中国が台湾を侵略した時、小林よしのりはどうするか?【切り抜き】

 

YouTube

小林よしのり切り抜き動画 

 

(2分56秒)

https://youtu.be/KR7sKs21QZM

 

≪動画解説文≫ 

 

台湾は取るつもりでしょう、中国は。

 

 

香港だって、突然、一気に取ってしまった。

 

香港人で中国に入りたがらない人は徹底的に取り締まる。

 

国家が牙を剥き出して、国民を統制してしまおうとなったら、やっぱり恐ろしい。

 

 

もし台湾有事が起きた時に、日本に対して「何もするな」とは、わしは言えない。

 

台湾の側につく言論に立たなければならない。

 

台湾有事が起きた時、厳しいことになると思う。

 


↓(スポンサーリンク)↓



コメントをお書きください

コメント: 13
  • #1

    あしたのジョージ (水曜日, 19 10月 2022 12:31)

    習近平は間違いなく台湾を取るつもりなので、その前に日本は何が出来るのか、他人事では済まないので、今を猶予期間としてしっかり日本人みんなで考えていかないといけないと思います、綺麗事でなくて。コロッケロールパンを食べながらそう思いました。

  • #2

    ポコ太郎 (水曜日, 19 10月 2022 12:52)

    紛争に直接参加できるのは正規軍=自衛隊のみが国際法の考え方。
    我々はしっかりと有事に備えて考え、中国包囲網に負けない意志を持つことですね。
    当然メディアの発信が肝になってくると愚考します。

  • #3

    勤務医一筋 (水曜日, 19 10月 2022 14:42)

    台湾有事。日本人として何が出来るのか。
    1: 逃げてきた人たちを各家庭に匿う。
    2: 義勇兵として台湾で中国軍と戦う。
    3: とにかくアメリカに従う。
    4: 「中国出て行け」の全国著名を行う。
    5: 自衛隊に寄付金を送る。
    6: よしりんの言論を重視する。
    7: 静観してしまう。
    あー、もうっ神様もつらいよね、ごめん。

  • #4

    おてんば (水曜日, 19 10月 2022 15:51)

    【提案】日本人は何ができるか
    #3 勤務医一筋 さんのご提案にリアクションしてみました。

    1: 逃げてきた人たちを各家庭に匿う。
    →賛成です。

    2: 義勇兵として台湾で中国軍と戦う。
    →日本の憲法で戦闘は無理なので、台湾人に帰化しないと戦えないのでは?

    3: とにかくアメリカに従う。
    →北方領土がそのままなので、アメリカは何もしなさそうです。

    4: 「中国出て行け」の全国著名を行う。
    →署名は賛成です。

    5: 自衛隊に寄付金を送る。
    →日本が国防費を増やせば良いのでは?日本国民全体の問題です。

    6: よしりんの言論を重視する。
    →ライジングより、現在同じようにロシアと領土問題を抱えているジョージア、モルドバ、ウクライナと共闘する。
    ロシアに領土を放棄させられたフィンランド、ポーランド、バルト三国の領土も取り戻す方向で手を組む。
    さらに、明日は我が身のアジア諸国と手を組んだり(フィリピンとか)、敗戦国で現在も日本と同じように割を食っているドイツ、イタリアに協力してもらうのはどうでしょうか?
    また、西欧諸国もウクライナ戦争で電気ガスの値上げで凍死者が増えそうなので、協力してもらっては?
    ロシアへの経済制裁、被侵略国への経済、武器支援等。

    7: 静観してしまう。→台湾の次に日本がロシア、中国に侵略されたら静観されてしまうので、これだけはできないです。

  • #5

    (水曜日, 19 10月 2022 20:49)

