中日新聞「児童生徒の自殺急増 コロナ禍 失う居場所」

中日新聞の記事へのご意見メールアドレス 

center@chunichi.co.jp 

投稿者:わさびさん

 

カレーさん

日々の更新、ありがとうございます。

昨日(1月29日)「5類」記事を掲載した中日新聞、翌30日の記事です。

 

こども接種には触れていませんが、コロナ問題全般への姿勢に変化を感じましたので報告いたします。

 

 

【1面:北京オリンピックの厳戒態勢】

まず1面は北京オリンピックにまつわる記事です。「厳戒 閉ざされた異世界」との見出しで、完璧なゼロコロナを目指す開催体制を伝えつつ、これでいいの・・・?とやんわりと疑問を投げかけるような論調でした。

 

 

【3面:3回目滞りの背景 + オミクロン警戒論】

次に3面見出しは「政府モデルナ全力推し」。主に3回目の滞りを指摘する内容ですが、モデルナ不人気が背景にあるとしています。「(モデルナは)ファイザーより心筋炎が起きやすい」ことも盛り込みつつ、最後は「今回はワクチンが足りないわけじゃなく、打ちたいという人が少ない。それが問題だ」と締め括られています。

 

 

ただしその左側「WHO宣言2年 解除遠く」「緊急事態・オミクロンで警戒継続」は、まだまだ煽りを続けたい勢力の存在を感じるものでした。

 

 

 

【5面:謎の社説】

「イマジンとオミクロン」と題した社説は謎としか言いようがありません。3面・WHOによるオミクロン警戒論を受け、ポエムのようになっています。「感染爆発→変異株」という誤認もたいへん気になります。

 

 

 

【25面:若者への影響】

 

 

 

 

私の住む長野県では、まん防で部活や課外授業がバッサリ切り捨てられ、さらには体育授業でもマスク着用を求める異常事態となりました。

 

「医療逼迫」のために子ども・若者の育ちや健康を軽んじる姿勢にはらわたが煮えくりかえっております。

 

そのような状況下、「児童生徒の自殺急増」「長期化するコロナ禍は、十代の多感な心もむしばんでいる」と子どもたちの置かれた境遇に目を向ける中日新聞(北村希)にひとすじの光を見出しております。

 

ただしその要因を「家庭」や「こころの問題」とする論調には大いに不満です。

 

医療体制の再構築を棚に上げ、オミクロン毒性の評価を避けていることが問題の根であるにもかかわらず、そのしわ寄せを真っ先に子どもたちに押し付ける日本社会の残念さを告発するような記事を書いていただきたいものです。 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)  

 

社説のイマジンは本当に意味不明ですね。

 

私はナショナリストを自認していますが、ジョンレノンのイマジンは案外好きで、実は昨日も聴いたばかりです。

グローバリズムについては、弱肉強食や、国家(国民の歴史)の否定という側面があって警戒するのですが、それでも心のどこかに理想主義的な感覚があるのだなぁと思っています。

それなのに、名曲イマジンを引き合いに出して「ワクチン接種を平等に」と我田引水するのだからトホホです。

 

 

「児童生徒の自殺急増 コロナ禍 失う居場所」という記事が出ていることは報道の義務を果たしていると感じました。

 

ただ「家庭不和が原因」と言いますが、「家庭不和となった原因」に”コロナ人災”の部分が大いにあるわけです。

 

今のコロナ全体主義においては「事実を報道する」だけでも評価に値しますが、願わくばもう一歩踏み込んで「告発」してくださったら賞賛できるのに、と思いました。

 

中日新聞の記事へのご意見メールアドレス  

center@chunichi.co.jp 


 

 ≪軍資金の協力依頼≫ 

 

たけしの意見広告

よしりんGOODS SHOP

 

以下のバナーからamazonにアクセスして頂ければ、どんな商品を買ったとしても、約3%が当サイトに入金されます。

      ↓↓↓


コメント: 9
  • #9

    リニモ1号 (火曜日, 01 2月 2022 18:11)

    結局ワクチン屋がボロ儲けしたいからコロナ騒動を長引かせるだけ長引かせたいんですよね。
    あと私が思うに、ファイザーとかモデルナなどといったワクチン屋は名だたる巨大企業だから大丈夫と錯覚している人がいるはずですが、ファイザーにせよモデルナにせよ所詮は買収を繰り返して大きくなっただけであり、実は全く大したことない会社である、と思うのは私だけでしょうか?

