宮坂昌之教授「三密回避、マスク、ワクチンが重要なこれだけの理由。」を批判します

投稿者:シスターM

  

【潮 12月号】にて

宮坂昌之教授が井上正康先生の批判していたよ。

 

P56ページ下段。

名前は出してないけど、明らかに井上先生のことを言っている。

 

でもなぜ「間違い」なのかは全く説明していない。

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)  

 

【月刊 潮 2021年12月号】に掲載

宮坂昌之教授「三密回避、マスク、ワクチンが重要なこれだけの理由。」を読んで確認しました。

 

要点を以下の通りご紹介します。

 

・・・

 

宮坂昌之教授は「コロナ第5波が収束した理由」として以下の3つを挙げています。

 

1.人々が三密を回避して行動を抑制したから

2.マスクの着用を徹底してきたから

3.ワクチン接種

 

この中でも、宮坂昌之教授はワクチン接種こそが「最大の要因」だと強調しています。

 

「諸外国の感染状況を見渡すと、ワクチン接種を早く始めた都市ほど、感染者数も死亡者数も激減していることは明らかです」と述べています。

その一方で、「ただしワクチンのおかげ感染がほぼ完全に収まったのに、社会的規制を一気に撤廃したせいで、ワクチン未接種者を中心に、再び感染拡大が起きているとしています。

そして日本は諸外国と同じ轍を踏まないよう「三回避とマスク着用は引き続き心がけていくべき」と説いています。

 

また、宮坂昌之教授はワクチンの副反応について「過剰に恐れないでください」と言います。

 

「健康な人でも100万人のうち数人に、生命を脅かす重篤な副反応が出ることは事実です」

「ただ、一生の間、車の運転中に死亡事故を起こす確率の方が100倍以上高いという現実もあります」

「飛行機が墜落事故を起こしたり、宝くじがあたるほど稀な頻度でしか起こらないことも確かなのです」

 

 

そして井上正康先生を批判していると思われる箇所について、以下の通りそのまま引用します。

 

『感染の経路(ウイルスの通り道)を正しく知りましょう。

「新型コロナウイルスは、ノロウイルスと一緒で便から人にうつる。だからマスクは必要ない。手さえ洗えばよい」と主張する人がいますが、これは完全に誤りです。

ウイルスは飛沫を通して感染するからです。』

 

・・・

 

以上の論文に対して、私から批判させて頂きます。

 

まず井上正康先生を批判していると思われる箇所について。

「ウイルスは飛沫を通して感染するからです」と断言されていますが、その論拠が示されていません。

その自説を補強する言葉すらありません。

 

そもそも井上正康先生は、飛沫感染は「サブルート」と言っているわけで、メインルートが「糞口感染」ではないかと述べておられます。

したがって宮坂昌之教授には「飛沫感染こそがメインルートである」という論拠を学者らしく述べて頂きたかったです。

 

根拠なき否定は学者のすることじゃないと私は考えます。

 

 

次に、ワクチン接種の副反応を「過剰に恐れないでください」と述べた点について。

 

厚生労働省が発表したワクチン接種後の副反応疑いで死亡した人は1,312名にのぼります(2021年10月15日時点)。もう一度言います。1,312名です。

 

しかもそれが「真実の数」だとは私には到底思えません。

なぜなら、ワクチン接種後に不調だったことをSNSに投稿し、その後、不幸にもお亡くなりになった人が、その1,312名の中にはカウントされていない事実があるからです。

 

ちなみに交通事故の死亡者数は年間2,839名(2020年)です。

 

「一生の間、車の運転中に死亡事故を起こす確率の方が100倍以上高いという現実もあります」

というのは、一体どのような計算式で算出されたのでしょうか・・・?

