説明責任の無い民主主義が、権威主義を生む【切り抜き】

 

YouTubeゴー宣ファンサイト  

 

(5分32秒)

https://youtu.be/fHEeTxR9tVY

 

≪動画解説文≫ 

 

安倍晋三は長期政権を作っただけあって、男系派やネトウヨの人間たちにとってみたら、それこそ天皇のような存在になってしまってる。

 

民主制という観点から言えば、公文書の偽造をやらせたり、あるいは忖度してやったのかもしれないけれども、公文書偽造について、それを国民に明かさないということは説明責任の無い民主主義である。

 

国民は、政策に対してどのような議論があったのかということを知らなければならない。

 

しかし「国民は知らなくていい」と言う人達がいる。 それが安倍シンパだ。

 

「国民はこんなものは知らなくていい」と。

 

しかし、公文書を偽造するということを、国民に対して辛いと、良心が思って、自殺した役人もいる。

 

結局、説明責任を果たさなくていい。公文書偽造してもいい。 それこそが「権威主義」だ。

 

つまり「安倍晋三を守るためなら、民主主義でなくてもいい」と言っている。

 

「説明責任は要らない。」

 

「安倍晋三がこう言えばこうなんだ」

 

全部信じれるのが権威主義だ。

 

 

これが今、行われているのはプーチンであり、ロシアである。

 

最近はロシアの体制を「権威主義体制」と言っている。

 

説明責任を果たさない。

 

マスコミを全部弾圧して、自分の都合のいい情報しか流せないようにしている状態。

 

その中で選挙を行っても、それはプーチンに都合のいい結果しか出てこない。

 

本当に反骨精神のあるジャーナリストは、どんどん毒殺していく。

 

逮捕したり、毒殺したり、自分に反対する人間がいなくなる。

 

それで、自分の都合のいい独裁体制を作り上げる。

 

これが権威主義体制である。

 

 

中国も権威主義体制である。

 

天安門事件のことは、国民はもうずっと知らなくていい。

 

ネットに天安門事件と検索しても絶対出てこない。 ネットも全部操作している。

 

権威主義体制は独裁と同じ。

 

だから最近では「民主主義体制 VS 権威主義体制」という風にこれからの世界はなっていくと言われている。

 

我々は、民主主義の中に慣れているから、これが普通であり、これが国家だと思ってたら大間違い。

 

権威主義の国家というのはいっぱいあって、自由な言論が許されてなくて、その中だけでモノを考えているので、その統治者をみんなが支持している。

 

選挙みたいなものはあるみたいだけど、どういうわけだからもう投票率の中の90%は、そん時の独裁者を支持するという選挙結果が出てしまったりする。

 

そういう権威主義体制の国は、そういう国同士で、まとまってる。

 

だから、国連の中でも「ロシアが侵略したんだからロシアを制裁する」と思ったら、他の権威主義国が制裁に反対っていう風にボロボロ現れてしまう。

 

そうなると侵略を止められない。

 

だから権威主義体制はすごく恐ろしい。


↓(スポンサーリンク)↓



コメント: 15
  • #15

    黒砂糖 (土曜日, 03 9月 2022 12:35)

    安倍氏は国会で議論することをなおざりにしてきた 国会で議論して物事が決まっていくなら別にいい 閣議決定は国会でいろいろ審議してから最後に話し合いをして決まると思っていた 違っていた いい年だけど知らなかった 閣議決定は国会を通さずに閣議で決めていく事だった ジェネリックしか処方できないように安倍さんは閣議決定した 掛かり付けのお医者さんに聞いたら例外はないと言って後発薬しか処方されなくなった 安倍さんがこの世からいなくなって安心した この人は悪いことしかしてこなかっただから因果応報だと思う とてもみみっちいことをするのでそれなら累進課税にして金がある法人に課税しろと思った とても独裁的だったので皇室がなくなったら本当に独裁になると思います

  • #14

    ひなた (金曜日, 02 9月 2022 11:58)

    民主主義において、説明責任ほど重要なものはありませんね。
    説明を求めない、あるいは曖昧な説明で言い逃れをさせ続けている国民に民主主義を語る資格はないと思います。
    こんな国民に主権を持たせること自体、危険なことだと思います。(私もその国民の一人として恥を自覚しながら、無力な自分に絶望していますが、わずかな希望に期待します)

    男系男子固執派・Y染色体カルト信仰者たちにも、説明責任を果たしてもらわなければなりません。
    男系男子固執派「皇統は、男系継承を続けていくことが大原則であり、それが伝統である」
    男系男子固執派「皇統の系図をみれば、男系でつないできたのは明らかである」
    男系男子固執派「女性天皇は歴史上8方10代存在したが、いずれも男系男子への中継ぎ役だった」
    Y染色体カルト信仰者「初代・神武天皇のY染色体を継承していくことが皇室の伝統であり、皇位継承の原則である。女性天皇は、その中継ぎだった」

