意見広告を読んだ感想が信濃毎日新聞に掲載されました!

投稿者:平井智也さん

  

意見広告を読んだ方の投書が載っていました!

 

2月20日付信濃毎日新聞5面「響 読者と本紙と」に、1月30日掲載済の意見広告をご覧になった読者からの投書が載っていました。

 

改めてこの度の意見広告が、子どもへの接種の是非を検討するための判断材料に役立つ事がわかりました。

 

勇気をもって投書されたこの方に感謝します。

 

 

 

投稿者:わさびさん

 

読者の声を借りた注意喚起記事が掲載されていましたので報告いたします。

意見広告にも触れていますよ♪

 

2月20日 信濃毎日新聞 5面 読者投稿欄「悩ましい12歳未満への接種」

短文なので写しますね。

 

-----

 1月30日付本紙にコロナワクチンの未成年接種について考える意見広告が掲載されていた。私には10歳の子どもがいるため、12歳未満の子供達の接種について真剣に考える機会となった。

 

 テレビやインターネットには様々な情報が飛び交い、何が真実なのか、どれが真実なのか、人の意見や考えがどのくらい入っているのか、何をどう信用すればいいのか分からず困惑する。情報はないと困るが、ありすぎるのも困る。

 

 このコロナワクチンは初めて人体に用いるワクチンであり、臨床試験中の実験薬であって、2023年5月まではワクチンの安全性が不明であると書かれていた。またワクチン接種後に重い副反応や死亡してしまうケースがあることも分かった。

 

 子どもは感染しても比較的軽い症状で済んでいる。それならば、まだ試験中のワクチンを本当に接種する必要があるのだろうか。数年後に想像もできないような健康被害に遭ってしまったら…そう思うと恐ろしい。でも感染からは守りたい。さて、どうすることがよいのだろう。最後は神様に祈ってみようかしら。答えが分かるかもしれない。

 長野市 ○○ ○○ (主婦・40)

-----

 

信濃毎日としては、一応役目は果たしたつもりでしょうか。

 

同紙、3回目は推してますが、以前から子ども接種には積極的ではありません。

 

またすでに遅いですが、若年層の3回目にも慎重姿勢に変わって欲しいです。

 

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)   

 

コロナワクチンの未成年接種について考える意見広告が「考えるキッカケ」になってくださったのなら、目的を果たしたことになります!

 

 

誰かの思いは、誰かの心にいていかなければ、世の中を変えることには繋がらないです。

 

 

投書をしてくださった40歳主婦の方、並びに、この投書を採用して掲載してくださった信濃毎日新聞に御礼申し上げます。



 

ホームページの運営資金  

 

以下のバナーからアクセスして頂ければ、どんな商品を買ったとしても平均3%が当サイトに入金されています。

      ↓↓↓


コメント: 11
  • #11

    トマト (火曜日, 22 2月 2022 00:04)

    この投稿者の方に感謝です。そして、それを掲載してくれた担当者の方にも。
    信濃毎日新聞社さんへ援護射撃しました。

    信濃毎日新聞 本紙の紙面や記事内容、投稿に関する内容
    https://form.shinmai.co.jp/dokusya

  • #10

    わさび (月曜日, 21 2月 2022 23:22)

    この投稿を読んで参考になった点は、意見広告で伝えたいポイントが上手くまとめられ、繰り返されていることです。要点を繰り返すことで、採用・編集に携わった方に刷り込まれていくと思うし、もちろん読者にも要点が伝わりやすい。二重、三重の効果があるので「繰り返し」は重要だと気付きました。感想文にもその視点を取り入れようと思います。
    この投稿をされた方は、そこまで予測し、狙ったのかなと思いました^^

  • #9

    タルト (月曜日, 21 2月 2022 21:36)

    もともとワクチンを打たない人ではなく、打つか打たないか迷っている読者が思い切って投稿したところに、価値があると思いました。迷っている人は、あわてて打たないで、しばらく、何か月か、様子を見たほうがいいです。時間が立てば、問題点がいっそう明らかになるでしょう。広告を読んで、一時、接種を思いとどまることが、神様の声だと思います。広告の力ですね!たけし社長の勇気ある行動に感謝しています。

  • #8

    さらうどん (月曜日, 21 2月 2022 20:40)

    意見広告が多くの方々に浸透していっているということを実感しますね。こういう読者の「声」を、もっともっと取り上げていって欲しいです。

  • #7

    伊那人志 (月曜日, 21 2月 2022 20:32)

    地元のものです。
    意見広告は見ました。地元の人が感想を出してくれたのは嬉しかったです。

  • #6

    モコチ (月曜日, 21 2月 2022 19:50)

    届いているんですね…誰かに、確実に。

  • #5

    和ナビィ (月曜日, 21 2月 2022 18:34)

    あの意見広告があるお母さんに確かに届いた
    それに気持ちが揺さぶられて考えた
    それを≪自分の言葉≫にして新聞社に届けた
    その投書を新聞社は受け止め
    【響】という投書欄に掲載した

    まさにある音源に【響いて】
    さらに新聞社に【反響して】
    こうして記事になった
    それをまた読む人々がいる

  • #4

    平井智也 (月曜日, 21 2月 2022 18:11)

    投書の最後部分「神様〜」のくだり、不謹慎ですが笑ってしまいました。「神頼みしなくても、ご自分の常識的判断で解決できますよ〜」と、ソッとひと押ししたくなりました。

  • #3

    もーり (月曜日, 21 2月 2022 16:38)

    すごい!いいですね!
    真ん中の段、もう一度読んだ方が、また調べたり、話題にするするきっかけになるかも。ありがとうございます。

  • #2

    ただし (月曜日, 21 2月 2022 13:17)

    信濃毎日新聞さんへ、援護射撃致しました。

  • #1

    Richard Tiger (月曜日, 21 2月 2022 11:38)

    神様に祈ってちゃダメ〜。迷わずワクチンを止めよう^_^