行動制限緩和の実証実験、北海道知事が参加の意向

投稿者:猫娘と猫息子の母さん  

 

北海道、政府の“行動制限緩和の実証実験”に参加の意向表明

https://news.yahoo.co.jp/articles/8a03fed2303b77923bc982b0dbf60a7e69b8c066

 

 

 昔「試される大地、北海道」などというふざけたキャッチフレーズがありました。

この東京都庁出身元夕張市長、現在北海道知事はまさに北海道を「試験場」として何の痛みも痒みも感じないのでしょうね。

 

思い起こせば発端は2020年2月の「さっぽろ雪まつり」。

中国武漢ウィルスが騒がれ出して当地ではロックダウンとか言ってるのに、北海道ニュースでは雪まつり会場に来た中国人のインタビューが流れてました。

「武漢から急いで逃げて来た」とかって。

 

 その後、全国に先駆け北海道独自の「緊急事態」を言いはじめたのが、この知事です。

人に聞きましたら出張で北海道から本州へ出てきたなんて言ったら、当時はドン引きされていたそうです。

 

 私はすすきのには、若い頃のひとかたならぬ恩義がありましたが、接種証明なんつーくそめんどくさい街に成り下がるとは。

 

観光協会主導で「ワクチン2回しました」のめんこいステッカーも配るとか「笑顔のファシズム」に染まりつつある様です。

 

北海道の端の町から心配してます。誰も声を上げないのかと。 

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)  

 

北海道からの怒りの声、興味深く読ませて頂きました!!

 

北海道の鈴木直道知事という人物は、見た目はシュッとしていますが、権力行使で自分の存在をアピールしたがるタイプの人間のように感じていました。

 

そして、『行動制限緩和の実証実験』とは、平たく言えば「ワクチンパスポートで経済を回す実験」のことなんですね!!

 

私は経済を回すことは大賛成ですが、それ要件がワクチンパスポートとは・・・。

 

北海道にかけて『どう、しょうもない』と言ったところです。


 

 

☆スポンサーの広告☆

↑応援クリック↑

 

おかげさまで

ホームページが維持できています。  

 


コメント: 2
  • #2

    猫娘と猫息子の母 (木曜日, 23 9月 2021 01:51)

    iowaさま。たしかにそうですねー。
    これまで散々陽性者偽造されて来たからには、こんな証明書なんぼでも偽造しちゃる! でススキノ行くぞ! という感情もふつふつと(笑)。阿部のマスクといいコロナアプリといい、実効性の無い、人を「分け隔て」する政策の愚かさに目を覆います。天を仰ぎます。
    連休中、札幌から地方に来る人達は、申し訳なさそうにしますので「何も心配要りませんよ! 美味しいもの食べて存分にうちの町を楽しんでって下さいね」と声をかけてます。一部では「来るなや」なんて酷い事言う人もいますが、それが全てじゃありません。
    かたや「行くとこ無いから田舎で遊ぶべ」と大自然の美しさの中に、ゴミ処理の仕方も知らぬ輩も来ますがね。
    こんな狭いニッポンで、みんな何やってんでしょう? と思います。
    かかる時はかかるし、死ぬときゃ死ぬんです。コロナ前も、昔からもそうですよ。何恐れる事あるんですかね。

  • #1

    iowa (水曜日, 22 9月 2021 23:52)

    熊本も検討中のようですね 
    しかし政府主導のアプリの完成度の低さ見てると
    スマホワクパスは、root取得泥端末あれば突破できる
    程度のシロモノになる気もする