 

そもそも「コロナワクチン接種による死亡リスク」と「運転手が一生の間に死亡事故を起こすリスク」は比較の対象と同一条件と言えるのか、数学的に疑問です。

 

学問的でない言葉は、者ではなく運動家のそれのように聞こえます。

 

 

 

最後に「諸外国の感染状況を見渡すと、ワクチン接種を早く始めた都市ほど、感染者数も死亡者数も激減していることは明らかです」と述べた点について。

 

これはワクチン接種直後のデータを切り取って述べたのだと思います。

しかしながら、その減少直後に感染爆発を起こしたのは、イスラエルやシンガポールの例を見れば明らかです。

 

その現象について「社会的規制を一気に撤廃したせいで、ワクチン未接種者を中心に、再び感染拡大が起きている」と分析なさっているのでしょうが、もしその説が正しいとするならば『ワクチン接種よりも、三密回避とマスクの方が効果がある』ということになります。宮坂先生は本当にそのようにお考えなのでしょうか??

 

もし「マスクと三密回避でワクチンより効果が有る」のなら、ワクチンの接種はただちに辞めて頂きたいです。

 

ワクチン接種のリスクは、交通事故死と比べて確率が低いとか、そんな問題じゃないのです。

 

問題なのは「新型コロナに感染したとしても死ななかった人が、コロナワクチンを接種したことで死亡した」ということです。

 

そしてワクチン接種で1,312名が死んだということは「一人の死が1,312回発生した」ということです。

 

 

人の死をどんぶり勘定して医者が務まるのでしょうか?

 

 

以上が、私からの【月刊 潮 2021年12月号】宮坂昌之教授「三密回避、マスク、ワクチンが重要なこれだけの理由。」に対する批判です。

 

 

ご意見、ご感想、反論などあればコメント欄にお寄せいただければ幸いです。


 

 

☆スポンサーの広告☆


コメント: 19
  • #19

    タイ象 (日曜日, 07 11月 2021 21:41)

    へえぇ
    宮坂昌之教授って、最初、僕は彼の本を読んでいたのに、
    先日、変節したことをゴー宣動画やこのサイトで知り、
    そして、今度は、3蜜回避とマスクとワクチンの効果ですって?
    笑うしかない。
    テキトーなことを言っていますね。
    まるで、素人のような言い分、いや、東京都のアドバイザリボードのようなものか。

    誰かから圧力があるのか、何かあったのかなと考えてしまいます。

  • #18

    sakana (土曜日, 06 11月 2021 17:26)

    失礼します。この先生は、医薬品業者から、お金もらって、感情的に躍起になってると思います。この方の本に少し目を通しましたが、読むに耐えないものでした。

  • #17

    叶丸 (土曜日, 06 11月 2021 15:49)

    どうでも良いですけど、宮沢孝幸先生と名前が似ていて紛らわしいです。
    別の名前に変えて欲しいと思います。

  • #16

    近藤 (土曜日, 06 11月 2021 15:19)

    >いいまつたか様
    どーもありガチョウ!
    飯星景子だ。懐かしい。

    俺はいつから読んでるんだろう。
    大学1年だから、94年かな。
    よしりん先生はあらためて凄いよなあ。

  • #15

    ペチカ (土曜日, 06 11月 2021 13:36)

    保身と損得の為に魂を売った哀しい男の断末魔のように思えるな、、こいつに何を言っても無駄だろう、、恐らく本音じゃまずい事は100も承知だろう、だから悪質なのだ、現代医療というのはそういう怖い世界だ、、、一部良心が残るその本音を曲げて迄ワクチンを推進した結果息子を失い自分の名誉も揺らごうとしている、、、

    これ以上失うわけにはいかない、プライドが高すぎるが故に自分が間違っている等到底認められない、どんなに間違っていようともメンツと立場を守る為に自己を正当化してしくしか心を保つ術が無い、でなければ全人格否定に繋がってしまう、、、嘘つきが辿る哀しい末路だ、もはや出家でもしなければやつの心は救われないだろう。

