≪管理人の反論≫小林よしのりは、マスコミに同調してロシア問題に話を移そうとしているのか?

 

投稿者:匿名希望さん

   

マスコミに同調してロシア問題に話を移そうとしている小林さんを一先ず追って読むことを辞めようと考えております。

 

ナショナリズムにこだわるなら、国内で起きている問題を優先課題として固執するべきだと考えているからです。

 

管理人様は薬害問題にけじめをつけないままロシア問題に話題を移す今の報道についてどうお考えですか? 

 

このままだとコロナワクチン問題に決着をつけないまま、報道はスクープを続けていくのではないかと危惧します。

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)  

 

小林よしのりは『マスコミに同調してロシア問題に話を移そうとしている』んですか?

 

私はウクライナ情勢に関心を持たない日本人は非国民だと考えています。

 

なぜなら、かつて日ソ中立条約を一方的に破棄し、満洲に襲いかかり、北方領土を占領している核保有国が、獰猛に侵略戦争をしているからです。

 

これがどれほど危険なことか。そしてウクライナの奮闘がどれほど日本に影響を与えていることか。

 

つまり、ナショナリズムがあれば、ウクライナ情勢に関心を持つのは当然のことです。

 

 

ただ、おっしゃる通り、私がコロナ禍やワクチン禍に関心を持ち続けてホームページを運営しているのも【ナショナリズムにこだわっているから】だと思いました。

 

 

話題に固執しているわけではなく、

『日本の子供』を守るためです。

 

 

所詮私なんて無力なもの。

それでも自分のやれる範囲では全力でやっています。

 

 

ところであなたが言う『薬害問題にけじめをつける』とは、具体的には一体どのような状況のことを指すのでしょうか?

 

そして、それが達成されるまではコロナやワクチン以外の話をしてはいけないのでしょうか?

 

小林よしのりは【コロナ論】を5冊も出した作者ですよ。

 

一冊一冊、全身全霊で作品を描き上げ、コロナ禍初期から社会に警鐘を鳴らし続けた作者ですよ。

 

そんな小林よしのりに対して『マスコミに同調してロシア問題に話を移そうとしている』と、ゴー宣ファンサイト内で言ってのけるのは、かなり礼を失しているように私は感じます。

 

 


↓(スポンサーリンク)↓


 

ホームページの運営資金  

 

以下のバナーからアクセスして頂ければ、どんな商品を買ったとしても平均3%が当サイトに入金されています。

      ↓↓↓


コメント: 27
  • #27

    touch (火曜日, 12 4月 2022 08:27)

    コロナ騒ぎは「ナショナリズムの無さ」「生命至上主義」からきていると思います。
    だからこそ、今こそナショナリズムを語るべきです。
    ナショナリズムの逆であるグローバリズムが蔓延しているからこそ、所詮海外の話で済む話であるはずの「コロナで多数の死者が出る」を受け入れてしまったから、この騒ぎが続いているのでしょう。
    戦争論は50万部を売り上げて世論を変えた。
    一方、コロナ論は5まで出したにも関わらず、20万部足らずで世論は変わらなかった。
    正直、コロナに関しては、コロナ論2までで語りつくされていると思います。
    よしりんは今の日本を変えるには、コロナネタを続けるだけではダメだと思われたのでしょう。
    戦争は「ナショナリズム」「人の生命とは」を語るには格好のネタです。
    しかも、「戦争論」でヒットしたという実績もある。
    私はウクライナには申し訳ないですけど、このタイミングで侵略戦闘とは、神風が吹いたと思います。
    なので、「ウクライナ論」がヒットしなければ、本当に日本は終わると思います。。。

  • #26

    茨Cサブカル型 (土曜日, 09 4月 2022 18:40)

