コロナ後遺症の原因と対処法

投稿者:野良猫さん

  

陽性者数が減少傾向に転じると必ずといってよいほどマスコミから出てくるのがコロナ後遺症の話題。

 

・コロナ、半数が後遺症 嗅覚障害や倦怠感目立つ―東京で大規模調査

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021091100154&g=soc

 

大規模調査の結果、コロナ後遺症として最多だったのが臭覚障害なのだそうですが、それが新型コロナに特有ではないことが以下の論文から分かります。

 

・感冒後嗅覚障害

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jao/45/4/45_271/_pdf

 

感冒、要するに、風邪を引いた後に臭覚障害を訴える患者は以前からおり、新型コロナに固有ではないこと、また、亜鉛の投与などの対処法も確立されていることがこの論文から分かります(この論文が書かれたのは2014年)。

 

 

以下の記事でも臭覚障害や味覚障害の原因として亜鉛不足が指摘されており、メカニズムが分かってしまえば、過度に恐れる必要はないように感じます。

 

・コロナ後遺症の味覚・嗅覚障害 ほとんどの患者が「亜鉛不足」

https://www.news-postseven.com/archives/20210209_1633860.html?DETAIL

 

亜鉛を摂るなどの対処法が確立されている臭覚障害や味覚障害を過剰に恐れ、予防のためと称して血栓症や心筋炎などのリスクのあるコロナワクチンを接種するのは、いかにも無謀に感じます(ましてワクチンが予防に寄与しないなら尚更そうです)。

 

「感冒後嗅覚障害」という名で、臭覚障害はそもそも風邪症候群に罹患した際に見られる症状なのに、それを新型コロナ固有であるかのように報道するマスコミは明らかに偏向しています。

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)  

 

大変勉強になりました!

良い情報をありがとうございました!

 

コロナに感染すると味覚障害や嗅覚障害が起こることは、多くの証言があることから事実だと思っていましたが、それが「新型コロナに固有の症状ではない」とは知りませんでした。

 

そしてその対処法として「亜鉛の接種」があるのだと分かれば、『新型コロナ後遺症、恐れるに足らず!』と言ったところではないでしょうか?

 

もちろん、ただ風邪からでも肺炎になって、後々の生活に影響を及ぼす後遺症が残るケースもあるのだから(私の父親がそうでした)、もしコロナに感染したら、しっかり治るまで養生して欲しいとは思います。

 

だから「その程度」ですよね。「新型コロナ後遺症」だけを特別扱いする必要性はあまり感じませんね。

 


 

 

☆スポンサーの広告☆

↑応援クリック↑

 

おかげさまで

ホームページが維持できています。  

 


コメント: 1
  • #1

    タイ象 (月曜日, 13 9月 2021 06:28)

    おお!
    この情報は、素晴らしい。
    私の友人の友人で、風邪症状のあと味覚、嗅覚が、おかしいと
    コロナ恐怖に陥っている方がおります。
    今まで、風邪で、こんなことは、無かったというんですよね。
    コロナ前の論文というのも
    良いですよね。バイアスが無いですから。
    ありがとうございます