≪考察≫運動にも差別にも繋がる「シェディング」をどう考えるか?

投稿者:ねこだるまさん

  

2022年1月8日は世論と人心の転換点かも知れない日でした。

その日ライブ配信された「オドレら正気かLive」の最後、会場からの質問に衝撃的なのがありました。

 

職場の9割くらいがワクチンを打った中、周囲の人が接種したとき未接種の自分の体に吐き気、ぶつぶつなどの症状が出た、というのです。

ワクチンを打っていない人にも副反応が出る!!

 

井上氏はもちろん知っていて、ファイザーの内部資料に「シェディング」ということが書かれている、データが揃っていないので分からないが、考えられることにエクソゾームというものがある、という旨言っておりました。

 

私は初耳でしたが、検索してみると結構たくさんヒットし、症例報告はあがっているようです。

https://social-problem.com/vaccine-shedding/

 

ワクチンに関するネガティブな情報が出てきたということで、「運動」には強力な追い風となる可能性もありますが、恐るべき差別につながる可能性もあります。

 

症例報告があがっている以上デマにはならないとは思いますが……

 

運動の手段として「シェディング」の情報を使うのは今の私には「悪魔の囁き」に感じられます。ワクチンを接種した人を「騙された被害者」として見るか見ないかというのも非常にデリケートな問題ですし。

 

「みだりに」使用してはならない情報であると思われます。

 

このサイトの閲覧者でワクチンを既に接種した方がいることも知っています。

ご不快おかけしたことをお許し下さい。 

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)  

 

カレーせんべい個人の意見を言いますね。

 

私は「シェディング」を信じません。

なぜなら、私の周りはワクチン接種者だらけですが、ワクチン未接種の私はいたって健康だからです。

 

もし「シェディング」が科学的に事実として証明されたとしても、現実的な対応としては「どうしようもない話」だと考えます。

 

まさか、ワクチン接種者を「ウィルス扱い」するわけにもイカンでしょう?

 

もし私がそれをやったら、今までの「コロナ禍批判」が全て、自分自身へはね返ってくるような気がしてならないです。

 

同胞を差別して、自分の健康を守るくらいなら

同胞と交際して、自分が不健康になった方が1億倍マシです。

 

私はワクチン接種者を差別しない。

その代わり、ワクチン未接種の私を差別しないで欲しい。

 

・・・という個人的思想に基づき、私は「シェディング」を信じません。

 

 


 

【スポンサーの広告欄】

当ホームページ『世界のゴー宣ファンサイト』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

コメント: 28
  • #28

    mantokun (火曜日, 11 1月 2022 22:57)

    シェディングは、私も聞いた当初は「そんなことあるわけないでしょ」と思っていたのですが、実際に謎の発疹や体調不良に悩まされている非接種の方は相当数いるようで、全てデマと切り捨てるのも難しいような気はします。といっても、私自身も周り中すでに接種者だらけですが、特にそうした症状もなく、自身では実感できていないのですが…。

    ただ、最も重要なことは、コロナワクチンの危険性は立証困難なシェディングを持ち出すまでもないということです。日本の重症者や死者数、その平均年齢を見ればコロナワクチンなどそもそも不要です。ましてやこれだけ重篤な副反応事例が膨大な数に上っているのですから、その時点で新コロワクチンなど即刻破棄すべき危険なものであるのは明らかで、こんなものを小さな子供にまで接種するなど言語道断の非人道的行為です。

    少し前に書店に寄った際、コロナ論や井上正康先生の御本はコロナのコーナーに置かれていましたが、ワクチンの危険性をシェディングや人口削減に絡めていた内容の本は陰謀論コーナーにまとめられているのを目にしました。後者もワクチンの危険性を訴えていることには変わりないのですが、「そういうジャンル」扱いにされてしまっているのを目の当たりにして、小林先生がひたすら科学的に、データを基にコロナ論を描かれてきたことの意義と成果を肌身で理解できました。私自身も、新コロワクチンを嫌悪し、不要だと考えるのは、たとえ実際にそうした症状があるのだとしてもシェディングが理由ではありません。あくまで、リスクとベネフィットにかけて考えた場合に不要であり、健康と命を損なう危険性があまりにも高いからです。

