≪悩み≫インフルエンザワクチンの接種について悩んでいます

普通の主婦 (金曜日, 01 10月 2021 16:39)

 

インフルエンザワクチンについて悩んでいます。

 

去年まで何も考えずに打っていた&子供にも打たせていたんですが、コロナワクチンを機会に他のワクチンについても調べ始めたらこちらもなかなかの闇で…

 

夫がワクチン盲信者なので、子供に打たせないことを説得するときはデータを出せと言ってくるに決まっています。

 

すごい効果があるというデータもないですが、全く効果がないというデータもなかなか見つかりません。

 

少しでも(1%でも!)効果があれば打てと言ってくるはず。

 

子供がもし重症化したら、打てばよかったと後悔するのが怖くて悩んでしまいます。

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)  

 

私も子供も毎年インフルエンザワクチンを打っていました。

キッカケは約10年前に近所の5歳の子がインフルエンザで亡くなったことです。

 

それから私は、

(1)ワクチンを打って、人に感染させる確率を減らしたい

(2)もし子供が感染しても、重症化を防いでやりたい

そう思ってインフルエンザワクチンを打たせるようになりました。

 

今となっては(1)に関してはかなりアヤシイですね。

(2)も自然感染をして免疫をつける方が良いと思うようになりました。

 

だから今年からはインフルエンザワクチンを打つ、打たせることはやめたいと思います。

 

 

ただ、インフルエンザワクチンのリスクに関しては、新型コロナワクチンに比べればリスクは低いです。

死亡リスクは77分の1、重篤リスクは10分の1です。

 

◆インフルワクチン(直近5年平均):死者9名・重篤者160名・接種回数52,475,221回

◆コロナワクチン(9月24日時点):死者1233名・重篤者4754名・接種回数146,265,699回

 医療機関と製造販売業者からの報告に重複の可能性あり

 

それでも「リスクゼロ」というわけではありませんね。

 

 

一方、インフルエンザワクチンのベネフィットですが・・・私も現時点ではインフルエンザワクチンの効果を証明するデータを持っていません(汗)

また情報収集をしておきます!!


 

 

☆スポンサーの広告☆

 

 

↑応援クリック↑

 

ホームページ維持のため

お力添えをお願いします!

 


コメント: 11
  • #11

    これも参考になります (水曜日, 06 10月 2021 09:19)

    https://www.o-kinaki.org/1746/
    どのような論考を提示しても、既存の西洋医学的治療や予防に疑問を抱くスキマを全く持たない人に説得するのは本当に難しいですね。

    人の身体がどうなっているのか
    ウイルスってどういうものなのか
    病気と身体の関係って?

    などなど、sense of wonder的な素朴な問いをちらっとでも持てるかどうか。
    そこが分かれ目かなぁと思います。

    >>いいまつたかさん
    岡田教授のブログありがとうございます!

    ちなみに…
    以前の職場の同僚はインフルワクチンを毎年いそいそと打ってはインフルに罹っていました。しかも数日仕事休んだりもしていました。
    私は「ワクチン効いてないじゃん」と思っていましたが、
    彼女は「打ったからこれくらいで済んでいる」と言っていました。
    コロナワクチンと変わらない構図ですね(苦笑

  • #10

    いいまつたか (火曜日, 05 10月 2021 09:37)

    カレーせんべい様 投稿者の皆様 いつもありがとうございます。

    本件について本日新潟大学岡田教授のブログで先生の見解が掲載されました。
    https://okada-masahiko.sakura.ne.jp/#influenza

    参考にして頂ければと思います。

  • #9

    たこちゃん (月曜日, 04 10月 2021 12:52)

    カレーせんべい様

    いつも情報提供ありがとうございます。

    私の父(後期高齢者)が、インフルエンザの予防接種をどうした
    ものかと、最近言い出しました。

    ちなみに父は、コロナの接種は1か月半前に済ませていて、重大な
    副反応はないまでも、倦怠感は数日あったようです。
    (接種に反対していた私と妹の手前、ハッキリとは言いません。)

    皆さんからの情報提供されたサイト等を見て、父を説得したいと
    思います。

  • #8

    和ナビィ (月曜日, 04 10月 2021 10:47)

    第53回ゴー宣道場(2016/2)でのことです(確かカレーさんもいらしてました)。150名余りの参加者でぎっしりの会場、時は真冬、風邪の季節。後ろの席の男性が絶え間くゴホゴホ咳き込んでいました。(かの富岳映像なら噴火状態か?;;)

     振り返るとマスクもせずボウッとしたお顔、熱もあったんじゃないでしょうか。イヤ~な予感はしましたが、帰宅して数日して発熱、何年かぶりの酷い症状のインフルエンザで数日寝込みました。

     MLやライジング投稿欄によるとその回後にわかっただけでも何人も罹ったそうで、いわゆるクラスターが起きていたと思われます。---すっかり懲りて;その年以来毎年秋になると予防接種はしています。副反応は無し。

     予防接種はおまじないみたいなものかもしれませんが、バランスとれた食事(特に緑黄色野菜)・帰ったら手洗い・うがいは効果大と実感あり。「体調が悪かったら当選していても欠席する」は常識です!☆。
     
     またコロナワクチンについては、“効果の一縷の望み”に残された「重症化を防ぐ」説も疑っています。各自の体力・抵抗力次第だと思うからです。

  • #7

    ネモ (日曜日, 03 10月 2021 19:49)

