横浜市 一般市民における 新型コロナウイルス抗体価に関する調査報告

 

投稿者:KUROうさぎさん

  

 

以前から気になっていた新型コロナワクチンのウイルス別の効果ですが、横浜市立大学の調査結果が公表されてます。

 

横浜市 一般市民における 新型コロナウイルス抗体価に関する調査報告

https://www.yokohama-cu.ac.jp/news/2021/20220330gotoryo.html

 

 

調査対象母数ワクチン2回接種者がほとんどの中で中和抗体保有率を評価

従来株(武漢):87%、デルタ株:74%、オミクロンBA1:28%、オミクロンBA2:28%

 

3回目接種者66名はオミクロンBA1,BA2:100%

 

一見3回目接種が必要なように見えますが、母数の多くが2回目接種で半年前と想定されますので、

オミクロンでの中和抗体保有率を50%以上維持するには、現行のコロナワクチンを2~3ヶ月毎に接種する必要があることになります。

 

現行のコロナワクチンは従来株(武漢株)を元に作られており、オミクロン株には有効期限が余りに短いことが証明されています。

 

ほとんど継続効果のないワクチンを税金を使って国民に打ち続けていると言えるでしょう。

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)  

 

そもそもオカシイのは「抗体をワクチンからのみ獲得しようしている」ことではないでしょうか?

 

しかも、定期的にワクチン摂取(接種)をして、中和抗体を維持しようなんて、副反応を考えればリスキーな生き方だと思います。

 

 


↓(スポンサーリンク)↓


 

ホームページの運営資金  

 

以下のバナーからアクセスして頂ければ、どんな商品を買ったとしても平均3%が当サイトに入金されています。

      ↓↓↓


コメント: 7
  • #7

    へたれダイバー (月曜日, 11 4月 2022 01:17)

    抗体なんかなくてもよしりんの漫画読んで笑い飛ばして、ノーマスクで酸素いっぱい吸って、うまいものでも食べてNK(ナチュラルキラー)細胞活性化させてたら暴露しても発症しないんじゃないかと思いますが、免疫に詳しい方どう思われます?

  • #6

    グッビオのオオカミ (土曜日, 09 4月 2022 21:35)

    そもそも、抗体は免疫のどの部分でどんな役割を果たしているのか、ですね。
    抗体=免疫ではないですし。

  • #5

    パワーホール (土曜日, 09 4月 2022 19:59)

    アヘン戦争で思い出しましたが、ジェンナーもパスツールもアヘン戦争を仕掛けたアングロサクソンでしたよね。特にパスツールなんてウイルスや細菌は病気の原因だから撲滅してしまえと考えていたことを知って、ヤバいやつだなと思いました。私は、病気の原因になるからこそ仲良くすることを考えるべきだと思います。

  • #4

    T.G (土曜日, 09 4月 2022 13:53)

    まささんの言う通り、まさにアヘンで国民をアヘン中毒者ばかりにして国力を衰退させた清王朝の状態。魯迅は小林よしりん先生かな?最終的には辛亥革命で、孫文はたけし社長かな?

  • #3

    パワーホール (土曜日, 09 4月 2022 13:00)

    3回目接種者が100%っておかしくないか。あまりにも不自然。

  • #2

    まさ (土曜日, 09 4月 2022 08:58)

    まさにワクチンジャンキーですね

  • #1

    おおみや (土曜日, 09 4月 2022 07:54)

    抗体価は計測しやすい→その数字は一般の人に受け止められた時に教義として容易に脳内で変換されて→教義であるからには それ以上考えなくて済む=楽になれる ので→脳内で反復する

    なんかドイツで90回とか接種した人が居るそうですね。

    自然免疫さんがあまりにも知られてなくて可哀想になってきます。

    アマビエ様に頼ろうとするのが多数の人の脳の方向性であろうと思います。
    しまいには毎週接種させてくれとか言い出すかも。
    特にオミクロンはこういう人々を(一見遠回りしてる形に見せながらも)目覚めさせてくれる働きもしてますよね。身内では(オミクロン先生)と表現してます。