  • #8

    トマト (火曜日, 01 2月 2022 01:27)

    「政府モデルナ全力推し」については今後の希望メールしておきました。
    抗体量の上昇率ばかり注目されているけど、コロナウイルスの場合、抗体が諸刃の剣になること、宮沢孝幸先生が詳しいので、ぜひ取材して紙面で紹介してほしいと。

    「社説」につていは、頭がついていきませんでした・・・。
    社説書いた方、海外の状況、ネットで検索したりしないのかな?
    「いくら裕福な先進国だけで感染が抑制されても」って。

  • #7

    トマト (火曜日, 01 2月 2022 01:05)

    社説、びっくりしました。驚きすぎて、内容が頭に入ってこず。
    社説って社を代表するような賢い方々が担当しているのかと思っていました。
    今回の騒動で、何か今まで勘違いしていた事の多さに気付きました。

  • #6

    わさび (火曜日, 01 2月 2022 00:29)

    カレーさん、upありがとうございます。皆様コメントありがとうございます。
    ホント、なんじゃこりゃです。そのような社説が目一杯画面を占めてしまい、少し後悔しました(^^;)ちなみに今日の社説は世界の原発回帰がテーマでしたが、しっかり牽制してました。ワクチンについてもこのくらい書いてほしいものです。
    イマジン社説はまりーもさんが仰る通り、もがいている過程だと受け止めています。しかし叶丸さんご指摘の、後遺症煽り記事をさきほど私も見まして力が抜けました。他紙も含め、新聞全体としてはまだまだ「煽り&推奨」ですね。あと「途上国に」も違和感大。
    >きたこうさん
    意見を送っていただきありがとうございます。私も昨夜、論点の見直しを求めつつ応援のメールを送りました。すると今日、自動返信ではない返信が初めて届いており、形式的なものでしょうが「担当者に伝え今後に生かします」とのメッセージでした。

    追加情報として
    今日の信濃毎日社説では、こども家庭庁の創設にからみ、数行ではあるもののコロナ禍で追い詰められる子どもたちの境遇に触れていました。また数日前にはこんな記事も。
    「まん延防止」適用 長野県内で対応本格化 部活動中止の高校生「もう気持ちが疲れてきたから」
    https://www.shinmai.co.jp/news/article/CNTS2022012701069

  • #5

    叶丸 (月曜日, 31 1月 2022 21:55)

    今日は、22面にコロナ後遺症の煽り記事が掲載されていました。
    未だに「感染しないさせないのが大事」などと言う事を言っていましたが、どうかと思います。

  • #4

    ねこだるま (月曜日, 31 1月 2022 20:37)

    社説のイマジンついて

    世界平和を夢見ることによってリアリティを失っていく過程というのは遠く80年代の反核運動にもありました。

  • #3

    まりーも (月曜日, 31 1月 2022 08:43)

    わさびさん
    記事の紹介ありがとうございます。

    時々中日新聞は奇怪な社説を出しますね(笑)。担当している人によるのでしょうか?
    たけし社長の意見広告以降、コロナ煽り一辺倒から徐々に両論併記にしようともがいているように感じてます。

  • #2

    きたこう (月曜日, 31 1月 2022 06:12)

    コロナ禍と子供の自殺という視点での記事を掲載したことへの感謝と、その原因を正しくは理解されていないという意見を送りました。マスコミに煽られた大衆に政治が迎合している構図が原因であるということを見抜いている記者も必ずいるでしょうから、正しい認識を元にした記事を書いてくださいと伝えました。

  • #1

    タイ象 (月曜日, 31 1月 2022 00:18)

    なんじゃ、こりゃ。
    特に、社説のイマジンとオミクロンについては、
    なんじゃこりゃって感じで、
    イマジンとつなげるなよ、大丈夫か、この人
    ジョンレノンの
    『僕たちは、偏執狂者によって、偏執狂者の目的を成就するために支配されている』
    という言葉を受けるならば、
    世界は一つだなどと、良さげなことを言い
    気がついたら、新共産主義に反転するっていうオチは、もしかして、
    今風にいうなら陰謀論の類か。
    世界は一つを実現していくしないと、オミクロンからのメッセージを
    この人は受け取ったのだな(笑)
    それは別にいいけど、社説としては、どうなのだ?と思うのは
    僕がおっさんだからですかねぇ。
    感情を差し引くのに時間がかかりそうです(笑)