ご挨拶 『世界のゴー宣ファンサイト』の皆様方へ

 

投稿者:たけし社長

  

昨日の「オドレら正気か」出演を終わり、私の取り組みも完全に終りました。

 

皆様、これまで温かいご支援や励ましのお言葉、本当に有難うございました。

 

最後に、昨日の私の拙い説明で十分に伝え切れなかった「意見広告運動の効果」について、これだけはどうしても伝えておきたいので、少しだけお話させてください。

 

◆◆◆

 

残念ながら、意見広告の掲載は未成年者(12~19歳)の接種に間に合わなかったため、接種率(76%)をまったく引き下げられませんでした。

 

もっと早く掲載できていればという思いは尽きませんが、意見広告掲載後の2022年3月から始まった未成年者(5~11歳)の接種率は、まだ18%程度でした。(2022年7月17日時点)

 

 

 未成年接種の「8:2」の割合が逆転した最大の理由は明らかでした。

 

それは、マスコミの報道が、「接種推進」から「両論併記」に徐々に軌道修正されていったからです。

 

それまでほとんど報じられなかった「接種後の死亡や健康被害」が報じられるようになり、「高齢者を守るために」が「リスクとベネフィットについて家族で話し合って」に変わり、コロナ感染によって「子どもも重症化して死に至る」が「子どもが重症化するケースは少ない」に変わっていきました。

 

 

そして、この変化をもたらしたのが、意見広告の掲載後に皆様が新聞社に届けられた、おびただしいほどのメッセージだったと私は確信しています。

 

なぜなら新聞記事のデータベースを調べると、12月から「両論併記」が少しずつ始まり、年明け1~2月は「両論併記」の報道が主流になっているからです。

 

この時期は意見広告を初掲載して全国紙に掲載するまでの期間と見事に一致しています。

 

複数の新聞社の話によると、意見広告が掲載されると、その内容に賛同する意見や、報道の偏りを指摘する意見が新聞社に数百件届き、全国紙の場合はそれが千件を超えたと言います。

 

メッセージの数やおおよその内容は、ほとんどの新聞社で翌日には全社員が共有します。

 

元々、新聞社内にも未成年接種に疑問を抱いていた記者は一定数いて、その記者たちや編集部の報道方針に、メッセージが影響を及ぼしたケースは少なくなかったと言います。

 

さらに新聞社の売り上げの約6割が購読料であり、「広告主受け」よりも「読者受け」を優先せざるを得ない事情なども考慮すれば、新聞社が偏った報道を「両論併記」に徐々に軌道修正していったことは、ごくごく自然の結果であったと言えます。

 

これに対しテレビ局は、売り上げの大半が製薬会社などの「広告主」からもたらされるため、本当は「接種推進」の報道を続けたかったはずです。

 

しかしテレビは、取材人員が新聞社に遠く及ばないため、系列の新聞報道を元に報じることが大半です。

 

そのため新聞社が「両論併記」を始めたら、それに歩調を合わせざるを得ない一面があります。

 

このように考えると、皆様お一人お一人が新聞社に送ったメッセージの集積が新聞報道を変え、それがテレビやネットにも波及し、最後は子どもを持つ親たちの意識を変えてしまった可能性は大きいと思います。

 

この可能性をいち早く見出し、多くの人たちに新聞社に意見を届けることを呼び掛け続けたのが、『ゴー宣』のファンが集い、会話や議論を交わす場である『世界のゴー宣ファンサイト』でした。

 

名前も知らなければ一度も顔を合わせたことがない個々人が、「ゴー宣」という共通認識を信頼のベースとして互いを鼓舞し励まし合いながら、新聞社に意見を送り続けました。

 

その一人一人の行動の集積は、「子どもの接種率を大幅に引き下げる」という目的を見事に果たしたと思います。

 

この運動の最大の特徴は、子を持つ親や祖父母に訴える(足し算)と同時に、巨大な情報発信力を持つ「マスコミ」にも直接訴求した点(掛け算)であり、その遂行のために3億5千万円もの潤沢な資金が使えたことである。