  • #27

    パワーホール (火曜日, 11 1月 2022 21:10)

    ワクチンを打った人たちもやむを得ない理由で打ったり、元の生活に戻りたくて打ったのだと思います。昨日も言いましたが、犠牲者であり憎んであいけません。また、復讐するなら分科会やメディアの自称専門家にすべきでしょう。私は、彼らにウイルスとの共存共栄実現のために残りの人生を捧げてもらいたいと考えています。

  • #26

    モコチ (火曜日, 11 1月 2022 20:20)

    カレーせんべいさんの姿勢を支持します。

    今、我々は差別されています。
    ワクチンを接種していないから、マスクをしていないから
    科学的根拠もなく感染を拡げる不届き者として周囲から差別されています。

    思考停止、全体主義が差別を生みます。
    同じ事はしない、それだけです。

    もしワクチン接種者の近くにいて不調をきたしたら医師に相談して必要な対処をしましょう。
    でも、そういう人はワクチンを接種してはならない重症化リスクのある人なのかもしれませんね。
    体内に入る量より体外から浴びる量は非常に少ないでしょうから。

    時に資本主義は収益が見込めるなら差別を助長するようなサービスも平気でします。
    ワクチンパスポートなどいい例です。

    「ウチの産婦人科はワクチン未接種スタッフが対応します」
    「ウチのマッサージ店はワクチン接種から1年以上経過したスタッフが施術します」
    「ウチの保育所にはワクチン3回目接種をしたスタッフはおりません」
    「ウチのクリニックはワクチン接種者のご利用をお断りしています」

    「感染される」という人々の不安につけこんで
    「分からない」という人々の不安につけこんで

    差別と分断に毅然と立ち向かって行きましょう。

  • #25

    こめこ (火曜日, 11 1月 2022 18:40)

    >勤務医一筋さん

    そのほかの方々にも、参考資料を。
    北海道有志医師の会「おおきな木ホームクリニック」のブログからシェディングについて書かれたものを紹介します。

    https://www.o-kinaki.org/1506/
    https://www.o-kinaki.org/1523/
    https://www.o-kinaki.org/1591/
    https://www.o-kinaki.org/1619/
    https://www.o-kinaki.org/1762/
    https://www.o-kinaki.org/1813/

    上から順に読んでいただけるとよいかと思います。
    この先生も、ブログでは書きにくい案件だったようです。
    対策についても記載があります。

  • #24

    ねこだるま (火曜日, 11 1月 2022 17:33)

    シェディングに関しては

    スパイク蛋白は伝播するが
    DNA、RNAは伝播しない

    ぐらいの理解で充分かと思います。

  • #23

    ねこだるま (火曜日, 11 1月 2022 17:11)

    ども、勤務医一筋さん、この度のことでは恐縮しております。

    コメントを入れてくれた方たちの意見を総合すると
    ・シェディングの情報を利用しない
    ・摂取者を差別、非難はしない

    ということで統一されているかと思います。
    というと同調圧力かけてるみたいですが(笑)。

  • #22

    勤務医一筋 (火曜日, 11 1月 2022 16:07)

    頭がこんがらがって来ました。ワクチン接種でスパイク蛋白か、何かが伝播して、未接種者に副反応が現れる、これがシェディングで宜しいのでしょうか?普通に天然に感染(うちの孫たち)して快癒した人からも、同じことが起こるんでしょうか?インフルの時もありましたか?なんか、皆様のご意見通り、あんまり気にしなくて良さげですねー。

  • #21

    ねこだるま (火曜日, 11 1月 2022 15:57)

    今回のフライングで一部の方にご不快をおかけしたことお詫びします。
    摂取した方のみならず、シェディングを軸にワクチン接種の即時中止を求める運動をしている方もいることを知りました。切実かつ誠実な訴えでした。その方に対するご無礼お許し下さい。

