· 

「男はつらいよ」の寅さんの魅力を語る掲示板

「男はつらいよ」の寅さんの魅力を語る掲示板

 

たけし社長は、意見広告運動で苦しい時には「寅さん」を見て、元気を取り戻すようです。

 

小林よしのり先生も「寅さん」が大好きですね。

 

そして北朝鮮の金日成も「寅さん」の大ファンだったようです(笑)

 

はたして寅さんの魅力とは?

 

簡単なコメントでも結構なので、気楽に書き込んでください(^^)/



コメント: 71
  • #71

    たけし (火曜日, 17 5月 2022 15:23)

    おーさすがペチカ会長。。読んでるだけで、すべてのシーンが目に浮かんでくるようだ。。寅のアリアの次くらいに凄い、、では、副会長の私としましては、勝手に
    「男はつらいよ、嫌なヤロー(ども)ランキング」を発表させていただきます。

    1位:泉のおじさん(尾藤イサオ)
    2位:ぼたんを騙す実業家
    3位:「恋愛塾」の面接官ども

    以上!あとはみんないい人!!

  • #70

    リカオン (月曜日, 16 5月 2022 13:02)

    失礼しました(>人<;)
    パチカさん→ペチカさん

  • #69

    リカオン (月曜日, 16 5月 2022 13:00)

    パチカさん>都はるみの生活実態‥そうかー。なんかローマの休日を彷彿させるような内容でしたね。寅次郎のローマの休日なーんて。
    はるみさんが、自然に佐渡の自然の中で歌い出すシーン。良かったなあー。本当に歌を歌うのが好きだと言うことが伝わるシーンでした。
    また、寅さんは気遣って本人の望むままにしてあげるんだよなあ。有名人だと気づいた後はなおさら。

  • #68

    ペチカ (月曜日, 16 5月 2022 00:59)

    会長ぉって、、、猪木じゃあるめぇ~し、、、そんな柄じゃぁ~ござぁ~せん、、せめて師範代位に、、、って、ウソ!じょ~だんです、、苦笑

    時々顔をだしてくれってぇ?、、、いやぁ~、そいつはまずいなぁ、、、そんな事いわれっちまうと、こちとらそんじょそこいらの腐れインテリたぁ~わきゃ~違う、ちゃっきちゃきの江戸っ子(ではない笑)中途半端にのぼせアガリャ~しませんぜ、、、ってなもんで、、、苦笑

    そうねぇ、昔話をはじめりゃ確かにきりゃ~ねぇ~わな、、こちとら好き好んでしがねぇ~場所で貧乏人相手に御託並べて売をしてるっつぅ~訳じゃ~ねぇ、、故郷じゃカワイイ妹が寂しい思いしてあんちゃんの事を待っているにちげぇ~ねぇ、、あぁ、できりゃ~帰りてぇ~よ、、でもなぁ、そこをぐっと堪えて、耐え忍ぶってぇ~いうのが男ってもんだろぉ、、おめぇさんにこれが解るかい?、、なぁ、まぶたをパチぃ~っと閉じりゃ~いつだって故郷の事が浮かんでくるんだぁ、、、涙がぽろっと、ついこぼれちまうんだけどよぉ、、、

    でもなぁ、そこが渡世人のつれぇ~所よ、、おれがいたんじゃ堅気連中に迷惑が掛かっちまうってなぁ、、、そこんとかぁ解ってるんだぁ、馬鹿なおれでもよぉ、、風の吹くままぁ気のの向くまま、、旅がらすのお兄ぃ~さんたぁ、そう、性は、、、名は、、、、、人呼んで、、、、、たぁおらが事よぉ、、

    ちゃ~ん、ちゃららららららぁ~、、、寅のテーマ曲スタート!

    お~れがいたぁ~んじゃおよぉ~め~にゃゆけぇ~ぬぅ~

    創作物語ジ、エンド(笑)

    、、、テーマ曲が出たついでに問題です。

    寅さんのテーマ曲は複数バージョンあるのは結構毛だらけ、、、じゃなく、結構有名ですが(笑)、、さて、何バージョンあるのでしょうか?

    で、そのバージョン違いは何作目だったでしょうか?

    な~んて、あんまり気にしてないだろうねぇ、、、苦笑

    かくいう自分もいくつか気が付いておりますが(4つ以上ある、口上を含めるともっと、、)、完璧に把握はしておりませんのでアシカラズ、、、って答えが無いんかい?、、はい、、、パッと思い付きで書きました、、、失敬、、、苦笑

    問題ついでにもう一つ(笑)、、、皆さん気が付いていらっしゃいますかねぇ、、、もうしょっちゅう出てくる脇役のおばさん、、、もうぜ~んぜん、違う所のおかみだったり女中だったり、目立たないけど凄い数出演してるっていう、、、あ!又このおばさんがこんな所に!って、、、苦笑