 

『ゴー宣』の一読者である私が意見広告を新聞に掲載するという「取り組み」を始め、また、皆様お一人お一人が新聞社にメッセージを届けるという「運動」に参加し、意見広告の効果は飛躍的に高められました。

 

周りの誰にも知られず「ステイホーム」のまま、とてつもなくスマートに行なわれた運動でしたが、皆様の熱い志と行動は、きっと多くの子ども達の命と健康を守ったと思います。

 

 

私は全ての取り組みを終了し、今後、本業に一点集中させていただきます。

 

皆様、これまで長い間、温かいご支援、本当にありがとうございました。

 

令和4年7月24日 堤 猛

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)  

 

昨日の生放送で、私が強調したのは意見広告運動を始める前は「全体主義」だったということ。

 

その例として、「中日ドラゴンズの木下雄介投手がワクチン接種後に死亡したこと」と「2021年8月・9月時点におけるNHK報道姿勢」を挙げました。

 

コロナ全体主義は、政府・専門家・製薬会社・新聞・テレビがスクラムを組んで形成したものです。

 

その内、我々の意見広告運動が「新聞」に風穴をあけたことはまぎれもない事実です!

 

これは日本の歴史上前例の無い運動なのです。

 

しかもそれを「個人の連帯」で実現しました。

 

この意見広告運動は、ゴー宣を読んで影響を受けた「たけし社長」が、たった一人で切り拓きました。

 

 

私は、たけしさんのことを誇りに思う!

 

たけしさんと一緒に戦えたことを誇りに思う!

 

 

さぁ、日常に帰ろうか。

 

やり残したことなど無いぜ。

 

 


↓(スポンサーリンク)↓


 

ホームページの運営資金  

 

以下のバナーからアクセスして頂ければ、どんな商品を買ったとしても平均3%が当サイトに入金されています。

      ↓↓↓


コメント: 75
  • #75

    見守り役 (水曜日, 03 8月 2022 17:28)

    お二人とも純粋にカッコいいです!

    小林先生・著
    脱!正義論 薬害エイズ運動での教訓を胸に 
    見事、個の連帯を、体現してくださいました。
     
    ありがとうございました。

  • #74

    かわじ (水曜日, 27 7月 2022 14:48)

    僕が今回ホントに感謝してるひとつに
    「クソの役にも立ちやしない保身だけの大衆迎合ニヒリズム台頭に、自身が屈さずにおられた」ことです。

    これは間違いなくたけしさん&呼応したカレーせんべいさんや、他の皆様がいてくれたおかげです。
    貴方がたの行動に心打たれたからでございます。
    たぶん同じ社長でも、前澤友作や孫正義では決して取れなかったであろう行動だと僕は思ってます。
    (ファンの方いたらゴメンナサイ)

    「人を動かす人間がどうあるべきか」
    良き見本を見せて頂き、本当にありがとうございましたッッッm(__)m
    このいただいた灯(ともしび)は、己の日常にぶち込んでいきたいですね(笑)

  • #73

    たけし (水曜日, 27 7月 2022 09:35)

    『ゴー宣ファンサイト』の皆様、カレーせんべいさん、小林先生、泉美先生、井上先生、本当にお世話になりましたーー!胸いっぱいです。感謝感謝。

  • #72

    いよかん (水曜日, 27 7月 2022 08:07)

    たけし社長、カレーせんべいさん、本当にお疲れ様でした。
    私自身は活動の後半の方で新聞社に感想を送ったくらいしか貢献できませんでしたが、微力ながら力になれたのなら幸いです。

    メディアは相変わらず感染者数の増加を強調していますが、接種一辺倒だったかつての空気に比べると大分冷静さが感じられるようになってきたと思います。
    意見広告運動の成果、改めて感じています。

    本当に、ありがとうございました。

  • #71

    リトル (火曜日, 26 7月 2022 23:22)