    匿名くんへ

    「マスコミに同調してる」と書いてる辺り相当な狭量ですね。小林先生は「3方面作戦でいく!」とハッキリ言ってます。終了宣言なんか一切してません。単にロシアの侵略戦争が予断ならない事、ロシア側のデマを平気で信じてる家畜が一定数いる事、以上の点から優先順位が変わってるだけです。
    第一、コロナ・インフォデミックもロシアの侵略戦争に対するアタオカ擁護も根底にあるのは「家畜へと堕すまで劣化した日本人」です。根底にある問題は一緒ですよ。

  • #25

    たけ (土曜日, 09 4月 2022 15:41)

    天才小林よしのりの2年間を返せ!
    先生はもっと他に書きたい・描かなければならないことが山程あるはずですし、良い意味で我々読者の期待を裏切ってほしい。
    価値観がひっくり返るような衝撃的な本をこれからも期待しています。

  • #24

    潤峰 (木曜日, 07 4月 2022 21:38)

    匿名希望さんへ
    辞めたければ辞めてください。
    時が経過し、読みたくなれば再び読み出してください。
    読み続けようが、読むことを辞めようがあなたの自由です。

    報道が決着を付けたことはありません。
    決着が付いたことを報道しているだけです。

    一人ひとりがマスクを捨てれば日本のコロナ祭りは明日にでも終わります。

  • #23

    パワーホール (木曜日, 07 4月 2022 21:08)

    小林先生は話を移してはいません。コロナにしろウクライナにしろ皇統にしろすべてに真剣に取り組んでおります。すべてこの国のためです。

  • #22

    大平原インデアン (木曜日, 07 4月 2022 20:54)

    「ナショナリズムにこだわるなら」とおっしゃていますが、そもそもよしりん先生はナショナリストというポジショントークをするつもりはありません。

    ポジショントークをする人・・右だろうが左だろうが、ナショナリストだろうがリベラリストだろうが、よしりん先生のようにロジカルに言論する人は邪魔な存在になります。論理的な反論ができませんから。

    私はたとえば松田学氏には批判的ですが、彼の立ち位置を批判しているわけではありません。
    彼の言動のここがおかしいと批判しているわけです。一方コロナに関する彼の知見は評価しています。

    よしりん先生を批判するなら、言動を論理的に批判して下さい。

  • #21

    Richard Tiger (木曜日, 07 4月 2022 20:12)

    まるで、「ナショナリズムに外交や国際問題は関係ない」と言ってるような意見にしか聞こえず、そりゃないだろうとしか言いようがありません。

    ロシアは、韓国よりも近い隣国ですし、ウクライナで起きてることは、他人事じゃないでしょう。

    コロナ騒ぎandワクチン問題と同じくらい危機感が必要なニュースです。

  • #20

    ただし (木曜日, 07 4月 2022 18:10)

    事実無根のデマですね。

  • #19

    リニモ1号 (木曜日, 07 4月 2022 17:37)

    よしりん先生は過去のゴーマニズム宣言から一貫してロシア(旧ソ連)を批判してきたため、ウクライナ侵攻に話題の多くを割くのはある意味当然だと思いますが……。

  • #18

    ネクスト参加ウルルン (木曜日, 07 4月 2022 14:08)

    匿名希望さんへ

    コロナ論は5巻も出ています。薬害問題もありますが、小林先生はスタッフの皆様や読者、編集者、サポーターズも全員巻き込んでの助力も受けながら、それこそ血反吐を吐くようにコロナワクチン接種の犯罪行為とも言うべき筆誅を加えて居られますよ。

    あなたは少し視野が狭すぎませんか?

    貴殿がそこまでおっしゃるならば、貴殿はどういう風に尽力したのですか?

