【暴露】小林よしのりはゴーマニストにあらず?【切り抜き】

 

YouTubeゴー宣ファンサイト  

 

(9分00秒)

https://youtu.be/EdDW539UWv4

 

≪動画解説文≫ 

 

小林よしのりは、本当にゴーマニストなのか?

 

我々は30年もの間、騙され続けていたのではないか!?

 

「ゴーマニスト詐欺」の一部始終を暴露!!

 

すべて実話である。

 


↓(スポンサーリンク)↓



コメント: 6
  • #6

    グッビオのオオカミ (水曜日, 31 8月 2022 23:33)

    小林先生、経営者だし、作品を読んでても「サービス精神」を感じます。
    気遣いが出来るから、女性にもてる…じゃなくて、ゴー宣が書ける。

  • #5

    パワーホール (水曜日, 31 8月 2022 23:13)

    小林先生の懐の深さを再確認できた。コロナ論でも人々の生活に寄り添う姿勢を見せていた。蓄群という表現を使えど国民をマスクとワクチンから助けたいというのが先生の本音だろう。
    それと、オープニングがインパクトあり過ぎ。

  • #4

    殉教@中立派 (水曜日, 31 8月 2022 22:15)

    気遣いの精神で「時・処・位」の行動に繋げる。
    「時・処・位」の意味が、まだあやふやな所は(自分の中に)あるけど。それでも、先生が背中で教えてくれているなら、今までの事(作品)を思い出しつつ、自力で探し当てよう。

     先生自身の金銭感覚が「ホテルで数十万払い、上級ルームに変更する」「ファッションに糸目をつけない」などのエピソードはあれど、たけし社長の金銭を心配した箇所が印象的だった。その理由は「運動に傾倒して破産・離婚した人」の実例を知っていたから。
    「現場を見ているワシに、知ったかぶりは通用しない!」(SPA!再録の集金奴隷より)

  • #3

    だい (水曜日, 31 8月 2022 19:31)

    「ゴーマンかましてよかですか?」って言うセリフがすでに気遣い。
    謙虚な気持ちが心にないと出ないセリフ。
    ゴーマンじゃない人が、あえてゴーマンな役を引き受けて偽物の権威をやっつける。
    ゴーマニズム宣言とは、そもそもそういう物語だし、
    そういうのが描ける人に、気遣いできる優しい心がない筈がない。

  • #2

    大阪の一会社員 (水曜日, 31 8月 2022 08:02)

    本当の気遣いができる方だからこそ、コロナ論の様な視点で作品が作れるのだと思います。
    コロナ騒ぎでその人間の本質が炙り出されたと思っております。

  • #1

    ねこだるま (水曜日, 31 8月 2022 05:31)

    カレーせんべいさんと奥さんの仲のことを心配して、大阪でやることにしたって辺りでカレーせんべいさん突っ伏してるのが印象的ですね。