小学校で「マスクをしていない人に注意をする係」が作られようとした

☆ピックアップ投稿☆

  

小学校で「マスクをしていない人に注意をする係」が作られようとした  

 

子供を守りたい親 (木曜日, 30 9月 2021 06:21)

 

つい先日のことです。

2学期が始まってすぐの学校は、以前にも増してピリピリし、先生たちはもとより、子供達も「お互いに気をつけなきゃね」みたいな空気を作り出していて、以前よりもマスク率が上がったと娘が話していました。

 

そして、新学期早々の「クラスの役員決め」の際に、子供達の中から数人が「マスク係を決めよう!」と言いだしました。

 

娘は驚いて聞いていたようですが、マスク係の役割は、「マスクをしていない人に注意をする係」なんだそうです。

 

この時担任の先生は何も言わ、当然のことのように容認していたようです。

 

 

その日帰宅して娘はすぐにそのことを私に話してきました。

絶句した私はすぐに校長先生に電話し、「子供が子供を監視するマスク警察のような役割をすることがいいこととは思えませんが、校長先生はどう思われますか」と話しました。

(なぜ担任の先生に言わなかったと言うと、これまでにいろんなことがあって、担任の先生は完全なコロナ脳だとわかっていたため、まだ話がわかりそうな校長先生に矛先を変えたからです)

 

話し合いの結果、「マスク係」はなくなりました。

 

また、今回のことでマスクをする・しないがイジメに発展しそうだと感じたため、「マスクをつけられない子もいるし、マスクは決して強制ではないと言うことを子供達にきちんと話をしてほしい」と伝え、学校側はそれなりに対応してくれました。一定の理解をしてくださる先生もおられることでホッとしました。

 

この件があって、娘はさらにパワーアップしてマスクしない普通の生活を堂々とするようになりました。(普通の生活を堂々とって言う言い方もどうかと思うのですがね・・)

 

大人が作り出す空気は、すぐに子供にも伝播すると思います。

 

特に小学生は子供は親が言ったことを信じます。

マスクをしないことが悪だとしたら、娘は非難されイジメにあうかもしれません。

・・どうやら強気の娘は「陰口叩かれてるかもしれないけど学校楽しいしイジメもされてない」と言っております(ホッ)

 

「気づき」そして「行動」。小さな一歩が大きな一歩になると信じたいです。 

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)  

 

これもまたすごい報告をありがとうございます!

 

子供達が「マスクをしていない人に注意をする係」を作ろうとしたことに、大人として責任を感じました。

 

その子供達に悪意は無いだろうし、下手をすれば「善意」すらあるかもしれません。

 

それだけに、マスク全体主義の根深さを痛感しました!

 

 

 

その「マスク係」ができる前に、校長先生と話し合った「子供を守りたい親」さんの行動に敬意を抱きます!

 

また子供たちの「イジメ」に対して警戒されたことも、それにきちんと対応した学校側も素晴らしいと思います!

  

 

・・・やはり私は、子供達が「マスク係」を作ろうとしたことがショックでした。

 

そうでしたか・・・。

 

それならば「もはやマスクが社会悪になっている」という立場に立とうと思います。


 

 

☆スポンサーの広告☆

 

 

↑応援クリック↑

 

ホームページ維持のため

お力添えをお願いします!

 


コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    和ナビィ (金曜日, 01 10月 2021 11:14)

    ハンドルネームの通り「気づき」そして最も適切な過程で「行動」された「子供を守りたい親」さんに心より敬意を表します。

    >新学期早々の「クラスの役員決め」の際に、子供達の中から数人が「マスク係を決めよう!」と言いだしました。

     子供からの提案であったとしても、子供の言う事は周囲の大人、特に親と教師の反映です。最も身近な“保護者・指導者”の意の写しになるはず、言う事よくきく子「いい子」なら一層そうでしょう。

     聞く耳を持つ人にしか話せない・通じない。支える親御さん、分かる教育者のもとで「個」が育っていく。パワーアップされた娘さん、頼もしいです(^-^)9☆。