4/6読売新聞掲載の意見広告について

 

投稿者:チャチャさん

  

この掲載があるために、たけし社長の意見広告は断られたのか?と勘ぐってしまいます…。

 

G20諸国足並み揃えてワクチン打とう!といいたいのでしょう。
恐ろしいです!
デルタやオミクロンが蔓延したのは、低所得国の接種率の低さが原因といわんばかり。
しかも横文字に弱いので、どこが掲載しているのかよくわかりません!

 

『New York City Department of Mental Hygiene』てとこみたいです。

↓(スポンサーリンク)↓


 

ホームページの運営資金  

 

以下のバナーからアクセスして頂ければ、どんな商品を買ったとしても平均3%が当サイトに入金されています。

      ↓↓↓


コメント: 11
  • #11

    トマト (日曜日, 10 4月 2022 17:16)

    先日、販売店にて、意見広告「グローバル・ワクチン公平行動の呼びかけ」が掲載された紙面を手に入れました。

    気になった文面
    「2022年2月時点で、1回分のワクチンを接種した人の割合は、高所得国の約80%に対し、低所得国ではわずか10%にとどまっています。
    このような不公平が、デルタやオミクロンの変異株を生み出すことになったのです」
    「誤った情報を広めたソーシャルメディア/テクノロジー企業や反ワクチン団体の責任を追及する。」

    どうみても、接種率の低い国々の方が感染収束していて、接種率の高い国々の方が悪化しているようにしか見えない。
    それなのに、今さら、3回打っても感染するような、後遺症のリスクがあるものを供給しようとする意味が分からない。
    この呼びかけの方が、誤った情報を広げている事になるのではないか?

    というような意見を読売新聞に伝えてみようと思います。

    読売新聞社、記事、掲載広告などに関するお問い合わせ・ご意見
    https://info.yomiuri.co.jp/contact/index.html





  • #10

    いちご (金曜日, 08 4月 2022 14:11)

    広告主
    New York City Department of Health and Mental Hygiene(NYCDOHMH).
    ニューヨーク市保健精神衛生局が
    G20諸国各位、日本国政府に出した通達ではないのでしょうか。
    ニューヨーク市保健精神衛生局、ここが、諸悪の根源だと教えてくれているような気がします。

  • #9

    大平原インデアン (木曜日, 07 4月 2022 21:28)

    結局何を言いたいのか良くわからない意見広告ですよね。

    低所得国とのワクチン格差が問題というなら、WHOのように必要の無い人へのブースター接種を批判すべき。

    WHO、低所得国向けワクチン供給の優先呼び掛け
    https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-who-idJPKBN2HP2GG

    「テドロスWHO事務局長は、免疫が著しく低下している人以外への追加接種(ブースター接種)は実施すべきでないと呼び掛けた。」

    なのに高所得の国への意見広告で、どんどんワクチン打とうという主張をするのはどういうこと?
    高所得の国でブースター接種が進まず廃棄することになったら、低所得の国から批判されるよ。だからワクチン打ちましょうっていうことですかね?

    それにしてもこんなクソな意見広告にウン千万円払うって、無駄だよね。

  • #8

    パワーホール (木曜日, 07 4月 2022 21:12)

    無機質で何が言いたいのかさっぱりわからない。国際社会は、ウイルスと共存するための方法を議論すべきだろう。

  • #7

    チャチャ (木曜日, 07 4月 2022 18:26)

    リニモ1号さん

    そうなんです、なんだか翻訳機を使った文章のよう…。
    読売新聞には広告の感想送ろうと思います!

  • #6

    モコチ (木曜日, 07 4月 2022 18:24)

    こんな…客観的なデータに基づかないイメージだけの根拠も出典も分からない適当な意見広告が通ってしまうものなのか…

    たけしさんがどれだけ苦労して神経を尖らせて意見広告を作ったかつゆほども知らずに!

    意見広告の掲載費用は公開義務とする事を法制化すべきだ。

  • #5

    リニモ1号 (木曜日, 07 4月 2022 17:44)

    よく見るとまあ文章がグチャグチャですね。
    まるで「昔々あるところに…」というおとぎ話みたいですね。
    ゆうネットさんの意見広告みたいにきっちりデータを提示して、作成者の身元もきちんと明かすのとは大違いですね。

  • #4

    トマト (木曜日, 07 4月 2022 11:50)

    びっくりな意見広告ですね。
    広告主に反論したくても、連絡先もよく分からないですね。
    外国?日本での連絡先あるのかな?
    後で、読売新聞販売店で昨日の朝刊購入してきます。
    読売新聞の意見広告の審査基準にもびっくりです。

  • #3

    和ナビィ (木曜日, 07 4月 2022 10:04)

    一見地味なモノクロの“意見広告”、読売新聞社の意見広告掲載の内部審査にこの内容が通ったからこそこうして載ったのですね。この新聞社の審査基準がよく伝わります。

     仰る通り「デルタやオミクロンが蔓延したのは、低所得国の接種率の低さが原因」という意味。ワクチン接種グローバリズム剥き出しですね。東京新聞に毎週載る「コロナ感染者グラフ」にあるような世界各国の動向を知らないわけはない。ウィルスは変異するものだということも(わざと)伏せて、変異株出現・蔓延は接種率の低さのせいにする。何と非科学的な上狡猾なことよ。

     広告の宛先は【G20諸国各位】、表題は【グローバル・ワクチン公平行動の呼びかけ】---小さめの字で書かれていることが一層不気味です。とにかく買わせて地球をくまなく覆ってワクチンを降らせたい者の欲望がありありです。
     (金の無いやつにゃ金有るやつが買ってやって打たせるべし!。それが我が辞書の【公平行動】なのであーる! ・・・どっちみち俺の収入だ (~~)9☆。 )

  • #2

    グッビオのオオカミ (木曜日, 07 4月 2022 09:28)

    私も昨日それ、読みましたよ。
    論点として「打ってない所から変異株が出てる」とも取れるニュアンスがあったり、「計画策定」の中の「誤った情報を広めたソーシャルメディア/テクノロジー企業や反ワクチン団体の責任を追及する」「ワクチン接種を奨励するための国家的および世界的な公衆衛生メッセージの取り組みに投資する」「今後6ヶ月間に、途上国における製造能力への投資を含む、少なくとも150億回分のmRNAワクチンを製造することを約束する」あと、COVAXについても言及があります。
    という事は、大して感染者も死者も増えてない地域でワクチン接種をさせ、製造拠点にもしたいのかな?反対意見を封殺し、コロナ煽りとワクチン・キャンペーンとを引き続き奨励したいのかな?
    広告はG20諸国が書いているのではなく、呼びかけですね。
    で、広告主を英語で小さく書いている。圧を掛けてるつもりかな?煙に巻いてるつもりかな?
    そもそもまだ「世界的パンデミック」という状態なのか、ツッコミどころが多い。
    新聞の校閲もよくこれを載せましたね。

  • #1

    殉教@中立派 (木曜日, 07 4月 2022 09:15)

    とりあえず、注射率の低い(この文章だと10%くらい)アフリカ等の貧しい国(しかも、自然免疫で収束)を無視しているのは分かった。グローバリズムといっても、アフリカ・中東・東南アジアの貧しい国は、実質無視される(昔からそう)。