ワクチン後遺症についてABCニュースとサンテレビニュース

 

投稿者:近江の戦闘妖精さん

  

 

初めて投稿します。YouTubeに上がってました。

 

ワクチン後遺症についてABCニュースとサンテレビニュース、どちらも番組の公式のようです。

 

 

↓サイトカインなどコロナ論でも聞いた事のあるような科学的な言葉が↓

 

ABCテレビニュース

【実態】“ワクチン後遺症”に苦しむ女子中学生 接種後に体の異変が長期間 子どもへの接種はどう考える?

 

https://youtu.be/CvDjx13oFQI

 

 

↓最後にキャスターが熱い挨拶で締められてました↓

 

サンテレビ

【特集】2つの後遺症 新型コロナとワクチン後遺症 ~ワクチン接種13分後から10カ月間症状が続く女性の訴え~

https://youtu.be/9IH3F7Lzdo8

 

 

それから反ワクチンの人に、ウクライナ側の報道がデマだって言う人が多いって聞いて、自分ごときが私見を申し上げて恐縮なのですが、コロナやワクチンについて過剰に煽ったり、隠蔽したりと報道の姿勢をすっかり疑いだらけになった人たちが、このウクライナ情勢に関する報道にも穿った見方をするようになってしまった人達なんじゃないかな?と思ってしまいます。 

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)  

 

 

ワクチン後遺症の”疑惑”を報道するメディアは、報道の矜持を感じます。

 

特にサンテレビは、兵庫県の地方局ですが、立派ですね。

 

 

最後に問題提起をされていたウクライナ情勢の件ですが。

 

私は、コロナ禍は茶番と見抜いたり、ワクチンは危険と訴えている人々は、みんな立派で知性的であると”勘違い”をしていました。

 

 

もちろん私とて、コロナ禍において、マスコミに対する不信感でいっぱいになりました。

 

しかしだからと言って「マスコミが報道することはどれも嘘」という風になってしまうなら、それは反知性主義と同じような振る舞いになります。

 

だから「反マスコミ」をイデオロギーにしてはいけないと考えます。


↓(スポンサーリンク)↓


 

ホームページの運営資金  

 

以下のバナーからアクセスして頂ければ、どんな商品を買ったとしても平均3%が当サイトに入金されています。

      ↓↓↓


コメント: 6
  • #6

    パワーホール (月曜日, 02 5月 2022 11:11)

    ワクチン後遺症と思われる慢性的な頭痛・貧血に苦しむ同僚が3回目を打ってしまった。彼女も薬害の犠牲者に名を連ねることになるのは確実。

  • #5

    古也 (月曜日, 02 5月 2022 02:36)

    これ・・、もう薬害案件ですよね・・。

  • #4

    殉教@中立派 (土曜日, 30 4月 2022 20:48)

    例え「(薬害発覚後に言い逃れる為の)アリバイ作り」のような、不純な動機でもいい。両論併記メディアの姿は、(ここから薬害が顕在化していくまでの)数年かけて、漸進的に取り戻せるなら。

    ウクライナの件。馬淵睦夫の著作群を、大真面目に読み込んでいた私が、言える口ではないが。「現在の日本の国益の為には、どうするのが得か?」を考えればいいと思う。毒注射から将来世代を守り、未来を繋ぐのは「国益」。ロシア国は、敵国&脅威の隣国なので、徹底的に攻撃して、叩き潰してしまう事は(安全保障分野の)「国益」。過去ー現在ー未来の繋がりを意識して、この国の歴史で(将来世代含む)、解決すべき問題を、的確に見極めれられると良さそう。

  • #3

    (今回は)匿名希望 (土曜日, 30 4月 2022 15:23)

    私のハンドルネームを知ってる知人が見ると、人間関係がややこしくなるかもしれないので、今回は匿名希望で。

    身近にワクチン未接種の人間がおらず、孤独は精神衛生上よろしくないので、最近反ワクチンの人たちとリアルで付き合いを持つようになりました。

    みんな人柄はむしろ良いくらいなのですが、ただ所謂陰謀論に傾倒していたり、ウクライナ戦争についてロシアの肩を持つ人が目立つ印象です。
    (反ワクチンでない人にも、話をしないからわからないだけで、ロシア擁護の人は少なくないと思います。職場の3回接種済みの人がそんな感じです)

    うまく言えませんが、反ワクチンで活発に活動している方たちの中には、もともと陰謀論に傾倒している(あるいは陰謀論に免疫の無い)方が多いのだろうと推察します。
    今回、権力のデタラメな対応、即席のポンコツmRNAワクチンということもあって、次から次へと不都合な事実が明らかになって来ましたが、たまたまコロナについては正解に辿り着いただけなのではないかと思っています。

    このコロナ禍という、世界史に残るような茶番だったからこそ、今回彼らは正解側にいれたのではないでしょうか。
    そして、いまのロシアの暴挙による世界的な混乱とそれによる将来不安もまた、彼らの思考を強化することになっているのだと思います。

    会話のなかに、「フリーメーソン」とか「数秘術」とか「人工地震」とかがたびたび出てきます。

    私は若い頃に「フリーメーソン」について書かれた本を読んだことがあって、当時「なーんだ、そんなものなんだ」という感想を持って以来、フリーメーソンの陰謀については聞き流せるようになりましたが、「フリーメーソン」のことなんて、誰も教えてくれませんし、秘密の結社であるのは確かなので、なかなか公に詳細が知らされることはありませんからね。
    アクセスしやすい(陰謀論寄りの)情報を信じ込みやすいのでしょう。
    (私も本で読んだとはいえ、他人に説明しろと言われても、いまは出来ませんが)

    世の中そんなに単純ではないと思いますが、ところどころ事実(っぽい)ことが混ざっているのが、陰謀論のタチが悪いところとも思います。

  • #2

    NO ワクチン (土曜日, 30 4月 2022 11:28)

    ウクライナ問題マスコミは、健全に機能していると思います。コロナでも正常化を強く望みます。だからこそ、意見広告の期待は大きい。本日の西日本新聞、本サイト紹介頂いたサンテレビ等、マスコミにも、まだ期待したいと思います。

  • #1

    かわじ (土曜日, 30 4月 2022 10:14)

    今の反マスコミの構図って『戦時中に愛国強要されたから反国家化・左傾化した方々』を連想してしまいます。
    故に我々の代でまた、同じことを繰り返してはイカンですよねぇ。
    そう思います( ´_ゝ`)