厚労省専門家部会「 5~11歳の接種で抗体値高く・副反応低い」

 

投稿者:かっきーさん

  

NHKが子どものワクチン接種で抗体価が上がると言うニュースを出していました。

 

新型コロナワクチン 5~11歳の接種 “抗体値高く 副反応低い”

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220610/k10013666321000.html

 

上がった抗体がどのくらいの期間持つのか?

抗体を作るスパイク蛋白でどんなダメージが出るのか?

そもそも重症化しない子どもにコロナワクチンは必要か?

 

って言う議論はまるでありません。

打たせたいだけのニュースにウンザリです。

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)  

 

この研究班の分析結果「ワクチン接種した方が、実際に感染した後よりも抗体価が約15倍に高くなっている」と言ってるわけですね。

 

それでも「ワクチン接種をすれば、コロナに感染しない」とはけして言っておらず、またそれを証明するデータも無いでしょう。

 

そうなると「そもそも抗体価とはなんぞや??」という疑問に行きつくわけです。

 

さらにもう一つ、素朴に疑問なのは「子どものワクチンは有効成分の投与量が、大人と比べて少ないため、副反応の割合が低く出る」という分析結果。

 

ワクチンの有効成分の量が少ないから副反応が出にくいと言い、それでいて効果はあると言う。

 

だったら、大人のワクチンも有効成分の投与量を減らしてみればいいんじゃないかな?

 

 

そしてなにより、そもそもワクチンに感染しても重症化する恐れがほとんどなく接種の必要性の全く無い小さな子供がワクチンを接種した結果・・・

厚生労働省発表(2022年6月10日)

コロナワクチン接種後の副反応疑い報告

 

5歳から11歳まで

 

死亡:1人 

 

重篤者:12人 

 

それでも、順天堂大学医学部 伊藤澄信教授は「副反応の割合が低く出るとみられ接種の意義はある」と言います。

 

この教授にとって、ワクチン接種をした子供が、1人死のうが、12人重体になろうが、スルーして構わない「軽いこと」なのでしょう。

 

悔しくないですか? 私は悔しいですよ。

 

怒りを覚えませんか? 私は怒っていますよ。


↓(スポンサーリンク)↓


 

≪運営資金協力依頼≫  

 

以下のバナーからアクセスして買い物をすれば、購入価格の約3%が当サイトに入金されます。

      ↓↓↓


コメント: 18
  • #18

    トマト (日曜日, 19 6月 2022 15:40)

    掲示板に添付してあったNHKニュースより
    「このうちの38人について2回目接種から1か月後の抗体の値を調べたところ平均1773で、感染した後の子どもの値の最大120と比べるとおよそ15倍まで高くなっていました」
    感染した子どもの「最大」120と比べると~って、「最大」のさらにその「15倍」って高すぎでは?

    思い出したニュースのメモ
    2020年8月12日 神戸新聞
    新型コロナ感染、重症化で中和抗体が増加 陰性後も肺炎継続か 神戸大が研究
    https://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/202008/0013598387.shtml

  • #17

    トマト (土曜日, 18 6月 2022 08:28)

    伊藤澄信教授 厚生科学審議会の少なくとも二つの委員会に委員として参加
    ●副反応検討部会委員として
    順天堂大学革新的医療技術開発研究センター特任教授
    ●予防接種・ワクチン分科会委員として
    独立行政法人国立病院機構本部総合研究センター長

    議事録、膨大すぎて読めていませんが・・・
    副反応検討部会に毎回出席しているのに、何とも思わないのかな。感覚がマヒしちゃったのかな。
    予防接種・ワクチン分科会でも、小児(5-11歳)の新型コロナワクチン接種について、3回は議論されている様子。


    伊藤澄信氏の発言は取り上げられていませんが、宮澤大輔医師が「第28回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会の議事録」の抜粋にコメント入りで説明してくれているブログはこちら↓です。大きな問題点を指摘しています。

    2022年1月14日
    12月23日ワクチン分科会の宮澤コメント
    https://note.com/miyazawanet0709/n/n4aeeef30ca62

  • #16

    トマト (土曜日, 18 6月 2022 00:52)