    全く科学的ではないですが、一言物申し上げます。
    ワクチンの副作用で既に10代2人を含む1200人以上が亡くなっている。ワクチンを打っても打たなくても、自己責任。ワクチンを打っても感染は100パーセント防げない。変異株はこれからも現れる。ワクチンはまだ治験中で、長期的な安全性が保証されてない。
    全ては確率だが、打った自分や家族が将来的に体調を崩したり、死期を早めるリスクがある。それは、コロナに感染して死ぬことと、何が違うというのか。
    何故ワクチンを打つことが命を守ることに繋がるのか。ということで、私は打ちません。
    家族が強要したら、その為に私や他の隣人が死んだ時、あなたはその命の責任をどのように取るのか、問いただします。
    自分がそのワクチンを開発したわけではないので、自信など持ちようがありませんから。

  • #6

    タイ象 (日曜日, 03 10月 2021 18:49)

    前橋リポート インフルエンザ
    で、検索すると
    出てきます。

    クローム、サファリ

    ダックダックでは、結果が変わるかもしれませんが。

    http://www.kangaeroo.net/D-maebashi-F-view-r-R-no-200408_admin_message.html

  • #5

    タイ象 (日曜日, 03 10月 2021 18:45)

    こんばんは、何故かpcからだと
    サイトにアクセス出来なくなったので、スマホから、
    乱文失礼します。
    私、もともと、予防接種を積極的にしてまして、しかし、
    インフルエンザにかかるんです。
    で、
    何だかなあ、と思っていたら、
    通称
    前橋リポートを知るわけです。
    グーグルで、うまく検索されるか
    わかりませんが、
    昔は、学校で、予防接種は、みんな打ってましたよね。
    でも、この前橋リポートがきっかけで、
    任意接種になったそうです。
    ちなみに、
    今回の新コロワクチン審議の議事録にも、従来のインフルエンザの予防接種の有効率は、
    20〜60%と記載があります。
    まあ、丁か半かみたいな感じですかね。

    昔は、僕が子供の頃
    予防接種したら、インフルエンザには、かからない、最強になると言われたのですが、
    今は重症化しないと、腰が引けた言い方、
    そんなの、自分の免疫のおかげなのか、予防接種のおかげなのか、
    比較検証出来ないのに、ねぇ。

  • #4

    普通の主婦 (日曜日, 03 10月 2021 17:09)

    情報ありがとうございます。
    私は母里啓子さんのインフルエンザワクチンは打たないで! を読みました。
    この方は完全な反ワクチン派ではなく、必要なものもあるという感じです。
    今の日本にはほとんど必要ないという意見ですが。
    コロナワクチン以前も同じ過ちを繰り返していたんだなと暗い気持ちになりました。
    前橋スタディーなるものを調べてみようかと思います。

  • #3

    ゆり (日曜日, 03 10月 2021 13:13)

    追加です。
    データということであれば、近藤誠先生の「新型コロナワクチン 副作用が出る人、出ない人」という本に「インフルエンザとその予防接種の知られざる真実」という記述がありますので、そちらが参考になるなかもしれません。
    1930年から2001年までのインフルエンザでの死亡率、1955年から1995年頃までの日本におけるインフルエンザ患者数の推移のグラフも載っています。よろしければご覧になってみて下さい。

  • #2

    ゆり (日曜日, 03 10月 2021 13:02)

    こんにちは。初めまして。
    インフルエンザのワクチンと予防について近藤誠先生の「医者に殺されないための47の心得」から引用させて頂きます。

    「はしかのウィルスのように遺伝的に安定した、人間にだけ感染するウィルスに関しては、効果的なワクチンを作れます。でもインフルエンザ・ウィルスは人に感染しながらどんどん形を変えていき、鳥や豚など、多くの動物にも感染します。そういう変幻自在のウィルスにピッタリ合う(効く)ワクチンを作るのは、ほとんど不可能です。また、血液中に弱い抗体ができたとしても、ウィルスが入ってくるのどや鼻には抗体は作られないので、感染は避けられません。インフルエンザ・ワクチンはワクチンとは呼べないような代物なんです。感染を防げないのに、副作用はショック症状や突然死など、激烈です。」
    「インフルエンザを予防するたったひとつの確実な方法は『流行時に人ごみに出ないこと』です。」

    インフルエンザのワクチンも実際は報告や公表されないだけで死亡例はもっとあるみたいです。
    でも身近でそんな話を聞いたことがないので(注射負けして微熱が出たという話はたまに聞きますが)、コロナの遺伝子ワクチンよりは副作用の確率が低いのかなと思います。

  • #1

    taka (日曜日, 03 10月 2021 11:43)

    初めてコメントさせていただきます。

    インフルエンザワクチンに関しては以下の記事がありました。
    ・https://www.businessinsider.jp/post-238477

    YouTubeがワクチン関連動画規制を堂々と宣言しましたが、ニコニコ動画にも、早速新型コロナ&ワクチンに関する動画規制の圧力がかかっているようです。
    ・https://news.yahoo.co.jp/articles/1f6cf697cee33dd3437c5477f67f654537003b9c

    時期を同じくして、子宮頸がんワクチンの積極推奨再開を検討しているようですね。
    ・https://www.asahi.com/articles/ASPB15RWGPB1ULBJ00N.html?iref=pc_ss_date_article

    全てのワクチンに対する向き合い方は、コロナ禍前の認識を根本的に考え直していく必要があるように思います。