    小林先生を応援する一派は、皆、遠方より駆けつけ、事実上のカンパも行い、新型コロナ馬鹿騒動を収束させんと尽力して来ました。
    わたくしとて、大阪から参加して、協力していますよ。

  • #17

    とくめー (木曜日, 07 4月 2022 13:30)

    憲法前文に、(日本以外の他国でも)侵略に脅かされてはいけないというような理念が読める。ウクライナ危機に関与しなければ、憲法の理念を守ってないことになる。
    コロナワクチン問題も憲法違反の疑いがあるわけです。根っこは同じでは?
    というか、日本国内で起こることも全て憲法に行き着く。海外の戦争も憲法議論を揺さぶる。

  • #16

    平井智也 (木曜日, 07 4月 2022 10:30)

    匿名希望さんには、ブログや小林よしのりライジングをお読みになる事をおすすめします。3正面作戦の意味がお分かりいただけると思います。

  • #15

    グッビオのオオカミ (木曜日, 07 4月 2022 10:23)

    連続ですいません。
    「反ワクチンと親ロシア」の矛盾をグレンコ・アンドリー氏が「いや、ロシアは他のワクチンを国民に使わせたくないだけですよ。ロシア自身”スプートニック”という遺伝型のワクチンを作っているし。国民に半ば強制的に接種させてるみたいですよ」と指摘いていましたよ。
    余談でした。参考になれば幸いです。
    カレーせんべいさん、仕事が増えましたね。
    ここからは「コロナ問題」と同時に「ウクライナ問題(国防・ナショナリズム・領土問題)」にも向き合わないといけませんね。一読者としては、その命題に対し、さらに研究と思索を深めるのみですが。

  • #14

    グッビオのオオカミ (木曜日, 07 4月 2022 10:06)

    実はね、長尾和宏医師も同じ事言われて、苦慮しています。
    4/3はクリニックでグレンコ・アンドリー氏を交えた鼎談をわざわざニコ動で1時間近く流していましたよ。ブログのタイトルは「小野元裕xグレンコアンドリーx長尾 ウクライナ侵攻緊急鼎談」
    長尾医師がウクライナ問題に一般市民が殺傷され、大国が隣国を武力侵攻しているのを見ると、人として、医師として、国民として心を痛めてると動画で言うと、一部の「反ワクチン」の中にこう主張する人が抗議する。
    つまり、遺伝子ワクチン問題は旧西側諸国では後遺症など薬害問題や社会の分断と人権問題となるわけですね。その旧西側諸国がウクライナに指示を出してワクチンを作らせている。そのウクライナは反ユダヤでネオナチだ。だから今回のプーチンの行動は世界のコロナ禍終息の為の、軍事行動であって、プーチンをデモナイズするウクライナのプロパガンダに騙されてはならない・・だったかな。
    長尾医師はそういう一部の人と一緒にされるのが迷惑そうでした。
    上記の動画の中で馬淵睦夫氏の件にも触れていました。
    日本ウクライナ協会の小野元裕氏が「彼は本当に罪深い」と。
    小林先生から話が脱線しました。
    コロナ禍もウクライナ問題も結局は「日本人論」ですよ。この別々の二つの問題が日本人の姿を明るみに出した訳です。
    「その時、あなたはどうする?」「その時、我々はどうすべきなのか?」
    形は違えどこういう命題を突きつけて来る点では「日本人論」としては同じなんですね。
    「コロナ論」シリーズに関しては、一旦区切りをつけられたのでしょう。
    後日、総括編を書きそうな気もしますが。後は政府のプロパガンダと薬害問題だけになった訳だし。ここからは繰り返しになりますからね。
    だから別にマスコミに追従したわけではないですね。日本人として重要な問題だから論じている。そういう事だと思います。

  • #13

    ゆり (木曜日, 07 4月 2022 09:33)

    ものすごく遠い距離を、心情的にも肉体的にも手続きその他大変な思いをして日本に避難して来られたウクライナの方々がいらっしゃいますが、実は日本もロシアの隣なんですよね。そして日本もロシアと領土問題を抱えている。
    そう思ったとき、ウクライナ人でない私が愕然としてしまいました。日本も決して安全ではない。

  • #12

    殉教@中立派 (木曜日, 07 4月 2022 09:05)