    たけし社長、カレーせんべいさん、そしてこの運動に参加した全ての方々に、ただただ感謝です。
    おかげで私自身、絶望せずに家族だけは守ろうと腹を決めることが出来ました。

  • #70

    はじめ (火曜日, 26 7月 2022 20:25)

    たけし社長はじめ事務局の皆様
    カレーせんべい様
    助言をくださった新聞社勤務の方
    本当にありがとうございます。
    "個人で"切り込む力を知り、訓練して実践できたことは人生の財産です。
    自分の思考と言葉と行動はこれからもずっと鍛え続けます。

  • #69

    きたこう (火曜日, 26 7月 2022 16:41)

    たけし社長、カレーせんべいさん、またこの運動に関わった方々、本当にお疲れさまでした。感染者が増えている現在、自分が住む田舎ではまだまだ同調圧力が強く、三ヶ月注意されなかったのに昨日、イオンの店員にマスクつけるように注意を受けました。渡されたマスクは受け取りませんでした。まだまだコロナばか騒ぎは終わる気配がないなと辟易としますが、ワクチンに関してはもう、接種率は上がらないだろうと思います。これは意見広告運動の成果と言って間違いないと思います。たけし社長やカレーせんべいさんのような人がいてよかったと思うと同時に改めて小林よしのり先生の偉大さを痛感しました。

  • #68

    高橋克知 (火曜日, 26 7月 2022 14:28)

    お疲れ様でした。ありがとうございます。いつかたけし社長のような事業主になります。

  • #67

    小夜侘助 (火曜日, 26 7月 2022 12:15)

    たけし社長様

    長い間、先頭に立って必勝の作戦を授けてくださり、誠にありがとうございました。

    たけし社長はいつも明るくて、その存在にとても慰められていました。こんな日本人いたんだなと

    貴社の益々のご発展を心よりお祈りいたします

  • #66

    いっちー (火曜日, 26 7月 2022 10:05)

    たけし社長お疲れ様でした
    この運動に少しでも関わることができてよかったです

    私は引き続き、息子と娘が同調圧力に屈して接種しないように頑張ります
    嫌われるけどね
    悲しいけどね

    ありがとうございました

  • #65

    こめ (火曜日, 26 7月 2022 07:37)

    たけし社長、お疲れさまでした ロックでした!

  • #64

    近藤 (火曜日, 26 7月 2022 05:08)

    意見広告運動は、ある意味、
    エンターテインメントでした。

    結構、懐には厳しかったけどw
    いまだカミさんには内緒にしてる。

    子供が理解できるまであと何年かな。
    それまで生きてみるか。

    この、マスクカルト国家、
    世界一クズな民族の行末を見ながら。

  • #63

    戦争論からのファン (火曜日, 26 7月 2022 00:58)

    たけし社長、本当にお疲れ様でした、ありがとうございました。
    本業へ一点集中、日常へ帰る。
    ヒーローが悪を成敗して帰るみたいで、かっこいいです。

    皆さまもお疲れ様でした。

    カレーせんべいさん、
    これからもよろしくお願いします。

  • #62

    ライカ (火曜日, 26 7月 2022 00:40)

    たけし社長、長い間大変お疲れ様でした。たけし社長が憧れていた強く優しい人になりたいと仰っていた夢を意見広告運動を通じて実現されたんだなと思っています。

    意見広告運動は子どものワクチン接種率を少しでも下げることを目的に始まり、その目的は数字に表れる形で達成されました。3月初めの「3・5・2作戦」とか懐かしいですよね。

    ゴー宣ファンのたけし社長が始めて、同じくゴー宣ファンのカレーせんべいさんが協力を呼び掛けて、それに賛同したたくさんの個人が連帯した運動で、そのどれが欠けてもこれだけの規模で影響力を行使することはできなかったと思います。運動に関わった全ての皆さま、改めてお疲れさまでした。脱正義論の向こう側の景色を見せてくれて本当にありがとうございました!

