広島市医師会「ワクチン接種へGO!」

投稿者:小林さん

  

いつもの興味深く見させてもらってます。

 

広島は原爆投下された都市ということで、中国新聞は平和について忘れてはいけないという記事が多いのですが、コロナに関しては何も学んでいません。

 

先日子供を小児科に連れて行った時こんな冊子が!

  

 

土日も診察している尊敬すべき先生ですが、ワクチンに対しては残念です。

 

発行日が去年の9月なので内容も古く、まさに打て打てカープ状態です。

 

ラスト一冊で在庫限りかも。増刷されないことを祈ります。

 

 

意見広告は大変役に立ちました。

 

うちの親は説得虚しく2回接種してしまいましたが、コピーした意見広告と大石解説動画を見せたので3回目は回避できそうです。

 

ありがとうございます。

 

中国新聞には掲載されませんが全国紙掲載時は絶対買います。

 

この状況を打破できるよう微力ながらがんばっていきます。

 

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)   

 

投稿を頂き、どうもありがとうございます!

 

落ち込み、そして考えさせられました。

 

広島県は、原爆投下という人類史上最大の理不尽を被っただけでなく、その後、国からの補償の問題でも苦難の歴史を歩まれてきたと存じます。

 

そして広島東洋カープは創立時、資金難で球団存続危機となるも、広島県民が「たる募金」という募金活動を展開し、消滅の危機を乗り切ったとも聞いています。

 

 

そんな広島が「ワクチン接種へGO!」でカープを出してくるとは、、、しかもそんな立派な小児科の先生が、、、それはあまりにも、、、悲し過ぎるじゃないですか。

 

 

◆◆◆

 

 

だけど「過ちを改めるに、はばかることなかれ」という言葉があります。

 

そして広島は「過ちは繰り返しません」という言葉を発信している県でもあります。

 

 

過去の原爆投下の過ちの主語はアメリカです。今のワクチン接種推進の主語は自分達です。

 

まず過ちを過ちだと気づくこと。そして気づかせることが大切ですね。

 

小林さんの言葉で、全国紙掲載がその助力となると改めて感じました。

 

 

広島県民に届いて欲しい!

 

平和を守る努力とは、戦争に反対することだけではないのです!

 

 

私も微力を尽くしたいと思います。

 

 

 ≪軍資金の協力依頼≫ 

  

以下のバナーからamazonにアクセスして頂ければ、どんな商品を買ったとしても、約3%が当サイトに入金されます。

      ↓↓↓


コメント: 11
  • #11

    to (月曜日, 14 2月 2022 14:37)

    原爆投下の悲劇とワクチン接種の悲劇を重ね合わせて似ていると考えていただけに、残念でなりません。
    被爆者からワクチン接種へ疑問の声が上がるだろうと予想してましたがどうなんでしょうか?
    広島原爆投下とワクチン接種を同列にしてほ不謹慎と言われるでしょうか。

  • #10

    よすけ (日曜日, 13 2月 2022 21:48)

    こういうことに利用されてしまった広島カープのキャラクターが不憫です…
    私ならこの医師がいる病院には二度と行かないですね。

    個人的にお世話になっている方が仕事でNPBと繋がりがあるのですが、NPBはワクチン接種についてはチーム判断に任せていますが、ドラゴンズの木下選手の訃報があってからNPB所属チームは接種に対してかなり慎重になっているとの事です。おそらくNPBに所属してる人達は未接種、1回のみが多いと思われます。
    ちなみに木下選手と同じ日に接種した同僚の主力選手である平田選手も救急搬送され、何とか2軍の試合には出ていたものの体調不良で成績も優れず途中から2軍のベンチ入りもせず、後にワクチン接種のせいで心臓に病気を抱える事が判明しました。
    昨年初めて開幕1軍入りした滝野選手は接種後体調が優れず1、2軍どちらのベンチ入りもせず、ベテランの谷元選手は接種後1軍の試合に出たものの体調不良で何もせずに交代し、その後は滝野選手同様に1、2軍どちらのベンチ入りせずに昨シーズンを終えてます。

    残念なことにドラゴンズは4選手に起きた事がワクチン接種のせいだとは認めておらず、木下選手は死後解剖されましたが、分科会判断で昨年11月に因果関係なしにされてしまいました。