    男系男子固執派もY染色体カルト信仰者も、ともに「男系男子絶対」としている。
    そして、「女性天皇は、男子に継承するための中継ぎ役だった」としている。

    説明責任を果たしていない点は、「なぜ、男系男子継承が伝統なのか?」ということであり、「男系男子継承でなければならない理由」の説明がないことである。

    皇統譜は、天照大神から始まっています。
    系譜を見れば、明らかに、「男系継承絶対」ではなく、「男女双系継承」。
    「男女双系継承」と言うのも何か違う。
    もともと男女という性別を意識していないのではないか?
    つまり、「天照大神の子孫」が皇位継承の大原則。(時代が下れば、君臣の別が重要になる)

    彼らの主張を、百歩、いや一万歩、いや一歩も譲りたくないが、彼らの主張に基づいて考えても、
    「他にも男系男子の皇族がおられたのに、なぜ女性が中継ぎとして天皇に即位できたのか」が、全く理解できない。
    単なる中継ぎであるならば、他にも男系男子の皇族がおられたのに、女性を中継ぎにする理由は何なのか?(彼らの主張に基づくと、必ず不敬な発言を敢えてしなければならなくなる。困ったものだ。)
    「Y染色体がそれほど重要視される理由はなにか?」
    男系であっても、女性はY染色体を持っていない。
    「Y染色体を持たない女性が中継ぎとしてであっても、天皇という地位に即位できたのはなぜなのか?」

    「伝統」という呪文を使わずに、納得いくような説明を求めます。

  • #13

    よっしぃ (金曜日, 02 9月 2022 11:56)

    日本人は権威が大好き、時代劇ドラマの水戸黄門において「三つ葉葵の印籠」という権威の象徴の前では、誠実に暮らす市井の庶民も悪逆非道を働く悪の権力も、何の区別も無く全てがひれ伏す作品です。

    そして多くの日本人は権力者に悪がある事を認識していますが、逆に権威には正義を期待しており、素直で純粋な国民なのかなと思っています。
    このような番組や天皇陛下の行いなどを通して、幼い頃から権威とは正義だと無意識に思ってしまう国民性が備わってしまったのではないかと考えます。

  • #12

    和ナビィ (金曜日, 02 9月 2022 11:02)

    この切り抜き動画は、北海道にての道場で語られた部分ですが、こうして【説明責任の無い民主主義が、権威主義を生む】と名付けられて短く示されると、どんなに大切な事かその輪郭・意味がくっきりしてきます。

     これが語られた第106回道場に参加していましたが、長時間にわたる中で、このように抽出して記憶に刻むことは困難;、ありがたいです。
     題名をつけて短編で次々に制作発表しておられるカレーさんと大須賀さん、アップされる度に、ますます画期的☆・独自の表現☆と気付かされています。

     #3で、いいまつたかさんが仰るとおり、三浦瑠璃「 統一教会に対して「反日」という言葉を使ってはいけない?」の言い様、また動画表現を網にかけて頻繁にバン&制限を課すYouTubeの動きなど、【表現の自由】を脅かすのはすべて「権威主義」に加担しています。感じ取り・面白がり・磨き・使い・守るべきは【表現】。

  • #11

    グッビオのオオカミ (木曜日, 01 9月 2022 23:18)

    権威主義か…楽ですからね。自分で考えなくていいし。責任も取らなくていい。
    民主主義には、まずは読書でしょう。そして議論でしょう。
    だから、今の日本人の読書な離れは意外と深刻な兆しなのかも知れません。
    思えば"コロナ禍"など権威主義の最たるものですね。「テレビの医者が言ってたから、専門家が言ってたから、有名な番組で言ってたから」いとも簡単に思考停止し、だまされました。
    思考停止は権威主義と共犯関係にありそうです。

  • #10

    パワーホール (木曜日, 01 9月 2022 23:11)

    モーニングショーも権威主義の典型例ですね。玉川の意見にほとんど賛同しているし。

  • #9

    殉教@中立派 (木曜日, 01 9月 2022 22:46)

    民は由らしむべし、知らしむべからず。

    権威によって異論を封殺するのは、右派・左派共通の病弊。
    ただその思考が、国家の中枢まで蝕むと、権威主義国家となり、長期的には国際秩序すらも脅かす。これもまた、危機感を持つべきことだろう(皇統危機も去っていないのに・・・)。

