【現場からの報告】ワクチン接種した高校生が心筋炎.心膜炎の疑いで入院

投稿者:しおちゃんさん

  

 

重点医療機関に区分される公立病院で、診療放射線技師の端くれとして勤務している者です。

 

 

高校生のワクチン2回目摂取後、2日後に胸痛を訴えて心筋炎.心膜炎疑いで入院になるケースが発生しました。

 

また、8月中旬にも、どう見てもワクチンの摂取が原因だろうと思える20歳の重症患者もICUにいます。

 

今の世の中のままだと、若者の搬送が増加して来るのは間違いないですね。

 

本当に恐ろしいし、親の立場からしたら言葉にならないです。

 

当然、こういう内容は院内においてもすぐに広まり、10代の子供を持つスタッフ達は、雑談に於いてですが子供の摂取には否定的な考えを口にしています。

 

やはり目の当たりにすると、危険性の説得力が増しますよね。

 

医療従事者は年内?あたりに3回目の優先摂取の案内が来るんですかねぇ。

 

前回9割5分以上の摂取率が果たして下がるのか?

 

以上ざっくりとした報告でした。

 

(えみりんのコメント)

 

しおちゃんさん。

現場からの報告ありがとうございます!

 

若い人たちがワクチンを接種したことで、入院したり重症になってしまったと聞いて胸が痛いです。

 

実際に状況の変化を目の当たりにしている医療従事者の人たちはとても怖いだろうなと思います。

 

日々運ばれてくる若い人たちを見て、子供のいるスタッフの方が、子供に対するワクチンを否定的になるのは当たり前だと思います。

 

このままだと若者の搬送が増加するのは間違いないとのことですが、もしかしたらコロナの患者よりも

増える可能性がありそうですね。

 

そんな危険なワクチンを医療従事者の方はほぼ強制で打たなければならないと思うとたまらない気持ちになります。


 

 

☆スポンサーの広告☆

↑応援クリック↑

 

おかげさまで

ホームページが維持できています。  

 


コメント: 4
  • #4

    しおちゃん (金曜日, 10 9月 2021 20:39)

    コメントありがとうございます。

    医療業界は治療薬・造影剤等使用の場合・入院の場合など同意書が必要な場面が多いです。
    なので、多くの医療従事者には最終的には本人の意思を尊重するという考えがあると思っています(思いたいです)。

    他の業界のことはよくわかりませんが、ワクチン接種の同調圧力の息苦しさは医療業界以上ではないのかと私は思います。
    変わり者・頑固者などのレッテルを貼られている方も多いはずです。

    窮屈な世の中と戦っている皆さん、今が踏ん張りどころです!

  • #3

    真友 (金曜日, 10 9月 2021 08:11)

    しおちゃんさん初めまして。
    いつも医者はほぼクズとかほざいてる者ですw
    でもだからこそ「ほぼ」に該当しない方は本当に尊敬しているんです。
    この恐ろしいほどの同調圧力に屈する事なく自分の考えを持ち発信できる方々。
    私もささやかなながらしおちゃんさん達の活動を応援したいと思います!

  • #2

    しおちゃん (水曜日, 08 9月 2021 08:58)

    追記です。
    10代の患者は、ペースメーカー植え込みの為、大学病院に転院になりました。 20歳の患者は、脳も損傷しているので予後は絶望的でしょう。

    もちろん原因の100%の真実は分かりませんが、あくまで事実です。

    個人的に思うのですが、コロナ関連病院の医師って殆どがワクチン摂取していると思うのですが、
    本人も摂取している物に対して冷静に因果関係有りと認める事って出来るのですかね…。厚労省への報告書類も手間かかりそうですけど。

    我々コロナ関連病院でワクチン未摂取の圧倒的少数の医療従事者、考えは人それぞれですが、本人達なりに抗っていますよ!



  • #1

    こめ (火曜日, 07 9月 2021 20:41)

    娘の高校でもワクチンが推奨され、9割なぐらい打ちそうな勢いです 圧力に負けそうです。
    受験を控えている親心が、ワクチンを打たす方向に向かっているのでしょう。これで何か被害がでたら、親としても悔やみきれないでしょう。