    主題からそれてしまい申し訳ございませんが、情報として役立てば嬉しいです。

  • #9

    はっすん (日曜日, 13 2月 2022 17:44)

    広島の方には失礼なお話かも知れません。ごめんなさい。

    10年ほど前、広島市内の某百貨店に食品催事の仕事で1週間滞在しました。

    前回までの催事の売上げ成績を参考にするのですが、私の担当の前回がちょうど原爆記念日前後の一週間で、8月6日だけ数万円売り上げが減っていたのを不思議に思い、相方の販売員さん(現地の方)にたずねると「その日は外に出る人が少ない」との事で、「やっぱり特別な日だからお出かけ自粛したりするんですか」と聞くと、「慰霊の日に出かけたら、被爆者の親族と思われて縁談が来なくなるから」との答えが返って来て衝撃を受けました。

    当時で戦後65年を過ぎたところで、平和について深く考えている地域という勝手なイメージを持っていた事もあり、まだそんな風潮が残っている事に愕然としましたが、
    長らく口を閉ざしていた経験者の方が、時間の経過とともに風化させてはならないと語り部をされるようになるのは、ものすごい勇気がいる事なのだと改めて思い知らされました。

    あれから10年以上経ち、こんなご時世になってしまいましたが、本当に過ちを繰り返さないでと願うばかりです。

    こちらで頂いた知識を、草の根レベルででも広げたいと思います。

  • #8

    リニモ1号 (日曜日, 13 2月 2022 16:18)

    そのワクチンを押し付けてるのはアメリカのワクチン屋だと思うんですがね。
    例えは悪いですが1945年には原爆で、2021年以降はワクチンで苦しめていますよね……。

  • #7

    リカオン (日曜日, 13 2月 2022 14:39)

    中日の木下選手がワクチン接種8日後に死亡している記事を読んだ事があります。広島の選手さんも体に違和感を感じて無いのでしょうか。海外のプロスポーツ選手でも試合中に体が思うように動けなくなったり急死の映像があるくらいなので、なんとなくおかしいと気づいたり、3回目回避とかの動きがありそうですが。

  • #6

    カブ好き (日曜日, 13 2月 2022 13:35)

    広島県を代表するようなカープに悪事の片棒を担がせたくはないですが、もしもカープが嫌だとしても断れないでしょうね。

    私は日本でコロナが始まった頃に子どものかかりつけ医に相談したことがあり、その医師は「コロナは風邪と一緒」と言っていました。あれから1年以上行っていないので今医師がどう考えているかは分かりません。たまたま今度子どものことで行く用事ができたので、医師に改めて聞いてみようと思います。コロナワクチン推進派になっていないといいな…。

  • #5

    高橋克知 (日曜日, 13 2月 2022 13:16)

    広島県民でカープファンです

    ものすっごく!恥ずかしいです

  • #4

    ねこだるま (日曜日, 13 2月 2022 13:00)

    長野県もそうだったけど、広告出してる主体ってのが、蒼々たる団体なんだよなぁ。
    メゲそうになる気持ち解ります。

    しかし、向こうもアセっているのや。

  • #3

    はな丸 (日曜日, 13 2月 2022 12:52)

    「副反応をよく理解して」と小さくあるのが姑息というか。

    私も、いつも思います。
    ❌コロナに負けるな
    ⭕️コロナ禍に負けるな

    コロナ君に罪はない。
    コロナ禍は人災です。

  • #2

    kotyako (日曜日, 13 2月 2022 12:49)

    地元で圧倒的人気のカープ球団とコラボしてのコロナワクチンPR。暗澹としました。広島県行政、広島県医師会が強力にワクチン接種を推奨する中、中国新聞がコロナワクチン接種推奨寄りになるのは、以前もこちらに寄せられたコメントで拝見したように悪い意味でのムラ社会気質がローカル報道機関全体を覆っているのだと思います。
    広島が生み出した「はだしのゲン」を思い出すべきです。1巻の戦争末期の全体主義と今の過剰対策ワクチン同調圧力はそっくりです。また地元報道機関にも意見を送るつもりです。

  • #1

    パワーホール (日曜日, 13 2月 2022 12:22)

    負けないぞという言葉があまりにも不快。