
     「そんなことアルパカ」もいいタイミングで使うようになってます。よしよし、いい子だ。

  • #82

    カレーせんべい (日曜日, 18 4月 2021 20:08)

    >>80
    >「おまえも男なら、自分の力で沙麻代ちゃんをふりむかせてみろ!」(お父ちゃま)
    >「弱虫! どうして助けが来るまで、ここでサバイバルしようって思わないの!? ひ弱で上品なだけの男なんて、さいてーよ!」(志摩子ちゃん)

    ポリコレ棒が吹き荒れる現代人にとっては、スカッとする直球ですね(^^)/
    ベリーグッドです(・∀・)

    『出典と言葉だけ』でもOKですので、
    どんどん放り込んでクリ♪

  • #81

    カレーせんべい (日曜日, 18 4月 2021 20:03)

    >>80
    和ナビィさんの「おぼっちゃまくんを読んでいたリアルタイム」のお話を聞き、胸が熱くなりました。

    当時小学生低学年だった私にとって「おぼっちゃまくん」は、生きることを肯定してくれた漫画であり、元気の源であったのですが、子育て中の和ナビィさんにとっても同じような感覚を得ていた漫画だったと知り、とても感慨深いです。

    そして【おぼっちゃまくん名言集】を、スケールアップしたいと思いました!!
    その新企画、新構想も思いつきました!!

    しかしそれはまだナイショです(笑)
    和ナビィさんを驚かせることができなければ、みんなを楽しませることはできないでしょうからね^^

    「名言集が5つを超え、10になるまで」に実行したいと思います\(^o^)/

  • #80

    和ナビィ (土曜日, 17 4月 2021 23:57)

    >まだ3つでは足りないですね。なにか、名言集に乗せる名言はありませんか?(#78)

    R・a・アール・有ーる!! どこを開いてもちりばめられておりますぶぁい。

     「おぼっちゃまくん名言集」を作ろう、という貴殿のご提案に乗った♪のは、子育て時代の真っ最中に出会った漫画「おぼっちゃまくん」への強い思い入れのためでした。心身ともに人が育っていく・育てていくための深い考えに貫かれているからです。

     おそらく誰にとっても子育ては悩みや迷いの連続で決して喜びに満ちていることばかりではないと思います。まさに「しぎゃびーっ」の日々、他人のせいにできないことも、誰かのおかげが無ければやっていけないことも、自分の情けなさを思い知ることも・・・(私にはたくさんありました;)。

     ギャグいっぱい・滅茶苦茶いっぱい・ぶっ飛んだ表現に大笑いしているうちに、優しさ、知恵&悪知恵;、濃密な愛情、人情、じわーっと伝わってきます。おぼっちゃまくんの“日々のドラマ”を見ているうちに「子育て、気負わなくていいんだ、へけけでいいんだ・・」と何だか許されるような? のびやかな気がしたものでした。涙したこともあります。

     前置きが長くなりました。名言の候補を挙げたいと存じます。
    第一巻からセットで。ポリコレフェミが目くじら立てるかも(^-^)b。今日は出典と言葉だけですが。

    【いいなけつが来たぶぁいの巻】
    「おまえも男なら、自分の力で沙麻代ちゃんをふりむかせてみろ!」(お父ちゃま)

    【お召し列車で里帰りしゅの巻】
    「茶魔! エリートは上品なだけではだめじゃ! この子から野性的なたくましさを学ぶのじゃ!!」(お父ちゃま)
    「いくらおぼっちゃまだからって、上品なだけで弱弱しい男に育っちゃだめよ?」(志摩子ちゃん)
    「弱虫! どうして助けが来るまで、ここでサバイバルしようって思わないの!? ひ弱で上品なだけの男なんて、さいてーよ!」(志摩子ちゃん)

  • #79

    カレーせんべい (土曜日, 17 4月 2021 15:27)

    【おぼっちゃまくん名言集】のネット上の掲載順位は「6.9位」です。
    表示回数は1週間で「223回」でした。

    もっと上位に行きたいですね~~(^^)/

  • #78

    カレーせんべい (土曜日, 17 4月 2021 15:23)

    まだ試作段階ですが、
    【おぼっちゃまくん 名言集】
    のコンテンツを作ってみました。

    https://www.worldofgosen.com/%E8%8C%B6%E9%AD%94%E8%AA%9E%E8%BE%9E%E5%85%B8/%E3%81%8A%E3%81%BC%E3%81%A3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%81%BE%E3%81%8F%E3%82%93%E5%90%8D%E8%A8%80%E9%9B%86/

    まだ3つでは足りないですね。

    なにか、名言集に乗せる名言はありませんか?

  • #77

    和ナビィ (金曜日, 16 4月 2021 21:08)

    >本日は『冷やしカレー』を食べるしかないのかー!?

    カレーは熱いに限る 
    どう料理したってカレーは熱々と決まってる 
    Hot Hot Curry ! Hot Hot Curry ! 放っとかれーないどー
    フレー フレー カレーせ・ん・べ・い 6(^o^)9♪!


    >それでも「自由」というのは、目には見えないモノので、それが制限されていることすら、当人には気づけないということがあるんですよね。(#75)

     そのことはもちろん、さらに怖いのは≪他人様の自由を制限する側に自分が加担している・推進していることに気づかない≫ことではないでしょうか。実例はまさに「今」。

    >【蔓延防止 4県追加 神奈川・千葉・埼玉・愛知 きょう決定】
    対象は10都道府県となった。期間は20日から5月11日まで (4/16・産経新聞1面より)

    ですって!!。日本あげて≪狂気の沙汰≫が今この時に進行中。
     メディアの煽りを真に受け制限を望んだり、この動きに疑問を感じなかったり、本当はどうなんだろうと調べたりすることなく「仕方ない・・」と黙っている、あろうことか同調圧力推進を率先してやっている、----それ自体が「自他の自由を制限する側に加担している」ことなんだよぉぉ。

  • #76

    カレーせんべい (金曜日, 16 4月 2021 12:11)

    緊急事態宣言!

    会社の給食が『カレー』なのですが、ルーの入った鍋を温めるのを忘れていました!

    いつもは一時間前には電気プレートに乗せて温めるのですが、それを忘れていました!

    本日は『冷やしカレー』を食べるしかないのかー!?


≪写真の添付≫

検索ワードランキング(クリック順)

検索ワードランキング(表示順)

ゴー宣秘密基地 初公開(自室)