統一教会の韓鶴子総裁を礼賛した有名政治家たち

 

投稿者:くれはさん  

 

【独自】山上容疑者が「3年前、殺すつもりで火炎瓶を持って向かった」統一教会・名古屋4万人イベントの内部写真《来日した韓鶴子総裁と、礼賛した有名政治家たち》

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/97491?imp=0

 

興味深い記事がありましたので投稿します。

 

皆さんもテレビ報道でご存知かと思いますが、安倍元総理に関するニュースで事件の背景が少しずつ出て参りました。

 

この旧統一教会に関する話は、小林先生の著書の中にも、確か先生の親戚の誰かが入信し、むちゃくちゃになったので何とかしようとしたが、結局当の本人に、それ以上の価値観が見つからなかったので諦めたとの話があったと記憶してます(違ってたらごめんなさい)。

 

私もこの団体については、何か変だなと思っていましたし、興味も無かったのでそれ以上調べようとも思わなかったです。

 

しかし、今回の報道を見ていると、一国の総理や大統領がお祝いのコメントを述べていると知って大変驚きました。

 

リンク先の記事によれば、我が君?大村知事もこう述べてます。

 

「孝情文化フェスティバルの開催を祝し、お慶び申し上げます。混迷する東アジア情勢の中で、日韓米の連携をテーマに、韓鶴子総裁をこの愛知県国際展示場にお迎えして各界各層の多くのみなさまがお越しくださいましたことに心より歓迎申し上げます。

 

私は公務が重なり残念ながら出席がかないませんが、世界平和の実現に向けて、地球規模で関係を整えてくださる韓鶴子総裁の力強い使命とリーダーシップに心より敬意を表するとともにご尽力にも敬意を表し、会のご成功を祈ります」

 

なんかトホホな感じですが、どうも自民党の議員も何人か絡んでいるみたいです。

 

彼らにすればその団体の教えよりも、単に組織票が欲しいから顔を出していると推測しますが、こんな大物政治家がコメントを出すと言うのは、旧統一教会がとんでもなく大きな組織なんだというのはよく分かりました。

 

政治家からすれば一番大事なのは票でしょうし、記事によれば選挙になるとかなり実働的な応援もありそうです。一政治家としては票集めという意味ではこういった行動は仕方ないのかもですが、個人的には政策とか主義主張で戦ってほしいなと思います。

 

しかし安倍元総理の銃撃事件は色々な問題がありますね。

ほじくればボロボロ出て来そうです。

私も一国民としてボケっとしてられないなと思いました。

 

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)  

 

安倍晋三を殺した山上徹也の動機が判明してきました。

 

この事件が「個人の復讐」だったことが理解できました。

 

精神鑑定を行うというニュースもありましたが、おそらく「異常無し」の結果が出ると思います。

 

 

私個人の思想として「議論が暴力に及ばない」ことを認めたくないので、この銃殺事件を肯定するわけにいかないのですが、山上徹也の復讐を全否定することは難しいです。

 

 

もちろん「安倍晋三を殺すのは逆恨みだ」というのは一つの正論だと思います。

 

ただ自分が同じ立場だったらどうしただろうか?

 

ここまで自分と家族の人生がメチャクチャにされたのなら・・・「刺し違えても」という気持ちになったと思います。

 

そしてターゲットを教団を肯定した政治家にしたことは、これは意見が分かれるところでしょうが、ただ殺意が向いたことは理解できます。

 

山上徹也の動機が判明して、これは「個人の復讐だった」と、今の時点ではそのように理解しています。

 


↓(スポンサーリンク)↓


 

ホームページの運営資金  

 

以下のバナーからアクセスして頂ければ、どんな商品を買ったとしても平均3%が当サイトに入金されています。

      ↓↓↓


コメント: 12
  • #12

    ジュンちゃんのドロップキック (土曜日, 16 7月 2022 06:37)