    親身にタコ社長でない社長さんさんと優しいにお医者様におだてられ、嬉しいあまりにのぼせ上ってつい、筆が走りだしてしまいました、、、(笑)失礼しましたぁ、、、苦笑

    何ぃ~、浪花の恋の寅次郎ぉ~、、、、、あれかぁ~、、、う~む、こいつは、シリーズ化して定番となった寅の中でも少々異色の部類、、、と勝手に捉えている自分、、、というか、、全部随分違うけどね、、、苦笑

    関西圏の独特のキャラというか、、でもって芸子との大人の恋愛?、、、芸子はこれまでも居たけど、色っぽさがね、、あのしっとり感はいしだあゆみのかがりさんでもあったが、ちょっと毛色が違うって感じがするんだねぇ、、、芦屋雁之助に、そんなカッコばかりつけてたら女子はものにならへんでぇ、地獄の底まで付きまとっていく位の根性が無かったらあきまへん、、っていわれて寅はね、、、苦笑、、でも関西の血が実は流れている寅は自然と関西にも溶け込んでいっててね、、、

    寝込む色っぽい松坂、惚れてしまうとめっぽう弱い寅、、、しかもあんな風にされて、、、ドキドキしてしまう瞬間だぁ~ね、、、こっそり逃げようとしているのを見て観客の関西人は、、寅!いてまぇ!と叫んだとか、、、ははは

    普段強がってて威勢もいい寅だが、その辺は結構はったりだったり、、苦笑、、案外喧嘩は弱い時も(博にさえやられた過去が、、苦笑)、、、女をいてまうなんて、そんな度胸ぉ~はね~のよ寅には、、というか、心底優しいのよ、、、乱暴そうで本能的に生きているよ~に見えて実はそうじゃねぇ~んだな、我々娑婆の下世話な人間と違って、、、と、勝手に肯定的に捉える自分、、苦笑

    それと、この回から満男があの寅に似た満男から吉岡の満男に代わった、、、代わった理由は中学進学?で忙しくなるからだったらしい、実は泣かない赤ちゃんって事で地元から急遽抜擢された子だったっていうね、、つまり素人、、、それにしては良いキャラで、、顔も似てたし、、演技してない自然なそぶりがね、、苦笑

    おぉそうそう、枯れ尾花さんの寅は反米かってやつ、あれ、面白い視点だねぇ、、、そんな風には見た事はなかったが、、、確かにペリーが浦賀でどか~んと大砲で脅かして云々ってやつは寅はムカついてたねぇ、、、まぁたまたま反米って感じだけど、どっちかって言うと反権力って感じだねぇ、、、ある種真逆の生き方してきて苦労してるからねぇ、、、

    まぁ牡丹の時にはそのムカつく社長を二度と表歩けねぇようにしてやるってね、、、カッコいいねぇ、、つまり、愛と誠の為には法を犯すのも辞さないっていう、、、つまらねぇ理屈じゃね~んだね、寅にとっちゃ、、、、段々寅語っぽくなってしまいますが、、、苦笑、、、リリィと波止場でまぁ俺たちゃあってもなくてもどっちでもいい、あぶくみてぇ~なもんだよなぁって(リリィのセリフだったかな、、)、、風呂でこいたへじゃないけど背中にまわってパチンだ、、ってねぇ、、、まぁ辛酸舐め子じゃなく(笑)辛酸舐めてきたある種の悔しさもどこかにあるんだろうねぇ、、、だから偉そうに上から目線の奴にはムカついてしまう、、つまりインテリ嫌いなんだろうねぇ、、、

    まぁ寅にとってはアメリカはインテリっていう無理やりな帰結、、、、苦笑

    リカオンさんが見たっていう都はるみの回、、、あれも面白かったねぇ、、、あれは、名前こそ違うけど、もう多分都はるみの生活実態そのものじゃないかって思える様な内容でね、、、多分普段もあんななんだろうねぇって、、、で、何もかも手に入れたようで、ふと、束縛の無い自由に憧れちゃうんだろうなぁ、、寅のような暮らしにね、、、苦笑

    それじゃ~まぁ話も長くなってきたんで、今日はこの辺でお開きって事で、、、あぁ~考えるだけで楽しかった、失礼しやしたぁ~、、苦笑

  • #67

    さらうどん (月曜日, 16 5月 2022 00:30)

    上島竜兵さんも、「男はつらいよ」シリーズが大好きだったんですよね・・・。
    彼の盟友の出川哲郎氏は、実際に売れない役者だった頃に同シリーズに出演もされていたとか。

  • #66

    リカオン (日曜日, 15 5月 2022 11:34)

    昨日久しぶりに寅さんを見た。マドンナは都はるみ。
    自分は女性なのだが、寅さんに自身を投影して視聴していた。
    ああ、若い時よく一人旅したなあと寅さんの後ろ姿を見て思った。
    若いときは無限の時間があった。
    子どもも手がかからなくなってきたし、家族に了解もらって短期でもいいので一人旅をしたくなってきた。