    シェディングの情報は多くの方は既知。対処、身の振り方も既に決めており、私一人が取り乱し、恥ずかしい思いをしております。
    私自身、この情報を正確、有効に使うのは身に余る感じで、今後手を出す気持ちはありません。
    医学的な情報に関してはいずれ明らかになっていき、フォローはするかも知れませんが必須の知識ではないかと思います。

    ただ前のコメントで書いた「復讐」に関しては言っておかないといけません。

    コロナ騒動において、あちら側は「ウイルスは敵」「社会から排除すべき」という解りやすい物語でやって来てます。それに対しこちら側は「ウイルスはそんなに怖くない」「怖がる方が問題」と頭の中との戦いを強いられています。
    もちろん現実にはPCRとか2類とか追跡調査とかの事項がありますが、それらを「敵」とみなして戦うのは難しい状況でした。
    こうした観念上の戦いで「罪を憎んで人を憎まず」ということは難しいもので、恨みや憎しみの気持ちがわいてきても不思議ではありません。不快、行動上、経済上の制限などの実害が起こっているわけですから。コロナ脳がいけないってんならハンマーでぶっ壊してしまえ、ということになりかねないわけです。

    「思想を憎んで人を憎まない」ということをやろうとしたとき、やり方は色々考えられますが、最も現実的で健康的なのは

    こめこさん:
    >ですが、職場では普通に仲良く仕事してます。
    >どうしようもありませんもん。

    のように顔と名前の見える範囲で助け合い、仲良くすることではないでしょうか?

    コロナとワクチンは全国共通の話題ではありますが、別にその2つだけが人の間にあるわけでなし。別のチャンネルでコミュニケーション、協力、仲良くするってことはいくらでもできますね。

    ノーマスクでコンビニに入るだけで「マスクしなくていい雰囲気づくり」の運動に結果的になってしまうのだから、今は運動せずにいる方が難しい。だとすれば「コロナ怖くない」「ワクチン危険」という考えを抱いたまま、自分が属する世界、関係性を守ることで自然と運動になると思います。

    これからの戦いは「差別したら負け、連帯したら勝ち」で行こうかなと思います。
    勝ったり負けたりでいいし、「戦い」と気張る必要もないかもですが。

  • #20

    チャチャ (火曜日, 11 1月 2022 10:43)

    シェディング、SNS上でよく話題になっていたので、真偽が気になっておりました。
    カレーさんは腹を決めてらっしゃるんですね。
    かっこいい(^ー^)
    実は私は迷ってました。
    避けるべきじゃないのか、と。
    先生(接種済み)からこどもに被害がいかないか、と。
    しかしみんな元気そう。
    井上先生も背中押してくれた気がします。
    なので私ももう迷いません!
    コロナの陽性者だろうがワクチン打った人だろうが元気なら問題ない!
    大事なのは人間性!

  • #19

    yasuko (火曜日, 11 1月 2022 10:37)

    初めまして。
    先日の新春liveでゴー宣道場に初参加した、50代主婦です。
    liveは楽しく、登壇者の皆様のお話には刺激を受ける事ができました。
    道場を支える皆様の熱意や、社会へ向けた具体的な活動の数々には感謝しかなく、私のできる範囲で支援させて頂いています。今後も応援しております。
    さて、シェディングについて投稿をさせて頂きます。
    この情報に初めて触れた時は、「まさかぁ」というのが感想でしたが、その後得た情報で、全くない話しとまでは断定できないようだなという程度に捉えていました。
    すっかり忘れて過ごしていた7月頃、謎の蕁麻疹が主に夕方から現れ、日中も少し汗をかくと、酷い蕁麻疹が広がるという不快な状態が1ヶ月程続く事があり、一日何故か体がダル重く少し横になるという日もありました。
    既に更年期症状からは脱していたし、酷いストレスの自覚もなく暮らしていたので、なんだろうと思いながらも、体調はそのうち落ち着いたので、また忘れそうになっていた頃、義父母や親戚が複数人、その頃にワクチン接種をどんとん終えていた事を知り(同居家族は未接種)、そういえば7月はお盆の関係で、準備その他も含めて日常とは違って集まる事の多い月でした。
    そんな事から、この「まさか」は本当にあるのかもしれないと思いつつ、あやふやで危険なテーマなので、誰にも伝える事なく過ごしてきました。
    今でも、本当の所は分からないと思っています。
    同じ環境にいた夫の体調に変化はありませんでした。
    報告できる内容は以上で、この程度の事なのですが、「もしや」という体験をしたという事で、一つの情報として投稿させて頂きました。
    しかし、「シェディング」については冷静に距離を置く姿勢が良いと、私も考えています。
    では、今後の皆様のご活躍を陰ながら応援、微力ながらもできる範囲の支援をしながら見守らせて頂きたいと思います。
    頑張って下さい。

