東京新聞のコロナ感染者グラフ(2022年6月11日)

 

投稿者:SRさん

  

東京新聞6月11日です。

 

「コロナウオッチは25日で終了します。」とのこと、今回を含めて残り3回です。

 

世界の状況からしても「コロナ騒ぎは終わり」なのだろうと思います。

 

ガラパゴス・ジャパンはどうなっていくのでしょう。 

 

小林先生、たけし社長のほか、様々な方々が先陣を切ってくださり、私も応援という形で小さく関わる事ができました。

 

その効果は確実にあり、子どもへの接種率抑制だけではなく、大人の3回目、4回目接種へのブレーキにもなりました。

 

特に4回目接種は「打たない」と自己決定しない状況で接種回避となった方が大半でしょう。

 

多くの人が大袈裟ではなく命を救われていると思いますが、その大半の方々は水面下の戦いを何も知らないのですね。

 

様々な事がうやむやにされて消えていきそうです。

 

という訳で、≪コロナ禍検証プロジェクト≫ ミスリードした人々を応援します。

 

「正しかった人々」もいいかもしれませんね。 

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)   

 

コロナウォッチが6月25日で最終回とは「もう役割を終えた」ということですね。

 

確かに新規感染者数も、世界中で地を這うような状況です。

 

オーストラリアではインフルエンザが流行しているらしいから、いよいよコロナ君のウィルス干渉もなくなったかもしれないですね。

 

コロナウォッチはあと2回になりますが、送って頂けたら嬉しいです(^^)

 

・・・

 

コロナ禍を総括するなら「人災」としか言いようがないです。

 

特に「ワクチン」と「ロックダウン」が酷かったです。

 

子供や、経済的に弱い人たちに、とんでもない被害を与えました。

 

ここを検証して、追求しなければまた同じことが起こると思います。

 

だから≪コロナ禍検証プロジェクト≫ をやろうと思っています!!

 

「今までの恨みを晴らすため」という私的な動機で始めましたが、「未来へ残すメッセージ」という公的な役割もありますね。

 


↓(スポンサーリンク)↓


 

≪運営資金協力依頼≫  

 

以下のバナーからアクセスして買い物をすれば、購入価格の約3%が当サイトに入金されます。

      ↓↓↓


コメント: 4
  • #4

    リアル雪男 (日曜日, 12 6月 2022 22:42)

    「正しかった人々」もいいかもしれませんね。
    この言葉に電気が走りました。
    間違った情報を発信し続けた人々を吊し上げるのと同じくらい(いやそれ以上かも)正しい情報を発信し続けた人々を持ち上げるのは大事ですね。

  • #3

    殉教@中立派 (日曜日, 12 6月 2022 21:52)

    初めは猛威を振るった欧米のウイルスも、現地の人に免疫が広まり、下火気味に。「ウイルス感染者は多いが・・・このまま規制を続けたんじゃ経済が死んでしまう」として行動再開した国も「何だ、今のままの生活でいいじゃん」と、正常化にシフト。

    PDCFも科学も無い、唯一の(?)国、日本。先日の小林先生のジョーク「脱科学論」が発売されたら、かなり売れるだろうなあ。

  • #2

    まいこ (日曜日, 12 6月 2022 19:50)

    「子どものマスクとワクチン、今後も必要?」の意見広告をしっかり読んで下さった方から「かかりつけ医にも『四回目はお薦めしない』と言われたので、今回は打たない」というお話があり、その場にいた接種予約をした方からも「じゃあ、私も打たない」といったやり取りが身近でありました。60歳以上で接種券が届いている方にも「子どものみならず、大人にとっても大したことない」という意見広告第二弾の意図が届いていると感じました。ありがとうございます。

  • #1

    パワーホール (日曜日, 12 6月 2022 19:38)

    いいことですね。
    けれども、コロナ禍でワクチン後遺症およびマスク依存症が発生しています。
    メディアは、マスクの弊害やワクチン後遺症とマスク依存症で苦しんでいる人たちを取り上げてほしい。また、脱マスクを加速させるようお願いする。