コロナ軽症でも重症病床逼迫の事態

 

投稿者:いいまつたかさん

 

 

読売新聞オンライン記事より こんな対応してれば、そりゃコロナ病床はすぐ埋まるわけです。

 

脳卒中で搬送の男性、感染判明「これで満床です」…コロナ軽症でも重症病床逼迫の事態

https://www.yomiuri.co.jp/national/20220802-OYT1T50282/

 

医療機関の皆様、確かに対応にご苦労されている方多いかと思いますが、記事の様な対応に疑問を感じないのでしょうか?

 

記事の様な対応していたら、脳卒中等重篤な症例の場合も一旦コロナ病床に移す間、治療にタイムラグが生じること推察され、結果死亡となり、さらにコロナ死亡者にカウントされるようであれば、本当に本末転倒ですよね。

 

一刻も早くコロナ類型のみなし実施の上、適正な医療体制構築されること、願うばかりです。

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)  

 

まさにこれが「コロナ人災」です!

 

重症化には至らないコロナを理由に、本来治療を受けるべき病気の治療が受けられない。

 

 

それで死亡したら「コロナ死にカウント」になるのなら、それは悪魔のマッチポンプです。


↓(スポンサーリンク)↓


 

ホームページの運営資金  

 

以下のバナーからアクセスして頂ければ、どんな商品を買ったとしても平均3%が当サイトに入金されています。

      ↓↓↓


コメント: 2
  • #2

    パワーホール (金曜日, 05 8月 2022 12:29)

    必要以上に死者を増やすな。いちいち検査してる場合か!

  • #1

    ポコ太郎 (金曜日, 05 8月 2022 11:49)

    5月に脳梗塞発症で緊急搬送されました。救急車内では「ワクチンは打ちましたか?」「現在
    新型コロナ感染症の発症はないですか?」などの質問を受けました。
    すべて口頭での質疑応答だったために普通にMRIやCTを受検させていただきましたが、
    これでPCRや抗原検査を受けさせられて陽性になって、脳梗塞の治療が遅れることになっていたら・・・
    と思うと、悪魔のマッチポンプの入側の弁でギリギリ止まりましたが、恐ろしいですね~。