後藤厚労相「医療逼迫なら行動規制も検討」

 

投稿者:パワーホールさん

  

7/18朝日朝刊28面です。

 

「行動規制含め対策強化も考えなければ」 後藤厚労相、医療逼迫なら

https://www.asahi.com/articles/ASQ7K3J5GQ7KUTFL001.html

 

 

後藤厚労相が感染拡大や医療ひっ迫が起きれば行動制限も含めた対策の強化を考えるそうです。

 

はっきり言って馬鹿らしいし、早く5類にすべきだし、余計なPCRをこれ以上やらないことです。

 

これ以上、マスク姿の人ばかり見るのはうんざりです。

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)  

 

私もパワーホールさんとまったくの同感です。

 

そして責任と権限のある厚労相であれば「この程度の感染症で医療逼迫が起こること自体がオカシイ」という発想から考えなければならないはずです。

 

医療逼迫が起こるとしたら、指定感染症区分を2類相当にしているのが元凶です。

 

さっさと5類に落として、過剰で、無意味な医療体制を見直せば、医療逼迫など起こりません。

 

つまりはインフルエンザと同じ対応をすれば良いわけだから。

 

 

もし5類に落とさず2類相当のままにするのが正当ならば「今のコロナはインフルエンザよりも危険だ」という証明をしなければならないです。

 

ところがその証明は絶対にできないです。

 

んな証明は、それこそ「現実的ではない」です。

 

せいぜい「いつ強毒性のウィルスに変異するかは分からない」と根拠の無い不安を煽るのが関の山。

 

これって「霊感商法の壺」と大して変わらないです。

 

理屈なんて無くて、ただ不安を煽って相手をコントロールするのだから。

 

やっぱりカルトとコロナ全体主義はよく似ている!

 

 


↓(スポンサーリンク)↓


 

ホームページの運営資金  

 

以下のバナーからアクセスして頂ければ、どんな商品を買ったとしても平均3%が当サイトに入金されています。

      ↓↓↓


コメント: 16
  • #16

    トマト (金曜日, 22 7月 2022 22:41)

    #15リカオンさんへ

    URLの紹介ありがとうございます!!
    接種済の両親が罹患した時に備えて読んでおきたいと思います。

    一応、アセトアミノフェン、葛根湯、ビタミンDは送付済なのですが、宮澤大輔先生が以前コロナにアスピリン(バファリン)をすすめていたtweetを見た事があって、解熱剤としてどちらをより奨めたらいいのか悩み中です。

    教えてもらったURLもじっくり読んでみます。
    難しくて頭がついていかないかもしれませんが( ;∀;)

  • #15

    リカオン (金曜日, 22 7月 2022 20:11)

    #14トマトさんへ

    ありました。これと同じものです。

    http://www.minaminagano-clinic.or.jp/cov/%EF%BC%9C%E8%A7%A3%E8%AA%AC%E7%89%88%EF%BC%9EI-RECOVER-VAC%20%E3%83%95%E3%82%9A%E3%83%AD%E3%83%88%E3%82%B3%E3%83%AB%20PDF.pdf

  • #14

    トマト (金曜日, 22 7月 2022 12:38)

    #13 リカオンさんへ
    詳しく教えてくださりありがとうございます!
    ちなみに、ビタミンや薬を参考にした有志医師の会の資料のURL、もしよかったら教えてください。検索してみたのですが、行きつかず・・・。

  • #13

    リカオン (水曜日, 20 7月 2022 14:00)

    #11 トマトさんへ
    親戚に確認したところ、パルスオキシメーターと体温計を渡されて朝夕1日2回看護師さんの電話で体調報告するだけで、特に熱やダルさ、下痢があっても薬の処方はないそうです。弁当の配達と250ccのパックのドリンクが置いてあるようです。

    自然に改善したのか、差し入れのビタミンが奏功したのかわかりませんが、とりあえず熱は下がったそうです。ちなみに差し入れしたビタミンや薬と投薬量は有志医師の会の資料を参考にしました。

    こんな発症した人を診察も投薬もせず10日間漫然と隔離しておくのって、悪化するのを待つような措置で医療逼迫の助けにしかならんように思います。家で大人しく常備薬飲んでおいた方がよほど早く治りそうです。