  • #65

    枯れ尾花 (金曜日, 13 5月 2022 14:42)

    ペチカさん、やはり会長が時々顔出してくれないと寂しかですよ。
    寅さんが「きりがないですから、、、」ってセリフも時々言ってたと思うんですけど、きりなくていいですよ、寅話は。

  • #64

    たけし (金曜日, 13 5月 2022 10:43)

    寅友の会 会長ペチカさん、お久しぶりです!たしかに。会長は寅話し始めると止まらないですもんね。昨日、僕は浪花の恋の寅次郎を観ました。松坂慶子色っぽいなー。あと大原麗子も竹下恵子も栗原小巻も、みんなかわいいなー。。とかくインテリがかかりやすい完全なイロノーゼというやつかもしれません。。

  • #63

    ペチカ (水曜日, 11 5月 2022 00:44)

    う~ん、寅話、した~い欲が半端なく、、、ははは

    しかし、話し出すと止まらんので、寅話ではなく皆さんの投稿の一部に反応しようかと、、、苦笑

    >>#24 リカオンさん

    そうそう、まったく仰る通りです!!!激しく同意!

    >>#27 たけしさん

    森重はよかったねぇ、、、でも、自分は宮本信子演じるとの寅さんの絡みがねぇ、、妹さくらに云々ってやつは、あれはマジで泣けましたよ、、、で、最後の方で森重が鼻水垂らして電話でね、、、

    >>#28 ひとかけらさん

    マイケルね、、マイコさんってね、マイコーって聞こえるからね、、あれも強く印象に残っている大好きなやつの一つ、、、さくらが惚れられて、英語でね、インポッシブルって、、、落ち込むマイコに寅さんが共感しちゃってね、、、ははは

    >>#31 Henkkaさん

    ウィーンはかなり大胆なやつでしたねぇ、、、でも名脇役の柄本がいい味だしてる、、、いしだあゆみのあじさいのやつでもいい味出してたし、、、寅さんは脇役も結構すごい、、、、超初期の頃の左卜全がそ~よ、馬鹿はおめぇ~よ、、ってのがねぇ、、、ははは

    >>#32 ぷにゅっくすさん

    飛行機怖いは、リリーのハイビスカス、、、あれも大好きなやつ、、、リリーの奴は全部いいが、、、苦笑、、、沖縄に行くってなって団子屋で皆で考えてて、電車と船じゃねぇ、、で、おばちゃんが〇〇だったらタクシーで行けるのにねぇ、、、って所にタコがね、飛行機で行けばいいじゃねぇ~か、って、、寅も、つい怖いって漏らした後に怖くないけども!と嫌!っていう、、、苦笑、、、でもねぇ、、、寅がいつから怖くなったのかは良くわからんのです、、、何しろ競馬で大穴当てた時にはおいちゃんおばちゃんと飛行機でハワイに行こうとしてたんだからねぇ、、、白いスーツ着て、、、結局行けなかったけど、、、はは

    まぁその後何かあったのかな、、、苦笑

    >>#33 和ナビィさん

    長野県は度々舞台になってますよねぇ、、、で、仕事で上田に行った時には、行きました!ロケ地の別所温泉と塩田平、前山寺の山門!同じアングルで写真を撮っちゃいました、、、苦笑、、、で、小諸も、、、寅さん会館?その時いきたかったけれど、既に閉鎖されてました、、、残念、、、

    >>#42 ひとかけらさん

    17作目はたけしさんもお気に入りみたいで、で、実は山田監督もこの17作目が一番いいシナリオだって自分で言ってました!、、、で、確かに話の展開も内容も物凄く濃い!、、、貧乏人かとおもった宇野重吉演じるホームレス風おじさんが、、、じつは、、、みたいな、、、で、ちょろちょろっと描いて7万円って、、、追い出した後に正体がバレるっていうね、、、牡丹を助ける為の必死の寅、、何も所有していないっていう社長が登場、、、腐った現代の縮図がそこにね、、、でもラストがいいねぇ、、、おカネじゃないんだよねぇ、、、

    >>#52 たけしさん

    寅語の研究、いいですねぇ、、、あの話術、雰囲気、、、技ですね確かに、、、で、ビール注文のやつ、、、これは少々落ち着いてきた頃の優しさとしぶさが出てきた寅さんって感じですね、、、初期の少々とがった寅だと、どうかな、、、お~いそこの紅おしろいつけたおじょ~ちゃん、、、は酔っぱらい過ぎですかね、、、段々成熟していく寅さんの寅語研究、引き続きおねげぇ~しやす(笑)


    >>枯れ尾花さん

    数々の映画視聴コメント!いいなぁ、、、毎週?放送されているんですね、何度も見てるけど、放送されていると又見ちゃう、、、そうそう、寅さんに共演して実生活で一緒になっちゃうというのはありましたねぇ、、長渕はもう一緒になりかけてましたけどね、、、他にもあったのかなぁ、、、

