日本経済新聞世論調査『感染症法分類「維持」31%』

投稿者:ひろひろひろさん

   

世の中的にも、5類相当への格下げは浸透してきているのではないでしょうか。

 

コロナ扱い「インフル並みに」60% 

本社世論調査、感染症法分類「維持」31%

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO79691290Q2A130C2PE8000/

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)  

 

来たか!こんな形で!

 

「あばよコロナ!5類に下げろ」がついに『外側へ』浸透して来ました!!

 

日本経済新聞は、全国紙の中でも権威があります!

 

もちろん、まだまだ序章。これからという数値です。

 

ひろひろさん、情報提供、ありがとうございました!(^^)/

 

 ≪軍資金の協力依頼≫ 

 

たけしの意見広告

よしりんGOODS SHOP

 

以下のバナーからamazonにアクセスして頂ければ、どんな商品を買ったとしても、約3%が当サイトに入金されます。

      ↓↓↓


コメント: 8
  • #8

    リニモ1号 (日曜日, 06 2月 2022 17:28)

    もはや指定感染症そのものから外してもいいんじゃないでしょうかね?だってオミクロン株の症状なんて葛根湯で治るみたいですから。

  • #7

    大平原インデアン (日曜日, 06 2月 2022 13:09)

    5類へとという世論がどんどん高まり、2類を維持することの合理的な説明が出来なくなってきたこびナビの連中はすっかり逃げの体制になってきました。

    犠牲どう許容、今こそ「痛み」議論を 神戸大教授・岩田健太郎氏
    https://www.sankei.com/article/20220122-4BRB2B66ZZNMLINWFO63XASBNY/

    「2類か5類かは些末な問題」だって。
    「病院側との連絡に電話とファクスを使う昔ながらの仕組みを変えない限り、根本的な問題は解決しないだろう」って、どっちが些末な問題やって!

  • #6

    さいたま (日曜日, 06 2月 2022 10:47)

    仕事柄毎日日経を読んでおり、コロナ煽りやワクチン推進記事にうんざりしていましたが、ここ数日日経の一面からコロナ関連の記事が消え、扱いも小さくなっていることから???と思っていました。
    変化の予兆?!
    引き続き埼玉新聞とセットでチェックします!

  • #5

    源ちゃん (日曜日, 06 2月 2022 10:45)

    濃厚接触者の濃厚接触者がだめとか、2歳児にマスクをとか狂った政策がどんどん出てきてるから、もう社会生活が送れないとイライラしている人が多くなってきたんでしょうね。いい傾向ですが、まだまだ脱魔吸苦社会は終わらなさそうです。

  • #4

    パワーホール (日曜日, 06 2月 2022 10:39)

    私も職場に置いてある日経で知りました。しかし、5類がいいとか言いながら、マンボウが妥当というのは如何せんな。それに、マスクや三密回避、PCRの弊害についても報道してほしい。

  • #3

    いいまつたか (日曜日, 06 2月 2022 10:09)

    ひろひろ様ありがとうございました。
    さらに以下の内容確認できましたので、追記であげさせて頂きます。

    感染症法は症状の重さや感染力に基づいて「1類」から「5類」に分類している。新型コロナは結核や重症急性呼吸器症候群(SARS)などと同じ「2類」相当になっている。

    季節性インフルエンザと同じ「5類」に変更すれば、保健所が感染者らを厳格に管理したり、入院勧告や外出自粛を求めたりする必要はなくなる。保健所や医療機関の負担を軽くするために5類に変えるべきだとの意見は与党内にもある。

    政府が34都道府県に適用中の「まん延防止等重点措置」への評価も聞いた。最も多かったのは「妥当だ」の44%だった。「もっと厳しい措置をとるべきだ」は30%で、「もっと緩い措置で十分だ」は18%だった。すべての世代で「妥当だ」の割合が一番大きかった。

    ワクチンの3回目接種についての意向も調べた。「直ちに接種したい」は53%だった。「副作用などの状況を見極めて接種したい」(27%)と「既に3回目を接種した」(5%)を合計した3回目接種に積極的な割合は85%に上った。「接種したくない」は12%にとどまった。

    ⇒27%+12%で ワクチン慎重派は39%としてほしいですけどね!!!!

    世代別では「直ちに接種したい」は18~39歳で29%、40~50歳代で49%、60歳以上は71%だった。「副作用などの状況を見極めて接種したい」は18~39歳で53%、40~50歳代で28%、60歳以上で16%だった。年齢が低いほど3回目接種に慎重な傾向がある。

    首相官邸のホームページによると28日公表時点で3回目接種を終えた人は340万人で、全人口の2.7%だ。1~2回目と異なるメーカーのワクチンを使う「交互接種」を敬遠する動きがある。

    接種意向に関する質問を最初にした2020年12月の世論調査で「直ちに接種したい」は13%、「副作用などの状況を見極めて接種したい」は74%だった。21年2月には「直ちに」が31%に上昇した。

  • #2

    コバティ (日曜日, 06 2月 2022 09:58)

    現在の声なき論調を示す、貴重な根拠に感動してます。正直、6割超えてるとは思わなかった。驚きです。
    TVもいつまで無視出来ることか…。

    いよいよ、議論が蛸壺から這い出てきたことも、嬉しくてなりません。早速感想メール送りたいです。

  • #1

    タイ象 (日曜日, 06 2月 2022 09:58)

    ひろひろひろさん
    情報ありがとうございます!
    何だか、こういったのを見ると
    いいぞ!と気合いが入りますね。
    僕もあちこちで、5類ですよねーって
    言いまくっておりますので、
    同志が意外といるのだなあ、と
    勇気が湧いてきました。