民主主義 VS 権威主義となったウクライナ戦争【切り抜き】

 

YouTube

小林よしのり切り抜き動画 

 

(6分42秒)

https://youtu.be/4FyKfY_Li8g

 

≪動画解説文≫ 

 

大義はあくまでもウクライナの側にあり、

国際社会から見れば、

これは「国際法」を守るための戦いでもある。

 

もしもウクライナが敗れたその時は

「帝国主義の復活」だ!

 

軍事力だけが意味を持つ世界になり、

日本を含め、欧米などの「民主主義国家」は

途方もない害を被ることになるだろう。

 


↓(スポンサーリンク)↓



コメント: 5
  • #5

    sparky (金曜日, 02 12月 2022 22:23)

    権力に関わる人間の数は少ない方が確かに国家は安定するし機動性も高いのだろう。「逆三角形(民主主義国家)は三角形(権威主義国家)には敵わない」のか。日本は民主主義国家を名乗っているだけだとバレてしまった現在地から何処を目指しつつ何処に流されていくのか?

  • #4

    惜春 (木曜日, 01 12月 2022 12:35)

    現実は何時も厳しいですね。

    何事も忍耐が必要。

  • #3

    くぁん (木曜日, 01 12月 2022 11:16)

    篠田氏の言うように、"民主主義"を強固で魅力的なものにするのは、とっ〜ても大変だと思います。身の回りのちっちゃな共同体レベル(イッツ・ア・スモールワールド)でも、やはり人治主義、権威主義的なものの方へ流れた方が楽で、かえって、自分の自由になると思ってる人が多いような気がします。
     小林先生の言うように、いつでも"選択出来る自由"を守る戦いはしなければ!ですね。しんどいけど。

  • #2

    ひとかけら (木曜日, 01 12月 2022 08:32)

    お上に従順な日本人は権威主義的になりやすい。その気質で帝国主義万歳になってしまえば憲法も法律も形骸化し自分の気に入らない人間を排斥しそのためのルール作りをしてしまう可能性があります。そうならないようウクライナを応援し勝ってほしいと思います。

  • #1

    勤務医一筋 (木曜日, 01 12月 2022 00:46)

    ウクライナの完全なる勝利を、願っております。それはそれとして、日本人も近未来に確実に起こる台湾有事について、ちゃんと考えとかないといけないですね。私は老骨ですが、台湾支持で共闘も希望します。