鹿先生の動画「3回目ワクチンを打てば打つほど感染者が増えます」

 

投稿者:ラニーニャさん

  

 

今回は健康な人の接種を避けるべき公衆衛生学的理由を鹿先生が解説してくれている動画がありましたので、紹介します。

 

健康な方は接種を控えるべき公衆衛生学的理由

https://nico.ms/sm40168405?ref=nicoiphone_other

 

 

英国では今PCR検査陽性者が急増しております。

 

鹿先生が陽性者のデータ(英国ワクチンサーべランスレポートより)を検討したところ陽性者における3回接種者の割合が経過を追うごとに増えており、陽性者急増の主要な原因は3回目接種ではないのかとおっしゃっています。

 

アベマTVで忽那関が中川淳一郎氏の目の前でした「周りのために打て」発言が如何にマズいかを再認識しました。これでも未だ懲りずに3発目、4発目とやれと言い続けるのか?

 

忽那関や媚びナビよ。

 

(管理人カレーせんべいのコメント)  

 

 

「ワクチンは感染予防の効果が無い」どころか「ワクチンを打てば打つほど感染者は増える」という現象がデータとして現実に表れているということですね!!

 

ADE(抗体依存性感染増強)の疑いは、真っ先に考えることでしょう。

 

ADEは今の時点では一つの仮説に過ぎないとしても、「ワクチン接種と感染者数の増加」の現象を報道しないのでしょうか?

 


↓(スポンサーリンク)↓


 

ホームページの運営資金  

 

以下のバナーからアクセスして頂ければ、どんな商品を買ったとしても平均3%が当サイトに入金されています。

      ↓↓↓


コメント: 6
  • #6

    サイホクのタカ (木曜日, 24 3月 2022 20:01)

    最近、鹿先生先生の動画を毎日見て冷静なデータ分析による情報を頂いています。
    ある知人に鹿先生の動画と日経新聞の広告を見せたらその方とその身内が3回目の接種を思いとどまってくれました。
    一方、私の職場では今3回目接種がラッシュ状態になっているところですが、みんなワクチンを信じてしまっていてとても言える雰囲気ではなく忸怩たる思いで過ごしています。
    オミクロンに対しては接種者の方が何倍もかかりやすくなっているというのに、堀内大臣、アメリカの接種率を抜きましたとはしゃいでいる場合ではないでしょう。
    そのアメリカは3回目を打つのをやめてオミクロン終息し、打ち続けたイギリスは第7波。
    GW明け頃には日本にも第7波がやって来るのでしょうか。

  • #5

    リニモ1号 (木曜日, 24 3月 2022 18:48)

    動画を見ましたが、まさか陽性者率が50%超になるとは思いませんでした。
    あと池田正行医師も、オミクロン株による死者激増の原因をADEと疑っていますね。
    https://square.umin.ac.jp/massie-tmd/deokure_daiseikai.html

  • #4

    源ちゃん (水曜日, 23 3月 2022 10:01)

    リカオンさんへ
    夢も希望もない日本。「一緒に死のうよ、一緒に不幸になろうよ」と無意識に思っているんじゃないでしょうか。子供達だけでも安全な地へ亡命させてあげたい気持ちになります。

  • #3

    ローカル (水曜日, 23 3月 2022 09:49)

    日本より先にmRNAワクチン接種が始まった英国が公開している
    サーベランス(調査監視)・レポート。
    素人目にも「使わない手はない」と思うのですが、
    政府や分科会がまともに活用して来なかったのはなぜか。
    ━接種推進のためには「不都合な」データだからではないでしょうか。
    シカ先生がいてくれてよかった。

  • #2

    リカオン (水曜日, 23 3月 2022 00:21)

    昨日私の目の前で3回目のワクチン接種券の封を開けている方(知人の息子さん)がいた。
    「3回目はやめておきなさい。体を悪くしますよ」と言うと「ハハハ・・・」
    少し話しているうち、ご本人は「これは人体実験中なんでしょ」と言うので、
    『えっ!知っているんだ!それだけで接種しない十分な理由だろ。』と思ったけれど
    「だけど間違って4回も5回も10回も打っているおばあさんいてぴんぴんしてるでしょ」
    やはり日本人は周りと同じ行動していれば大丈夫と思っているのだろうか。

  • #1

    パワーホール (火曜日, 22 3月 2022 22:31)

    はじめて鹿先生の動画を拝見しました。冷静な分析で興味深かったです。この動画を多くの人に見てもらいたいです。