医師会は政治献金で政治家を飼いならし

投稿者:マーチさん

  

東京都医師会・尾崎治夫会長が2億円超の政治献金 政府が「医師会」に意見できない理由(デイリー新潮)

https://news.yahoo.co.jp/articles/c40f32f126ae936478d9d783f7c70c47b1b20187

 

東京都医師会々長・尾崎治夫と国会議員のズブズブな関係の実態が明らかに。

コロナ禍で医師会がどれだけ腐っているか、政治との癒着問題がどれだけ根深いか、本当によく分かりました!

医師会という権威を保護するために犠牲になるのは我々国民!!

自民党の総裁候補を出演させて的外れのクダラナイ構想を語らせるのではなく、テレビやマスコミは徹底的に医師会を徹底的に叩くべき!!!

 

(記事抜粋)

そんな尾崎氏と政治家との密着ぶりを示すのが、東京都医師政治連盟の政治資金収支報告書だ。同連盟の代表者は尾崎会長である。

 

2017年から19年までの直近3年間の報告書をみると、パーティー券だけでも3年間で約50名の議員に約千万円、寄附の名目では約35の政治団体や政治家個人に約1億5千万円。計2億円ものカネを政治家にばら撒いているのだ。これでは政治家が医師会に「コロナ患者を受け入れろ」と強く言えないのは当然のことである。

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)  

 

物事を常識的に考えて、「カネ」が絡んでいるのに公平な判断などできるわけがないです!!

 

カネを運んでくれる人を贔屓しないわけがないです。

 

逆に言えば、お金を運んでくれる人を贔屓しないような人がいたらオカシイわけです。

 

こんなあからさまな「持ちつ持たれつの構造」がハッキリしているのに、どうして国民はもくもくと、もくもくと従っているのでしょうか!?

 

 

「カネの流れ」というのは「利害関係」に繋がります。

 

これはそんなに難しい話じゃない。古今東西、必ず存在する話です。

 

もっとそこに敏感になった方がいいですね。


 

 

☆スポンサーの広告☆

↑応援クリック↑

 

おかげさまで

ホームページが維持できています。  

 


コメント: 0