    私も、同時に複数の事を考えるのは苦手だが、少しずつでも進められる所(多分、皇統問題なら多少は動かせるかも)まで進めなきゃ、絶対に後悔する。あと、「マスコミにシフト」ってのはいわゆる嫌儲の考えだけど、そればかり振りかざす奴など玉川と同レベルでしか無い(コロナ論5のP187)。いかに同じ考え方だろうと、足を引っ張る奴、愚昧な奴など、身中の害虫でしかない・・ここ30年の(小林先生の)「元仲間との、決別の歴史」からそう思う。

  • #11

    まさ (木曜日, 07 4月 2022 08:44)

    そもそもマスコミに同調するならわざわざコロナ対策やワクチンを批判なんかしないっつーの

  • #10

    まさ (木曜日, 07 4月 2022 08:39)

    今も酷いがもーーーっとヒステリーの酷かったコロナの出始めから一貫して過剰対策に疑問を呈してましたからね、小林さんもいい加減コロナ以外のことも描かねばならんと言ってますし
    医者やら学者やら知識人(笑)やらがもっと声を上げろよと思いますね

  • #9

    勤務医一筋 (木曜日, 07 4月 2022 08:20)

    ほっときましょ。それよりよしりんの体調が心配です。

  • #8

    はな丸 (木曜日, 07 4月 2022 08:16)

    連投失礼します

    薬害エイズ→歴史教科書
    戦争論→イラク戦争

    上っ面のイデオロギーだけで共鳴してた読者が離れる。
    歴史は繰り返す。

  • #7

    はな丸 (木曜日, 07 4月 2022 08:10)

    お好きにどうぞ

  • #6

    アルトマン (木曜日, 07 4月 2022 07:14)

    投稿者さんの考えは訳が分かりません。新コロ、ワクチンについてはもう答え出してるでしょ?後は国民の意識だけですよ。ナショナリズムを考えるには他国の動静を考えるのは必須でしょう。隣国の戦争ですよ。小林先生はコロナ、皇室、ウクライナ3正面同時作戦と言っておられます。

  • #5

    the_k (木曜日, 07 4月 2022 06:44)

    ハッキリ言ってコロナ禍は既に大勢を決したと感じております。
    これ以上は特に、漫画として書く事もなさそうでしょう。既に書くべき事は書かれているように思えます。

    後は薬害訴訟と対プロパガンダの戦いですね。

  • #4

    枯れ尾花 (木曜日, 07 4月 2022 05:28)

    私には小林先生が日本のこと、子供のこと、必死で考えて下さっていることが痛いほど伝わってきます。
    だから、こんな自分でも何か手伝いたいと思うのです。

  • #3

    近藤 (木曜日, 07 4月 2022 04:58)

    まず、戦争のせいで原油価格高騰で、
    これって国内問題に繋がるでしょ。
    私の業界なんかもろに影響あり。
    貴方も身の回りを見渡してみて。

    ロシアの侵略と虐殺(戦争とも言えない)は、
    日本人の新たなバカもさらに炙り出されて、
    思想的にも考えること多々あり。

    よしりん先生はゴー宣で
    日本人の思想に関わる問題を描いてるわけ。
    コロナはおおよそ根本が見えたの。
    宿題は残ってるけどね。

    だからね、読者やめますって、そもそも
    貴方は小林よしのりを読んだつもりで
    ほとんど何も読んでないんだよ。

    反ワク運動だけやりたいなら読む必要ない。
    別の場所に行きなさいな。

  • #2

    kd (木曜日, 07 4月 2022 01:27)

    コロナ問題、ワクチン問題が解決した上で、皇室や憲法、ロシアとウクライナの戦争問題へと移れたら、それは理想かもしれません。でも多岐にわたる問題が既に切羽詰まっている。一つ、クリアするまで他のものに触れないのは、ナショナリストとして現実的ではないです。

  • #1

    さらうどん (木曜日, 07 4月 2022 00:49)

    ファイト!闘う君の歌を
    闘わない奴等が笑うだろう
    ファイト!冷たい水の中を
    ふるえながらのぼってゆけ