    イラクのフセイン、シンガポール、韓国の朴(親父)政権などは「開発独裁」。つまり、経済発展の為に、一時的に独裁が容認される体制だったと言える。ただ歴史を見ると、レーニン時代のソビエトは(国内の反対勢力や、反対する諸外国が多かったため)権力を強化し、遂に手放さなかった。
     人間が、一度でも握った「権威主義」を自制する事は、出来ないように思う。良識的な国民達で抑止をかけるしかないが、現在の日本では厳しそう。それでも、論破祭りなどの「異論の可視化」は、ひとつの試みとして続けていきたい。

  • #8

    リカオン (木曜日, 01 9月 2022 22:41)

    #1ねこだるまさん
    >途上国が文明化して発展するのに独裁主義の方が効率がよい
    これは中国の発展ぶりを見ると納得です。恐ろしいスピードで日本はとっくに抜かれ、アメリカも抜いてしまったかも。しかも倫理観がない(?)ので欧米ではタブーとされている科学技術(人間の遺伝子をいじるなど)もどんどん進めて発展していく。そら恐ろしいものを感じます。


    安倍元首相は、天皇にコンプレックスを感じているように見えた。
    昭和天皇については尊敬しているようであった。
    しかし上皇様が膝をついて被災者のお話をしているのを真似して、少し馬鹿にしているように見えた。ダンケー村ではリベラルを敵視しているようだが上皇様をリベラルとみなしていたのだろうか。
    今上天皇については即位の時に嫉妬しているように見えた。

    いずれも天皇が持つ権威に対するコンプレックスだったのだろうか。

  • #7

    やなちゃん (木曜日, 01 9月 2022 22:35)

    権威主義、現状にバチっとあう言葉ですね。難しい事は自分が考えるより強いものに倣う方が簡単だし正しいだろうし、日本人の気質とマッチしてしまうのだろうと思いました。でも、まさか安部さんのいい加減で自分良ければな行動言動を支持する人がこんなに多数になるとは思わなかったです。
    せめて自分は拙い頭でも自分で考える事を諦めないでいたいです。民主主義の可能性を信じていたいので、よしりんの民主主義の本を読み返そうと思います。最近過去の作品に遡ってばかりです。脱原発、改めて読んだら当時の危機感を思いだし、すっかり平和ボケに戻った自分を悔いました。進化するって難しいです。

  • #6

    だい (木曜日, 01 9月 2022 22:29)

    日本は今も昔も独裁者がいなくても全体主義になる国。
    それは国民の中に権威主義者が元々多いから。
    外国では独裁者が必死こいて自由を抑圧して権威主義体制を作るのに、
    日本はただメディアが煽る空気だけでいとも簡単に権威主義体制が出来上がる。
    よっぽど危ない国なんじゃないかって思えるわ、日本って。

  • #5

    大阪の一会社員 (木曜日, 01 9月 2022 21:53)

    説明責任のない民主主義が権威主義を生む。
    現在の日本におけるコロナ騒ぎが全く同じ状況ですね。
    専門家達、政治家、官僚、マスコミは不安を煽り、データ等の論理的な説明はせず、政府がね言ってるから、専門家が言ってるから、NHKが言ってるから、大新聞が言ってるから、と大多数の国民は思考停止。
    日本人は権威主義といった相性が良いのですかね。
    私は、絶対に嫌ですけど。

  • #4

    さらうどん (木曜日, 01 9月 2022 20:35)

    権威主義体制を突き詰めてしまえば、中国になり、ロシアになるということですね。

  • #3

    いいまつたか (木曜日, 01 9月 2022 20:24)

    子の切り抜き動画シリーズも本当にすばらしいですね。

    今回の内容もまさに三浦瑠麗氏の「 統一教会に対して「反日」という言葉を使ってはいけない?」
    の背景をズバリ解説する内容になっており、さすがよしりん先生と思いました。

  • #2

    ネモ (木曜日, 01 9月 2022 20:20)

    なるほど。権威主義国家。今の日本ですね。村上龍の本も面白そうです。参考になります。ありがとうございます。

  • #1

    ねこだるま (木曜日, 01 9月 2022 19:43)

    世界では権威主義国家の方が既に多くなっている、ってことに脅威を感じますね。

    あと村上龍の「愛と幻想のファシズム」に書いてありましたが、権威主義=独裁主義ってのは物事の決定が最小コストで済むんですよね。「税金が最も有効に使われる」ってな表現も作中でありました。

    民主主義ってのは議論することが前提ですが、「日本人に議論はできるのか?」なんて根本的な疑問も出てます。

    途上国が文明化して発展するのに独裁主義の方が効率がよい、なんて意見もありました。

    世界が 権威主義 vs 民主主義 という構図になったとき、民主主義国家が対抗できるのか?
    心配です。