  • #61

    タイ象 (火曜日, 26 7月 2022 00:07)

    たけし社長さま、カレーせんべいさま
    お疲れ様でした。そして、ありがとうございます。
    このような「考えるて行動する機会」を与えてくださったことに
    感謝いたします。
    本当にありがとうございます。

  • #60

    さとがえる (月曜日, 25 7月 2022 23:23)

    たけし社長、カレーせんべい様本当にお疲れさまでした。
    自分はこっそり周りに説明しつ新聞社に感想をお送りしておりました。
    11歳未満のワクチン接種にむけた新聞等の論調が変わったのは事実だと思います。
    日常に戻りつつ、今回で学んだ新聞社への意見投稿は続けて参ります。
    失礼いたします。

  • #59

    urikani (月曜日, 25 7月 2022 22:54)

    たけし社長、お疲れ様でした!
    ありがとうございました!

  • #58

    ぺんぎん! (月曜日, 25 7月 2022 22:32)

    たけし社長さん、
    そしてカレーせんべいさんも本当にお疲れ様でした。
    出資された方々、
    ポスティングされた方、
    シンポジウム?などを開催された方々には遠く及びませんが、
    自分なりに、
    身近な学校、職場、子どもの習い事、知り合いなどに、意見広告を渡して、
    それなりに議論を交わすことが出来たかな?と思います。
    ステイホームしながら、誰にも知られず、進めた運動、その通りだと思います。
    中には、頑なに「マスクは必要だと思う。」と言い張る人もいて、
    「どんだけマスク好きやねん〜〜」と思いながら、
    自分なりに意見を述べて、でも消耗させられたりしましたが、
    多くは、内心、マスク圧、ワクチン圧はおかしい、裏に何かある、と感じていた人の方が多いことも分かりました。
    これもたけし社長が意見広告を出して頂いて、初めて分かったことなので、感謝してます。
    正しく風穴を開けられた、と思います。
    まだまだ商業施設など、屋内では、マスク率粗100%ですが、
    ワクチンについては、1回目から、接種してない、と言うと、ビックリされる事が多いけど、「接種後、死亡者が1700人超えのワクチンなんか、怖くて、よう打たへん!」と言うと、大体、(頑ななマスク、ラブの人でも)
    バツ悪そうに押し黙る、最近を思うと、ワクチンの害は、もう周知の事なんだな、と感じます。
    たけし社長さんのお陰だと思います!
    12歳以下の接種が大幅に下がったのも。
    自分の生活範囲では、ワクチン圧より、マスク圧の方が、今はスゴいと感じていて、
    此処はもう、自分の現場で、意見広告や、コロナ論や、意見広告の感想文を送って鍛えられた?自分の言葉で戦っていくしかない、
    と感じています!
    静かな運動でしたが、
    熱い運動でした!
    長くなりましたが、たけし社長さん、本当にありがとうございました!
    〝お疲れ様でした⤴︎〟

  • #57

    のんくん (月曜日, 25 7月 2022 22:22)

    ゴー宣フアンを「ゴー宣信者」などと揶揄する人も多いですが、今回の意見広告運動は小林先生の呼びかけではなく、ゴー宣ファンであるたけし社長やカレーせんべいさんが中心となり、多くのゴー宣フアンやこの趣旨に賛同してくれた方々がマスコミを動かし、子供の接種率を大幅に引き下げた運動でした。その結果マスコミの論調も少しずつ変わり、前のようなワクチンファシズムを緩ませる結果になった事はゴー宣フアンとして誇りに思ってます。
    このサイトでも多くの方々がコロナやワクチンの情報をあげて下さったのも非常に参考になりましたし、皆様のコメントも考えさせられたことも多く勉強になりました。
    やはりゴー宣フアンは只者ではない!
    たけし社長 カレーせんべいさん他 多くのゴー宣フアンの方々感謝です!