  • #18

    工場勤め人 (火曜日, 11 1月 2022 09:37)

    情報待ってたらタヒにます。
    自分も心臓痛くなり、仕事辞めます
    黄疸が出てしまったひとも知ってます。

  • #17

    やなちゃん (火曜日, 11 1月 2022 09:36)

    カレーさんをはじめ、皆さんのご意見を支持しています。
    接種した方も自分や周りの事を第一に考えてのご決断ですし、本当に差別すべきは周りに打て打てと捲し立てておきながら自分は打たない上の方々だと思います。シェデイングとやらで下々同士で対立するのは、そういう上の方々にとって、とても都合の良い構図になってしまうとも思います。

    本当にシェディングがあるとしても、そうなってしまったらそれは仕方ないと割りきるしかないし、そこで打った打たない関係なしに人々が一致団結して民意を示す契機になれば世の中変わるかなとか、いかにも無知なおばちゃん的思考にしか至りません。

    敢えて難しい問題提起をしてくださったネコだるまさんに感謝しております。正直、YouTubeで道場をみていた時に同じ危機感を私も感じました。今は皆さんのご意見を拝見し安堵しています。
    ありがとうございました。

  • #16

    ひとかけら (火曜日, 11 1月 2022 07:10)

    差別はいけないと思います。昨年ワクチン接種がまだメジャーじゃなかった頃にPCR陽性、発症した私は友人に「会いたくなかった」と言われ、さらに昨年暮れに別の友人に「未接種者には会いたくない」と言われ、そしてワクチンの危険性を伝えた人が2回接種してしまい、そういう人達を恨む気持ちがありました。もう国民の8割が打った現実は変えられないので、差別しないで受け入れ労ることを第一に考えます。シェディングの事実が明るみになっても接種者を上から目線の言葉で痛めつける事はしないです。

  • #15

    0910 (火曜日, 11 1月 2022 06:01)

    シェディングというのはそんなに有名な(?)ものだったのですね…

    ワタシはそのような症状が出た人もいるのだろうなとは思います。
    それが、たとえ心理的な原因によるものだとしても、そういう方の存在は否定しません。

    ただ、みなさん冷静におっしゃっている通り、「ワクチンを打った人(打たされた人)」「ワクチンを打たない人(打てない人)」全ての事例において批難・差別するべきでは無いと思うのみです。

    井上正康先生のお話では、エクソゾームの話が目から鱗でした。
    素人考えではありますが、このような情報伝達が輸血等(それこそ呼気で???)で拡がったりした日にゃ…
    と、この辺りこそ、今後のしっかりした本当の専門家達の研究結果を待つのみですね。

    ともかく、心理的に心配になるようなワクチン、ろくな説明も無しに国民に打たすなよ…というのが本音です。

  • #14

    平井智也 (火曜日, 11 1月 2022 02:05)

    よしりん先生が歴史教科書を作る際、史料の重要性を学んだと語っているのはご存じの通りです。

    それと同じで、井上先生がシェディングに言及された際、一次情報がまだ無いと言ってました。
    なので冷静に情報を待つまでです。

    兎に角、大元の問題は正に今治験中で、既に論文研究で判明した危険性が明確な遺伝子注射を止めさせる事。

    緊急的には、将来がある子ども達への接種を何としても阻止する事!まずこれに全集中します!!

