≪考察≫ワクチン反対運動をしている方と対談して、団結したらもっと強い力になるのではないか?

投稿者:大山隆さん

  

 

こんにチワワ

 

ワクチン反対運動の署名活動している方々が、全国紙へ載せようと活動していますが、ますます頑張っていただきたいと思う今日この頃です。

 

ただ、時々思います。

よしりん先生がこの発起人の方と同じようにワクチン反対運動をしている方と対談して、団結したらもっと強い力になるのではないかと思います。

(例えば松田学先生や、南出賢一市長、harnendeというバンドグループ)

 

そして、よしりん先生が松田先生、南出さん、といった方々と一緒に大臣や首相に直談判という流れになるといいのにと思います。

 

かつて大東亜論で頭山満が佐々友房といった有識者を連れて伊藤博文を訪れて、日露開戦を決断させたように、と思う今日この頃です。

 

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)  

 

【運動の連帯】がうまくいけば大きな力になるということですね。

 

もちろん「自然にそうなれば」ベストだと思いますし、ステキなことだと思います。

 

 

ただ、個人がそうであるように、組織や集団にも「個性」があります。

 

そういう意味では、共通の目的に向かって行動を共にすることは本当に難しいことだと思います。

 

 

いや、しかし、どうなんでしょう?

 

皆様のご意見を拝聴したいところです。

 


 

 

☆スポンサーの広告☆

↑応援クリック↑

 

おかげさまで

ホームページが維持できています。