  • #12

    大阪の一会社員 (火曜日, 19 7月 2022 22:42)

    今更ながらですが、盛んに「病床逼迫」を煽るのは、2019年に厚労省が打ち出した「病院再編」により医療機関の恨みを買った為に、厚労省が医療機関をコントロール出来ていないという側面もあるのではないか?と思います。
    ただ、そうだとすると国民の健康は二の次になっている訳で尚更許し難いのですが…

  • #11

    トマト (火曜日, 19 7月 2022 22:12)

    #9リカオンさんへ
    ホテル療養で医師の診察もなく、解熱剤の処方さえしてもらえないという現状に驚きました。
    ホテルまで行って解熱剤さえもらえないなら、家で常備薬(解熱剤含む)を飲んで寝ていた方がよほどマシですね。

  • #10

    sparky (火曜日, 19 7月 2022 20:35)

    そんな配慮をしているから、コロナ怖い祭りがいつまでも終わらないorz

  • #9

    リカオン (火曜日, 19 7月 2022 18:57)

    5類にすりゃあ医療逼迫しないのに、自作自演も甚だしい。

    職場で強制されて3回接種した親戚がとうとう感染して、ホテル療養になった。熱があるのに診察もない。リモートで看護師が様子を聞いてくるらしい。仕方ないのでビタミン類と解熱剤と葛根湯とのど飴を差し入れしてきた。

    同居の未接種のおばあちゃんはPCR陰性で症状もなく元気にしている。
    日本はどこまでも劣化していく。

  • #8

    古也 (火曜日, 19 7月 2022 15:40)

    covid-19シリーズに特化した制限かー、効くのかのぅ…。

  • #7

    さのかずき (火曜日, 19 7月 2022 15:20)

    後藤大臣は、医療逼迫は起きないと見越したうえで、この発言は所謂コロナ脳の人たちへの配慮である可能性もあると思います。

  • #6

    グッビオのオオカミ (火曜日, 19 7月 2022 14:54)

    いや、コロナ禍自体、カルト教団と変わりはないですね。
    1.地獄絵図を見せる(ニューヨークが!ミラノが!!二週間後が!!)
    2.偽の映像を見せる(富岳の映像など)
    3.連日「不安」を煽り、この件だけを誇張する。そして他に方法が無いと思い込ませる。
    4.絶対に反対意見との比較や、冷静な事実の検証は「させない」
    5.唯一の解決法として「感染対策の徹底」や「緊急事態宣言」や「ワクチン追加接種」を奨励する。
    6.効果が無ければ「やったからこれで済んだ」と言う。
    7.「家族みんなを助ける為にやらなきゃ」と思わせる。
    8.当然、そこに科学的根拠は 何もない。
    …こう見ると、カルト教団とコロナ禍、何も変わらないですね。どっちも正義に名を借りた「詐欺」ですよ。もはやサティアン・ジャパンですね。笑えないけど、実際にそうだ。

  • #5

    (火曜日, 19 7月 2022 14:34)

    カルトとの構図、なるほどです。
    政府が洗脳しようとしている側(確信犯)であっても、先頭に立って洗脳されている側であっても糞ですが、一体どこがコロナ協会との境界線なんでしょうかね。

  • #4

    はな丸 (火曜日, 19 7月 2022 09:39)

    陽性者に若年者が多いのはワクチン接種率が低いからだと本気で思ってるんでしょうね

  • #3

    大阪の一会社員 (火曜日, 19 7月 2022 07:59)

    厚生労働大臣であるからこそ「医療逼迫の真の原因を明らかにしたくない」「今までの対応の説明を求められたくない、責任を取りたくない」という思惑が「見えます。」「見え隠れします」というところですが、もはや隠れていませんので(笑)

  • #2

    パワーホール (火曜日, 19 7月 2022 05:53)

    カレーさんへ
    炎上騒動を起こしたのに取り上げてくれてありがとうございます。
    勢いでコメントすることが多々あるので送る前に見直しを心がけようと思います。

  • #1

    きたこう (火曜日, 19 7月 2022 05:32)

    そうか。コロナも統一協会と政治の絡みも、男系男子もこの国の大半はカルトに支配されてしまってるのか。だから小林よしのり先生のように常識のある方が少数派になってしまうのですね。