病院が虚偽のワクチン接種記録を提出

 

投稿者:まりーもさん

  

今朝(7/29)の中日新聞朝刊にとんでもない記事が掲載されました。

 

【独自】愛知の病院が虚偽の接種記録 未接種看護師の名を無断使用(伊藤隆平記者)

https://www.chunichi.co.jp/article/516781?rct=national(全文は会員登録必要)

 

 

 

虚偽の報告で、接種費用を騙し取っていたと捉えられてもおかしくないでしょうし、ワクチンの接種率の統計が狂ってしまう可能性があります。

 

 

国は(黙殺するかもしれないが)全国的に調査しなければならないと思います!

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント) 

 

あ、そうですね・・・・。

 

確かに病院サイドが虚偽報告という悪いことをしているわけですが、私はちょっとフォローしてあげたいです。

 

 

まず、これがどうして発覚したのかというと「接種していないのに、自宅に3回目の接種券が届いたため、常滑市に問いあわせたところ、虚偽の接種記録が提出されていたことがわかった」とのこと。

 

つまり「絶対にバレること」をやっているわけですね。

 

次に「どうしてこんなことをしたのか?」というと、接種が始まった当時、ワクチンは貴重で廃棄したことでバッシングを受けると思い、院長の指示のもと虚偽の接種記録を作成しました。信用を失墜する行為であり申し訳ありませんでした」とのこと。

 

 

・・・確かに「ワクチン破棄による社会的制裁」を恐れた病院の気持ちは、私は分からなくもないです。

 

もちろん虚偽報告をしたことは間違っているし、「悪」だけど、それでも、やっぱり世間が怖かったんでしょうね・・・。

 

 

私ひとりくらいは同情してあげようと思います。

 


↓(スポンサーリンク)↓


 

ホームページの運営資金  

 

以下のバナーからアクセスして頂ければ、どんな商品を買ったとしても平均3%が当サイトに入金されています。

      ↓↓↓


コメント: 4
  • #4

    よっしぃ (日曜日, 31 7月 2022 11:27)

    詐欺的な行為と言われたら確かにそうだけど、実は誰も損してない感じがするのです。
    自治体は接種率が上がって政府から評価も上がり、ワクチンを打ちたくない人は打たずに済み、病院はお金が貰える。
    接種された人によっては命を奪うワンショットな訳ですし、ワクチンを打ちたい人はいるけどモノが足りないというなら話は別ですがワクチンは廃棄するほど余ってるし、ここに登場する誰もが得する、ある意味で良い嘘かもしれません。

  • #3

    リアル雪男 (土曜日, 30 7月 2022 20:24)

    未接種の看護師の方に無理やりワクチン接種させるわけでもなく、文面だけではよくわかりませんが、おそらくクビにもされていないようなので、確かに悪いことはやったけれども、この院長は「善人」だったのでしょうね。

  • #2

    トマト (土曜日, 30 7月 2022 17:46)

    カレーせんべいさんの視点、なるほどー、です。
    2回分の接種費用、計4,554円を手にする為だけにはリスクが高すぎる行為だと思うので。
    昨年の4月と5月なら、確かにワクチン破棄による社会的制裁を恐れて事なのでしょうね。
    それでも、予診票を自著を含めて偽造してしまうなんて、ちょっと驚きですが。患者さんや地域での信頼を一気に失ってしまいますね。

    病院側もその時には、接種記録が3回目の接種券を送付する際の基データになるとは思わず、そもそもこのワクチンが3回目4回目と続くとは思っていなかったんだろうな。

  • #1

    パワーホール (土曜日, 30 7月 2022 13:06)

    ワクチン接種推進の犠牲者と言ってもいい。