    今後も映画視聴後の解説云々楽しみにしております!(又いつかコメント、、、多分します、笑)

  • #62

    たけし (月曜日, 09 5月 2022 08:38)

    30話好きです。湯平温泉と杵築の街並み。今はすっかり湯布院におされて若干さびれてますが、情緒は撮影当時のまま残っています。ただ情緒ある温泉地のダントツ1位は、13話に登場した島根県の温泉津温泉です。昭和風情を超えて大正風情の残る素晴らしいところで、ほぼ撮影当時のまま残っています。風の吹くまま気の向くまま、聖地巡礼の寅旅をしたいです。。

  • #61

    枯れ尾花 (日曜日, 08 5月 2022 19:09)

    昨日は男はつらいよ花も嵐も寅次郎が放映されました。大分の湯平温泉が舞台になったり馴染みのある場所での回でしたので特に印象に残ってました。ゲストはジュリーこと沢田研二と田中裕子さん。この回では寅さんは珍しく恋のキューピッドの役回りで二人はめでたく一緒になるわけですが、よしりん先生の「恋愛論」を読んだばかりで色々とそっちの視点からも作品を観ていました。作品の中ではジュリー、田中さん共に一目惚れだったんですが、なんとこの数年後二人はホントに結婚したのよね。

  • #60

    我が家 (月曜日, 25 4月 2022 21:54)

    寅さんは導入部の夢のシーンが好きでしたよ。
    父がこれは、落語でいう所の枕部分で、古今東西の昔話、落語等が話の素だと解説していました。
    夢から覚めると大体駅のホームなどで、そこで「男はつらいよ」が流れ出す、といったオープニングはほとんどの作品で一緒でしたね。

  • #59

    枯れ尾花 (月曜日, 25 4月 2022 21:10)

    >なおジョカさん
    私もミスチル聴きましたよ!
    私にとっての古き良き時代は寅さんが生きていた時代なんよね~。

  • #58

    なおジョカ (月曜日, 25 4月 2022 20:32)

    玉置浩二、聞きました〜。何かすごーいものが滲み出ていますね!

  • #57

    たけし (月曜日, 25 4月 2022 17:56)

    やせ我慢の美学。顔で笑って腹で泣くってやつですね。玉置もミスチルも早速聴いてみます。

  • #56

    枯れ尾花 (月曜日, 25 4月 2022 14:31)

    玉置浩二の歌う「男はつらいよ」の主題歌もいいと思うけどな~
    たけし社長、なおジョカさん聴いたことあるかな?
    玉置さんも寅さんファンですよ、きっと。

  • #55

    なおジョカ (月曜日, 25 4月 2022 13:49)

    いいセリフですねぇ、たけし社長!女性の幸せを願うことができない自己中心的な男は男じゃないということを、寅さんは教えてくれますね…。

    あと、ミスチルの「傘の下の君に告ぐ」という隠れた名曲、ご存じでしょうか。

    ♪時代錯誤だって寅次郎は歌う 人生ってやつが何たるかを 愛情ってやつがなんたるかを~

    という歌詞があります。ミスチル桜井さんも寅さんファンでしょうね。

  • #54

    たけし (月曜日, 25 4月 2022 11:04)

    何話か忘れたけど、「ほんとに、その男と一緒になって幸せになれるのか?」「うん」
    その後の「幸せにならなかったら承知しねえぞ」これもカッコよかったな。。

  • #53

    なおジョカ (月曜日, 25 4月 2022 07:41)

    「幸せになれよ」と寅さんが女性に向けるセリフ。本心でもあり、やせ我慢の美学でもあり、男の優しさでもあり。でも、やっぱり優しさの要素が一番ですかね。女に優しくできないやつは男じゃない、と父も幼い僕に教えてくれました。

  • #52

    たけし (日曜日, 24 4月 2022 22:31)

    私は最近、日常生活の中で使えそうな「寅語」の研究をしています。たとえば飲み屋での粋なビールの頼み方。普通は「すみませーん、生ビールくださーい」ですけど、これが寅なら「よう、ねえさん、冷えたビールでももらおうか!」になります。冷えていないビールなどあるわけないので、店員さんからはうざがられること間違いなしですが、寅友同士の呑みでは「おーーー今の、寅っぽい」と褒められること間違いなしです。この話、以上。

  • #51

    枯れ尾花 (木曜日, 21 4月 2022 22:43)

    甥の満男が「伯父さん、人間は何のために生きてんのかな?」と聞いてきた時、

    「生まれてきて良かったと思えるその一瞬のため人間は生きているんじゃないか」
    と答える寅さん。

    この寅さんの言葉も学者さんじゃ思いもつかないオリジナルな哲学というか思想と思います。

  • #50

    枯れ尾花 (火曜日, 12 4月 2022 14:25)

