なぜ「ワクチン接種で死亡」の原因究明が進まないのか、法医学者に聞く

投稿者:中洲ボーイさん

  

法医学の視点からコロナワクチンの安全性についての記事です。

https://news.yahoo.co.jp/articles/111831e114e90fadef9645b7310e63730a9253d1

 

これは重要な記事と思います。

 

コロナビさんの反論みたいですね。 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)  

 

重要な記事を教えてくださり、ありがとうございました。

 

ワクチン接種後の副反応疑いで死亡しても、きちんと死因究明をするシステムが、日本には無いのだと愕然としました。

 

そしてワクチン死による補償は、予防接種との因果関係が認定されなければ受けられないので、これでは完全に「泣き寝入り状態」です。

 

記事に書いてあった通り「死因究明は生きている人のための医学」でもあります。

 

生きている者は、知らなければならないのです。

 

国も、専門家も、ワクチンの接種率を上げることに注力するばかりで「死因究明」をないがしろにするのは一体どういうことでしょうか?

 

そして国民は、これらのことに疑問を持たないのでしょうか!

 

 

自らの利益を、そして尊厳を守るためにも、最低限の権利を主張してはいかがでしょうか?

 

『ワクチン接種後の副反応疑いで死亡した人の「死因」を調べる体制を創り、我々に報告せよ!』と。

 


 

 

☆スポンサーの広告☆

↑応援クリック↑

 

ホームページの維持に

お力添えをお願いします。  

 


コメント: 2
  • #2

    カレーせんべい (木曜日, 23 9月 2021 11:52)

    >>1 中洲ボーイさん
    おっしゃる通り「詐欺の様な話」ですよね!

    ワクチンの安全性をアピールして、万が一の時には補償すると言っておきながら、「因果関係不明」で押し通すなんて、こんなの【ビジネスとしても成立しない】でしょう!!

    もはや「国家ぐるみで詐欺をしている」と私は言いたいです!!

  • #1

    中洲ボーイ (木曜日, 23 9月 2021 11:17)

    カレーせんべいさん これって保証払う気無しって感じですよね。勘違いしている人が多いと思うのは国が推奨しているワクチンなので安全性が担保され、かつ何かあっても直ぐに保証されると思わせている。何だか詐欺の様な話です。