    グローバル企業が牙をむき出して政府を使って国民を統制しようとしているのが
    日本の今の現状ですね
    11歳の子のワクチン死も北方領土の近くでのハイマースロケット弾発射も、コソコソとしか報じれない主体性を持つ行為の禁じられているこの日本で今一番難しい行為。それは反戦です。
    ネトウヨのように勝共連合(自民と統一)の庇護の元で軍産複合体をもうけさせる(戦争)言論をたれながすのはたやすいこと
    でも、それはワクチン死よりもはるかに高い確率の戦争死への道なのです
    反ワクチンにつられて戦死してりゃ元もこもありません
    兵器屋が舌なめずりして日本を戦争に引きずりこもうとしています。
    しかもどうにかして戦争を引き起こした国にしたてあげようとしています
    そういう最悪の展開になると、戦後はめでたく核のゴミ捨て場で一件落着となるのでしょう

  • #6

    グッビオのオオカミ (水曜日, 19 10月 2022 22:36)

    台湾有事と北方領土。何が出来るか?
    まずは今現在のウクライナへの支援を、可能な限りやる事でしょう。
    実体も名目も「侵略への道義的な反対の意思表明」と「国際社会の秩序維持」で構わないし、それで間違いはありません。ロシアを敗北まで追い込む事です。
    で、日本の戦略としては「戦勝国」ではありませんが「ウクライナへの貢献度の高さ」を交渉材料と、国際社会へのアピールポイントにする。
    今すべきはそれでしょう。
    グレンコ氏の著書「NATOの教訓」でのトルコが朝鮮戦争に派兵しNATO加盟の布石にし、安全保障に結びつけた話に近い発想です。
    だから、台湾有事が起きたら、北方領土からロシアが攻めて来たら、その仮定が現実にあり得る以上、今できる事はそれです。
    あと、さっさとコロナ禍を卒業して生産力、経済力を回復する事と、統一協会を解散命令を出して北朝鮮への資金の流れを絶つ事は、当たり前でしょう。必須条件だと思います。

  • #7

    sparky (木曜日, 20 10月 2022 00:23)

    #4おてんば様
    ほぼ同意ですが、6.について、西欧諸国は「凍死が嫌だから」と制裁緩和に舵を切りかねない危うさが感じられ、私は不安でいっぱいです。

    それにしても何故にエネルギーという「國乃大事」をロシアにここまで頼ってしまったのだろうか?「日本よりはまし」なだけで彼等も大概平和ボケだ。

  • #8

    グッビオのオオカミ (木曜日, 20 10月 2022 01:00)

    追伸
    一番肝心な事を書き忘れていました。
    ウクライナ支援と並行して、
    国防は他国が「代わりにやってくれない事」を今回のウクライナ戦争から学ぶように議論を喚起する事。それと、防衛予算を増額し、装備を充実させ、現実に防衛力を付ける努力をする事が今しないといけない事だと思います。

  • #9

    おてんば (木曜日, 20 10月 2022 23:17)

    #7 sparky様
    仰る通り、エネルギーは自国で賄うようにしないといけませんね。

    2019年の映画「クナシリ」より、戦前、国後島では、ロシア人は子どもの頃から日本人と共存し、すぐれた漁業技術や、下水道のインフラ、薪で室内を暖め、光はランプを使う、生活技術を学んだそうです。
    海岸は綺麗に清掃されていて、日本人がいた頃は良かったと懐かしんでいました。
    私の祖母から聞いたところ、国後島には温泉があり、移動は犬ぞりだったそうです。
    また、調べたところ、戦前、国後島に移民したロシア人は、元々ウクライナ出身者が多いそうです。
    であれば、ロシアのプーチンのプロパガンダが無ければ、また仲良く暮らせそうな気がします。
    昨夜の倉持師範のくそすばでも、井上達夫先生が仰ってましたが、ロシアからのエネルギーの輸入をやめて、自国でエネルギーを作り出していけば戦争を避けられるというアイデアに共鳴しました。
    お風呂は昔の日本のように、温泉か、薪で温め皆でワイワイ入浴したり、移動は馬車、犬ぞり、人力車にしたり。電気は、地熱、太陽発電、風力発電を開発したり。
    ゴミ処理場の炎で水道の水をお湯にする等は、スウェーデンが上手くやっていそうなので、学ぶと良いかもしれません。
    今、日本は西欧諸国に昔の日本の生活技術(石炭で暖める炬燵)等を教えたり、カイロや衣類を送ったりして助けてあげれば、西欧諸国とも手を組めるはずです。
    世界中が代替エネルギーを自国で賄い、ロシアへの経済制裁を増強し疲弊させてウクライナ戦争をやめさせ、ついでに北方領土も奪い返し、元ウクライナ系ロシア人と日本人で仲良く暮らせれば良いなと夢想しています。