    先週、寅次郎かもめ歌が放映されました。マドンナは元キャンディーズの伊藤蘭ちゃん。蘭ちゃんの父親は寅さんの今は亡き友人で、寅さんが上京し高校に進みたいと希望する蘭ちゃんを連れて戻ってきて…といった話で始まるのだが、蘭ちゃん、定時制高校に無事入校したが、そこの教師の一人に二代目おいちゃんの松村達雄が出演。
    国鉄職員が公衆便所の掃除の状況を一編の詩に書いたのを授業で読み上げるのだが、その内容がじんわり沁みてくる。
    寅さんもその学校に度々顔を出していたが、英語の授業の時、先生が寅さんも受けないかと誘うのに対し「アメリカに用はないよ」と断って出てゆく場面がありました。やっぱ、寅さん反米かな?

  • #49

    枯れ尾花 (火曜日, 05 4月 2022 20:49)

    寅次郎春の夢、マドンナは香川京子さん。
    この回ではアメリカ人の行商人が宿泊先に困っていたのを寅屋のみんなが助けようと招き入れたのでしたが、そこに帰ってきた寅さんと一悶着。
    寅さん、アメリカ大嫌いと主張、「黒船来てから日本はずっと好き放題されてきたんだぞ!」とたこ社長たちに訴えてました。
    寅さんって反米?
    渥美清さんて確か映画「トラ·トラ·トラ」
    に出てたんですよね。
    寅さん(渥美清さん)て反米保守なんやろか?

  • #48

    昭和43号 (月曜日, 04 4月 2022 00:46)

    ここ3年ほどのニワカファンなので、直に映画館で見たのは『おかえり寅さん』だけです。
    有名な名セリフ「相変わらずバカか!?」がお気に入りです。
    コロナ脳やワクチン脳、特に男系主義者に言ってやりたくなります。

  • #47

    枯れ尾花 (日曜日, 03 4月 2022 09:45)

    でしょうね。

  • #46

    ひとかけら (日曜日, 03 4月 2022 09:42)

    寅さんの隣にいるのはリリーで間違いないと思います。素のままの寅さんとリリーでド派手に喧嘩しますけどスッと元通りになるような気がします。

  • #45

    枯れ尾花 (日曜日, 03 4月 2022 07:03)

    私も見ましたよ。
    もし、リリーさんと所帯もったら…旅回りの歌手と的屋稼業で日銭を稼ぎながら全国をまわって、時々柴又に戻ってくる…つまり寅さんの生活スタイルは変わらないわけだ。ただ、寅さん惚れっぽいからリリーさん落ち着かないんじゃなかろうか。

  • #44

    ひとかけら (日曜日, 03 4月 2022 05:34)

    昨日はBS7でハイビスカスの花を見ました。「リリー俺と所帯持つか?」は名シーンです。

  • #43

    VOH甘木 (土曜日, 02 4月 2022 00:25)

    健さんも勝新も寅さん以外の渥美清とは共演されていますね。多分1回こっきりでしょうが…

  • #42

    ひとかけら (木曜日, 31 3月 2022 15:50)

    先程17作を見ました。立派な肩書きがない金もないけど全ての人間に平等に接する寅さんが弱きものの牡丹のために頑張る。人間にとって最も大切なものを持ってると感じました。個人的には座敷で寅さんが芋の煮っころがしを落として追いかけるシーンが笑えました。東京どっちだも名シーンですね。

  • #41

    枯れ尾花 (水曜日, 30 3月 2022 22:03)

    スリランカ大使は、子どもたちに伝えてゆくべき心として、優しさとそして明るさということを寅さんから学んだみたいなことも言ってたかな。

  • #40

    枯れ尾花 (火曜日, 29 3月 2022 21:11)

    先日、スリランカ大使が「男はつらいよ」について研究発表されたことについてテレビでやってました。
    その方は寅さんのことを「欲望がない、神に近い存在」と評されてましたよ。
    スリランカは日本とは同じ島国で仏教の国であり親近感が湧くようです。
    その方の働きかけでスリランカでは寅さんの映画が毎週放映され好評だったらしいです。「おしん」以来とか言ってたかな。

  • #39

    さらうどん (水曜日, 23 3月 2022 23:38)

    >枯れ尾花さん

    桃井かおりさんは、役の前に御本人が、本当に良いところのお嬢様として生まれ育ってらっしゃいますからね。

  • #38

    たけし (水曜日, 23 3月 2022 10:18)

    何気に少年寅次郎も好きです。割烹着も好きです。。

  • #37

    枯れ尾花 (月曜日, 21 3月 2022 11:29)

    先週の寅さん、マドンナは異色な感じの桃井かおりさん。田園調布のお嬢さんという設定だったが、寅さんは田園地帯の農家の娘と認識。今昔物語をこんにゃく物語と言ったり、寅さんにとってはどうでもいいことなのです。

