鳥集徹氏の特集記事、女性セブンで第4弾まで発表

投稿者:マーちゃん

  

女性セブンに鳥集さんの特集記事が以下のように掲載されていました。

 

第2弾「子どものワクチン接種本当に必要なのか」2月10日号

 

第3弾「ワクチン後遺症患者をさらに苦しめる厳しすぎる現実」3月3日号

 

第4弾「「打ったら危ない」と言えない言論封殺の真実」3月10日号(本日発売)

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)  

 

情報共有、ありがとうございます!

 

本日発売の女性セブンの鳥集徹氏の特集記事「打ったら危ない」と言えない言論封殺の真実』を読みました。

 

記事の中で『岡山・倉敷新型コロナウイルス感染対策市民審議会』さんが昨年11月2日から5日にかけて、全国の大学生、短大生、専門学生に、ワクチン接種に関するアンケート(有効回答数1098人)を実施した内容が紹介されていました。

 

学生ですら「5人に1人が圧力を感じた」という結果に。

 

その理由として

『接種に参加しないと実習に参加できない』

『アルバイトができなくなる』

『採用が取り消しになる』

など、ワクチンを接種しなければ抜き差しならない状態に追い込まれる理由もあり、これは圧力を超えた「強制」のように感じます!

 

 

◆◆◆

 

また特集記事の第3弾『ワクチン後遺症患者をさらに苦しめる厳しすぎる現実』についても記事を読みました。

 

ワクチン接種後の体調不良、いわゆる『ワクチン後遺症』を訴える声に対して、この社会は「存在ごと無かったことにする」かのように、完全にほったらかし状態です!!

 

もちろん『体調不良とワクチン接種の因果関係を証明することは難しい』ということくらい私にも想像はできます。

 

しかし社会全体であれだけワクチン接種を推進しておいて、この冷たさは一体なにごとでしょう!?

 

 

私はこういう「人情の無さ」がたまらく不快です!

 

 

尚、女性セブンに掲載されている鳥集氏の特集記事第1弾と第2弾はネット記事で無料公開されています。

 

◆第1弾『息切れ、強い倦怠感、ブレインフォグ「ワクチン後遺症」に苦しむ人たち』2月3日号

https://www.news-postseven.com/archives/20220123_1721176.html?DETAIL

 

 

◆第2弾『子供の接種は本当に必要なのか』2月10日号 

https://www.news-postseven.com/archives/20220128_1722604.html?DETAIL

 

 

(追記)コメント欄・叶丸さんより情報提供

◆第3弾

長期的な“ワクチン後遺症”の現状 救済措置までは長い道のり

https://www.news-postseven.com/archives/20220219_1727060.html?DETAIL

 

◆第4弾

5人に1人が「ワクチン接種に圧力感じる」今求められるリスクに関する情報提供

 

https://www.news-postseven.com/archives/20220225_1728680.html?DETAIL

 



 

ホームページの運営資金  

 

以下のバナーからアクセスして頂ければ、どんな商品を買ったとしても平均3%が当サイトに入金されています。

      ↓↓↓


コメント: 1
  • #1

    叶丸 (金曜日, 25 2月 2022 21:48)

    雑誌とはタイトルが違っていますが、おそらくこちらの2つの記事で合っていると思います。

    第3弾
    長期的な“ワクチン後遺症”の現状 救済措置までは長い道のり
    https://www.news-postseven.com/archives/20220219_1727060.html?DETAIL
    第4弾
    5人に1人が「ワクチン接種に圧力感じる」今求められるリスクに関する情報提供
    https://www.news-postseven.com/archives/20220225_1728680.html?DETAIL