ワクチンの副反応に「ギランバレー症候群」

投稿者:くれはさん

  

 

「欧州当局、アストラ製ワクチン副反応にギラン・バレー症候群追加」

https://www.msn.com/ja-jp/news/world/e6-ac-a7-e5-b7-9e-e5-bd-93-e5-b1-80-e3-80-81-e3-82-a2-e3-82-b9-e3-83-88-e3-83-a9-e8-a3-bd-e3-83-af-e3-82-af-e3-83-81-e3-83-b3-e5-89-af-e5-8f-8d-e5-bf-9c-e3-81-ab-e3-82-ae-e3-83-a9-e3-83-b3-e3-83-bb-e3-83-90-e3-83-ac-e3-83-bc-e7-97-87-e5-80-99-e7-be-a4-e8-bf-b/ar-AAOeJCP

 

 

 

病名に疎いので、ギランバレー症候群とは何ぞやと調べてみました。

https://www.saiseikai.or.jp/medical/disease/guillain_barre_syndrome/

 

 

〇脳や脊髄から体の各所に電線のようにめぐっている神経(末梢神経)が原因で、急に発症し、数日で次第に手足が動かなくなる病気。

 

〇ギラン・バレー症候群の多くは、本来体外から侵入してくる外敵(ウイルスなど)に立ち向かうはずの免疫システム(抗体など)が、何らかの理由で自己の末梢神経を攻撃して髄鞘に障害が起き、神経の命令の伝導が障害されることで、手足の麻痺などの症状が出る。

 

 

とありました。アストラゼネカやモデルナ、ファイザーのワクチンデメリットを調べると、こういった免疫システムに異常をもたらすという記事を度々目にします。

 

ギランバレー症候群はアストラゼネカ製のワクチンだけかと気になり、厚生労働省のワクチン接種後の副反応の種類や件数について記載された資料(症状別報告件数)にも目を通しましたが、ファイザー製のワクチン接種後にギランバレー症候群になった例が44件、モデルナで4件確認出来ました。

 

 

最初の記事に戻りますが、欧州医薬品庁(EMA)は「この副反応を頻度が最も低い『非常にまれ』なカテゴリーに分類し、ワクチン接種の効果はリスクを上回ると強調した。」と締めてあります。

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)  

 

私は、初めて聞く病名でした

 

ギランバレー症候群とは「末梢神経障害」で、「手足が麻痺する症状」が出るわけですね。

 

リスクの確率としては低いようですが、もしもワクチン接種した人が手足のしびれを訴えた場合には、医師に相談させるのが良さそうですね。覚えておきます。

 

 


 

 

☆スポンサーの広告☆

 

 

↑応援クリック↑

 

ホームページ維持のため

お力添えをお願いします!

 


コメント: 3
  • #3

    くれは (土曜日, 09 10月 2021 10:53)

    大原麗子さんや、ゴルゴ13も患ってたんですね。愛知県では、ワクチン推奨キャラクターにゴルゴ13が使われているとこのサイトで知りましたが、まさかギランバレーになる可能性(僅かでも)があるワクチンに、ギランバレーで症候群で苦しんでいるデューク東郷が使われるとは・・・。なんとも皮肉ですね。

  • #2

    兼定 (金曜日, 24 9月 2021 01:08)

    ゴルゴ13も患っていました。

  • #1

    こめ (木曜日, 23 9月 2021 21:55)

    大原麗子が患っていて、わりとよく聞く病名です 完治は難しい病気です