  • #36

    枯れ尾花 (木曜日, 17 3月 2022 14:19)

    先週の寅さん、博の父役の志村喬が出演、寅さんに「今昔物語」を通じて人生の儚さを伝えるといった場面がありました。志村喬は黒沢監督の「生きる」では末期癌に侵されたしがないサラリーマンが、最後にあることをやり遂げるためにヤクザともやり合うといった役どころで、とても印象的で記憶に残ってます。そんな役者と寅さんのやり取りが実に味わい深い。また見られて良かった。マドンナの大原麗子、やっぱ美しかな~

  • #35

    枯れ尾花 (木曜日, 10 3月 2022 07:43)

    昨日のコメント間違ってました。大分県の湯平温泉ではありませんでした。熊本県の田の原温泉でした。確か、どっちも寅さんのロケ地になってたんです。すみません。
    田の原温泉もよか湯ですよ。登山の帰りにひとっ風呂♨️浴びてました。

  • #34

    枯れ尾花 (水曜日, 09 3月 2022 19:58)

    先日、放送された寅さん、九州の大分県湯平温泉が舞台だったのです。30年くらい前、大分県竹田市に住んでた時、この温泉にも行ってました。湯布院や黒川温泉ほど有名じゃなかったけど湯治場としていい味出してたもんな~。寅さんも撮影の合間にゆっくりできたかな~。

  • #33

    和ナビィ (金曜日, 04 3月 2022 10:45)

    #19 大平原インデアンさん

     ほんとに引用された言葉はこのワクチン接種に関する寅さんの意見みたいですね(^-^)。
     第40作「寅次郎サラダ記念日」は昭和63年の作、舞台は我が小諸市でした。当時市挙げての協力、話題になっていました。寅さんの長年の大ファンの社長さん!が小諸市にもおられ、協力はもちろん、山田監督の講演会イベントも催され行ったことがあります(^-^)。そして懐古園のそばに「寅さん会館」という資料館までできました(今は閉館)。
     冒頭にも出てくる祇園祭、あの神輿は由緒あるもので珍しい形をしています。陛下が即位された際の高御座とよく似ていますでしょ。
     
     昨日全編をアマゾンプライムで家族この作品を観ました。当時の小諸の様子がそこかしこにあり、懐かしかったです。舞台になった病院、市街地はだいぶ変わりました。今あの病院の下は市役所、その庭には、特設ワクチン接種棟の灰色のプレハブが並んでいます・・。

     但し、早春の浅間山の景色は変わりません。雪もだいぶ解けて美しい山容を見せています。

  • #32

    ぷにゅっくす (水曜日, 02 3月 2022 21:03)

    寅さんが飛行機に乗らないといけない時、「飛行機!?飛行機はだめだ!」「いやだいやだいやだ!」と滅茶苦茶に嫌がっているのに、スチュワデスから「あら、飛行機は安全なんですよ」と言われたとたんに乗るのがいいですね~~!!
    私も飛行機自体は好きなんですが乗るのは苦手で。高度1万メートル以上の空を薄い鉄板越しに飛んでると思うと怖いです。
    寅さんも鉄道に乗るのは平気ですが、飛行機がだめなのは人間が空を飛ぶってのはとんでもないこと、足が地面から離れるのは恐ろしいと思ってたんでしょうね。
    よしりん先生も「民主主義という病」で、同じような事を言っていましたね。飛行機は怖いから不安を和らげるためにスチュワーデスは美人でなければならないとか(笑)

  • #31

    Henkka (水曜日, 02 3月 2022 19:25)

    初コメントです。
    『ウィーン編』が初めて観た寅さんでした。渥美清が亡くなってからです。その後柴又の舞台となった甘味屋に友人と行き、貼ってあった寅さんのポスターを見たら自然と涙が出ました。寅さんとして亡くなった渥美清の役者魂にも敬意を表します。

  • #30

    ただし (水曜日, 02 3月 2022 18:59)

    子供の頃は、お正月に必ず公開される「男はつらいよ」の魅力が、全く分かりませんでした。
    TVで放映されると喜んで観る両親の気持ちも分かりませんでした。

    正直、あまり好きじゃなかったと思います。何でだろう…。
    たぶん、必ず起こる喧嘩と、最後、家から出ていくこと、恋も必ず上手くいかないことなどが、寂しい気持ちになって嫌だったような気がします。自分の家と重ねて観ていた気も…。

    二十代の頃、何気にTVで観て、面白さに気付きました。それからは、どれかの話をレンタルしてきて観るの繰り返し。

    四十代の頃、幼なじみが、仕事で病んでしまって東京から帰って来ました。何度も、一緒に飲んだりして、喧嘩して。
    その彼が『上げる』と言って私の所に置いて行ったのが、「男はつらいよ」全49作のDVDです。まだ全部観れていません。
    何年も疎遠になっていますが、今度、連絡をしてみようと思います。

  • #29

    枯れ尾花 (水曜日, 02 3月 2022 18:20)

    寅さんファンでなくとも玉置浩二が歌う
    「男はつらいよ」を一度聴いてみてくんしゃい!

