≪読書感想文≫第7波の今こそ読もう!長尾和宏医師「ひとりも死なせへん2」

 

投稿者:グッビオのオオカミさん

 

6/30に発売された長尾和宏医師による「ひとりも死なせへん2」を読み終えました。

 

日々のブログ「和の町医者日記」をまとめたものです。

 

前作「ひとりも死なせへん」は第1波〜第5波までの新型コロナの「早期診断、早期治療」を偏見に負けず治療し、そのためには「5類に下げる事」を一貫して主張して来られました。

 

今作はデルタ変異体が収束し、肺炎を起こさないオミクロン変異体におきかわった状況で、コロナ・オミクロンをいつまでもペストやエボラ出血熱の感染症法第1類以上に扱い続け、第6波で特に有害だった過剰な「濃厚接触者追跡」などによる「コロナのから騒ぎ」の滑稽さと政府の愚策ぶりを刻名に書いておられます。

 

また、長尾先生が途中でワクチン接種への認識を改めた「ワクチン後遺症」の治療の実態もリアルタイムに描かれています。

 

長尾先生はその義憤と危機感から「記録映像・ワクチン後遺症」を製作し、上映会と講演会を開かれますが、多くの誹謗中傷や妨害、圧力に会います。

 

印象的なのは2021.10/5のブログで映画「MINAMATA」を紹介し、企業の論理と公害について言及され、そこに製薬利権と薬害の構造とその倫理を問うている所。

 

そして2022.2/7では小説「白の闇」を紹介され、だれも理解出来ない、見えているけど"何も見えない"私は2年半以上続くコロナ禍を的確に比喩表現していると思います。

 

長尾和宏先生は基礎医学研究者や社会評論家ではありませんが、在宅医療と外来診療のクリニックの現場の葛藤の肌感覚が、この本からよく伝わってきます。

 

第7波の入口に立たされ、ワクチン接種4回目という傍ら分科会は「行動制限はしない」と言います。混乱した言論と政治の動きを前に、今こそ是非手に取って読んで頂きたい一冊だと思いました。

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)  

 

読書感想文、有り難いです!

 

読んでみようというキッカケになります。

 

「2」が発売していたんですね。

 

 

ひとりも、死なせへん 2 コロナと闘う尼崎の町医者、ワクチン葛藤日記 単行本 – 2022/6/30

 

ベストセラー第2弾! 「コロナでひとりも、死なせへん」から、「ワクチンでひとりも、死なせへん」へと移行した葛藤の10カ月。なぜ長尾は、批判を承知でワクチン接種を取りやめたのか? ワクチン後遺症の人たちへの救済に走り出したのか? そしてこの10カ月、医療と、メディアと、国は何をして何をしなかったのか……本書は、すぐに色々忘れてしまう我々国民が、絶対に忘れてはならない10カ月の記録でもある。

「僕は陰謀論者でも右でも左でもない。これは、町医者が見た現実だ」

 

 

解説/鳥集徹


↓(スポンサーリンク)↓


 

ホームページの運営資金  

 

以下のバナーからアクセスして頂ければ、どんな商品を買ったとしても平均3%が当サイトに入金されています。

      ↓↓↓


コメント: 3
  • #3

    グッビオのオオカミ (火曜日, 02 8月 2022 10:20)

    動画「コロナチャンネル」で有名な医師ですし、2021年12/25のシンポジウムを「記録映像・ワクチン後遺症」として映画化を企画した先生ですね。
    鳥集徹先生や小林よしのり先生の様に社会評論として言う訳でもなく、井上正康先生の医学研究者とも少し立ち位置が違います。
    あくまでも在宅診療・外来診療の現場から、一主治医としてクリニックの院長として、リアルタイムの「現場の実感」を発信しておられます。
    実は井上先生とはコロナ観に温度差もあります。空気感染説と糞口・接触感染説の違いや、イベルメクチンの評価(井上先生は否定も肯定もしない”どちらとも言えない”立場の様ですね)に温度差があります。実は私はイベルメクチンを飲んだことがありませんし、特に飲む予定もありません。
    オミクロンはノド風邪。特別な薬は不要に思います。
    この長尾先生、実は「歩くシリーズ」や「薬のやめどきシリーズ」も出しておられ、自然免疫の働きを重視しておられます。
    私はこの先生の一番葛藤を覚えたと思う所は、もともとワクチン接種には慎重に推進してる側で、高齢者にしか打たない。としていました。
    しかし、たらい回しにされる「ワクチン後遺症」の患者達の余りにひどい病態を前に「当院では3回目ワクチン接種をしておりません」とサイトに明記し、動画でも公言されました。
    その時から推進派からは「裏切り者」扱いされ、反対派からは「さんざんワクチンを打ったくせに」と蔑まれる立場になります。
    そういう葛藤を経て子供へのワクチン接種に反対する立場に回った事も、書かれていますし、映画を作った事も書かれています。
    途中、グレンコ・アンドリー氏にも触れますが、ロシア・ウクライナ戦争以来、ブログのコメントに驚くほど親プーチン派が多かった事にショックを受けられた様子です。
    ひとりも死なせへん2とは脱線しますが、ウクライナ問題を扱った動画を貼って置きます。
    #680「陰謀論って何やねん?ワクチン問題とウクライナ問題を一緒に語るな!!」15分程度(9:42からは替え歌)
    https://www.nicovideo.jp/watch/sm40181382
    小野元裕×グレンコ・アンドリー×長尾和宏 緊急鼎談前半(35分程度)
    https://www.nicovideo.jp/watch/sm40265093
    同後半(41分程度)
    https://www.nicovideo.jp/watch/sm40265574
    8/6のウクライナ戦争問題のシンポジウムの参考になれば幸いです。
    ワクチン問題を陰謀論としてだけ語る人への驚きを隠せなかった様ですね。

  • #2

    大阪の一会社員 (日曜日, 31 7月 2022 16:53)

    早速買いました。
    私は頭の回転が遅く読み終えるのに時間はかかりますが、頑張って読破します。

  • #1

    パワーホール (日曜日, 31 7月 2022 15:13)

    私も予約してあります。