    既に現代医療の多くの役割は終わっているように思える、御幣を恐れずに言えばもう多くの場合必要ない、既に銭儲けの為に焼け太りした業界にすぎない、病人でもない人間を病人に仕立て上げ薬という名の毒を売りつけ本当の病人にしてしまう、、いずれ医者は不要になるだろう、AIが何の忖度もしないまっとうな診断を下すからだ、今は医師会の政治力が怖い、だからつぶせない、それだけだ。

    そのAIが出した答えは、総合病院を無くすことが国民の健康と福祉に寄与するという事だ、既に答えは出ている、夕張で実証済みである。

    コロナ騒動だってAIに診断させれば一発でその嘘がばれてしまうだろう、そうなればTVにぶら下がった似非専門家の出る幕は無くなる。

    自分の立ち位置が無くなる、、、その焦りから魂を売ってでも銭儲けに走るのであろう、、、どんなに汚い事をしようとも嘘は必ずばれる、、既存の医療王国は崩壊しはじめたのかもしれない、、、

  • #14

    くれは (土曜日, 06 11月 2021 12:53)

    息子さんを亡くされたことはお悔やみ申し上げますが、氏の一連の言動の意味を考えると怖く感じます。

    今回のコロナ騒動において、人に依存して生きていてはならないことが良く分かりました。

    選択を迫られる時は自分の頭で考える。権威に注意し、回りがそうだからと簡単についていかない。大切なことでした。

  • #13

    大平原インデアン (土曜日, 06 11月 2021 10:43)

    宮坂氏は第6派がこなかったら「ワクチンの成果」と言い、来たら「3密回避とマスク着用を怠ったから」と言えるように、予防線を張っているんでしょうね。
    テレビで「ワクチンは鎧だと思っていたけれどレインコートぐらい」と話し、効果に対する見解を変えたのだから、あらためてリスクとベネフィットを比較するのが学者じゃないんでしょうかね。
    どうしても「リスクを甘受してワクチンを接種する」郡に引き入れようとする「運動家」ですよね。
    「月刊潮」を購入するのはちょっと抵抗があるので立ち読みします(笑)

  • #12

    いいまつたか (土曜日, 06 11月 2021 09:39)

    カレーせんべい様 コメントされた皆様 ありがとうございます。

    宮坂氏は「飛行機が墜落事故を起こしたり、宝くじがあたるほど稀な頻度で~」の件について、今回のコロナワクチン有害事象で死亡事例含め、苦しんでいる方々の前で、そのように説明できるのでしょうか?
    ぜひ今一度学者とのしての矜持を取り戻していただきたいと思います。

    >#8 近藤様
    飯星恵子氏になります。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%AF%E6%98%9F%E6%99%AF%E5%AD%90

    いやー懐かしいですね。よしりん先生の印象に残っている漫画のコマで、年齢やファン歴がわかるかもしれませんね。本棚行って過去のゴーセンもう一回見てみます。

  • #11

    マーチ (土曜日, 06 11月 2021 08:43)

    カレーせんべいさんに論破していただき、胸がすく思いです。
    宮坂氏は公私に渡りコロナとワクチンの多大な影響を受けてショックなのは分かりますが、学者が感情論でモノを言うのは如何なものか?
    井上先生の「糞口感染」を科学的根拠無しに「完全に誤り」と断言する姿勢には呆れるというか、学者失格ですね。

    「潮」はワクチンを普及させた政権与党・公明党の支持母体の創価学会が作るマイナーな雑誌なので、宮坂氏は読者の学会員向けに忖度して過剰に書いてしまったのでしょうか。
    「潮」は学会員以外の一般の方はほぼ目にしないし知らないと思われ、この誤った粗雑な内容が広がらないことが唯一の救いです。

  • #10

    モコチ (土曜日, 06 11月 2021 07:53)

    宮坂氏は5月の時点でイスラエルの感染状況の改善を評価し、ワクチンを絶賛してましたが

    「リスクとベネフィットを考えると、若年層までの接種が必要かというと私はそうは思わない」と言っていました。

    科学者、研究者、医学者としての矜持があるのなら再度、今その事を発信して欲しいです。

  • #9

    ハックスレー (土曜日, 06 11月 2021 05:56)

    必死すぎて、逆に笑えます。
    どんどん醜態を曝け出してますね。
    宮坂の本は、本屋でよく見かけます。
    それを手に取り、読んだ後に、接種した人の中には体調を崩した人、亡くなった人がいると考えると腹立たしいです。
    己の言動に何一つ責任を取らない!