  • #56

    チャチャ (月曜日, 25 7月 2022 22:12)

    たけし社長、カレーさん、本当にお疲れ様でした!
    そして感謝の気持ちでいっぱいです!
    令和のスマートな戦い方をまじまじと見せていただきました!
    ゴー宣を読んでたお陰で、お二人やこのサイトの皆さんと出会えたことに、非常に喜びを感じます。

  • #55

    さらうどん (月曜日, 25 7月 2022 21:33)

    たけし社長、本当にお疲れ様でした。
    意見広告に出資された篤志家の皆様も、本当にお疲れ様でした。
    カレーせんべいさんも本当にお疲れ様でした。

    メディアでは依然、コロナ騒動を長引かせたがっている、
    あるいは「ウイルスのせい」「人々の気の緩みのせい」に責任転嫁したがっている人達は後を絶ちませんが、
    それでも一頃の狂騒に比べれば勢いはダウンしていますし、
    これはおかしいと、今まで「胸に秘めてしまっていた」ものを恐る恐る表に出し始めた人も少しずつですが増えてきました。
    意見広告の力は間違いなく波及していた、今も波及していると思っています。
    何よりも子供達の新コロワクチンの接種率を大きく引き下げることが出来ました。

    私は、新聞社に拙い文で感想を送るくらいしか出来ませんでしたが、
    この活動に尽力されてきた方々に改めて敬意を表します。

  • #54

    LaLa・ito (月曜日, 25 7月 2022 21:08)

    たけし社長、本当にお疲れ様でした。
    意見広告運動で、「子どもの接種率を大幅に引き下げる」という目的が達成されたと、本HPでお伝え頂き有難うございます。微力ながら役立てたかなと、ほっとしています。カレーせんべいさんにも感謝です!カレーさんのHPを見ない日は、ほとんどなかったように思います。

  • #53

    AKIRA (月曜日, 25 7月 2022 20:19)

    たけし社長、お疲れ様でした。
    そして、ありがとうございました。
    たけし社長の最初の一歩がなければ、歯がゆい思いを抱えたまま、ワクチン騒動を
    やり過ごしていただけかもしれません。
    しかし新聞社に感想文を送ることで、論調を変えられるかもしれないと知った時から、
    これなら出来ると、意見広告運動への参加を決意しました。
    それが「個の連帯」の一部になれたのなら、長年のゴー宣読者として、ゴー宣魂に
    すこし恩返しできたのかなと思っています。
    繰り返しますが、最初の一歩は本当にすごいと思います。
    それではお体に気を付けて、頑張ってください。


  • #52

    れい (月曜日, 25 7月 2022 20:14)

    たけし社長、本当にお疲れ様でした。

    私がこの活動を知ったのは今年の春頃でした。すでにたくさんの方が賛同し協力し合い出しているのを見て、私も少しでも何かやりたいと思い意見広告の感想を新聞社へ送りました。
    私がしたことは小さなことだったと思いますが、皆さんと共に行動を起こせたことを誇りに思います。

    皆さんのいろんな考えをここで読み、励まされ、周りの人達に行動を起こすこともできました。もちろん今でもです。

    元気玉、私もたくさんもらいました(笑)
    ありがとうございました!

  • #51

    tanapom (月曜日, 25 7月 2022 19:14)

    新聞社にメッセージを送るなど初めての経験でした。
    微力ながらお役に立てたのならば、幸いでした。
    たけし社長、カレーせんべいさん、そして皆さん、お疲れさまでした。

  • #50

    ねこだるま (月曜日, 25 7月 2022 18:35)

    たけし社長、
    お疲れ様でした。
    本当にありがとうございました。

    カレーせんべいさんのセリフですが、

    >私は、たけしさんのことを誇りに思う!

    >たけしさんと一緒に戦えたことを誇りに思う!