  • #13

    リトル (火曜日, 11 1月 2022 00:12)

    ねこだるまさん
    正直言うと、この話題を見たとき、「復讐」心が顔を出しそうになりました。
    私が必死に隠してるものなのですが、絶対に消えることはないでしょう。

    ちなみにかなり根に持つタイプです。
    でも、頑張って隠そうっと。

  • #12

    ねこだるま (月曜日, 10 1月 2022 23:57)

    すばやい対応ありがとうございます>管理人様

    みんな冷静ですね。
    安心しました。
    というか「悪魔の囁き」という言葉を使っている私が一番危ない(苦笑)。

    かれーせんべいさん:
    >まさか、ワクチン接種者を「ウィルス扱い」するわけにもイカンでしょう?

    これを正当化する論理をひとつ思いつけます。
    「復讐」です。

    マスクをしない、ワクチン打たない、という理由で明らかに自分より勉強してない者からいやぁな扱いを受ける、という経験をしてる人が私を含めて少なからずいるわけです。
    オドレら正気かLiveでも小林氏が YouTube にしかえしすると冒頭からイキ巻いてたし、よしりんが復讐するならよしオレも、と考えてしまう純粋な人がいないか、と心配になり慌てて投稿しましたが、皆さんは心配無用だったようです。

    くれはさん紹介のブログを見てみると

    >このファイザー社の資料が本物なら、現在のワクチンハラスメントは逆転する。

    と悪魔の誘惑的なことを言ってますが、ブログの結びで

    >「デマ」であってほしい。「デマ」であることを祈る。

    と身を引くようなことを言ってますね。

    実際半年以上前から情報を持っていて使わないということは、この情報を戦略的に使わないということでしょう。

    たけしさんは目的も目標もはっきりしており、計画も用意周到綿密、将棋が鬼のように強いということもあって「シェディング」という駒を不用意に使って運動のマイナスになるなんてヘマはやりそうもありません。カレーせんべいさん始めこのサイトの方の冷静振りを見ても大丈夫そう。

    やはり(私のように)ノンポリなヤツが感情にかられたときが一番アブない。

    頭冷やして考えてみると、シェディングの情報自体はこちらが吹聴して回ることもなく、ほっておいても拡散するでしょう。
    また現象自体も検出することが難しいくらいのファジーさで、見つけたからといってこちらがどう動くという必要もない。

    君子危うきに近寄らず、で行きたいものです。

  • #11

    リトル (月曜日, 10 1月 2022 23:53)

    シェディングに関しては、現時点では距離を置くべきと思います。もしかしたらあるのかもしれませんが、このような真偽が怪しい情報を取り上げていることが目立つと、ワクチン推進派にエサを与える事になります。
    何でもデマでまとめたがる奴らの大好物ですよね。
    私自身、情報の出典にだけは常に気を使っています。
    シェディングに関しては今後、論文や正確なデータ、公的な発表が出るまでは、取り上げること自体に反対です。

  • #10

    タイ象 (月曜日, 10 1月 2022 23:39)

    シェディングについては、諸説あります、というレベルであり、
    今の所、証明のしようがないのかなぁ、という感じかと。

    私も、以前から、書籍やネット情報にて、これを聞いておりましたが、どうしても証明できないんですよね。
    状況証拠の積み上げというのはできそうですが。

    で、実際の話で、
    家畜のワクチン接種(可否は置いといて)の際に、1頭に接種させ、
    その集団で、何かを伝播させて、特定の効果を持たせようという研究があるのを、
    どこかで見ました。これなども広義のシェディングのような気がします。
    (すみません、根拠リンク保存しておりませんが)

    理研も産総研もシェディングの研究はやっているようですが、あくまで細胞レベルでのことかと。

    また、国立感染症研究所は、ワクチン接種済み者が罹患した後のウィルスの変異を注視しておるようです。
    要するに、接種者が何かを放出している可能性があるということかと思いますが、
    それを言うなら、被接種者だって、何かを放出している可能性もありますしね。

