たけし社長、コロナ論5の解説文で10万字も書いたってマジ卍?【切り抜き】

 

YouTube

小林よしのり切り抜き動画 

 

(4分43秒)

https://youtu.be/mEIa1Fuwi1g

 

≪動画解説文≫ 

 

たけし社長がYouTube番組で、

「コロナ論5の解説文、10万字書きました」と言っていた。

 

10万字は400文字の原稿用紙で250枚分。

それって、単行本1冊分になる!

 

コロナ論の本編よりも、たけし社長の解説文の方が分厚いことになる。

 

アイツ、嘘つきやな!

 

10万字も書けるわけないだろう~~!!


↓(スポンサーリンク)↓



コメント: 9
  • #9

    グッビオのオオカミ (火曜日, 13 12月 2022 22:47)

    いやいや、最初の頃の泉美木蘭先生とのエピソード"自分で調べないたけし社長"らしい大雑把なエピソードで面白いですね(笑)。
    でも、解説文お疲れ様でした。
    ゴー宣史上、初めてじゃないですか?一読者が単行本の解説文を書くというのは。
    快挙ですね。

  • #8

    大阪の一会社員 (火曜日, 13 12月 2022 08:05)

    ちなみに、もし結果的に西浦的デマになってしまった事に対して、お仕置きがあるならば、卍固め、でしょうか。
    やたら「卍」があったものでつい…
    朝から寒くてすみません。

  • #7

    タロー.G (月曜日, 12 12月 2022 21:50)

    10万字なんて、コロナで42万人死ぬと言って経済メタメタにした西浦に比べたら可愛いもんですよ、たけし社長。どんどんジューマンかまして下さい!

  • #6

    大須賀淳 (月曜日, 12 12月 2022 11:36)

    #4
    和ナビィさん

    ありがとうございます!動画も画像も、こんなに楽しい作業をさせていただいてるのがとても有り難いです!

  • #5

    くぁん (月曜日, 12 12月 2022 10:08)

    命名:盛猛
    面白いので全然オッケーです♪

  • #4

    和ナビィ (月曜日, 12 12月 2022 09:36)

    マジ【十卍】という字面もクルクルするような、図らずもビジュアルギャグ?になってシューマイましたね;。「それでいいのだ、そこが!いいのだ、たけし社長♪~。」

    この動画の表紙にも爆笑、大須賀さん素敵☆。動画チャンネルに行った時、表紙でパッと目指す動画が選べちゃいそうです。

    14日の対談がますます楽しみです。

  • #3

    たけし (月曜日, 12 12月 2022 08:25)

    解説文どころか共著も越えて、危うくメインの著者になるところで、、とんだ噓っぱち野郎やろーでゴメンなさい。もう思い残すことはありません(笑)
    じゅーまんかましてよかですか?

  • #2

    あしたのジョージ (月曜日, 12 12月 2022 06:14)

    10万字って、凄いなぁと思っていましたが、よく考えたらもう本じゃん。コロナ論が、文庫本サイズじゃなくなっちゃうじゃん。

  • #1

    sparky (月曜日, 12 12月 2022 00:17)

    100,000÷400=250枚と計算しながらまるで疑問に思わなかった、という己の限界を嚙み締めておりますorz
    でも1万字(25枚)でも凄いわ。