    これにつきます。
    本当にありがとうございました。

  • #49

    まいこ (月曜日, 25 7月 2022 17:43)

    たけしさん、意見広告活動お疲れ様でした。三度の掲載をしていただく度に、当地の新聞の論調が変わってゆく様子を感じており「元々、新聞社内にも未成年接種に疑問を抱いていた記者は一定数いて、その記者たちや編集部の報道方針に、メッセージが影響を及ぼしたケースは少なくなかったと言います。」とのお話、明かしてくださって嬉しかったです。40歳代以下の3回目の接種率が2回目よりも大幅に下がっているというデータをみても、新聞の論調が変り、新聞に拠って立つTVの報道に影響を与えたことによって、小さなお子さんのみならず、その親御さん世代が守られたという場合も多いのではないでしょうか。読者の命を守る記事を載せるという新聞の意義を、意見広告は蘇らせてくれたのではないかと思います。一つの一つのアクションが全方位に良き影響を与え合い見事な円環を成してゆく、心熱くなる映画のような展開を見せて下さってありがとうございました。https://www.kantei.go.jp/jp/content/kenbetsu_nenreikaikyubetsu-booster_data.pdf

  • #48

    madoka (月曜日, 25 7月 2022 17:35)

    たけし社長、お疲れ様でした!ありがとうございました!

  • #47

    タロー.G (月曜日, 25 7月 2022 16:28)

    たけし社長
    本当にお疲れ様でした。相変わらずコロナ世間は感染者最多!黙食しろ!マスクしろ!PCRしろ!病院来るな!と騒がしいですが、これからもノーマスク、ノーワクチンで頑張ろうと思います。福岡のゴー宣道場に参加できれば、お会いしたいです。八女茶もこれからも購入させていただきます。
    ありがとうございました。

  • #46

    サトル (月曜日, 25 7月 2022 15:27)

    たけし社長

    お疲れ様でした!

    微力ながら、少しでも役に立ったのなら、本望にございます。

  • #45

    稲垣 (月曜日, 25 7月 2022 15:10)

    たけし社長

    義に基づく実行力、そして堂々たる結果、圧巻でした。カレーせんべいさんとたけし社長は、小林よしのりイズムの結晶だと思います。

    お二人の覚悟と行動力に勇気を貰い、私も正々堂々と確信を持ってノーワクチンノーマスクロードを歩んで行く事が出来ました。本当に感謝しています。ありがとうございました。

    そして何より、たけし社長の去り際の鮮やかさに感動しました。これからもド真ん中を突き進んで下さい。

  • #44

    たけし (月曜日, 25 7月 2022 13:29)

    同感です。僕も元気玉のイメージでした。「オラにお金と元気を分けてくれ」でした(笑)

  • #43

    ぐでふうさん (月曜日, 25 7月 2022 13:06)

    たけし社長、改めて本当にお疲れ様でした!
    たけし社長のアイデアと実行力に改めて感謝です!
    このサイトで意見広告への感想メールというアイデアを見た時に自分が思ったのは、ドラゴンボールで魔人ブウを倒す時の元気玉のイメージでした。「オラに元気を分けてくれ」じゃないですが、たけし社長が悟空で、自分が地球で「手を上げろ」と言われたから手を上げた一般人みたいな…(カレーさん、ゴー宣ファンサイトなのに他の漫画を出してごめんなさい。しかも古い汗)
    自分はたけし社長と同郷で、また今回同年代ということが分かったので、何かしらの機会でお会いできたらいいなあと思います。本当にありがとうございました!!

  • #42

    たけし (月曜日, 25 7月 2022 12:31)

    そもそも、あの場は話を振るとか振ってもらうとか、そういうんじゃないんですよね。僕もオフタイムのバカ話ならどれだけでも話せるんですけど、勉強不足で守備範囲が狭いと本番ではそうはいきません。自慢じゃありませんが、僕は学者さんの話が難しすぎて登壇中に寝てしまったことが二度もあります。その点、先日のオドレらは十分に楽しませてもらいましたよ!!

  • #41

    輝くような黄色 (月曜日, 25 7月 2022 12:02)

    たけし社長、本当にありがとうございました。
    この時代にあなたがいてくれて、本当によかった。
    もし意見広告がなかったとしたら、今頃どうなっていたか・・・と想像するだけで恐ろしいです。
    優良工事店ネットワークのさらなるご発展を祈願しています!