  • #8

    近藤 (土曜日, 06 11月 2021 04:11)

    自己肯定に必死だね。
    息子さんも浮かばれないよ。

    ほんの薄皮のプライド、だったかな?
    むか〜しのゴー宣で、洗脳が解けた女性
    (名前が出てこん)が言ってたやつ。
    あれを思い出した。

    今だにコイツの本は本屋に山積み。
    相当に罪は重い。
    GO TO HELL!

  • #7

    添田英樹 (土曜日, 06 11月 2021 00:19)

    「宮坂先生は本当にそのようにお考えなのでしょうか??」
    ⇒もう先生と言わなくて良いです。先生と言えるのは尊敬できる人だけです。

  • #6

    maru (土曜日, 06 11月 2021 00:04)

    忽那じゃなくて、宮坂さんなら公開討論に応じますかね?
    宮坂さんは抗議という形ですが、オドレらにアプローチしてきた人ですから、交渉してみる価値はあるのかと思いました。
    決して合意しなくても、どちらかが間違っていても、同じテーブルの上で公に判断を問う場を提供する事が必要と思います。

  • #5

    jaune brillant (金曜日, 05 11月 2021 23:54)

    ご紹介いただきありがとうございます、いつも本当に助かります。
    要約文を読むだけで、もう開いた口がふさがらないです。宮坂氏とこの内容を真に受けてしまう人々は、我々とは別の世界に生きているんですかね?
    宮坂氏、井上先生のことが気に入らないみたいですが、そもそも感染経路なんてどこまで行っても「推測」に過ぎないんだから、「完全に」という言葉を使って否定するのはかなり軽率だと思います。実は結構追い込まれているんでしょうね、カレー様の指摘された決定的な矛盾点に気づいておられないあたりも、余裕のなさを感じます。
    今さら後に引けないのかもしれませんが、個人のしょーもないプライドがそんなに大事なんですかね・・・自身の発言を信じた人々が健康被害を受けたり、愛する人に健康被害を受けさせてしまうかもしれない、ということに怖さを感じるべきだ、人間なら。

  • #4

    勤務医一筋 (金曜日, 05 11月 2021 23:36)

    前にも書きましたが、どこでどういう教育をされると、こんな医師が出来ちまうのでしょうか?宮坂教授の事ですが。

  • #3

    匿名 (金曜日, 05 11月 2021 22:56)

    山〇とか今回の〇坂とか
    よく某政党というか
    某宗教団体の機関紙に
    登場しますね
    他にもいますがね。

  • #2

    和ナビィ (金曜日, 05 11月 2021 22:21)

    早速のご紹介・要約をどうもありがとうございます。
     「科学者・医者」とは信じられない杜撰で思い込み激しい主張だと伝わります。その記事の題名が【宮坂昌之教授「三密回避、マスク、ワクチンが重要なこれだけの理由】だというのに、「理由」の中身、つまり≪科学的根拠≫が示されていないとは。

     どこかの時点で「そう思い込もう・・」と決めたからには、敢て目も耳も機能を止め、意地になって決めた主張ばかりを重ねていかれるように感じられます。

     冷静さ・科学・開いた感性---それが説得力の要素だと思います。

  • #1

    アルトマン (金曜日, 05 11月 2021 22:19)

    それにワクチンの長期にわたる影響はまだ不明ですからね。考えの浅い学者だ。