マスクを外すと泣き出す3歳の子供

投稿者:いっぽこさん

  

ついに現実にそんなことが??

ということを、本日長尾和弘先生のニコニコチャンネル動画で上がっていました。

 

https://www.nicovideo.jp/watch/sm39308787

 

 

マスクをしていない大人を見ると泣き出してしまう3歳の子供が実際にいるそうです。

こういった子供が今後現れる、ということは話には聞いていましたが、まさか現実にいるとは、と正直驚いています。

 

私にも1歳になったばかりの娘がいますが、こういった子供になってしまう恐れがあるとは以前から聞いていたので、妻や周囲からなんといわれようとも、少なくとも外にいるときは私だけはマスクを外して、マスクをしている顔を子供に見せないようにしています。

 

井上正康先生が「マスクをしていると知らず知らずのうちに加害者になってしまう」という意味が改めてわかりました。

 

本当にこのマスク社会、いつまで世間の人たちは真面目に続けるつもりなんでしょうね。

 

誰もおかしいと思わないのが不思議でなりません。

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)  

 

1歳半から3歳までの物心がつく時期に「人間はマスクをしている」という認識で育ってしまった幼児たち。マスクを外した人間を見て泣き出すことがあるという話を聞いて胸が痛みました。

確かに、幼児にとっては不健全な環境であることは想像に難くないです。

なぜなら幼児は周囲の大人の表情、特に、笑顔を見て安心するはずだからです。

 

この話に「科学的根拠」など必要なく、こんなことくらいは「常識」で分かります。

 

いっぽこさんも1歳の娘さんがおられるということで、できる限り健全な成長機会を与えたいと孤軍奮闘をされている様子に、そのご苦労が伝わりました。

 

私は聖人君主じゃないので、バカな大人がどうなろうと私の知ったこっちゃないです。それが女だろうが、老人だろうが、赤の他人のバカを救いたいとも思わないです。

 

それでもやっぱり・・・、そんなバカな大人に子供が犠牲になっていることを無視できるほどニヒリズムに浸ることはできないです。

 

最低限、子供達が犠牲にならないための戦い方を、今から考えたいと思います。

 

 

 

≪新刊情報≫

長尾 和宏 (著)

ひとりも、死なせへん ~コロナ禍と闘う尼崎の町医者、551日の壮絶日記


 

 

☆スポンサーの広告☆

↑応援クリック↑

 

おかげさまで

ホームページが維持できています。