    動機が「個人の復讐」だったとしても
    殺人を起こした理由が同じとは限らない。

    飲酒運転に被害に合われたご遺族が
    飲酒運転の撲滅のため
    行動を起こすことはよく聞く話です。
    あえて敬称を着けますが、
    山上さんの動機も
    統一教会の悪事を世に知らしめるために
    安部元総理の暗殺に及んだ見方もできます。
    個人的な私怨よりも
    統一教会の被害者を今後出さないために
    世のため人のため殺害した
    可能性があります。

    もし、後者が理由ならば立派なテロリスト。
    統一教会と政治家との癒着が
    公で語られるようになったのだから、
    山上さんは本懐を遂げたと言えます。

  • #11

    くれは (土曜日, 16 7月 2022 00:00)

    興味がなかったので、何となく危ないくらいの認識でしたが、統一協会、かなりヤバイですね。

    国葬やるのも、意図的に注目をそらすためか?と勘繰ってしまいます。

  • #10

    グッビオのオオカミ (金曜日, 15 7月 2022 22:52)

    私もカレーせんべいさん同様、暴力100%絶対悪とは言い切れなくなりました。というより、自分自身、私怨でも復讐でも、状況次第ではやりかねない自分を感じます。
    自分は不当に破滅させられ、地獄を見た。しかし相手はのうのうと生きている。自分の怒りを相手の体と心に刻み付けるためなら手段を選ばない事もあると思います。
    同時にカレーせんべいさんが言論に優位を置く事も分かる気がします。
    実際、安倍元総理が射殺された事によってかえってウヤムヤになった事も多い訳ですね。
    安易に暴力に訴えない事は、治安と信頼という公共性を守る事につながります。
    論理の決着は証拠と法律とで社会的に「決定的に追い詰める」事が出来ます。暴力にはこれが欠けます。
    これ、意見が違うかも知れませんが、長尾和宏医師が多忙な仕事の傍ら「記録映像・ワクチン後遺症」を製作し、上映会や講演会を開く原動力が分かった気がしました。
    そういう形での戦いであり、理不尽な薬害に対する怒りだったのだな、と思いました。

    統一協会と山上容疑者からは話がそれました。

  • #9

    きたこう (金曜日, 15 7月 2022 07:03)

    陰謀論に与するのは嫌なのですが、個人的な恨み、宗教がらみに報道が過熱しすぎているようで、もっと何か別の動機があるのではと疑ってしまう自分もいます。

  • #8

    近藤 (金曜日, 15 7月 2022 04:30)

    カルト、宗教法人、無税のお布施、
    政治家、献金、選挙資金、票田…
    どんどん明るみになって欲しい。

    安倍とこのカルトは、
    合同結婚式(合コン?)の超・男尊女卑と、
    安倍の志向がマッチした気がする。

    私の親類も別のカルトにはまって家庭崩壊。
    生活保護を貰って、それでもつぎ込む。
    善行と思ってるから、どうしようもない。
    カルトは人の不幸につけ込んでくる。

    ただ責任は、はまった奴にある。
    家も土地もそいつに権利があるから売れる。
    本当に殺したかったのは母親じゃないのか?

    男尊女卑でハーレム作りたい詐話師が、
    不幸な女性を集めてカルトを始める。
    カルトと政治の関係を断つべし。

  • #7

    平井智也 (金曜日, 15 7月 2022 02:01)

    元首相を狙撃した犯人の捉え方について、カレーせんべいさんの思想の葛藤が文章の端々に垣間見え、共感しました。

    今回の事件から少しずつ明るみになってくるニュースを見聞きして、以前に自分が、元首相はいわゆる“嫌韓”なのに何故統一協会にビデオレターを?と、素朴な疑問を浮かべたのを思い出しました。

    くれはさんが投稿中で触れられているような、票田としての自身或いは自民党と統一協会の持ちつ持たれつの関係がもしあるとしたら、主義主張もへったくれも無い、節操のない振る舞いだなと思わずにおれません。支持拡大とか選挙とか、そういうもんなのかな???