    エクソゾームに関しては、井上先生のおっしゃる通り、
    最近の研究のようですので、情報足りないなぁ、という印象ですよね。
    そもそも「ウィルスはいない」説を唱える方は、あの電子顕微鏡写真に写っているものこそが、
    エクソゾームであるとする説もあるくらいです。(電顕の写真に関しては、私も疑問がありますが///)

    と、まぁ、科学談義においては、興味深いネタではありますが、
    私たちが今関わっている、このコロナ騒動の転換運動には、この話題は不要かと思います。
    証明のしようがないし、どうすることもできないし、
    これを理由に、何をするのか?という点も定まりません。
    みなさんのおっしゃるように、シェディングは今回の活動の中には
    不要な要素としておくべきかと。

    ワクチンを疑問と不安を持ちながら打った方がたを、こちらに引き入れて、
    そろそろこの奇妙な状況を冷静に見てもらえるような、そう言った振る舞いを意識していきたいと思います。私。

  • #9

    いいまつたか (月曜日, 10 1月 2022 23:19)

    ねこだるま様のお気持ち よーくわかります。

    今回の投稿も、この狂ったコロナ禍、特にワクチン接種を一刻も早く終わらせたい、そのために使える情報は積極的に活用を の一点からと推察いたします。

    自分もかつて以下の投稿させて頂き、カレーせんべい様及び投稿者の皆様から多くのご意見頂き、大変勉強になりました。

    ≪ファクトチェック≫ワクチン接種とブルートゥース・磁石がくっつく
    ※すみません、リンク貼り付け長くなってしまうので省略します。

    この時カレーせんべい様がおっしゃった

    ・センセーショナルな情報や、一見オカルトじみた内容を主張するなら、なおさら話の筋道やエビデンスなど細心の注意を払うべき
    ・常識を逸脱しては、人を説得することなどできない

    は、自分も以後肝に銘じております。

    またシェディング現象については、自分も事例の報告はよく目にし、以前から気にはしておりましたが、現状科学的裏付けが脆弱である以上、まさに先日の新春LIVEの井上先生の見解からも、ワクチンの有害性を訴える資料としては難しいと思われます。

    但し、得体の知れないワクチンであることは間違いありません。今後数年かけて様々な事象が解明されてくるかとは思います。

  • #8

    maru (月曜日, 10 1月 2022 22:46)

    カレーせんべいさんの見解を支持します。

    僕の周りにいるワクチン反対派からの体感でしかないという前提で話します。

    僕もワクチンに対しては懐疑的であり、現時点の知識としては反対派なので、共闘できるかと思いきや、えてしてシェディングを言う人たちに限っては陰謀論や、スピリチュアルな方向へ流れがちな印象があります(実際の知人を見ての感想)。

    それを悪い事とは言いませんが、彼らの言動を見ていると「(身の回りの人に)ワクチンやめろと言ったのに、打ちやがって。しかもシェディングで、私にまで悪影響が及んでいて迷惑」などと言う輩もいて、とても共闘できると思えません。(何度も言わないと誤解されるので、言います。あくまで僕のまわりにいる、ワクチン反対派の一部です。)

    僕も体感でしか言えないので、今後の科学的実証によっては意見を変えるかもしれません。
    あくまで現時点の情報及び知り得る限りの知識において、シェディングについては、陰謀論とまで断定する必要はないにしても、科学的実証がはっきりするまで、距離を置いて接する事をオススメします!

    カレーせんべいさんのバランス感覚を支持します。

  • #7

    かわじ (月曜日, 10 1月 2022 22:30)

    個人的には…
    ADEはあると思いますが、シェディングに関しては、
    もう少し情報が欲しいですかねぇ…そんなカンジですm(_;)m

  • #6

    こめこ (月曜日, 10 1月 2022 22:21)

    「シェディングは、あります。」(小保方さん風)

    職場はおそらく9割以上が2回接種済みである私にとっては信じる信じないではなく、実際に自分にソレと思われる各種症状が現れています。

    以前のゴー宣言道場(札幌の時のだったかな)の質疑応答でやはりシェディングに関する質問が出ていて、その時は
    宮沢先生:「それは聴いたことないなぁ…」
    小林先生:「(かなり揶揄ぎみに)漫画家としてはそんな現象あったら面白いと思う」
    というような事をおっしゃられていたと思います。