  • #10

    おてんば (金曜日, 21 10月 2022 11:23)

    ウクライナの難民を助けてお互い様の社会を構築すれば、台湾、日本の危機も防げるのでは?
    戦争になってからでは遅いので、戦争にならない策を考え行動するのが大事だと思います。
    下記は署名のサイトです。西欧諸国の対応がまとめられています。
    ↓↓
    https://chng.it/7M4wr9nQN5

  • #11

    おてんば (金曜日, 21 10月 2022 23:34)

    以下、私の勝手な妄想の提案です。

    ウクライナの難民を、北海道の根室市(国後島や、北方領土から退去させられた日本人が住んでいて、国後島から海を挟んで16㎞の土地)で迎えて、戦前の国後島の日本人のように、ウクライナ人に昆布の収穫や、漁業を教えて、共存共栄します。
    根室市の元北方領土の住民と、ウクライナ人は共にロシアに侵略されて故郷に帰れない者同士、仲良くなれるかもしれません。
    また、お互いにロシアから故郷を取り戻す協力ができ、日本中に当事者意識が巻き起こるきっかけになるかもしれません。
    根室市では現在、国後島からロシアの軍事訓練の大砲の音が聞こえるそうですが、根室市では、ウクライナ難民と楽しく花火大会をして、国後島のロシア人に羨ましがらせるのはどうでしょうか?
    国後島のロシア国民は、ロシア政府のプロパガンダに洗脳されただけで、本当は豊かに暮らしたい人間なのですから。

  • #12

    おてんば (土曜日, 22 10月 2022 12:18)

    妄想の続きです。
    ウクライナ難民と根室市の人達が町興しのために、よさこいソーランのチームを結成する。
    よさこいソーランとは、元々漁師の踊りなので、土地柄としてもピッタリです。
    根室市民とウクライナ難民の合同チームで札幌のよさこいソーラン祭、東京の原宿、千葉県、横浜市と、各地のよさこいソーラン祭りに参加して、北方領土とウクライナの領土を取り戻す希望の踊りと叫びを披露する。
    そして、全国に感動と共感の嵐が巻き起こる。

    こんな感じで台湾の避難民も九州のよさこいソーランのチームと合同で全国に遠征して訴えていくのはどうでしょうか?

    今まで、日本の政治家なんて、役に立ちませんでした。今後は、国民がムーブメントを起こさないと、日本はいつまでもお花畑で、自分さえ良ければ良いという考えのままだと思います。

  • #13

    おてんば (月曜日, 24 10月 2022 00:44)

    【追加提案】日本人は何ができるか
    8. ウクライナ支援グッズをこちらのサイト内のアマゾンで購入する。
    私は、「ウクライナと共に立つ」と英語で記載されているTシャツを購入しました。このTシャツで近所をジョギングし、日本各地のマラソン大会に出場して、啓蒙する予定です。拳を突き上げるデザインでカッコいいので、ブレイクダンスにも合いそうです。
    台湾製の品物、食品も、こちらのサイト内のアマゾンや楽天で購入すると、今から台湾支援ができて良さそうです。

    9. ロシアの製品や、海産物は買わない。
    私の祖父母が国後島から強制退去させられたので、どうせ北方領土とか千島列島、樺太産だろうから、ロシア産の魚だけは、今までも絶対に買いませんでした。日本が北方領土を取り戻したら、国後産の魚を買いたいです。祖母より、国後産の魚はかなり美味しかったと聞きました。
    また、台湾や、日本のために、中国産、韓国産の品物も買わないようにする。
    小さな抵抗かもしれませんが、個人が侵略国や、脅威となりそうな怪しい国の製品の不買運動するのも、効果があるはずです。