    掲示板添付のNHKニュースより
    「厚生労働省の研究班は~」
    「研究班の代表で順天堂大学医学部の伊藤澄信特任教授は~」

    伊藤澄信氏 何となくのメモ
    ●副反応検討部会 委員
    https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000949154.pdf
    ●厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会 委員
    https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000887182.pdf


    新型コロナワクチンについての審議会・検討会
    https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_shingikaietc.html

    ★令和4年2月10日 第30回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会
    小児(5~11歳)の新型コロナワクチンの接種、小児・妊娠中の者に対する公的関与の規定の適用、オミクロン株に対するワクチンの有効性、初回接種後に感染した方の追加接種について、議論・確認されました。

    ★令和4年1月26日 第29回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会
    オミクロン株の新型コロナワクチンへの影響、小児(5~11歳)の新型コロナワクチンの接種、小児・妊娠中の者に対する公的関与の規定の適用について議論されました。

    ★令和3年12月23日 第28回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会
    小児(5~11歳)の新型コロナワクチン接種について議論されました。



  • #15

    トマト (水曜日, 15 6月 2022 01:00)

    #4madokaさん、#7輝くような黄色さん へ

    宮沢孝幸先生の事をコメントしてくださり、ありがとうございます。
    4日の大阪でのオドレらも、10日のオドレらも動画はすべて視聴しました。
    小林先生の怒りはもっともだし、小林先生の器の大きさも感じました。
    私も貴重な集会の場を、議論の場を台無しにしてしまった宮沢先生にはとてもがっかりしました。

    それでも、この1年、コロナやワクチンについて、色々な人の本や動画を読んだり見たりしてきましたが、宮沢先生の話が、私の中では一番腑に落ちているのです。今でも、なんですよね。

  • #14

    通りすがり (水曜日, 15 6月 2022 00:31)

    新顔が登場したようです。
    飛んで火にいる夏の虫。
     今まで、ワクチンを推進していたセンモンカは雲行きが怪しくなってきたことを察知して、メディアに出なくなりました。ある意味、今まで出演の機会がなく、NHKから声がかかり喜んで出演したことのような気がします。
     勝手な想像ついでに、①NHKも随分と今までのワクチン推進連中にことごとく出演を断られたような気がします。また、②子供へのワクチン接種をとい「意義がある。」というギリギリの表現にとどめ、ダイレクトな「打つべきです。」という表現を回避することで、NHKと教授との事前打ち合わせがあったことが推認されます。
     受信料払いたくない。NHK党もこのことを問題としてほしいものです。
     それにしても、河野太郎は、自分へのセンモンカ達の援護射撃がないことに、何故怒らないの?
    反ワクばかり目の敵にしてるけど、味方に裏切られていることに気付いているのかな。
     


  • #13

    殉教@中立派 (火曜日, 14 6月 2022 22:16)

    「自然免疫、細胞性免疫、液性免疫。抗体を生み出すのは液性免疫だけ」
    「抗体は粘度が高いので、多すぎると血が流れにくくなる」
    「薬は用法・容量を守った時こそ、最大の効果を出す。『抗体量』がどーのと言うヤツは『大量に薬を飲めば、それで病気が治ります』と言っているに等しい」

    ・・何でこんな単純な事が、社会で共有されないのだろう。「世間主義」「権威主義」だけの国など、地球上にそもそも必要無いだろとさえ思う。そして、その悪しき「世間」に迎合する者が多いので、テレビもこうしたインチキ情報を流して(客に)迎合する。今日配信されたライジング「権威主義」の話は、小林先生が30年戦ったテーマが凝縮されていると思う。

  • #12

    T.G (火曜日, 14 6月 2022 18:03)

    これも、ミスリードした言説として後世に残すべきだと思いますね。コロナ禍で本当にテレビを見なくなりましたが、NHKではまだこんな殺人教唆教授を出してワクチン接種に誘導してるんですね。本当に許せないです!