  • #40

    コバティ (月曜日, 25 7月 2022 11:55)

    私は、勇気を奮い本気の言葉を投げかけるカレーさんにより、よしりん先生の魅力がいつも以上に引き出されたことが嬉しかったです。

    活動を通じ、確かな爪痕を残せたことの意義や、強張った世の中をしなやかに生き抜く感覚など、よしりん先生ならではの見解に頷き、長くファンでいて良かった…と改めて思いました。

    熱き門弟を受けとめる長老的な雰囲気も、私の中では最高でした!

    ミュージシャンであれば声が衰えゆく現実があるけれど…、先生の場合は、年齢を重ねながら確実に〈叡智〉を磨かれていくのだなぁと確信でき、ファンとして嬉しくなりました。

    主役とか脇役とか、そんなの超越した記念回だと思っています。よしりん先生が大阪まで出向いた意味こそを、ここの皆さんで大切に受けとめたい。

  • #39

    くれは (月曜日, 25 7月 2022 10:30)

    たけし社長、カレーせんべいさん、意見広告運動に携わった皆さま、本当にありがとうございました。若年層の接種率が下がったのは意見広告の影響だと思います。

  • #38

    gb (月曜日, 25 7月 2022 10:16)

    お返事ありがとうございます、ご自分の気持ちをどう修飾されたとしても
    「次があればもっと人に話を振ります」
    こういう発言自体、やはり舞い上がっているものと感じてしまいます
    たけし社長と小林よしのり氏という歴史的な英雄同士が今回の活動を振り返って生放送で対談なさる機会はこれで最後ではないか、と思います。
    そういう場において、カレーさんが誰に話を振る、振らないではなく、自分が脇役で主役が誰かを本当に意識しておられたなら
    「決死の覚悟」など持たれる必要すら無かったはずですし、場違いな提案をすることも無かっただろうと思いました。
    カレーさんは今後も機会があれば出演されるおつもりのようですから、再度率直に申し上げさせていただきました。
    これで最後にさせていただきます。
    大変お疲れさまでした。

  • #37

    マーちゃん (月曜日, 25 7月 2022 09:38)

    たけし社長、今まで大変お疲れ様でした。また、本当にありがとうございました。
    本業の方でも大成功されることをお祈りしております。
    でもたまにはここにも登場してくれると嬉しいです。
    そして新聞社にメッセージを送り続けられたのも、カレーさんがこのサイトで必死に鼓舞してくれたからでした。運動が一段落したら手術、その後オドレらへ出演と、カレーさんも本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。

  • #36

    だいな (月曜日, 25 7月 2022 09:11)

    たけし社長、ありがとうございました。

    新聞社に応援メールを送ることで
    常に一緒に戦っているという意識が持てたのがここまで多くの支持が得られた理由だと思います。

    バラバラの個人が一人一人の努力をした結果ですね。

    この意見広告運動は将来にわたって実績が残り、世論が変わったときに
    子供たちにもしっかり説明できますね。

    本当にお疲れ様でした。感謝しかないです。

  • #35

    敬天 (月曜日, 25 7月 2022 08:53)

    おはようございます!

    たけし社長。

    なんだか淋しい気分だけど
    、いままで本当にありがとうございました!!

    仕事頑張って下さいね\(^o^)/

    応援しておりまーす!

