週刊新潮「“法医学の権威”が「接種後死亡者」の「死因」欄に「コロナワクチン」と明記した理由」

投稿者:KUROうさぎさん

  

今週発売の週刊新潮に下記記事あり

 

“法医学の権威”が「接種後死亡者」の「死因」欄に「コロナワクチン」と明記した理由

https://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/

 

子供へのワクチン接種が始まるタイミングで良いですね。

審議会の判定が楽しみです。

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)  

 

週刊新潮 2022年3/17号 (発売日2022年03月10日)の記事、私は読みました。

 

もしも、このケースでも「ワクチンとの因果関係が認められない」のならば、一体、どうやって死ねば「因果関係有り」になるのか、逆に聞いてみたいものです!

 

まさか外国で「ワクチン関連死」が認定され出さない限り、日本独自の判断で、ワクチン死であると認定しないつもりでしょうか?

 

もし、そうならば、恥ずべき主体性のなさ。そして、同胞への思いやりのなさです。

 

 

今回のケース、国の救済制度で検討されるのでしょうか?

そして、どのような判断がなされるのでしょうか?

 

 

「ワクチン副反応による死亡と疑わしい事例について、オープンな検証と議論を続け、補償すべきは補償する」という原則は、ワクチン推奨派の人たちにとっても悪い話じゃないはずですよね!

 

 

それにしても、今のタイミングで、良い問題提起を記事で書いてくれた週刊新潮に感謝です☆



 

ホームページの運営資金  

 

以下のバナーからアクセスして頂ければ、どんな商品を買ったとしても平均3%が当サイトに入金されています。

      ↓↓↓


コメント: 5
  • #5

    いいまつたか (水曜日, 16 3月 2022 09:34)

    本記事WEB版掲載されました。
    さらに多くの方の目に止まればと思います。

    接種後死亡者の死因に「コロナワクチン」 法医学の権威が明記した理由…補償金4420万円の初適用となるか
    https://www.dailyshincho.jp/article/2022/03160556/?all=1&page=3

  • #4

    和ナビィ (月曜日, 14 3月 2022 10:51)

    「“法医学の権威”が「接種後死亡者」の「死因」欄に「コロナワクチン」と明記した理由」の記事を読みました。解剖した様子・血栓のリアルな描写が恐ろしいほどです。ワクチンが体に入ったことで、こういう変化が起こった---どんなに苦しかったことか。
     (亡くなるまでの症状の描写から、ヘブニーズスタイルでも紹介されていた方のケースだと思われます。)

     接種後に亡くなられた方、それが原因ではないかと疑われるケースはご近所だけでも複数あります。ネットでは数限りないほど。新潮の記事のような「解剖」がなされないままで文字通り葬り去られていった数はどれほどに及ぶことでしょう。火葬されてしまえばもう証拠は全く残りません。医者が認めなければ計上もされません。氷山の一角どころではないでしょう。
     ---今、本当に空恐ろしいことが進行しています。

  • #3

    殉教@中立派 (金曜日, 11 3月 2022 23:23)

    医者の判断vs厚労省の判断の食い違い、以前の少年死亡例でもあった。そこにメスが入るか。皇室記事の分野はイラつくが、買って様子見してみるか。

  • #2

    パワーホール (金曜日, 11 3月 2022 23:20)

    一方の文春は、感染者が減らないとのコロナ煽りの見出し。文春もコロナ煽りをいい加減やめて人々を安心させる報道をすべき。新潮は皇室バッシングをやめるべき。

  • #1

    モコチ (金曜日, 11 3月 2022 22:59)

    おおーー!攻めてますね新潮!

    明日買ってきます。

    なんていうかね…今の政治家が一新されないと終わらないのでしょうか?このワクチン…
    違うか、政府やメディアを信用しきる国民性が変わらないとおんなじ事の繰り返しか。