    いずれにせよ今週末のおどれら、耳をかっぽじって視聴したいと思います。

  • #6

    さらうどん (金曜日, 15 7月 2022 01:24)

    暴漢に襲われ亡くなった安倍晋三氏の御冥福を祈ることと、
    安倍氏の生前の政治家としての業績を冷静に振り返って批判すべきところは批判するということ、
    事件に深いかかわりを持つ「統一協会」についてのダークサイドに関する掘り下げ

    これは、それぞれに独立している項目で、
    安倍氏が不慮の死を遂げたからといって、そこで思考停止してはいけないことです。
    「統一協会」についてのダークサイドも掘り下げなければならないし、
    安倍氏は果たして「国葬」されるに値する人物なのか?「勲章」を授与されるにふさわしい人物なのか?ということも、安倍氏の「死」で思考停止せずに考えるべきことだと思います。

    言論が暴力に屈してはならないという「大原則」はありますが、
    犯人が犯行に至った経緯に関して、「無辜の民をヤケクソで狙ったもの」ではなく、
    統一協会に対する怨恨から事件になったということは、
    犯人を擁護したりすることもなく、カルト宗教の闇については論じられなければならないでしょうね。

  • #5

    佐々木 (金曜日, 15 7月 2022 00:10)

    今回の一件は山上徹也の犯行で政治家と国民の距離が遠のいた
    可能性はありますが、個人的な復讐が動機ということで、
    「議論と暴力」は切り離して考えるべきだと思いました。

    逆恨みは一理あると思いますが、以前から問題視されていた組織に
    票田欲しさに近づいて便宜を図ったら、組織を憎んでる被害者から
    否応なしに関係者として一括りにされてしまうと思います。

    安倍晋三が銃撃されたのは、自分の得を得るためにしたことが、
    恨みを買う羽目になった自業自得な面があると考えます。

  • #4

    通りすがり (木曜日, 14 7月 2022 23:13)

    関連の書き込みで、山上容疑者を「チンピラ」と表現したことを撤回して、おわびします。また、小林先生のブログより、軽々に、警備の甘さを言及したのも、謝りのようです。そして、犯人はチンピラとの認識から、因果応報の肯定論をプーチンの英雄視と記載し、不快に思われた方々にお詫び申し上げます。

  • #3

    殉教@中立派 (木曜日, 14 7月 2022 23:06)

    「宗教団体=政治家の票田」という構図は昔から。公明党、幸福実現党は分かり易い例だが、他にも霊友会=故・石原慎太郎氏の票田、などの具体例が見受けられる。故・安倍氏本人はキリスト教徒なので、(彼が)統一協会に接近したのは、政治的な理由だと思われるが。

    「よしりん辻説法」でおなじみ、FLASH誌のWEBニュース(7月12日・山上容疑者の事件は『宗教2世問題』なのか・・専門家が語る『親が信者』の苦悩)では、ジャーナリスト藤倉善郎氏が分析している。
    「オウム事件報道が落ち着いた2000年代初めごろから、大手メディアは宗教団体について報じる事を忌避するようになりました。ネガティブな報道を行うと、その後、団体から猛烈な抗議が来るからです」
    TBSビデオ問題以来、事なかれ主義のメディア→報道されないので、ネットで真実を探す人が増える→「ネットで、報道されない真実を知りました!」の流れかなと思う。
     コロナ騒動にしても、こうした報道機関の姿勢が、未だに治っていなかったのが分かるが・・・市井の人々が自分から(宗教団体への)関心を持つしかないだろう。ただ、上記の「陰謀論への入り口」がついて回るのが、とても厄介。前回の「オドレら正気か(緊急事態宣言で虐殺可能ダー、の回)」も参照しよう。

  • #2

    くれは (木曜日, 14 7月 2022 22:57)

    ねこだるまさん、情報ありがとうございます。

    確かに協会表記の方が合ってますね。

  • #1

    ねこだるま (木曜日, 14 7月 2022 22:37)

    小林氏が本日(7/14)のブログで「統一教会と統一協会、二種類の表記」として触れていますね。

    >三浦瑠麗と東浩紀のように、統一協会を一般の宗教と
    >誤解する奴が出てくるから、「教会」と表記できない
    >のだ。

    土曜(7/16)のオドレらで詳しく掘り下げるようです。