  • #11

    くれは (火曜日, 14 6月 2022 16:29)

    とある医者のブログにこんなのありました。

    https://wellmethod.jp/immunity/

    抗体とか免疫の事が分かり易く書いてあると思います。

    身体の機能を上書きするようなワクチン。

    免疫力はとにかく高ければ良いとは一概には言えないようです。

  • #10

    パワーホール (火曜日, 14 6月 2022 12:23)

    南州さんへ
    感染症学自体がカルト思想です。

  • #9

    南州 (火曜日, 14 6月 2022 12:08)

    NHKは過去にフエイクバスターズという番組で、ワクチン末接種者をカルト宗教にはまった信者扱いしてました。完全に政権の思惑を垂れ流す放送局に成り下がりました。どこが公共放送じゃ❗

  • #8

    リニモ1号 (火曜日, 14 6月 2022 11:22)

    NHKだけが最後の悪あがきを続けているように見えます。
    もはやコロナの情報はNHKが一番信用できないです。

  • #7

    輝くような黄色 (火曜日, 14 6月 2022 10:52)

    悔しいですね、怒りを覚えますね。戯言を平気で口にできる奴らにも、それを無批判に垂れ流すことができる奴らにも・・・・
    宮沢氏は先日の大阪のオドレらでの態度を見る限り、公衆衛生的な話題には関心も議論する気もないことが明らかになってしまいましたが、研究室レベルのウイルスの話題(生体内での感染成立機序や免疫反応など)に関しては大丈夫だと思います。

  • #6

    大平原インデアン (火曜日, 14 6月 2022 07:18)

    オウム真理教のヘッドギアが「電気は微弱なので、人体にほとんど影響はありません」なんて言われても、誰がするねん。

  • #5

    ひとかけら (火曜日, 14 6月 2022 07:12)

    抗体が増えすぎると感染増強抗体や自己免疫疾患が起こる可能性があるので危険です。長期的な副作用の分からないワクチンを打つべきではない。

  • #4

    madoka (火曜日, 14 6月 2022 06:42)

    トマトさんの情報元と一緒かどうかわかりませんが、宮沢氏の「コロナ抗体逆に高いと危ない論」、ワクチン後遺症の記録映像で言っていました。(2021/12大阪でのシンポジウム)
    ご自身のスライドに
    「抗体はリスクファクターでもあるのにどうして抗体にこだわるのか?免疫の主体は細胞性免疫と自然免疫ではないのか?」と疑問という形で書いてありました。(スライドまとめ資料を作ったので確かです。)
    その論拠となるデータなどの提示は特に無かったと思います。もしかして、公の記録に残る場所では発言してないし、文章も残してないのかも。抹殺されるから?(笑)
    氏に関しては、こないだのおどれらの件以降で完全に人格異常者認定を私の中でしてしまったので、もうあんまり論を読む気にもなれませんが、この記事を読んで私も「抗体が逆にヤバい」との過去発言を思い出し、高くなるなら危ないやんと感じました。

  • #3

    パワーホール (火曜日, 14 6月 2022 06:10)

    医者というより感染症学者および奴らの経典である感染症学が問題でしょう。ウイルスを目の敵にして女子供を虐げ、ワクチン後遺症やマスク依存症で苦しむ人々を生み出した感染症学は負の遺産として抹消すべき。過激な意見ですが。

  • #2

    mantokun (火曜日, 14 6月 2022 00:50)

    もう本当におぞましい限りです。今までこんなに頻繁にワクチン打つのが当たり前なんて風潮なかったでしょうに。人体にとって異物でしかない薬物を幼い子供や妊婦にまでばんばん打たせて、それが健康増進効果しかないようなことを言う人は、まともな医者でない以前にまともな人間ではありません。金儲けのためにいつまでもしつこく恐怖を煽り、不要なマスクを強要し、死に至る苛烈な副反応が出る薬物を平然と幼児にまで打ちまくる。私はこの、医者という肩書きの人でなしどもを心底軽蔑し、憎悪します。今すぐ地獄に落ちてほしい。

  • #1

    トマト (火曜日, 14 6月 2022 00:27)

    抗体価、高すぎて心配。
    宮沢孝幸先生が、動画か何かで、人体はあえて抗体をつくらない方法でコロナに対処してきたのではないか、と言っていた気がします。出典探せず。

    それに、2020年の頃、コロナで重症化する人ほど抗体が多い、っていうニュースを見た気がする。

    テレビや新聞が、コロナの場合、抗体は諸刃の剣である事を伝えてくれないと、変な方向に進んでいったまま、戻ってこれない。