川田龍平議員の質問「膨大なファイザー有害事象を厚労省はいつ知ったのか?国民に公開するのか?」

 

投稿者:くれはさん  

 

川田龍平議員、ファイザーの公開資料について質問した動画がありました。(2022/04/26)

 

膨大なファイザー有害事象を厚労省はいつ知ったのか?国民に公開するのか?

https://www.nicovideo.jp/watch/sm40379714

 

 

ファイザー社が裁判に負け、内部資料をアメリカで公開しましたが、それには膨大な副反応が出てました。

 

日本の接種後の副反応の種類は1300種類くらいありますが、ほぼ同じ数の症例がファイザー社の内部資料にもあったのです。日本が接種を始める前の資料です。

 

動画を観ると、どうも厚生労働省はファイザー側からこのような資料を既に受け取っていたようです。

 

分かっててワクチン政策を推進していたようです。

 

川田議員は厚生労働省がファイザーから受け取った資料を国民に全て公開せよと言ってますが、鎌田医薬生活衛生局長や後藤厚労大臣は素直に全部載せるとは言わず、のらりくらりの答弁をしています。

 

 

ファイザーが公開したというネットニュース動画はこちら

 

副反応1291種類、113万5000件

https://www.nicovideo.jp/watch/sm40158536

 

youtubeで一時上がってましたが消されたようです。調べたらニコニコにありました。

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)  

 

このファイザー社の55000ページに及ぶデータ開示の内、副反応に関するデータもあったわけですね。

 

国民の健康に関わる内容ですから、厚生労働省に対して国民への情報公開を求める川田龍平氏は、政治家としての仕事を全うしていると思います。

 

この件は、また続報にも注目しておきます。


↓(スポンサーリンク)↓


 

≪運営資金協力依頼≫  

 

以下のバナーからアクセスして買い物をすれば、購入価格の約3%が当サイトに入金されます。

      ↓↓↓


コメント: 9
  • #9

    神奈川県民 (木曜日, 16 6月 2022 18:36)

    ファイザーの原文読んでないのでなんとも言えないのですが、この1291種類の副反応という一見センセーショナルな数字は、実際に接種したあとに確認されたわけではなく、ファイザー社がワクチン開発に当たって、事前にあらゆる可能性を拾い上げ、接種後にこのような事例が起こればワクチンと関係があるかもしれないという症状をリスト化した結果に過ぎないという解説をする方もいます。
    https://youtu.be/w1wpcdCO01Y

    私もファイザー社を擁護するつもりは毛頭ありませんが、誤った認識による批判は相手を利するだけなので各々慎重にご判断ください。

  • #8

    古也 (木曜日, 16 6月 2022 12:15)

    予想はしてましたが…、絶句しかないです。

  • #7

    南州 (木曜日, 16 6月 2022 11:59)

    これを見ても河野太郎はデマです‼っていうのですかね?

  • #6

    グッビオのオオカミ (木曜日, 16 6月 2022 09:18)

    なるほど。しかし、ここまで話が進んでいるのにいまだに政治家や医師は「ワクチンは安全、デマに惑わされてはいけない」と言いたがるのは何ででしょうね?
    実際、「大阪いらっしゃいキャンペーン2022」でも「ワクチン3回目接種又は陰性証明」これを条件にしたがりますが・・意味がわかりません。
    川田龍平議員は最近、この件でよく動いていますね。期待したい議員の一人です。

  • #5

    ポコ太郎 (木曜日, 16 6月 2022 08:50)

    未曾有の大薬害被害が起きています。政府は早く是正措置を取り、被害者へのフォローを始めないと。しかし、メジャーなメディアは本当にこの問題に関しての報道が極端に少ない。

  • #4

    ただし (木曜日, 16 6月 2022 00:47)

    川田龍平議員には、この薬害事件で、真骨頂を発揮して頂きたいです。
     応援しています!!

  • #3

    勤務医一筋 (水曜日, 15 6月 2022 23:55)

    川田議員に、期待大ですね。

  • #2

    殉教@中立派 (水曜日, 15 6月 2022 23:29)

    つい先日のライジングでも「政治家・科学者の説明責任」が論じられた。情報を公開して、国民に判断させるのは、まっとうな国民主権の実現(自己統治)の基盤である。「説明をしてくれる学者」「説明しない政府に、説明を要求する政治家」は、民主制を健全化する存在。川田議員のこの行動は、将来、薬害問題が顕在化したときの、貴重な証言になるだろう。

  • #1

    パワーホール (水曜日, 15 6月 2022 22:49)

    川田議員には自分と同じような人たちのためにも頑張ってほしいしマスク依存症についても取り上げてもらいたい。