  • #28

    ひとかけら (水曜日, 02 3月 2022 14:17)

    たけし社長:

    17作は見たかも知れませんが記憶にあまりありませんので見てみます。僕は外人のマイケルが寅さんに初めて会った時「あなたは誰ですか」と尋ねてそれに対する寅さんの返答に大笑いしました。

  • #27

    たけし (水曜日, 02 3月 2022 07:58)

    三船もよかったな。。森繁久彌がゲストで出る回も好き。私は、東京はどっちだ?の名作17話を観て、意見広告で身銭を切る覚悟を決めました。あの寅はカッコよかったな。。観てない方にはオススメです!

  • #26

    ひとかけら (水曜日, 02 3月 2022 06:34)

    枯れ尾花さん:

    1ですね。三船敏郎の不器用な性格の獣医が良い味出してました。

  • #25

    枯れ尾花 (火曜日, 01 3月 2022 21:42)

    男はつらいよには多くの有名な俳優が出演してましたよね。
    さて、以下の大物俳優で寅さんと共演したのは誰でしたっけ?
    1 三船敏郎
    2 勝新太郎
    3 高倉健

  • #24

    リカオン (土曜日, 26 2月 2022 16:28)

    いつのまにか、寅さんの良さを改めて実感する様になってきた。諦めたり流されていたら、寅さんならどう言うだろう。保身に走っていたらどうだろう。
    てやんでぃ!べらんめぇ!と言いながら納得いかないものはいかんと言うだろう。こんなんしたらクビになるんじゃないかとひよる時、寅さんならどうする?自由人だから突き進める。そうか、私は元々自由なんだ。自分で自分を縛りつけていただけなんだ。なんか言われたら矢でも鉄砲でも持って来いと言い返そう。
    寅さんは傍目には愚かに見えるけど、彼が情にほだされて動くとき、彼を馬鹿にしていた連中は結局何にも出来なくて、困った人は寅さんによって救われるんだ。寅さんを理解している人は少ないけれど、救われた人は寅さんの事を一番わかっている。寅さんも名声は要らなくて自分が納得していればいい。本当に自由人なんだ。周りの目なんか関係ない。
    周りの目ばかり気にして、集団で不自由になっている今の日本人に寅さんは一番必要かもしれない。

  • #23

    枯れ尾花 (火曜日, 22 2月 2022 14:29)

    先日、つい興奮して歌詞書いちゃいましたけど、風天の寅ではなくて(これだと風の神になっちゃいます)、瘋癲(定まった仕事も持たず、ぶらぶらしている人)の寅と書いた方がよいですね。
    まあ、私にとっては風天も案外当たってるかなとは思うんですけど。

  • #22

    ペチカ (月曜日, 21 2月 2022 22:50)

    何と言うか、、、大好き過ぎて、一人はしゃいでコメントしまくりそうなので、そこはぐっと抑えていましたが、、、

    今日はお兄ぃさんお姉ぇさん、長文、駄文、御厄介失礼さんでござんす、今回限りって事でご勘弁くだせぇ、、苦笑

    とりあえず、カレーせんべいさんが一作目は見たという事で、見てないやつの中身が解ってしまうのはもったいないので、、、その辺は安心してコメントできるって事で、、苦笑

    まぁネタバレしたとしてもあらすじと言うよりあの場の雰囲気というんでしょうか、空気と言うんでしょうか、滑稽なドタバタと言うか、、やり取りの面白さは見ないと解らない、、、他の俳優がやってもあの味はでないんじゃないかなぁ、、

    作り上げた演技と地の部分が混ざった、、、あれは中々真似できない、、、100年に一人の天才、、って、山田監督が言ってました、、、苦笑

    寅ファンの一人としては、ある種あの第一作目は結構な衝撃で、、、他の回では見られないものがふんだんにあり、、、

    何しろ、シャツにネクタイ締めて、革靴まで履いて柴又に帰ってくるんですからねぇ、、、あの定番の寅さんのカッコじゃないってのが新鮮で、、、まぁ大体20年ぶりに帰ってきた時だけはおもいっきり背伸びしたって感じで、、段々と本性がバレてくるんですけどね、、、

    でも、その本性も、けっこう過激で、、、へ~っ、けっこうだねぇ、けっこう毛だらけ、、はやめときましょう、、、苦笑

    なにしろ、あのまだ嫁入り前のカワイイさくらに寅は張り手くらわしちゃうんですからねぇ、、、おいちゃんが激怒するのも無理もねぇ、、、

    初代おいちゃんは、いい味出してたなぁ、、、心臓に持病があるって設定みたいだけど、、本当にシリーズ途中で死んじゃってねぇ、、、急遽決まった二代目おいちゃんは、まぁやぶ医者役やった松村達雄が代役でしばらくやったりしてね、、