    ※以前に注文した新聞が土曜日に届いたので昨日(7/24)に銀行振込しております(^O^)v

  • #34

    リアル雪男 (月曜日, 25 7月 2022 08:37)

    何の光明も無いあの頃に、意見広告運動を立ち上げてくださったこと。そして鉄壁の全体主義に、風穴を開けられたこと。生涯忘れません。
    発想から行動に移す大切さを教えていただきました。本当にありがとうございました。本業の発展と成功、心より願っております。

    一番最初の書き込みで「会社が求めるのは信用だ」的な偉そうなこと書いてすいませんでした。釈迦に説法とは正にこのこと。読み返したら顔から火が出て、一足先にこんがり小麦色になってしまいました(笑)

  • #33

    カレーせんべい (月曜日, 25 7月 2022 08:30)

    >>30 gbさん
    >カレーさんが自分は何もしていないんですと言いながら舞い上がって、
    >自分と小林先生との対談だと勘違いされているように見えました

    貴方がそのように見えたこと、感じたことは『事実』なので、たけし社長ファンの人には、本当に申し訳なかったです。
    そして今から思えば「もっとたけし社長に話を振るべきだった」とは思います。

    ただ弁解したいのは、私は舞い上がったのではなく「決死の覚悟で収録に挑んだ」ということです。

    ちょっと自分の身に置き換えて欲しいです。
    「もし自分がカレーせんべいの立場だったら、あのメンバーで、そんなにうまく収録できていただろうか?」
    ちょっと想像して頂ければ、分かってもらえる・・・可能性があります。

    しかも、実際に出演してみると、想像以上の緊張でした。

    ただ私は「事前に用意していた”話しておくべきテーマ”をできるだけ網羅する」ということを意識していたので、確かに、「もっとたけし社長に話を振るべきだった」と反省はしています。

    もし「次」があれば、自分で話す時間を減らして、もっともっと話を人に振ろうと思います。

  • #32

    かずず (月曜日, 25 7月 2022 08:30)

    たけし社長さんとカレーせんべいさんありがとうございました♪子供達の命を少しでも救えて良かったです!

  • #31

    はな丸 (月曜日, 25 7月 2022 08:09)

    たけし社長、本当にお疲れ様でした。
    またご尽力いただいたゆうネット社員の皆様にも御礼申し上げます。ありがとうございました。

  • #30

    gb (月曜日, 25 7月 2022 08:01)

    すみませんが、生放送は見ているのが辛かったです
    もっとたけし社長と小林・もくれん先生のやりとりを聞きたかったのですが
    カレーさんが自分は何もしていないんですと言いながら舞い上がって、
    自分と小林先生との対談だと勘違いされているように見えました、仮にそうだとしてもその対談内容も何か勘違いされているようにしか思えませんでした
    このページは見させていただいておりましたので、それについては本当にご苦労様でしたとお礼を申し上げます

  • #29

    なるみや (月曜日, 25 7月 2022 07:57)

    たけし社長、本当にお疲れ様でした!

  • #28

    ツム (月曜日, 25 7月 2022 07:33)

    とてもわかりやすい説明で、全体の構造が改めてよく分かりました。たけし社長、カレーせんべいさんは本当にすごい!

    長い間お疲れ様でした。心から感謝申し上げます。

  • #27

    やなちゃん (月曜日, 25 7月 2022 07:13)

    たけし社長の先見の明と分析力が素晴らしいです。視野を広く、俯瞰して見通せる事の大切さがよくわかりました。手強い相手よりも何枚も上手で、小さな力を存分にかき集め生かして戦ってくださったこと。心より感謝いたします。
    こういう大きな背中をもった大人がいるのは日本にとっての幸いだと思います。私もできる範囲で、せめて自分の子供らくらいには誇れる大人と認識してもらえるように頑張りたいです。運動を通じ、本当に素晴らしいお手本を見させていただきました。ありがとうございました。

  • #26

    あしたのジョージ (月曜日, 25 7月 2022 06:39)

    たけし社長お疲れ様でした。私は意見広告を見て何にも出来ませんでした。新聞社に意見を言わなかったし、私の住んでいる団地の掲示板にも貼らしてもらえなかったし、でも唯一団地の月1の清掃の時に意見広告を見せて親やその子供たちもいたのでちょっとは話しました。全く無反応でしたが。でも私なりに、このコロナに対してのマスクやワクチンの無意味さというかむしろ有害な事を言えるところでは、ちょこちょこいろんな所で言っていきたいと思います。
    本当にお疲れ様でした。