    自分もその時には「なんか陰謀論ぽい話だな」と信じていませんでしたが、今では笑えません。

    ですが、職場では普通に仲良く仕事してます。
    どうしようもありませんもん。

    でも、もう一回言います。
    実感として「シェディングは、あります。」

    それにより生活や体調に(現時点では)支障が出ているわけではなく、自分は全体的には元気なので緑茶を飲んでやり過ごしています。

  • #5

    わさび (月曜日, 10 1月 2022 21:55)

    「みだりに使用してはならない情報」「どうしようもない話」に同感です。
    シェディング問題がクローズアップされると、差別というより「分断」を加速してしまう気がします。分断は、互いにとってマイナスだと思うのです。とはいえ現実に健康状態が悪化してる方がいらっしゃるとすれば、無視できません。難しい問題です。。。
    話は少し逸れますが、自分は電磁波にやや敏感で、wifiやIH調理器が気になることがあります。そういう時は物理的に少し離れてやり過ごしています。そういう工夫でお互いやりくりできたらなと(現段階では)思います。

  • #4

    くれは (月曜日, 10 1月 2022 21:38)

    小林よしのり氏の過去ブログに、おそらくこれと思われる内容のものがありました。

    https://yoshinori-kobayashi.com/22833/

    これを読んだ時、そんなことがあるのか?と調べていたら、確かにそういった情報はありました。しかし井上先生が動画でおっしゃったように、今現在では不明、分からないと言うしかないように思います。

    ワクチン離婚(協議中)さんのおっしゃるように、騒ぎ立てることはぜず、そういう情報もあるぐらいに留めておいた方がよいでしょう。
     
    それがあろうがなかろうが、態度は変えてはならないですね。

  • #3

    パワーホール (月曜日, 10 1月 2022 21:35)

    接種者もコロナ禍の犠牲者です。差別してはいけません。許せないのは、玉川徹やメディアや分科会の自称専門家たちです。奴らに落とし前をつけさせるべきです。

  • #2

    ワクチン離婚(協議中) (月曜日, 10 1月 2022 20:38)

    「シェディングがあるかもしれない」という認識にとどめておいたら、良いのではないでしょうか。

    「自分は(あるいは自分の周りの人は)シェディングの被害を受けてないから信じない」というのは、「シェディングの被害」を「ワクチン薬害」に置き換えてみると、まあ「なんだかなあ」という気持ちになります。
    (私の身近には、幸いなことに深刻なワクチン薬害で苦しんでいる人はまだいませんが、でもコロナワクチンが有害という考えは支持しています)

    局所的に未接種者がマジョリティという組織があって、そんなところでは接種者への差別が起こることもあるかもしれませんが、一歩外に出れば、未接種者はマイノリティです。

    ワクチン接種が絶対正義である今の社会では、マジョリティ(接種者)を差別していたら、マイノリティ(未接種者)はより一層孤立するだけででしょうし、そもそもきっと生活出来ません。
    未接種の方々でも、日常のなかで接種者を差別しているような方はほとんどいらっしゃらないはずです。
    なので、今時点でシェディングが差別の原因になると考えるのは、現実的ではないと思います。

    ただ、念願叶い、世の中がひっくり返って、「新型コロナワクチン接種は悪」という考えの人間が、万が一強大な権力を握るようなことがあるとしたら、かつての南アフリカの白人のように、マイノリティがマジョリティを差別するというようなことも起こり得るかもしれません。
    しかし、むしろ逆に、世の中がひっくり返ったら、未接種者はさらに差別されることもありえるのでないかとも思っています。

    あと、もしもワクチン接種者が差別されるとしたらですが、その理由は「シェディング」よりもむしろ「接種者がスーパースプレッダーになる説」とか新型コロナの感染拡大に直接関係することの方だと思います。

  • #1

    まさ (月曜日, 10 1月 2022 19:48)

    カレーさんの態度はそれこそ常識に照らしてそれに沿った態度と感じます