    まぁ作る方も最初はまだあれが長期シリーズになるとは考えていなかったようで、、

    そうそう、下で自分がコメントした部分で、1年で4作というのは、実は5作の間違いでした、、、山田監督が1と2作目やって、何と、シリーズ中山田以外が監督をしたのが3作目のフーテンの寅と新男はつらいよの4作目、たった数か月で3作って、すごいエネルギー、、苦笑、、、面白いんだけど、、確かにそれらはさくらの影が薄いねぇ、、、そこで、締めくくりに5作目の望郷辺で終わらせようって又再び山田監督がね、、、で、そのマドンナがいい、、テレビシリーズのさくらとおばちゃん、がそのままに出てるっていうね、、ダブルさくらのある種の競演?

    さぁ~これで寅さんシリーズのクライマックスで終結~って思ってたら、、これまた人気大爆発でやめられなくなっちゃうっていう、、、ははは

    いや、ファンとしては、本当にその後の傑作が多数生まれたわけですから、作ってくれて、ホント、社長、ありがとぉ~って、、、苦笑

    その後段々と、放浪の旅と色恋沙汰と話は色々面白くなっていく訳ですが、、、根底に流れるのは、寅とさくらの兄弟(妹でも兄弟っていうのが変だけど、、)愛の物語、、、寅は恋愛をしては振られ、たまには惚れられて戸惑い、、、でもそばにはいつも優しいさくらが、、おにいちゃ~んって、、

    でもさくら、、、一作目、可愛い過ぎるぅ~、、、

    個人的には、リリィが一番好きですが、、、さくらは憧れだねぇ、、、あんなヒトに追っかけられてきたら、、、ひろしじゃないけど、口ぱか~んで、、、もう死んでもいいって思っちゃうかもなぁ、、、苦笑

    丸の内辺りでOLしてるし、しかも「キーパンチャ~」って、、そんな仕事があったんだねぇ、、、今ではもう存在しない貴重なものがあのシリーズには詰まっているねぇ、、、

    ひろしの親父は、堅物っぽくて物静かで、、あの後寅次郎恋歌でもう一回出てくるけれど、、その時の寅とのやりとりのリンドウの花が云々、、が何ともねぇ、、、

    そうそう、寅さんシリーズが大人気になってからはマドンナの女優になりたがる女優も沢山居たけれど、、最初がなかなか決まらなかったらしく、、、まぁつまりは、そんな変な?テキヤの男の映画に出たくないって感じだったのかは分かりませんが、、何とか決まったのが御前様の娘役の光本幸子っていうね、、、幼馴染っていう設定は、あの時初めてだったけれど、、、寅ちゃんでしょ、ちっとも変わらないおんなじ顔、、から始まる二人のやり取りの面白さ、、、だから、その後も幼馴染のマドンナが何人か出て来たんでしょうかねぇ、、、

    御前様の娘の冬子さんと楽しすぎる時間、、時々見せる滑稽で面白い激しい寅のリアクション、、相手が飲んでよって夜中で寅が逆に気を遣うっていうのはリリィのやつでもあったねぇ、、麦わら帽かぶって誘いに行ったら男が居て撃沈、、、これから親戚になる男だって所の寅が固まっているアップがなんともね、、、苦笑

    寅検定なるものがありましたか、、、ははは

    たけしさんに加え、ここでコメントされている我が家さん、青ネギさん、枯れ尾花さん、リカオンさん達、或いは他の方々も、、自分の様にでしゃばって多くは語っていませんが、、絶対に詳しいはず!苦笑

    好きなやつは大分知ってますけど、知らないものは案外知らないってのもあり、、、まだマニアとまでは言えませんねぇ、、、実はまだ柴又にも行った事が無く、まだまだ甘い部分が多すぎる若造でござんす、、、

    大船に撮影所があった時に、寅(渥美清)が好んで通ったという町はずれのどちらかと言えばパッとしないラーメン屋がどこかは知ってます、、、でも何だかまだ行けてないですが、、、

    何で、柴又とかそういうゆかりのある所に行かないのだろうか、、、行きたいけど、(開業してすぐ閉鎖した撮影所跡に作られた鎌倉シネマワールドには行きましたが、、、苦笑)、、映画の中のイメージが壊れちゃうような、、、柴又って実際尋ねると小さい町で、、とら屋、その後くるま屋の舞台の高木屋も、、、行ってみたいが、、、何というか、初恋の女の子には会わない方がいいってやつと同じか、、、どうかは解らんが、、そっとしておきたい、、木陰から見守る飛雄馬の姉のあきこのような、、そんな感じかなぁ、、、

    のぼせ上った馬鹿が会長っていうんじゃ締まらねぇ~んで、ここはひとつ、びしぃ~っと、締めて頂く意味でも、たけしさんにおねげぇ~しやす(笑)