米国10代男性、ファイザー製ワクチンの副反応がコロナ入院の確率より4~6倍高い

投稿者:マーチさん

  

 

「10代男性、ファイザー製ワクチンの副反応がコロナ入院の確率より4~6倍高い」(中央日報日本語版)

https://news.yahoo.co.jp/articles/8391bafcb361cef858ea1558ae9c184d8365bd86

 

健康な10代男性ではコロナに感染して入院する確率より、ファイザー製ワクチンの副反応で入院する確率が高いという研究論文が発表されました!

これを受けてイギリスでは既に12~15歳のワクチン接種を認めていませんが、10代全体のワクチン接種の勧告しない可能性も出てきたようです!

 

日本ではデルタ株に未対応のワクチン全国民分を買ってしまったため余らせまいと躍起の政府とワクチン接種率を無駄に競い合う各地方自治体により、子供の健康が未来が危機に晒されています!

この蛮行を愚行を止める方法はないものでしょうか。

 

 

(記事抜粋)

健康な10代男性の場合、新型コロナウイルスに感染して入院する確率より、ファイザーの新型コロナウイルスワクチンの副反応で入院する確率が高いという研究結果が出た。

 

英紙ガーディアンが13日に伝えたところによると、カリフォルニア大学のトレイシー・ホウ博士の研究チームが1月から6カ月間に12~17歳の米国人男性を対象にワクチン2回接種後の副反応を分析した結果、現在の米国の感染率で見ると新型コロナウイルス感染リスクよりファイザー製ワクチンの副反応のリスクが大きいことがわかった。

 

研究チームがファイザー製ワクチン2回接種後の心筋炎発生率を推定した結果、健康な12~15歳の男性は100万人当たり162.2件と現れ、16~17歳の男性は100万人当たり94件と現れた。これに対し現在の米国の感染率を考慮すると、彼らが今後120日間に新型コロナウイルスに感染し病院に入院するのは100万人当たり44人と予測した。

 

彼らはまた「心筋炎の副反応を見せた10代の男性の86%が病院で診療を受けなければならなかった」とし、同じmRNA系列のモデルナ製ワクチンでも同様の結果を示したと付け加えた。

 

この研究結果は先月30日に医学論文事前公開サイト「メドアーカイブ」に発表されたが、英国のワクチン諮問機関であるワクチン・予防接種合同委員会(JCVI)はこの論文を英国内の医療責任者に送って検討するようにした。

 

 

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)  

 

これは気になるニュースですね!!

このニュースのデータは「アメリカで男性を対象にしたもの」で、「現在の米国の感染率で見ると新型コロナウイルス感染リスクよりファイザー製ワクチンの副反応のリスクが大きいことがわかった」ということですが、もし日本の10代へのワクチン接種がすすめば、これと同じか、あるいはもっと酷い結果にならないとは断言できないわけです。

 

 

それにしても、英国は『まだ10代が新型コロナウイルスで集団入院した事例がないため、新型コロナウイルスの危険度は大きくないとみている。』と冷静な判断ができているんですね。

 

このような冷静で、しかし当たり前の判断が、はたして日本人はできるのかどうか・・・私は心配です。

 

なぜなら、今回の記事は韓国系の「中央日報」からの記事なんです。

本来なら日系主要メディアで報じるべき記事だったと思います。

 

私は一人のナショナリストとして、日本が韓国に報道の透明度で負けている現状が悔しいです!!


 

 

☆スポンサーの広告☆

↑応援クリック↑

 

おかげさまで

ホームページが維持できています。  

 


コメント: 0